みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンの明細書って必要?明細書の見方は?


カードローンを提携ATMなどで利用すると利用明細書が発行されますよね。
何やら色々と記載されているけれど、よく見ずに捨ててしまう方も多いのではないでしょうか?

ここではカードローンの利用明細書にはどんなことが記載されているのか、何を確認しておけばいいのかを考えてみましょう。

中には家族や同居人に知られたくないからすぐに処分してしまうという方も多いでしょう。
しかし明細書を確認しておかないと思わぬ不都合が生じることもありますよ!

また、ペーパーレスで便利な「WEB明細」サービスについてもご説明します。

カードローンの明細書は不要?

カードローンの利用明細書は、あなたと金融機関との間で契約に則って取引された記録です。
本来は「この通り取引したのであなたも確認して下さいね」という意味で発行されています。

つまり明細書に記載されていることは、「ここに書いてあることはあなたも確認して納得したものとして今後も契約が続きますよ」という項目なのです。

毎回細かくチェックする必要はないかもしれませんが、どういった事柄が記載されているのかは知っておいた方がよいでしょう。
また、中には毎回確認しておいた方がよい項目もありますので後述しましょう。

では、「確認事項を見届けたら捨てちゃっていいかな?」となりますが、明細書はキャッシングの取引の大切な証拠となる一面もあります。
例えば、万が一将来的に債務整理するようなことになった場合、過去の取引状況が分かる明細書は重要な証拠となる可能性があります。

また、まれに利息の計算などを業者がごまかしている場合も絶対ないとはいえないでしょう。
たまには自分のキャッシングの精算をチェックしてみるのも良いでしょう。

ちなみに、業者側にとっては、取引の詳細な項目を利用者へ伝えることが法律で義務付けられています。
なので「明細書はいらないから」とあなたに言われたとしても、「はいそうですか」という訳にいかないのです。

自宅などに明細書を郵送されると困るという方は、郵便物の不要なWEB明細を採用しているカードローンを検討しましょう。

カードローンやキャッシングの明細書はここを確認しよう!明細書の見方のポイント!

カードローンでのキャッシングの場合、銀行での取引のように通帳がある訳ではありませんので、利用した際や返済した際の明細書は意外と大切になってきます。

ATMなどで取引すると、ついその場で捨ててしまう人も多いかもしれませんが、以下のことは確認しておくことで、順調な返済計画の手助けとなりますよ!

取引金額と取引後金額

「銀行ATMが間違うことなどないだろう」と思っても、自分が入金したり出金した金額に間違いがないかはチェックしておきましょう。
ATMが間違うことは無くても「1万円札を入れたつもりが5千円札だった」ということもあります。

また、入金や出金したことによって、利用残高や利用可能額が増減していることも確認しておきましょう。

次回返済日

キャッシングの取引では、「返済日」は必ず守らなければならない大切な日です。
業者とあなたとの信頼関係は、決められた返済日に決められた金額を返済することで築き上げられていくのです。

単純に、返済日を過ぎると遅延損害金が発生するので、支払う額が多くなるということもありますが、それよりも信用にキズが付くことの方がデメリットが大きいのです。

キャッシング業者は返済日を基準に債務上の処理を行います。
もし返済日に約定返済額を返すことができないとしても、「返済日に返済(入金)する」ということが重要になってきます。

例えば「今月はお金が厳しいから返済日には利息分のみを支払う」ということも対応してくれます。
返す金額よりも、返済日に入金しないということの方が問題となってしまうのです。

明細書には必ず次回返済予定日が記載されています。
これはキャッシング取引では「うっかり忘れてはならない大切な日」として覚えておきましょう。

利用可能額

「あといくら利用できるか?」が利用可能額などとして記載されています。
沢山残っていると何故か安心してしまう、と必ず確認している人も多いかもしれませんね。

ここで注意して欲しいのが、キャッシングの利用限度額が変更されている場合があるということです。
業者は契約の最初にあなたのキャシング利用限度額(契約極度額)を決定しますが、これはいつでも業者が変更することのできる金額です。

増額できる場合には知らせてくる業者が多いのですが、いざ減額した場合にはお知らせがされない場合があるのです。
私たちは利用可能残高が減っているのを見て、初めて限度額の減額を知ることになるのです・・・。

ちなみに、突然の減額は理由も無しに行われる訳ではありません。
正常でない利用があったり、変更事項があったのに届け出がされていないという場合に行われることが多いです。
これは、業者が定期的に信用情報をチェックしているために発覚します。

急に他社からの借り入れや申し込みが増えていたら「これは怪しい、少し額を抑えておこうか」となってしまう訳です。

また、意外と多いのが職場や住所などの変更を届け出ていなかった場合です。
信用情報には現住所や職場の情報も記載されています。

新しく登録された他社の情報と自社に届いている情報が違うとなると、「変更事項を届け出ていない」として減額の理由となってしまいます。

【具体例】カードローンの利用明細書の記載項目

1.返済時の利用明細書

・返済金額:今回返済した返済総額
・元金充当額:返済総額のうちいくらが元金の返済に充てられたかが記載されます
・利息充当額:返済総額のうち、いくらが利息として返済されたかを記載しています
・返済後残高:現在の借り入れ残高、利用残高額です
・次回返済金額:次の返済日に返済する最低金額です
・最終借入後残高:最後に借入した際の残高です
・利用可能額:借り入れ可能な金額です

・最終借入日:最後に借り入れした日
・次回返済期日:次の返済日です

明細書を見れば、今回自分が入金した金額のうち、いくらが借金の返済に充てられ、いくらが利息額だったのかがハッキリ分かります。

「あぁ・・・こんなに返済利息で支払っているんだ」と確認することもできます。

もちろん減っていく返済後残高を見れば、完済へのモチベーションにもなりますね。

2.借入時の利用明細書

・借入金額:今回の借り入れ金額です
・借入後残高:現在の借入残高です
・借入利率(年率):適用される金利が記載されています
・遅延利率(年率):返済が遅延した場合の金利が記載されています
・次回返済金額:次の返済日に返済する最低金額です
・次回返済期日:次の返済日です
・最終返済期日:契約上の最終返済日です
・返済回数:完済までの返済回数です
・返済方式:「残高スライド元利定額返済」「元金均等返済」「リボルビング返済」など返済方法が記載されています
・総返済予定額:契約上の最終返済日までに支払う予定の金額です
・ご利用可能額:現在の契約で借り入れできる金額です

この他にも取引日時や提携ATM利用手数料、カードローン商品によっては無利息残高などが記載されています。

手軽に利用できるカードローンですが、お金を借りて返済しているのだということを月に一度くらいは再認識してみるのも悪くないですよ!

私たちはフィナンシャルプランナーや金融機関関係者といった専門家ではないかもしれませんが、自分のお金に係る契約事項や利用状況を全く理解していないでは済まないのです。

WEB明細って何?

最近のカードローンはインターネットを利用した取引が容易になっています。
特に現在の取引状況や過去の取引履歴をWEB上で確認できる「WEB明細」は便利なサービスです。

通常ATMでカードローンを利用した際には紙の明細書が発行されます。
さらにそれとは別に、月々の利用明細書がハガキなどで自宅に郵送されます。
WEB明細はこの郵便による明細書の発行を省くことができるのです。

家族などの同居人や会社にカードローンの利用を知られたくないという人にも嬉しいサービスですし、明細書の保管の手間も省けますので大変便利ですね!

WEB明細の使い方は、会員専用サイトにログインするだけで閲覧することができます。
他人に見られる心配もありませんし、スマホや携帯といったモバイル端末でいつでも確認することもできます。

消費者金融系のみでなく、銀行系カードローンでもWEB上で様々な確認を済ますことのできる商品が多くなっています。

中には申し込みから契約までWEB上で完結できたり、質問や回答をWEB上でやり取りできるカードローンも登場して便利になっていますね。

ATMでの取引ももちろん記載されていますので、毎回内容を確認せずにその場で捨ててしまうという方でも、自分の都合の良いタイミングで取引を確認することができます。

【WEB明細の利用方法・具体例:アコムの場合】
アコム会員に新規登録後、会員専用サイトへログインし、メニュー内で交付書面の受取り方法を変更することができます。

アコムの「明細書等の受取サービス(電磁交付)」では、貸付明細書、入金明細書、カードご利用明細書などをサイト内で確認することができます。

もちろん契約内容の確認・変更や利用残高照会なども会員サイトで行うことができます。

  関連記事

闇金の手口や種類17個まとめ!返済できないとどうなる?

お金が必要だけどなかなかキャッシングの審査に通らないとなると、どうしても中小のあ …

債務整理とは?債務整理するとどうなる?

カードローンやキャッシングでの借入れを続けるうちに、いつしか返済が困難になってし …

お金がない時どうすればいい?パターン別に解説!

「お金がない」という悩みは、大学生から主婦、お年寄りに至るまで万人が抱える悩みで …

キャッシングに関わる法律を知っておこう 【貸金業法・改正貸金業法】

「キャッシングは借金だから何だか怖い・・・」と思っている人も多いのではないでしょ …

キャッシングの意味とは?その詳しい意味知ってますか?

現在では当たり前のように使われている「キャッシング」という言葉ですが、意外とその …

借金生活から脱出する方法のまとめ!

上手に活用すれば便利なカードローンやキャッシングも、使い方を間違えると一気に借金 …

カードローンを延滞したらどうなる?借金を返せない時はどうすればいいの!

「カードローンの返済日までにお金が足りない!」 カードローンの利用中に返済を延滞 …

過払い請求とは?過払い請求するとブラックリストに載る!?

テレビのCMや電車の公告で「過払い請求でお金が戻る!」という宣伝をよく目にします …

キャッシングの種類にはどんなものがある?

キャッシングを「消費者が無担保・無保証人で少額の融資を受ける」としても、その方法 …

借金をする人の特徴と理由は?借金を辞めさせることはできる?

借金をしない人にとってはなかなか理解しづらいのが、借金をする人の心理でしょう。 …