みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローン審査の同時申し込みだけでもブラックになるってホント?


doujimousikomi1010

カードローンを利用する際には必ず金融機関による審査が行われます。

その際に個人信用情報を参照し、過去に延滞や金融事故といった記録がある場合には審査落ちするということは承知の方も多いでしょう。

よく言われる「ブラックリストに載った」と表現される状態ですが、実際には「この人には貸しちゃダメ」というリストがある訳ではなく、審査の甘い金融業者だとしても貸付しないほどのネガティヴ情報が信用情報に記載されているということです。

しかし「過去に延滞したこともないし、収入も希望融資額も問題ないはずなのに審査に落ちた・・・なぜ?」という場合があります。

もしかするとこの場合には、「申し込みブラック」の状態になっているかもしれません!

ここでは、申し込みブラックとは何か?どう審査に影響するかといったことから、銀行や消費者金融など金融機関による対応の違い、また申し込みブラックでも借りることのできるカードローンなどについてご説明します。

さらに、申し込みブラックになっている場合はどうしたらいいか?申し込みブラックの期間はどれくらいかについても知っておきましょう。

申し込みブラックとは?複数のカードローンに同時に申込んじゃいけないの?

mousikomi1010

お金が必要になってカードローンに申込む訳ですから、やはり怖いのは審査に落ちて「お金が借りられない」という状況になることですよね。

そこで”保険”として複数社のカードローンに同時に申込む人がいます。

特にカードローンやキャッシングは初めてだけどどうしてもすぐにお金が必要という人に多いようです。

カードローンに申し込みをすると、金融機関側では「信用情報機関」というところにその人の過去の信用情報を参照して審査の重要な参考材料とします。

個人信用情報には、氏名、生年月日、住所、電話番号などといった個人情報とともに、過去にどういった信用取引をしているかが事細かに記載されています。

延滞や債務整理といったネガティヴ情報(いわゆる金融事故情報)がある場合は、その時点で審査落ちとなるのが基本です。

信用情報においてネガティヴ要素となる情報はそれほど多くないのですが、意外と私たち利用者が意識していない情報に「申込み情報」というものがあります。

「いつどこの業者のどういった商品に申し込みをし、金融機関が信用情報を参照した」という記録が詳細な日付とともに残るのです。

もちろんそれだけではネガティブな要素にはなりませんが、問題なのは同時期に複数社に申込んでいる場合なのです。

例えばあなたが友人や知人にお金を貸す立場だと想像してみて下さい。

あなただけにお願いしてきている場合と、複数の他の人に頼んでいる場合とですと、だいぶ印象が違ってきますよね。

金融機関で審査する担当者も同じように考えるのです。

「この人はほぼ同時に5社のカードローンに申込みをしているからよほどお金に困っているのかな?返済能力は大丈夫だろうか?」

どうしても貸すことにリスクを感じてしまいますし、業者によっては「何件以上の多重申込者はNG」と決めている場合もあります。

このように短期間に複数社の金融商品に申込をしていて、審査する側に不信感を与えてしまう状態を「申し込みブラック」と呼んでいるのです。

カードローンの審査で申し込みブラックはどれくらい影響する?何件までならいいの?

nankenmade1010

では実際のカードローン審査では、申し込みブラックはどの程度影響するのでしょうか?

「短期間ってどれくらい?」「申込件数が何件からがブラックになるの?」と疑問になりますよね。

延滞情報や債務整理をした情報といった明らかなネガティブ情報は、ほとんどの金融機関で審査に通りません。

しかし「申し込みブラック」となるための条件にはハッキリとした基準はありません。

同時期に複数社に申し込みをするという行為自体は、ほとんどの場合「審査担当者の印象が悪くなる」というレベルのものです。

目安としては、1ヶ月間に3社以上の申し込みをした場合、申し込みブラックとみなされ審査に通りづらくなるといわれています。

しかしカードローンの審査基準は各社によって違いますし、私たち消費者が知ることはできません。

確実性を求めるのであれば、ひと月に申し込むのは2社以内におさえておいた方が良いでしょうというあくまでおおよその目安(推測)です。

カードローン会社によっては多少のリスクを負ってでも会員数を増やしたいといった理由で、同時申し込み数が多くても融資する場合もあるかもしれません。

または、あなたの属性(年収などの条件)が非常に良好で、返済能力に全く問題無しと判断されて審査を通ることもあるかもしれません。

申し込みブラックは「絶対」審査に落ちるというものではありません。

審査に通りづらいという面では、複数社に借入のある「多重債務者」よりは「多重申込者」の方がマシではあります。

とはいえ、通常なら問題なくカードローンを利用できる人が、「審査落ちが不安だから」と一度にいくつものローンに申し込むのはリスクの高い行為だということは覚えておきましょう。

