みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

プロミスの審査の流れをポイントを押さえて解説します


キャッシングを利用するにはまず審査に通らなければなりません。ここではプロミスの審査の流れや、審査のポイントなどを知っておきましょう。

プロミスのWeb契約での審査の流れ

webkeiyaku

1.申し込み
ホームページの申し込みフォームから、24時間365日受け付けています。自動審査可能時間内(9:00~21:000)ならば、その場で契約可能額が表示されます。

2.審査
正式な契約可能額が決定されます。最短で30分ほどで結果が出ます。

3.必要書類の提出
Web契約の場合、スキャナや携帯のカメラで画像化して送信することができます。

4.契約内容の確認
Web上で契約内容を確認すれば、キャッシングが可能となります。平日の14時までに確認が済めば、当日中の振込キャッシングは可能です。

5.契約書類・カードの送付
契約書類とキャッシングカードは自宅への郵送となります。簡易書留郵便(転送不要)で、差出人名は「事務センター」となっており、プロミスからの郵便物とは分からないように配慮されています。

プロミスの審査の必要書類

psyorui

契約には本人確認書類が必要となります。運転免許証、お持ちでない場合には健康保険証またはパスポートとなります。外国籍の方は「在留カード」または「特別永住者証明書」が必要となります。

【収入証明書類について】
以下の条件の場合には、収入を証明する書類が必要となります。

・希望の借入額が50万円を超える場合
・他社との借入総額が100万円を超える場合

収入証明書類として、以下のうちから1点を提出します
・源泉徴収票(最新のもの)
・確定申告書(最新のもの)
・給与明細書(直近2ヶ月分のもの。賞与がある場合には直近1年分の賞与明細書。)

プロミスの在籍確認は?

pzaiseki

申告された内容通りにあなたが働いていることを確認するため、プロミスは勤務先に電話をかけて「在籍確認」を行います。この際、担当者が個人名でかけますので、プロミスからの電話だということは分からないように配慮されています。

キャッシングの審査では勤務先への在籍確認が心配という方が多いでしょうが、確認もせずにお金を貸す訳にはいきませんので準備しておきましょう。

プロミスの審査基準は?

sukoaringu

キャッシングの審査基準については、外部の私たちに知らされることはありません。例え審査に落ちた場合でも、その理由については答えてくれないでしょう。

プロミスをはじめ各業者とも、自社の審査システムと個人の信用情報を基に貸付の可否や融資限度額を決定します。現在多くの金融業者が採用している審査方式が「属性スコアリングシステム」であるといわれています。

属性というのは、年齢や収入、勤務年数といった様々な審査材料となる項目のことです。(申込時に記入する項目が全て属性になると考えて良いでしょう)属性ごとにスコア(点数)を付け、そのスコアリングによって審査が行われる方法です。

プロミスの自動審査は、このスコアリングによって算出されていると考えて良いでしょう。

審査に有利な属性は?

koumuin

ではどういった属性ならキャッシングの審査に有利になるのか知っておきましょう。実際のスコアリングは業者によって違いがありますが、一般的に有利とされる属性になります。

・職業
返済能力に大きく影響する職業ですが、単純に収入が大きい職業・業種が有利ということではありません。キャッシングの審査で重要視されるのは安定性なのです。

例えば年収1千万円を超える外資系会社員よりも、年収600万円の公務員の方がスコアが高いということもあるのです。よく「芸能人がローンを組むのは大変」などと聞きますよね。

人気商売で収入にバラつきがあって、将来の保証もない職業ほど、信用産業の世界では低い立場になってしまうのです。

・勤続年数
職業と同時に重視されるのが勤続年数です。しょっちゅう仕事を変えている人は信用が少なくなります。例え定収入でも勤続年数の長い人は評価が高くなります。

・居住形態
毎月家賃を払っている賃貸はやはり不利になります。「持ち家の人だって住宅ローンを払っているのに」と思うかもしれませんが、持ち家ならば簡単には引っ越せないという信用度もプラスされるのです。賃貸の場合でも、居住年数の長い人の方が評価が高くなる傾向にあります。

・家族構成
本人の収入で養う家族が多いほど不利になります。ただし共働きの夫婦で子どもがいないような場合には、世帯収入も多くなりますので影響しない場合もあります。

専業主婦でもキャッシングできる?

sengyou

プロミスのキャッシング利用条件は、20歳から69歳までの安定した収入のある方となっています。全く収入のない専業主婦の方ではキャッシングを利用することはできません。

ただし、パートやアルバイトであっても安定した収入があるのならば、申し込みすることができます。不安な方は、女性専用ダイアル「レディースコール」も用意されていますので相談してみると良いでしょう。

また、同じように学生さんでも、アルバイトなどで安定した収入があれば申し込むことができます。逆に収入のない無職の方は利用できません。

プロミスで最短でキャッシングするには?

saitakyasingu

申し込みからキャッシングまでで、最も時間がかかる可能性があるのが審査時間でしょう。中には急ぎのキャッシングが必要で、申し込み即日にキャッシングしたいという方もいらっしゃるでしょう。

プロミスの審査は、本審査でも最短30分というスピードなので、即日キャッシングにも充分対応してくれます。最短の契約方法は自動契約機でしょうが、契約機の場所まで出向く手間を考えると、Web契約で振込キャッシングという方法がおすすめです。

平日の午前中に申し込めば、当日中の振り込み融資が可能でしょう。また、プロミスには会員向けの「瞬フリ」という振込キャッシングサービスがあります。あなたの振込用の口座が三井住友銀行かジャパンネット銀行ならば、深夜や土日祝日でも即時の振込キャッシングが可能なサービスです。

通常の銀行営業時間外でも対応してくれるあたり、大手消費者金融ならではの便利なサービスといえるでしょう。

  関連記事

関連記事はありませんでした