みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

家族や旦那・妻に秘密の借金がある!結婚する彼氏・彼女に借金を内緒にしたい


借金をすることは決して悪いことではありません。しかし、できれば他人にはもちろん、家族や配偶者にも知られたくないと考える気持ちも分かります。

旦那や妻に内緒で秘密の借金を抱えているという方は意外と多いものです。ここでは家族にバレずに借金を返済する・片付ける方法を考えてみましょう。あわせて、これから結婚する予定の相手に借金のことを秘密にしたいという場合についても考えてみましょう。

借金を隠す方法は?内緒で返済するにはどうすればいい?秘密にしたまま借金を整理したい。どこに相談したらいいのか分からない。

なかなか人に相談しづらい借金問題を解決する糸口を見つけましょう!

また、逆の立場で「主人や嫁が自分に内緒で借金をしているかもしれない」と悩んでいる方も多いものです。家族の借金を調べる方法や、借金を重ねてしまう人への対処法についても考えてみましょう。

家族や配偶者に借金がバレるのはどんな時?隠す方法は?

まず、すでに借金をしていても、毎月滞りなく返済をしている方であれば、家族や配偶者にバレる機会は非常に少ないことが分かっていることと思います。

現在のキャッシングやカードローンでは、コンビニATMやネットバンキングなどを利用して借入れや返済をすることができますので、通常に利用している分には誰も借金をしていると気付くことはないでしょう。

借金がバレる最も多いケースが返済に行き詰まってしまった時です。返済期日までに入金がされないと、まずは個人の携帯電話に電話連絡が来るでしょう。

少し遅れた程度ならば入金すれば済むことですが、さらに返済できずにいると自宅への督促状などが届きます。そのまま放置して滞納してしまえば、自宅の電話に連絡がくることも考えられます。

こうなると同居しているご主人や奥さんに隠し通すのは難しくなってきますよね。借金が家族にバレる一番多い場面は、返済が滞ってしまった時なのです。つまり内緒で借金を完済したいのであれば、返済日を守ってきちんと返済を続けることが最善策だということです。

ついで、バレる危険があるというと、一番最初にお金を借りる際でしょう。カードローン商品などに新規登録すると、まずは審査が行われ、審査に通ると契約という流れになります。

現在では全てインターネット上で完結できるカードローン商品が増えていますが、ローン用のカードや契約書・借用書などは郵送という場合が多いです。

「契約手続きは全てWEB完結できたけど、カードの受取りで嫁にバレてしまった・・・。」なんてこともあるのです。

家族に絶対にバレたくないという方は、カードは店頭で受け取るなり、カードレスのカードローン(おかしな表現ですが、ネットバンキングのみで利用できるローン商品ですね。)などを検討してみましょう。

また、銀行カードローンの中には、現在利用している銀行のキャッシュカードをそのままローンカードとして利用できるようなものもあります。

結婚する彼氏や彼女に借金のことを内緒にしたい

これから結婚する予定の人にとって、自分の借金を婚約者に話すべきかどうかは大きな悩みの種でしょう。隠し事はしたくないけれど、借金のことを知られたら結婚話も危うくなってしまうかも?と不安になりますよね。

夫婦間での隠し事についての意見は様々あるでしょうが、ここでは「内緒にしたい」と決めた場合について考えてみましょう。

まず、上述した通り、通常は返済に問題なければ借金があることを他人が気付くことはめったにありません。

ATMでの明細書はその場で処分する、カードローンのカードは見られないように気を付ける、返済期日はしっかりと守る。

これだけ気を付けていれば隠し通して完済することも難しくないでしょう。

しかし問題なのが借金の額です。

結婚後も家計は別、というのであれば大丈夫かもしれませんが、相手にお金の管理を任せて自分はお小遣い制ということになると、毎月数万円も返済を続けていくのは難しいのでしょう。

一緒に生活する訳ですから「いったい何にお金を使っているの?」ということになってしまいます。

もし収入に対して大きすぎる額の借金を抱えているのであれば、選択肢は2つです。ひとつは、正直に打ち明けて一緒に完済を目指す方法。もうひとつは結婚前に借金を整理してしまう方法でしょう。

借金整理の方法については後述しますが、結婚を予定している相手に借金があることを打ち明けるのは勇気がいることと思います。

しかし、返済の計画がしっかりとできているのであれば、理解して協力してくれる場合もあるでしょう。

それよりも、結婚後にバレてしまい「隠したまま結婚された」というショックの方が大きいという人は多いですよ。

秘密にしたまま借金を返済するにはどこに相談すればいい?おまとめローン?債務整理?

借金を身近な人に内緒にしたまま返済するには「無理のない返済を続ける」ことが最善策です。返済日さえ守って利用していれば、カードローン会社は最大限あなたのプライバシーを守る配慮をしてくれます。

では「無理のない返済」のためにできることを考えてみましょう。

おまとめローンを利用する

借金の額が増えすぎてしまっているのであれば、毎月の返済額の負担を減らすことを考えてみましょう。

例えば、3社に毎月5000円ずつ返済するよりも、借入先をひとつにして1社に月々1万円返済していくだけでも負担が軽くなります。

また、少しでも金利の低いカードローンに借り換えるという方法も有効でしょう。

おまとめローンや借り換え用のローン商品は多々ありますが、やはり金利の低い銀行カードローンがおすすめです。

特に現在消費者金融から借り入れがある方は、銀行のカードローンに借り換えるだけで金利が下がる可能性が高くなりますので、その分支払う利息も少なくすることができます。

また、本人に収入の無い専業主婦であっても、配偶者の同意書不要で契約できるカードローンもあります。

借金額が少なければ収入証明書も要りませんので、少額を複数社から借りている人はひとつにまとめることを検討してみてはいかがでしょう。

債務整理を検討する

収入に見合わない額の借金を抱えてしまった場合、おまとめローンの審査にも通らない場合があります。
そうなると自分一人で解決するのは難しいでしょう。
法律に則って借金を整理するのが「債務整理」という方法です。

債務整理には大きく分けて3つの方法があります。

【任意整理】

債権者と債務者、つまり貸している側と借りている側が相談して、返済のしやすい額に利息分などを減額してもらう方法です。
金融業者との交渉が必要となりますので、できれば弁護士や司法書士などの専門家に相談することをおすすめします。

【個人再生】

住宅や車など個人の資産を残したまま、借金を減額または支払いを免除してもらう方法です。

【自己破産】

破産宣告をし、裁判所に支払い能力が無いことを認められれば、借金を返済する必要がなくなります。

いずれの方法も、借金の返済負担が大幅に減らすことができる、又は無くすことができるメリットがある代わりに、信用情報に記録が残り新たな借り入れやクレジットカードの審査などに影響が出るというデメリットもあります。

将来的に住宅ローンや自動車ローンを組む予定があるのならば慎重に検討しましょう。

また、個人で債務整理することもできますが、詳細で不備の無い書類の準備や作成など、素人にはハードルの高い方法です。

やはり専門家である弁護士や司法書士などの法律事務所に相談することが、失敗しない債務整理のための最善策でしょう。

任意整理着手金など費用面での心配がある方でも、法テラスや法律事務所の無料相談などで相談することができます。

匿名での相談が可能な事務所もありますので、一人で悩んでいるよりも専門家プロファイルを参考にしてみてはいかがでしょうか。

旦那や妻が自分に内緒で借金しているかも?調べる方法は?

ここからは逆に、自分の家族が内緒で借金をしているかもしれないという場合について考えてみましょう。

「旦那が自分に内緒で多額の借金を作ってた・・・」
「専業主婦の嫁がやたらと遊んだり買い物をしている、もしかして借金?」

そんな場合に調べる方法はないでしょうか?

ATMの明細書を持ち帰っていたり、スマホを放置していてネットバンキングのやり取りもチェックし放題というお相手ならばすぐに発覚するでしょうが、個人の借金というものはなかなか分かりづらいものです。

基本的には、銀行カードローン、クレジットカードでのキャッシング、消費者金融からの借入れなど、お金の貸し借りは個人の「信用情報」というものに記録されます。

信用情報は信用情報機関という第三者機関が保持・管理しています。ですから、その人に借金があるかどうかは、その人の信用情報を見れば簡単に確実に分かるということです。

しかし、この信用情報を見る(参照する)ことができるのは、各信用情報機関に加盟している金融機関、又は本人に限られます。

いくら配偶者や親・保護者であっても、自分以外の信用情報を見ることはできませんが、本人による開示請求には応じてくれますので、借金の全貌を知りたい場合には本人に開示させるのが最も確実な方法でしょう。

(※本人の代理として開示請求することもできますが、本人の同意と委任状等が必要となります。勝手に配偶者の信用情報を開示請求すると私文書偽造等の罪に問われることもありますのでご注意を。)

(※ただし、信用情報機関に加盟していないサラ金や闇金からの借金額を知ることはできません。)

なお、銀行やクレジット会社、消費者金融業者いずれでも、本人以外から借金の有無や借入残高に関する問い合わせに回答することはありません。

これは法律で決められたことですので、どれだけ「お金のことは私が全部管理しているんです!」などと申し立てても無駄です。

また、すでに離婚を視野に入れて調査したいというのであれば、専門の弁護士などに相談する方が賢明かもしれませんね。

嘘をつく人は平気で嘘をつき通すものです。

せめて、勝手に連帯保証人にされたりしないように、ご自身の身分証明書などの管理をしっかりとしておきましょう。

借金する人ってどんな人?

借金をする理由は人それぞれであり、中には生活費や子供の教育費、急な医療費などでやむを得ずに借りることもあります。その後にきちんと返済をするのであれば、何ら責められるものではありません。

しかし中には「なぜ借金してまでそれを?」と首をかしげるような人もいますよね。

パチンコや競馬といったギャンブル、ブランド物や高額な嗜好品などの買い物依存症のような人。

ここでは借金をする人の特徴として、男性・女性関係なくよく挙げられる例をご紹介します。

あなたのご主人・あなたの奥さんは大丈夫ですか?!

借金をする人の特徴

感情をコントロールできない

自分の欲求を抑えることが苦手なタイプの人っていますよね。物欲や性欲など、自分の抑えられない欲求にお金がかかる場合、通常は「お金が無いから」とあきらめますが、中には「借りてでも」と欲求を果たす人もいるのです。

誰しも欲求はありますが、それをコントロールできない人が無理な借金を重ねる浪費家となってしまうのです。

見栄っぱり

他人から良く見られたいという思いは誰しもがあるでしょうが、特に人の評価を強く意識する人です。遊びに誘われたら断れない→遊びに行くならいい服を着て格好良く見られたい→時には奢ったりしていいところを見せたい・・・。

こういった悪循環に陥ってしまいます。

最近ではSNS上で良く思われたいがために「いい食事をして画像をアップしたい」「最新の商品をいち早く手に入れて紹介したい」といったネット上の見栄っぱりも増えていますね。気持ちは分からなくもありませんが、収入と見合っていない支出は破滅への第一歩なのです。

嘘をつく

びっくりするほど平気で嘘をつく人っていますよね。なんでそんなどうでもいい嘘を・・・という人も。嘘をついてでも自分を良く見せたいという見栄っぱりにも繋がっているようです。

お金の管理が苦手

もともとお金との付き合い方が苦手な人も多いですね。そもそも自分の収入と支出を正確に把握してないケースが多いです。貯金などもってのほか、何事もいわゆる「どんぶり勘定」で済ましてしまうのが特徴です。

ギャンブル好き

一瞬大金を手にすることもあるギャンブルですが、トータルすれば赤字になることがほとんどです。

「あと1000円しかないからやめよう」ではなく「あと1000円あれば当たるかも!」と止め時が分からない人がギャンブルにハマっていきます。熱くなりやすい人は要注意ですね。

部屋が汚い、片付けられない

直接的な因果関係は不明ですが、生活全般においてだらしがないとお金にもだらしがない場合が多いようです。

時間にルーズでしょっちゅう遅刻する、約束を守らない・忘れている、仕事のしめ切りを守れないといった基本的なことを指摘されることはありませんか?

責任感が強い

少し駄目な特徴ばかり挙げてしまいましたが、家族に内緒で借金を重ねてしまう人の中には、「自分で何とかしなくては」という責任感の強さから多重債務者となってしまう人もいます。

この場合、周囲が気付く頃にはもう自己破産しかないという状態になっていることもありますので、配偶者ができるだけ早く気付いてあげたいものです。打ち明けやすい空気作りをすることも大切かもしれませんね。

借金癖を治すことはできる?

では借金癖を治すことはできるのでしょうか?

旦那さんや奥さんが無茶な借金を内緒で重ねるようなタイプだったらどうすればいいのでしょう?

個々の状況によって対応はもちろん違ってくるでしょうが、借金癖を治す大事なポイントをご紹介します。

本人が自覚する

いくら周囲がとやかく言っても本人にその気がなければ何も改善しません。「自分はお金の管理ができていない」「欲求を抑えられず必要以上のお金を使ってしまう」こういったことを本人が自覚して改善したいと思うことが大切です。

周囲の協力

ここでの協力は「お金を貸す」ことではありません。

困っていても何とかなるという今までの環境が借金を重ねる原因のひとつとなっている場合があります。例えば奥さんからお小遣いを制限されたら親に泣きつく、同僚から借りるなどと逃げ道ができてしまっているのです。

借金をするということは、逆に考えると「借りることのできる環境にある」ということでもあるのです。さらに厳しく対処するのであれば、クレジットカードは破棄する、任意整理をして以後数年は金融機関からお金を借りられない状態にする、といった方法もあります。

依存症への対処

自分たちでは手に負えない状況もあります。

ギャンブル依存症や買い物依存症、アルコール依存症など、何らかの精神疾患を抱えてしまっている場合もあります。それらが無理な借金の原因となっている場合もあるのです。

最近では、借金残高がある状態でないと安心できないという借金依存症といった例も注目されています。

場合によっては心療内科の医師や自助グループの支援が必要とされるケースがあることも覚えておきましょう。

  関連記事

会社に内緒でカードローンを使える?電話連絡や在籍確認が心配!

カードローンでお金を借りることを、できれば内緒にしたいというのは多くの人の正直な …

カードローンを利用すると自宅に電話や書類が郵送されて家族にバレない?

家族に内緒でカードローンを利用したい人にとって、自宅への電話連絡や書類などが郵送 …

専業主婦が旦那に内緒でカードローンでお金を借りる方法は?どんな時バレる?

家計を預かる専業主婦にとって、毎月のお金のやりくりは大変な苦労ですよね。 やれ消 …