カードローンを利用したいのであれば、じっくりと検討とした上で、多くても2社までの申込みに留めることをおすすめします。

銀行系で申し込みブラックならば消費者金融系でもダメ?

ginkoukeidemo1010

「銀行のローン審査にいくつか落ちちゃったけど、消費者金融系なら関係ないから借りれるかな?」こう考える人も多いでしょう。

銀行系と消費者金融系、またクレジットカードなどの信販系では、確かに利用(加盟)している信用情報機関が異なっている場合があります。

まずは、信用情報機関について大まかに知っておきしょう。

現在の日本では3つの個人信用情報機関にほとんどの金融機関が加盟しています。

・全国銀行個人信用情報センター(銀行など)
・株式会社日本信用情報機構(JICC)(消費者金融、信販会社など)
・株式会社シー・アイ・シー(CIC)(信販会社、消費者金融など)

以前は各信用情報機関同士では情報を共有していなかったり、情報の一部のみを共有していました。

しかし、貸金業法が改正され、総量規制などの新たな規制が制定されたため、政府によりこういった信用機関を「指定信用情報機関」と認定し、それぞれの保有する情報を共有する体制が整備されるようになったのです。

そのため現在ではどの金融機関でも、その人の全ての信用情報を参照することが可能になっています。

つまり、申込み件数や日時は審査担当者につつぬけだということを覚悟しておきましょう。

虚偽の申告をすることの方がもっと印象が悪くなりますよ。

お試し審査でも申し込み件数に入る?

otamesisinsa1010

審査に通るか不安な方のために、カードローン商品によっては「お試し審査」のような簡易審査を設けている金融会社も多いですよね。

通常はホームページ上などに設置されていて、いくつかの簡単な質問に答えるだけで融資が可能がどうかの簡易審査を受けることができます。

数秒で審査結果が分かるものが多いので気軽に利用できるため、「一度にいくつもの会社のお試し審査を利用してしまった!申込みブラックにならない?」と不安に思うかもしれません。

しかし「お試し審査」といった簡易審査(個人を特定できる情報を出さずに診断するもの)は、あくまで融資の可能性を判断するためだけのもので、実際の審査や申し込みにはカウントされません。

もちろん個人信用情報になにかしらの記載がされるようなこともありません。

むしろ、審査が不安だというのであれば、いくつもの簡易審査をドンドン試してみて、自分の条件でも大丈夫そうな商品を選ぶための参考にすることをおすすめします。

申し込みブラックでも借りられる可能性のあるカードローンは?

karirarerukanousei1010

「いくつもカードローンに申込んで断られているけど、どうしても借りたいのです!」こういった方もいらっしゃるでしょう。

前述した通り、申し込みブラックは審査に不利なる条件ではありますが、一発NGのレッドカードではありません。

中には、多少は申込み件数が多くても貸してくれる場合だってあります。

ではどういったカードローンなら大丈夫か?ということになると、こちらも正解は出せません。カードローンの審査基準は金融機関次第、さらには審査担当者次第となるからです。

しかし、傾向としてみれば、やはり銀行系のカードローンは難しくなるでしょう。

最近は銀行カードローンでもそれほど厳しい基準を設けず、審査も保証会社である消費者金融が行っている場合が多くなっています。

何も問題なければ手軽に利用しやすいカードローン商品なのですが、信用情報にネガティブ要素があるとなるとやはり事情が変わってきます。

すでに申し込みブラックになっているのであれば、やはり狙い目は消費者金融業者でしょう。

審査が甘いということの確証にはなりませんが、審査通過率が高いというデータが出ているアコムのような大手消費者金融であれば、銀行カードローンと同時に保険として申し込む人も多いです。

他に借金がなく収入が安定していれば、複数社に申込んでしまっていても借りられる可能性は高いでしょう。

しかし、大手消費者金融でも難しいとなると中堅消費者金融業者や、小規模な貸金業者となりますが、多少の温情審査が期待できる反面、優良業者を見極めることが難しいという大きなデメリットもあります。

「優しい中小消費者金融で借りれた!」と思っていたら、その実態は闇金融業者だった・・・などというようなことになったら目も当てられませんよね。

もし多重債務の支払いなどでピンチなのであれば、おまとめローンや借換えローンといった選択肢もありますし、それも難しいのであれば債務整理という道もあります。

借りる先・申し込む先は充分に検討することをおすすめします。

申し込みブラックだとクレジットカードの審査は通らない?

