みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

審査が甘い?誰でも借りれる?カードローンの誇大広告に注意!


誰しもお金を借りる時には断られたくないものです。
カードローンの利用を申し込むと必ず金融機関や保証会社による審査を受けます。

ここで融資が可能かどうか、限度額はいくらまでかが決められます。

しかし、希望すれば誰でもカードローンを利用できる訳ではありませんよね。
収入額や過去の信用情報での金融事故などにより、どのカードローン審査も通らないという人もいるのです。

お金を借りたくて申し込んだのに審査に落ちてしまうと、ますますお金に困る状況が深刻になります。
そんな時に目にする甘い謳い文句の広告にはつい期待をしてしまうことでしょう。

しかし、消費者金融の広告には規制が設けられているということをご存知でしょうか?
収入に見合わない借入れを増やさないために法律で定められているものと、消費者金融業者が自ら設けている規制があります。

お金に困っている人をターゲットにした業種だけに、宣伝にも慎重なのです。
逆に、どういった規制がされているかを知っておくと、悪徳違法業者を見分ける基準とすることもできるのです。

ここではカードローンの広告の規制や、規制が進んだ歴史、広告を見る際の注意点などを知っておきましょう。
「審査が甘い!」「誰でも貸します!」そんなカードローン広告に信憑性がありますか?

闇金・違法業者の甘い言葉にご注意を!消費者金融の広告には規制がある!

消費者金融系カードローンの広告は、今やいたるところで目にするようになりましたよね。
テレビCMはもちろん、電車の中吊り広告や雑誌の広告、最近ではインターネットサイトで見かける機会も増えました。

そもそも公共のメディアに掲出される広告には、誇大広告などを防ぐために様々な規制があり、監視機関もあります。

さらに「お金を必要としている人」をターゲットとする貸金業界の広告は、ともすると困っている人の悩みに付け込むことになってしまう場合があります。

そのため、消費者金融の広告にはさらに独自の規制が設けられているのです。
詳しい規制の内容については後述しますが、規制を知っておくことで広告を見るだけでその業者が真っ当な業者かどうか判断する基準にもなるのです。

例えばこんな広告文句を見たことはありませんか?

「審査なしで誰にも融資!」「無職でも貸します!」「総量規制以上の貸し付けもOK」「ブラックリスト者でも借りれます」etc・・・これらは全て規制される広告です。

そもそもお金を貸す際に貸す相手のことを何も調べないなどあり得ませんよね。
収入も無く返済能力も無い無職の人に、金融業者がお金を貸す訳もありません。

収入が無くても借りられるのは配偶者に安定収入がある専業主婦(主夫)の方くらいです。

「審査が甘い」といわれるカードローンはありますが、「審査がない」カードローンなどありません。
広告で明らかに違法業者と分かるところには絶対に申し込まないようにしましょう。

「申し込まなくても問い合わせてみるだけならいい?」と思うかもしれません。

しかし問い合わせに使った電話番号やメールアドレスは全て悪徳業者の手中に収まってしまうのです。あなたの個人情報は「お金に困っている人リスト」に入れられてしまうのです!(中には情報収集だけを目的とした広告もあります)

広告規制の歴史~社会問題となった多重債務

そもそも消費者金融の広告規制が厳しくなったのには訳があります。

バブル期前後を体験した方ならご存知でしょうが、安易な借入れを繰り返したのち多重債務者となり、その結果返済し切れずに任意整理や自己破産といった債務整理をする人が増え、中には借金苦により自殺する人までも増えてしまいました。

こうした社会問題を受け、貸金業法は改正され、カードローンの広告規制も厳しくなっていったのです。

貸金業法による規制と貸金業協会による自主規制

では具体的にどういった規制がされているのか知っておきましょう。
カードローンの広告規制には、貸金業法で定められている(つまり国で決められている)規制と、全国貸金業協会による自主規制とがあります。

主なものをご紹介します。

【貸金業法による広告規制】
・貸金業者の商号(または名前)、登録番号、利率を明記する
・審査を全く行わず貸し付けるような表現をしない
・債務整理や破産免責を受けた人でも容易に借りられるような表現をしない
・他社借入件数や借入額に関係なく借りられるような表現をしない
【貸金業協会による広告自主規制】
・商号、登録番号などの記載
・貸付利率は小数点1位まで表示
・返済の方式、期間、回数を記載
・遅延損害金や違約金等がある場合には年利を含めて記載

など、その他にも非常に細かく規定されています。
様々なケースごとの規制は次項目以降を参考にして下さい。

そもそも貸金業者は登録制で認可を受ける必要がありますので、登録番号の掲示は必須です(金融庁などのサイトで登録金融業者情報を調べることもできます)。

そして利益を得る「商売」として貸金業を行っているのですから、返すあてがあるかどうか分からず(審査せず)に貸し付けることもありません。

また、貸金業法で総量規制がされていますので、他社借入件数や他社借入れ金額を問わない訳がありません。

うまい話には罠があります!
多重債務や過去の金融事故などで借りにくい状態になっていたとしても、いかがわしい業者の甘い誘い文句に乗ってしまってはいけません!

貸金業協会によるテレビCMの規制

ひんぱんに目にするカードローンのテレビCMですが、様々な決まりごとが設けられています。

・金利を明瞭かつ正確に表示する(文字の大きさや表示される秒数も決められています)
・過剰借入れへの注意喚起として「啓発文言」を表示する
(「ご利用は計画的に」「収入と収支のバランスを大切に」といった文言ですね。こちらも文字の大きさや表示秒数などが決められています。)
・利用者の安易な借入れを助長するような表現をしない
・同一内容の15秒CMを2回続けて放送しない
・児童および青少年に配慮し午前7時~9時、午後5時~10時の時間帯は放送しない
・ギャンブルを主体とした番組への提供は行わない(当該番組前後のスポットCMにも注意する)
・月間放送本数を超えない

一部抜粋しましたが、非常に細かく規制していることが分かりますね。
逆に考えると、貸金業協会は消費者が無理な借り入れをしないように注意しているということでしょう。

テレビCMに関しては違法業者や闇金業者の出る幕はありません。
テレビでCMをしているようなカードローンであれば、顧客を騙すような心配は不要と考えてよいでしょう。

インターネット広告の罠

テレビや雑誌といった公共性の高い場所での広告はある程度安心できますが、怖いのがインターネット上での広告です。
もちろん貸金業法や貸金業協会による広告規制はネット上でも適用されますので、正規の貸金業者の広告であれば大丈夫です。

しかし悪徳業者が入り込む隙があるのもインターネットの世界です。

様々なサイトに貼られた広告バナーをついクリックすることはあるでしょう。

大手消費者金融業者ならばまず間違いはないでしょうが、中小消費者金融業者となると見極めるポイントが難しいですよね。
申し込みボタンをクリックする前に、もう一度上記の規制のことを思い出してみて下さい。

電話やダイレクトメールでの勧誘に注意!

とはいえインターネットも公共の場ではあります。
誰しもが見れるものですので、違法業者にとってネット上に広告を出すのはリスクのあることです。

そこで現在でもヤミ金業者や悪徳金融業者が得意とする広告手段が「電話」と「ダイレクトメール」です。
直接の広告ならばバレるリスクも少なくなるのです。

その上「担当者から電話で直接誘われると断りづらい」という騙されやすい人もいるのです。

中でも特に気を付けたいのが過去に債務整理を行った人です。
官報に載るような自己破産などですと、住所氏名が公にされるということになります。

「自己破産したとたんに『破産者でもキャッシングOK!』というダイレクトメールが山のように届いた」という体験談は非常に多いです。

そもそも大手消費者金融業者は、会員でもない人に電話勧誘やダイレクトメールを送ることはありません。
まったく知らない業者から勧誘のアプローチがあったなら、まず違法な業者と疑ってよいでしょう。

銀行系カードローンの広告規制は無いの?

最近では消費者金融並みに銀行カードローンの広告を目にする機会も増えていますね。
もちろん、銀行のカードローンの広告にも細かな決まりがあります(全国銀行公正取引協議会が管轄しています)。

詳細な規制については割愛しますが、大手銀行に限らず”違法な悪徳銀行”などはまず存在しないと思いますので、銀行カードローンの広告を疑う必要はないでしょう。

広告からは話が少しそれますが、銀行のカードローンには総量規制対象外のカードローンとしても人気が上昇している側面がありますよね。

その結果「貸し過ぎ」が起きているのでは?と金融庁が調査に乗り出すという話もあります。
比較的「審査が甘い」といわれる銀行カードローンも今後方向転換する可能性もあるかもしれませんね。

年収の3分の1以上に借入れがある方に無理な借金をおすすめすることはできませんが、もしかすると早めの行動が吉かも・・・?

「審査が甘い」の口コミは嘘?

噂やネットの口コミなどで「審査が甘い」といわれているカードローンも多数ありますよね。
カードローンに審査があることや、消費者金融ならば総量規制があることを考えれば、特にどの業者の審査が甘いとか厳しいとか断言することはできません。

カードローンの審査は個人個人の属性や信用情報に基づいて判断されますし、審査基準も公表されていませんので、審査が甘いかどうかは「個人による」としか分からないのが正直な答えです。

例えば「審査が甘い」とよく挙げられるアコムですが、実際には審査通過率が他より少し高いというデータしかありません。
最大手なので、もともと審査に通りやすい人が新規で申し込むことが多い結果と推測することも可能ですので、通過率が高い=審査が甘いとはいえないのです。

もちろん「アコムで落とされたけどみずほ銀行カードローンは通った!」などというケースもあります。
カードローン審査は受けてみないと分からない、まさに「人それぞれ」なのです。

あまり口コミや評価に惑わされず、自分に適したカードローン商品を選ぶのが一番なのかもしれませんね。

  関連記事

カードローン審査の同時申し込みだけでもブラックになるってホント?

カードローンを利用する際には必ず金融機関による審査が行われます。 その際に個人信 …

カードローンの審査は電話連絡や在籍確認なしで借りられる?

カードローンを申し込むと借入審査の際に在籍確認が行われます。 業者側にしてみれば …

カードローンの審査で使われる信用情報ってなに?自分で確認出来る?

キャッシング業者は、申し込みがあった人の審査に際して申込者の「信用情報」を参照し …

複数のカードローンでの借入れは危険?ローン審査に通らない?

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠など、手軽にお金を借りられる方法も …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …

カードローンの審査落ちしたらどうすればいい?再申し込みまでの期間は?

お金が必要な時の手軽な選択肢として人気のカードローン。 消費者金融系だけでなく、 …

カードローン審査のスコアリングとは?属性モデル象とは?

はるか昔の金融業といえば、貸し付け審査をする際の判断は、担当者や責任者の判断によ …

あなたがカードローン審査に落ちる理由は?審査落ちする10の原因を徹底究明!

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、まず金融機関の審査を受 …

カードローンの審査ではどんな書類が必要?収入証明書は要る?

カードローンの申し込みや契約に必要な書類にはどんなものがあるでしょうか? ここで …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …