みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

外国人でもカードローンは利用できる?外国籍でもお金を借りることはできる?


日本国内で生活している外国籍の方も多いですよね(ここでは便宜上、以後「外国人」とさせていただいきます)。
国籍に関係なく、生活していれば急なお金が必要となることもあるでしょう。

そしてそんな時に頼れる人が周りにいない方も多いのではないでしょうか。

では、外国人の方が日本のカードローン商品を利用できるのでしょうか?
申し込む際の必要書類や、審査を受ける際に注意しておきたいポイントなどをまとめてみました。

また、外国人主婦の場合や、消費者金融系と銀行系カードローンとでの違いについても考えてみましょう。

さらに各カードローンごとに外国人の方が申し込む際の利用条件や必要書類についてもまとめましたので、外国籍の方がカードローンを比較する参考にしてみて下さい。

最後に、外国人を狙ったヤミ金が増えています。
いかがわしい貸金業者にも充分注意しましょう!

カードローンの審査は外国人でも受けられる?利用条件は?

基本的に国内のカードローン商品は「日本国内に在住している」「安定した収入がある」方であればどなたでも利用することができます。
日本国籍でないから申し込みや審査を受け付けないカードローンは少ないのです。

つまり日本に在住していることと、安定した収入を証明することができればカードローンを利用することが可能なのです。

もちろん、カードローンを利用するためには金融業者や保証会社による審査があります。
審査基準は私たちに公開されることはありませんが、やはり収入を含めた「安定性」が重要視されます。

また、安定性に関しては、収入はもちろんですが居住地が安定しているほど審査に有利になるといわれています。
日本に引っ越してきたばかりで、居住年数も勤続年数も少ない人ほど審査は厳しくなる傾向はあります。

逆に生まれた時から日本の定住者であり、安定した収入のある仕事に就いているのであれば、問題なく審査に通る可能性が高いと考えられますね。

(いずれにしても契約内容の確認や契約書、取引などは全て日本語で行われますので、大前提として日本語の読み書きができる方が対象となります。)

外国人がカードローンを利用するための必要書類は?

カードローンを利用する際に必要な書類として「身分証明書」があります。
本人確認書類とも呼ばれますが、申込者が申請された通りの本人であることを確認する書類ですね。

通常、身分証明書として有効なものは「運転免許証」「健康保険証」「パスポート」になりますが、カードローン商品によって以下の書類も必要となる場合があります。

・外国人登録証明書
・在留カード
・特別永住者証明書

必ず必要という訳ではありませんし、カードローン商品によって違いがあります。
公式サイトなどで必要書類を確認することができます。

もちろん国籍に関係なく、安定した収入を審査するために勤務先への在籍確認も行われます。
また、融資希望額によっては収入証明書類が必要となる場合があります。

永住権なしの外国人でもカードローンで借りられる?

では、留学中や転勤などの中長期滞在者で、日本の永住権のない外国人の方の場合カードローンの利用はできるでしょうか?
永住権アリの方と比べると難しくなりますが、可能性がゼロという訳ではありません。

外国人登録証明書・在留カードがあれば申し込みを受け付けるカードローンもあるのです。

ただし、永住権なしの外国人の方がカードローンを利用するためには、在留期間の残りが返済に充分な期間残っているかどうかが重要なポイントになります。

また、留学生の方は「資格外活動許可」を得た労働での収入でないと、安定した収入とみなされませんので注意しましょう。

旅行などで滞在期間の短い外国人の方がカードローンを利用することは難しいでしょう。

カードローン商品は通常1年~2年程度の契約を結ぶ商品ですので、契約期間内に国外へ出てしまう可能性の高い方が利用することはできません。

もし短中期滞在中にお金が必要になったのであれば、お持ちのクレジットカードのキャッシング枠を利用しましょう。

外国人主婦が借りられるカードローンは?

外国人主婦の方でも、パートやアルバイトなどで一定した収入がある方であれば、前述した通りカードローンに申し込むことができます。

ただし、本人に収入の無い専業主婦の方の場合、消費者金融系カードローンの利用条件から外れてしまいます。

日本国籍の専業主婦の場合、現在では銀行カードローンが配偶者の収入とを考慮して貸付を行っています。
「専業主婦歓迎」という銀行カードローンも多くなってきました。

ここで注意しておきたいのが銀行カードローンでは、永住権を持たない外国人への貸付を行っていないことです。

消費者金融系カードローンでは永住権なしでも外国人登録証明書や在留カードがあれば申し込むことができますが、銀行カードローンでは利用条件が「永住権を持つ外国人」に限定されている場合がほとんどなのです。

つまり、永住権なしで本人に収入の無い専業主婦がカードローンを利用することは難しいということになります。

外国人向けカードローンはある?消費者金融系と銀行系ではどっちがいい?

現状、外国人向けのカードローンというものはありません。
しかし「条件を満たしていれば国籍は関係なし」というのが現在の日本国内カードローンの基本姿勢です。

実際の融資に対する審査に関しても、日本国籍でないことで特別に考慮されることは在留期限についてのみでしょう。
年収や年齢などその他の属性については、日本国籍の方でも同じように審査されます。

ただし、消費者金融カードローンに比べると、銀行カードローンは外国人にとっては条件が狭くなります。
大手銀行をはじめ銀行カードローンの申し込み条件として「永住権を持っている外国人」とされているものがほとんどなのです。

安定収入があるけれど永住権を持っていない外国人の方は消費者金融系カードローンを検討しましょう。
永住権があるのであれば、金利や使いやすさなどで比較して、自分に合ったカードローンを選んで問題ないでしょう。

カードローン別の外国人利用条件一覧

金融機関の公式サイトにある外国人の利用に関する記述をまとめてみました。
外国人の利用しやすいカードローン探しの参考にして下さい。

銀行カードローン

【三菱東京UFJ銀行「バンクイック」】

永住許可を得ている方が対象となります。

【三井住友銀行カードローン】

現在、外国人の利用に関する記載なし。

【みずほ銀行カードローン】

永住許可を得ている方が対象となります。
外国人の方は、永住許可を受けていることが確認できる書類をご提出いただきます。

【オリックス銀行カードローン】

外国籍の方は、永住者または特別永住者の方が対象となります。
在留カードまたは特別永住者証明書が必要となります。

【楽天銀行スーパーローン】

外国籍の方は、永住者または特別永住者の方が対象となります。

【新生銀行カードローン「レイク」】

外国籍の方は、永住者または特別永住者の方が対象となります。
永住権を確認できる在留カード(外国人登録証明書)、特別永住者証明書が必要となります。

また、名前がアルファベット表記の方や漢字氏名をお持ちでない方は、「お客様専用フリーダイヤル」へ電話での問い合わせとなります。

【イオン銀行カードローンBIG】

外国籍の方は、永住者または特別永住者の方が対象となります。

【じぶん銀行カードローン】

外国籍の方は、永住者または特別永住者の方が対象となります。
在留カード、特別永住者証明書、外国人登録証明書のいずれかが必要となります。

【セブン銀行カードローン】

現在、外国人の利用に関する記載なし。
ただしセブン銀行カードローンはセブン銀行口座を持っている方が対象となりますので、セブン銀行口座の開設の際には在留カードが必要です。

【住信SBIネット銀行「MR.カードローン」】

外国籍の方は、永住者または特別永住者の方が対象となります。

消費者金融カードローン

【プロミス】

国籍による利用条件の制限はありません。
外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書が必要となります。

【アコム】

国籍による利用者の制限はありません。
ただし外国人の利用に関する記載は現在なし。

【アイフル】

国籍による利用条件の制限はありません。
外国籍の方は在留カードまたは特別永住者証明書が必要となります。

【モビット】

国籍による利用者の制限はありません。
ただし外国人の利用に関する記載は現在なし。

外国人の方におすすめのカードローンは?

各カードローンごとの比較を見ると、永住権ありの外国籍の方であれば、どのカードローンでも問題なく利用できることが分かりますね。

永住権なしの場合には消費者金融系カードローンということになりますね。
(公式サイトをひと通り見た個人的な感想になりますが、プロミス、アイフルに比べるとアコム、モビットは外国人向けの情報が少なく、ナビゲーションが不親切という印象を受けました。)

やはり低金利という大きなメリットがありますので、永住権のある方には銀行カードローンがおすすめです。

永住権のない外国人の方には、大手消費者金融であるプロミス、アイフルを個人的にはおすすめします。

もちろん外国籍でも申し込みやすいということと、外国人でも審査に通りやすいということは別ものですので、審査の結果によっては希望通りの融資を受けられないことがあることは理解しておいて下さい。

外国人をターゲットにした闇金・悪徳業者に要注意!

永住権を持つ人はもちろん、容易に収入を証明できる仕事を持つ人は心配ないのですが、中には仕事をして収入を得ていてもそれを証明しづらい外国籍の方もいらっしゃいます。

いい加減な雇用主のもとで働いていると、源泉徴収票や給与明細書さえも手にすることが難しい外国人労働者も方もいらっしゃいます。

そういった弱味を持つ外国人をターゲットにした闇金、つまり違法な貸金業者も存在するのです。

お金に困っているけれどなかなか正規の金融会社から借入する方法のない方に対して、高金利な貸付けなどを行います。

特に日本語が分かりづらい外国人の方は、怪しい会社からお金を借りることのないように注意しましょう。

お金を借りるのであれば、信頼できる日本人か日本語の分かる方にまずは相談することをおすすめします。

  関連記事

カードローンの審査ではどんな書類が必要?収入証明書は要る?

カードローンの申し込みや契約に必要な書類にはどんなものがあるでしょうか? ここで …

審査が甘い?誰でも借りれる?カードローンの誇大広告に注意!

誰しもお金を借りる時には断られたくないものです。 カードローンの利用を申し込むと …

複数のカードローンでの借入れは危険?ローン審査に通らない?

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠など、手軽にお金を借りられる方法も …

カードローンの審査落ちしたらどうすればいい?再申し込みまでの期間は?

お金が必要な時の手軽な選択肢として人気のカードローン。 消費者金融系だけでなく、 …

あなたがカードローン審査に落ちる理由は?審査落ちする10の原因を徹底究明!

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、まず金融機関の審査を受 …

失業中や無職でも借りられるカードローンはある?

「無職で収入が無い」カードローンを検討している人の中でも、実際いちばんお金に困っ …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …

他社での借入状況はどれくらい審査に影響する?不利になるのはどんな場合?

すでに複数業者からの借り入れがある人にとって、カードローンの審査は非常に不安が大 …

携帯代を延滞するとブラックリストになる?

個人の信用情報に事故情報が記載される、通称「ブラックリスト」入り。キャッシングや …

アルバイトやパートの審査基準や借入条件は?限度額はどれくらい?

アルバイトやパートで生計を立てている方にとって、カードローンの審査は大きな不安材 …