burakkutooranai1010

ここまではカードローンの場合を考えてきましたが、クレジットカードについても考えてみましょう。

現代社会では、あれば何かと便利なのがクレジットカードですので、良いカードがあれば申し込みたいと考えている方も多いでしょう。

クレジットカードもカードローンと同じように信用産業ですので、信用情報を参照して審査情報として参考材料にします。

そして同じように審査基準は各クレジットカード会社や信販会社、またはクレジットカードの種類によって違ってきますし、その基準を私たちが知ることはできません。

カードローンと違う点は、クレジットカードは主にショッピング枠とキャッシング枠の2つの与信が行われる商品ということです。

キャッシング枠については、カードローンと同じように現金を貸し出すものですから、審査基準もそれほど変わらないと考えてよいでしょう。

しかしショッピング枠に関しては、それほど審査基準が厳しくないカード商品が多いのです。

みなさんはお店の商品を分割払いで買ったことがあるでしょうか?

テレビ通販などでもおなじみの支払い方法のひとつですが、こういった分割払いでの商品の購入の際でも、基本的に売る側では提携の保証会社(または自社)にて審査をしています。

保証会社のOKが出なければ分割払いでの購入はできないのですが、断れた経験のある方は少ないのではないでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠での審査判断の基準は、商品の分割払い購入の場合とよく似ているのです。

申し込みブラック以外のネガティブ情報が信用情報に無く、収入などの属性も問題なければ、ショッピング用のクレジットカードは作れる場合がほとんどでしょう。

後はショッピング枠の利用限度額や、キャッシング枠の限度額がどうなるかですので、大きな金額でない買い物やネット決済用にクレジットカードを使いたいのであれば問題ないでしょう。

それでもダメだった場合には、プリベイド式のクレジットカードやVISAデビットカードを利用するという選択肢もあります。

申し込みブラックになったらどうすればいいの?信用情報の登録期間はどれくらいでいつ消える?

sinnyoujouhou1010

申し込みブラックの状態は永遠に続くものではありません。

信用情報には「情報の保持期間」というものが決まっていますので、申し込んだという情報の保持期間を過ぎれば問題ありません。

各信用情報機関や信用情報の内容によって保有期間が決められていますが、先に挙げた3つの信用情報機関ともに、申込情報(新規申込を受けて加盟者が参照した情報)の保有期間は「6ヶ月間」と決めています。

つまり、申し込んだ時から半年過ぎれば大丈夫ということです。

すぐにお金が必要な方にとって「半年は長い」と感じるかもしれませんが、申し込みブラック状態のまま他の会社のカードローン申し込みを繰り返してしまい審査に落ち続けると、この保有期間を伸ばしてしまうだけになってしまいますので注意しましょう。

最後にもうひとつだけ注意事項があります。

信用情報機関での申し込み情報の保持期間は6ヶ月ですが、各金融機関ではもっと長い間申込履歴を保持しているものと考えておきましょう(いわゆる「自社履歴」と呼ばれるものです)。

「6ヶ月経ったからもう一回同じカードローンに申し込もう!」となると、そのカードローン会社では6ヶ月前に申し込みをしていることやその際は審査に通っていないことを把握しているということです。

ものすごく審査に不利になることはないでしょうが、好印象ではないということですね。

自社履歴の保有期間に関しては、特に決まりがある訳ではありませんので各社ごとに違っています。

通常は、10年程度保管している会社が多いようですね。

もし同じカードローン商品に再チャレンジするのであれば、「前回よりも収入が上がった」とか、「他社の借入が無くなった」というように、自分の属性をレベルアップさせてからがおすすめです。

  関連記事

他社での借入状況はどれくらい審査に影響する?不利になるのはどんな場合?

すでに複数業者からの借り入れがある人にとって、カードローンの審査は非常に不安が大 …

カードローンの審査ではどんな書類が必要?収入証明書は要る?

カードローンの申し込みや契約に必要な書類にはどんなものがあるでしょうか? ここで …

携帯代を延滞するとブラックリストになる?

個人の信用情報に事故情報が記載される、通称「ブラックリスト」入り。キャッシングや …

あなたがカードローン審査に落ちる理由は?審査落ちする10の原因を徹底究明!

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、まず金融機関の審査を受 …

個人情報開示すると審査落ちの原因が分かる!?請求方法と読み方は?

カードローンを利用するには審査に通らなければなりませんよね。 時には審査に落ちて …

アルバイトやパートの審査基準や借入条件は?限度額はどれくらい?

アルバイトやパートで生計を立てている方にとって、カードローンの審査は大きな不安材 …

カードローンの審査落ちしたらどうすればいい?再申し込みまでの期間は?

お金が必要な時の手軽な選択肢として人気のカードローン。 消費者金融系だけでなく、 …

外国人でもカードローンは利用できる?外国籍でもお金を借りることはできる?

日本国内で生活している外国籍の方も多いですよね(ここでは便宜上、以後「外国人」と …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …