みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

レディースローンの金利ランキングを一覧で紹介!即日融資も可能なのは?


レディースローンっていっぱいあるけど、一体どれを利用するのが一番いいんだろう…と思っていませんか?

今回おすすめする3つのレディースローンを選べば、金利の支払いを安く抑えることができる上に、本日中の即日融資も可能です。

大手のレディースローンには無利息期間があり、約1か月の期間中に返済すれば金利は1円もかかりません。

今回はレディースローンの利用を考えている女性の方に、本当におすすめできるレディースローンベスト3と、メリットデメリットをすべて解説します。

これを読めばレディースローンを利用する上での悩みがすべて解決して、安心してお金を借りられるようになるでしょう。

目次

レディースローンとは?普通のカードローンとの違いは?

レディースローンとは、女性向けのカードローンのことです。

カードローンは銀行や消費者金融で取り扱いされていますが、銀行や消費者金融では、通常のカードローンのブランドのほかに、レディースローンのブランドを用意していることがあります。

レディースローンは、ほとんどの場合、金利や借入可能額、返済方法などは通常のカードローンと変わりません。どこが違うのかというと、レディースローンは通常のカードローンとは受付窓口が別になっており、女性スタッフが対応してくれるという点です。

最近は、以前に比べてカードローンのイメージが良くなったとは言え、まだまだ消費者金融などの貸金業者で借入すると怖い目に遭うのではないかと思っている人が少なくありません。

女性の場合には、男性が電話に出ただけで警戒心を持ってしまい、借金をするのに二の足を踏んでしまうこともあるはずです。

女性スタッフが対応してくれれば、女性でも安心して借入の申し込みができます。

こうしたことから、貸金業者では女性の顧客を多く獲得するため、レディースローンの窓口を別に設け、申し込みを受け付けていることが多いのです。

即日融資可能で低金利なレディースローン人気ベスト3

レディースローンでは、大手消費者金融のものが人気になっています。大手消費者金融のレディースローンは、審査が速く即日融資も可能なため、急な出費の際にも心強い味方になります。

1位 プロミスレディースキャッシング

三井住友銀行グループの消費者金融プロミスでは、女性のための「レディースキャッシング」を用意しています。

申し込みの際に女性専用ダイヤルに電話をかければ、女性オペレーターが対応してくれますから、不安なことも気軽に相談しながら借入を決めることができます。

プロミスのレディースキャッシングは、主婦でもパートやアルバイトで収入があれば借入が可能です。

三井住友銀行かジャパンネット銀行に自分名義の口座があれば、「瞬フリ」により24時間いつでもリアルタイムで入金してもらえるので、急な出費の際にはとても便利です。

コンビニのマルチメディア端末を利用すれば返済も無料など、大手消費者金融ならではの利便性の高さで圧倒的な人気となっています。

2位 レディースアイフル「SuLaLi」

アイフルには、限度額10万円の女性専用カードローン商品「SuLaLi」があります。

SuLaLiも他社のレディースローンと同様、安心の女性専用ダイヤルに申し込みができますが、それ以外に女性に嬉しい特典として、おしゃれなデザインカードを発行してもらえるという点があります。

キャッシングのカードをお財布に入れておくのは女性にとっては抵抗があるもの。けれど、SuLaLiのデザインカードなら持っているだけでワクワクしてしまいます。

SuLaLiでは、返済が遅れたときの連絡も電話ではなくSMSのショートメッセージで届きます。

忙しくてうっかり返済日を忘れてしまったときにも、いきなり電話で督促を受けることがありませんので、安心して取引ができます。

3位 アコムレディースローン

女性の利用者が250万人を超えているアコムでは、多くの女性が安心して利用できるように、「働く女性のカードローン」としてレディースローン窓口を用意しています。

アコムのレディースローンは、24時間いつでもインターネットから申し込みができます。審査にかかる時間は最短で30分。自動契約機の「むじんくん」でカードを受け取るか、振込してもらうことで、即日融資も可能となっています。

アコムでは、「ACマスターカード」というカードローン機能付きクレジットカードを発行してもらうこともできます。

クレジットカードならお財布に入れているところを人から見られても安心。買物にも便利に使えるので女性にとっては特におすすめです。

レディースローンなら在籍確認なしで借りられるの?

カードローンの申し込みの際に、気になるのが在籍確認です。

在籍確認では、申込者が申し込み時に記載した勤務先に本当に勤めているかどうかを確認するために、カードローン会社のスタッフが勤務先に直接電話をかけてきます。

在籍確認では、申込者本人が出ない限り、会社名を名乗ったり用件を伝えたりすることはありません。

しかし、やはり会社に電話がかかってくると、「借金がバレるのではないか?」と心配になる女性は多いはずです。

レディースローンの場合にも、原則としてどこの会社でも在籍確認はあります。

ただし、実際に勤務先に在籍確認の電話がかかってくるかどうかはケースバイケースのところもあります。

どうしても心配な場合には、レディースローンの電話窓口に事前に相談してみましょう。

自分が必ず職場にいる時間にかけてもらえたり、書類による在籍確認に代えてもらったりできる可能性があります。

レディースローンのメリット

借入の条件としては、レディースローンと通常のカードローンとで特に変わるわけではありません。

にもかかわらずレディースローンを利用することにはどのようなメリットがあるかについては、以下のような点が考えられます。

女性オペレーターが対応してくれるので恥ずかしくない

女性が借金を考えるときというのは、やむにやまれぬ事情があることもあります。

たとえ他人とはいえ、男性に個人的な事情を話すのは戸惑ってしまう女性が多いことは、言うまでもないでしょう。

レディースローンの受付窓口では、女性オペレーターが電話対応を行ってくれます。女性が優しく話を聞いてくれますから、恥ずかしい思いをすることもありません。レディースローンを利用すれば、借金をする際の不安を軽減することができます。

専業主婦でも夫に内緒で借りられるところもある

生活費の管理を任されている専業主婦だからこそ、家計のやりくりに困って、夫に内緒でお金を借りたいと思うこともあるはずです。

カードローンでお金を借りるときに、夫に連絡がいったり夫の同意書が必要になったりするようなら、専業主婦の借入は困難です。

一部の銀行カードローンでは、専業主婦でも一定額までであれば、夫の同意なしに借入が可能なところがあります。カードを作っておけば、生活費がちょっと足りなくなったときに備えることもできます。

レディースローンのデメリット

女性にとっては便利で嬉しいレディースローンですが、デメリットがないわけではありません。レディースローンを申し込む前に、レディースローンのデメリットについても知っておきましょう。

レディースローンだから女性の審査が甘いわけではない

女性と男性とでは、一般に男性の方がカードローンの審査に通りやすくなっています。

これは、単なる性別の違いというよりも、安定した収入を得ているかどうかの違いになります。男性の方が正社員などの安定した仕事に就いていることが多いため、カードローンの審査に通る人の割合も大きいということです。

レディースローンだからと言って、通常の審査基準と変わることはありません。

レディースローンでも、安定した収入の基準をみたしていなければ、借入は困難です。通常のカードローンの審査に落ちた場合に、同じ会社のレディースローンに申し込んでも、審査に通るわけではありません。

無職で収入がないと配偶者の同意が必要なことも

消費者金融のレディースローンに申し込む場合には、貸金業法による総量規制により、年収の3分の1までしか借入できないという制限があります。

無職で収入がない専業主婦の場合には、年収0円ですから借入できるお金も0円となり、消費者金融での借入は原則的にできません。

しかし、総量規制の例外貸付として、配偶者の同意書等を提出すれば、配偶者の借入と合わせて配偶者の年収の3分の1までの借入が可能になる「配偶者貸付」の制度があります。

配偶者貸付に対応している消費者金融の数は多くはありませんし、配偶者貸付を利用するにしても配偶者の同意が必須になります。

専業主婦で借入を検討している人は、消費者金融の配偶者貸付はあまり利用しやすい制度ではないということも知っておいた方が良いでしょう。

延滞するとハガキが届いて家族にバレることも

女性が借金をする場合には、家族に内緒にしたいことが多いと思います。

カードローン会社では、利用者のプライバシーを重視していますので、自宅の固定電話に電話したり、自宅宛郵送物を送ったりすることもほとんどありません。

すべての手続きをWeb上で完結させることもできますから、家族に内緒で借入することも可能になっています。

ですが、カードローンの返済を怠り、延滞してしまった場合には話は別です。

ただし、うっかり返済日を忘れてしまった場合でも、すぐに電話連絡するか、気付いた時点ですぐに入金すれば、家に連絡が来るようなことはありません。

払うと言っていつまでも支払わなかったり、カードローン会社からの電話連絡を無視したりしていれば、そのうち家にハガキで督促が来ることになります。

カードローン利用を家族に内緒にしたければ、くれぐれも延滞しないよう、計画的な利用を心がけなければなりません。

レディースローンの金利ランキング!全サービス一覧

レディースローンを利用する場合には、やはり金利が気になると思います。

レディースローンには銀行が扱っているものと消費者金融が扱っているものがあります。それぞれについて、金利はどうなっているかを比較してみましょう。

銀行(信用金庫含む)のレディースローンランキング一覧

初めてのカードローンには、安心できる銀行のレディースローンを利用したいと思う女性は多いのではないでしょうか?

銀行のレディースローンは、総量規制の対象外なので、専業主婦でも配偶者の同意不要で借りられる場合があります。

銀行名(信用金庫含む)金利(%)
但陽信用金庫レディースローン9.0
豊和銀行レディースローン9.8
りそな銀行レディースローン12.475
西日本シティ銀行レディースローン12.95
肥後銀行レディースローン14.0
みなと銀行レディースローン14.0
みずほ銀行レディースローン14.0
山陰合同銀行(ごうぎん)レディースローン14.5
楽天銀行レディースローン14.5
福岡銀行レディースローン14.5
北洋銀行レディースローン14.7
常陽銀行レディースローン14.8

1位 但陽信用金庫レディースローン(9.0%)

但陽信用金庫では、女性のためのカードローン「レディースプライベートカード」を用意しています。

申し込み時には、10万円、20万円、30万円、50万円の4種類の借入限度額のコースから選択可能。毎月の返済額は、10万円コースが3000円、20万円コースが5000円、30万円コースが7000円、50万円コースが1万円と無理のない額ですから、女性も気軽に利用できます。

但陽信用金庫レディースローンの特色は、金利が低いこと。利用金額にかかわらず、金利は固定で年9.0%という圧倒的な低金利です。

但陽信用金庫のレディースローンは、専業主婦でも30万円までの借入が可能となっています。必要書類も免許証などの本人確認書類だけになりますから、夫に内緒で借入したい人も利用しやすくなっています。

2位 豊和銀行レディースローン(9.8%)

豊和銀行には、女性専用の「ほうわレディースカードローン」という商品があります。

ほうわレディースカードローンでは、10万円から100万円までの借入が可能です。配偶者が給与所得者の場合、専業主婦の方でも30万円を上限に借入ができます。

また、パート・アルバイトで収入がある方については、50万円を上限に借入ができます。

ほうわレディースカードローンの金利は、固定で年9.8%。返済は毎月5000円からとなっています。高金利のカードローンには不安のある女性の方でも、申し込みがしやすく、無理のない金額で返済していけます。

ほうわレディースカードローンの申し込みは、インターネットでOK。来店は仮審査通過後でかまいませんから、安心して申し込みができます。

3位 りそな銀行レディースローン(12.475%)

りそな銀行には、利用限度額50万円から800万円までの「プレミアムカードローン」と、利用限度額30万円から200万円までの「クイックカードローン」の2種類のカードローンがあります。

女性に人気なのは、Webから申し込みして最短当日審査結果回答が得られるクイックカードローン。

りそな銀行のキャッシュカードを使って借入できますから、周りにカードローン利用がバレにくくなっています。

クイックカードローンの上限金利は変動金利となっており、2017年9月現在の金利は年12.475%となっています。

返済額は毎月1万円から。りそな銀行の普通預金口座からの自動引き落としになりますから、自分でATMなどから入金する手間がかかりません。

4位 西日本シティ銀行レディースローン(12.95%)

西日本シティ銀行では、女性向けカードローン商品「キレイのトビラ」を用意しています。

西日本シティ銀行レディースローンは、来店不要で申し込みが可能。金利の上限は年12.95%となっており、銀行カードローンの中でも特に低金利です。初月の金利分がキャッシュバックされるキャンペーンを利用すれば、さらにお得になります。

西日本シティ銀行では、カードローンの申し込みをしておけば、普通預金の残高不足でクレジットカード代金などの引き落としができない場合にも自動立替してもらうことができます。

ショッピングや飲み会、結婚式などの予定が重なったときにも安心できるので、アクティブな女性にとって嬉しいカードローンです。

5位 肥後銀行レディースローン(14.0%)

肥後銀行のレディースローンは、来店不要でWebから申し込みができます。

借入可能額は10万円から500万円となっており、毎月の生活費の補てんに少しだけ利用したい人にも、まとまったお金を借入したい人にも利用しやすいカードローンです。

肥後銀行レディースローンの金利は、100万円以下の場合でも年14.0%ですから、消費者金融に比べるとかなりの低金利になります。

返済は肥後銀行の普通預金口座からの自動引き落としになりますが、肥後銀行ATMやコンビニATM(ローソンATM、E-net)からの随時返済も可能なため、繰上返済するのにも便利です。

肥後銀行では、手持ちのキャッシュカードにカードローン機能を付けることができますから、カードローン利用が周りの人にもバレにくくなっています。

6位 みなと銀行レディースローン(14.0%)

みなと銀行のカードローン「Qポートネオ」では、10万円から800万円までの借入が可能。

申し込みすれば専用のローンカードが発行され、みなと銀行ATMのほか、コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net)、ゆうちょ銀行、イオン銀行、その他の提携金融機関のATMから借入や返済ができます。

みなと銀行のQポートネオは、インターネットから24時間年中無休で申し込みができるので、周りの目を気にしながら店舗へ行く必要もありません。

その他に、電話や郵便、FAXによる申し込みも可能なので、カードローン利用が初めての女性の方でも申し込みしやすくなっています。

Qポートネオの借入利率の上限は年14.0%と低金利。少額の借入の場合でも金利の負担が軽くなっています。

7位 みずほ銀行レディースローン(14.0%)

みずほ銀行では、「みずほMyWing」という女性向けローン商品が取り扱いされています。

みずほMyWingの「わたし応援ローン」は、女性が使いやすいように設計されたカードローン。利用限度額は10万円、20万円、30万円、50万円、100万円、200万円から、自分に合った無駄のない額を選べます。

金利の上限は年14.0%の低金利。毎月の返済額は1万円から比較的多めですが、元本をしっかり減らせるので利息の負担を軽くする効果があります。

みずほMyWingに申し込みすると、ハローキティと楽しくお金の管理ができるおさいふアプリを利用できます。

その他に、ライフプランやお金に関することを相談できるマネーコンサルフォンを利用できるなど、女性にとって嬉しいサービスが充実しています。

8位 山陰合同銀行(ごうぎん)レディースローン(14.5%)

山陰合同銀行では、来店不要でインターネットから申し込みができるカードローン「ごうぎんキャッシュバンクネオ」を用意しています。

山陰合同銀行のカードローンでは、10万円から500万円までの借入が可能。専業主婦の方でも、配偶者に安定した収入があれば、30万円までの借入ができます。

山陰合同銀行カードローンの金利の上限は年14.5%、返済額は毎月2000円からとなっています。毎月の返済額が少ないと利息がなかなか減らないという難点がありますが、金利が低いので利息の負担が大きくなりすぎず、初めての女性の方でも安心して利用ができます。

契約後は、近くのコンビニでの借入や返済ができます。1000円から利用できるので、ちょっと生活費が足りないときにも心強い味方になります。

9位 楽天銀行レディースローン(14.5%)

楽天銀行カードローンは、専業主婦でも借入が可能になっているなど、女性にやさしいレディースローンです。

楽天銀行カードローンの最大借入額は800万円ですが、専業主婦の借入可能額は上限50万円。50万円までなら配偶者の同意も不要で借りられるので、家族に内緒にしたい人も安心です。

他の銀行では専業主婦の借入可能額は30万円までのところが多いため、30万円以上を借りたい専業主婦には楽天銀行カードローンが特におすすめです。

楽天銀行カードローンの金利の上限は14.5%となっており、平均的な銀行カードローンの金利と言えます。

しかし、楽天銀行カードローンでは期間中金利が半額になるキャンペーンを頻繁に行っているため、上手に使えば金利の負担を軽くすることができます。

10位 福岡銀行レディースローン(14.5%)

福岡銀行のカードローンは、利用限度額が10万円から1000万円、金利の上限が年14.5%の平均的な銀行カードローンになります。

福岡銀行カードローンでは、返済方法を口座引落型、直接入金型のどちらかから選ぶことができます。

直接入金型なら福岡銀行の口座を持っていなくても利用ができるので、カードローンのためにわざわざ口座を作りたくないという人にもおすすめです。

福岡銀行カードローンでは、借入希望額が50万円以下ならWeb完結申し込みが可能になっています。

郵送物はカードローンとわからないように発送するなど、プライバシーにも配慮してくれますので、家族に内緒で借入したい女性の方も利用しやすくなっています。コンビニATMや提携ATMでの返済も可能です。

11位 北洋銀行レディースローン(14.7%)

北洋銀行のカードローン「スーパーアルカ」は、北洋銀行の口座を持っていない人でも来店不要で申し込みできるなど、初めてでも利用しやすく、女性にもおすすめです。

スーパーアルカでの借入可能額は、10万円から1000万円。100万円未満の借入の場合にも、上限金利は年14.7%ですから、消費者金融に比べると低金利です。

スーパーアルカでは、北洋銀行のATMだけでなく、コンビニATM(セブン銀行ATM、E-net、ローソンATM)も手数料無料で利用ができます。

カードローンでは借入期間が長くなると利息の負担が大きくなってしまいますが、スーパーアルカなら近くのコンビニでも気軽に返済ができます。

毎月の約定返済以外にもこまめな返済がしやすく、早く元本を減らして完済しやすいのも嬉しいところです。

12位 常陽銀行レディースローン(14.8%)

常陽銀行のカードローン「キャッシュピット」では、800万円までの借入が可能。

100万円未満の借入でも上限金利年14.8%と低金利になっています。

キャッシュピットでは、常陽銀行のATMのほかに、コンビニATM(セブン銀行ATM、ローソンATM、E-net)でも手数料無料で借入・返済ができるので、金利の負担が気になる女性の方でも利用しやすいカードローンです。

常陽銀行では、女性向けの証書貸付によるフリーローン「フリーパレット」も用意しています。

フリーパレットでは、10万円から200万円までの借入が可能。上限金利はカードローンよりも低い9.8%で最長7年の借入が可能。使いみちや金額が決まっている方は、フリーパレットの利用も検討してみましょう。

消費者金融のレディースローンランキング一覧

消費者金融のレディースローン金利は、銀行よりも高めになっており、各社で大きな違いはありません。

消費者金融のレディースローンを比較するときには、金利以外のサービス内容にも注目しておきましょう。

消費者金融金利(%)
フタバレディースローン14.959~17.950
エイワレディースローン17.9507~19.9436
モビットレディースローン3.0~18.0
アコムレディースローン3.0~18.0
セントラルレディースローン4.8~18.0
なでしこレディースローン15~20
ベルーナレディースローン4.5~18.0
エレガンスレディースローン10~20

1位 フタバレディースローン(14.959~17.950%)

フタバは東京都千代田区にある消費者金融です。電話やインターネットから来店不要で申し込みが可能になっており、即日振込にも対応してもらえます。

フタバでは、女性向けの貸付に力を入れており、「レディースフタバ」として女性専用の窓口を設けています。

フタバのレディースキャッシングで借りられる額は10万円から50万円。貸付利率は年14.959~17.950%と高めにはなっていますが、初めての利用の場合には30日間無利息サービスが受けられるので、利息の負担を軽くすることも可能です。

フタバは大手ではないのでATM返済の利用はできませんが、毎月の返済額が少なめになっているので、無理のない返済が可能。主婦にも人気のレディースローンです。

2位 エイワレディースローン(17.9507~19.9436%)

キャッシングのエイワは、昭和36年創業の老舗の消費者金融です。本社は横浜市になりますが、全国に店舗があり、昔ながらの対面融資をメインに行っています。

エイワでは、レディースローンとして、女性専用の契約プランを用意しています。

女性では対面融資に抵抗がある人も多いと思いますが、エイワレディースローンではスタッフが一人一人に丁寧に対応してくれますから、細かいことまで相談しやすいというメリットもあります。

主婦やパート・アルバイトの方でも借りられる可能性がありますので、相談してみましょう。

エイワレディースローンの借入可能額は1万円から50万円まで。貸付利率は、10万円未満の場合年19.9436%、10万円以上50万円以下の場合年17.9507%となっています。

3位 モビットレディースローン(3.0~18.0%)

モビットは、三井住友銀行グループの消費者金融です。

モビットのカードローンの利用限度額の上限は800万円と、消費者金融にしては多めの額になっています。なお、金利は年3.0~18.0%となっており、少額を借りる場合には高めの金利になります。

モビットでは、カードローン申し込みの際に、Web完結申し込みを選ぶことができます。

Web完結申し込みなら、郵送物なし、電話連絡なしにすることができますから、家族にカードローン利用を内緒にしたい方でも安心して申し込みができます。

なお、モビットでは、三井住友銀行ATMで借入や返済を行う場合には手数料が無料となります。手数料を気にせずこまめに返済することができるので、繰上返済を活用すれば、早めの完済が可能になります。

4位 アコムレディースローン(3.0~18.0%)

「はじめてのアコム」のCMでもおなじみの大手消費者金融アコム。アコムのカードローンでは、1万円から800万円までの借入ができます。

金利は年3.0~18.0%ですが、初回は30日間無利息サービスが受けられます。

アコムのカードローンでは、毎月の返済金額は借入金額や返済回数によって変わってきますが、返済が大変なときには一時的に返済額を減額してもらえるなど、利用者のことを考えたサービスを提供しています。

アコムでは、「働く女性のカードローン」として、レディースローンの窓口を用意しています。

女性専用ダイヤルに電話すれば、女性スタッフが様々な疑問に答えてくれますから、カードローン初心者の女性にとっては嬉しいサービスです。

5位 セントラルレディースローン(4.8~18.0%)

セントラルは、愛媛県松山市に本社がある昭和48年創業の貸金業者です。

関東方面にも店舗があり、自動契約機「セントラルくん」やセブン銀行ATMも利用できるなど、注目の消費者金融です。融資のスピードも速く、即日融資にも対応してくれます。

セントラルには、「マイレディス」という名前のレディースローン商品があります。

マイレディスでは100万円までの借入が可能で、金利は年4.80~18.00%となっています。女性専用マイレディスダイヤルに電話すれば、女性スタッフが丁寧に対応してくれますから、キャッシングに不安がある方も安心です。

パート・アルバイトの方でも申し込みOK。毎月の返済額も無理のない金額設定になっています。

6位 なでしこレディースローン(15~20%)

「レディースローンなでしこ」は、ご融資どっとこむ株式会社が提供するレディースローンです。

ご融資どっとこむは、東京都台東区に本社がある正規の貸金業者で、借換ローン、不動産担保ローン、ビジネスローン、住宅ローンなどの取り扱いも行っています。

レディースローンなでしこでは、50万円までの借入が可能です。

レディースローンでは金利は年15.0~20.0%と高めになっていますが、審査に通りやすいと言われており、他社で借りられなかった人でも借りられる可能性があります。

インターネットまたは電話での申し込みが可能で、電話の場合には女性スタッフが対応してくれますから、借入が初めての女性の方でも申し込みしやすくなっています。

7位 ベルーナレディースローン(4.5~18.0%)

通信販売でおなじみの「ベルーナ」のグループ会社サンステージが運営するカードローンが、ベルーナノーティスになります。

ベルーナノーティスでは300万円までの借入が可能。金利は年4.5~18.0%となっています。

ベルーナノーティスの特色は、配偶者貸付に対応している点です。

貸金業法の総量規制により、個人の借入は年収の3分の1までに制限されますから、専業主婦は原則として消費者金融では借入ができません。

しかし、総量規制の例外である配偶者貸付を利用すれば、専業主婦でも夫と合わせて、夫の年収の3分の1までの借入ができます。

大手消費者金融では配偶者貸付に対応していないため、配偶者貸付の利用を検討している方は、ベルーナノーティスのレディースローンがおすすめです。

8位 エレガンスレディースローン(10~20%)

レディースキャッシングエレガンスは、静岡市に本社がある清水クレジットが運営する女性専用のレディースローンです。電話・インターネットから申し込みができ、即日振込も可能となっています。

エレガンスでは、貸金業法にもとづく配偶者貸付に対応しており、専業主婦でも借入が可能になっています。

ただし、配偶者貸付を利用する場合には、夫婦であることを証明できる住民票または戸籍謄本、夫の同意書を提出する必要があります。

エレガンスの借入可能額は1万円から50万円まで。

金利は年10.00~20.00%と高めになっています。しかし、総量規制により消費者金融からは原則として借りられない専業主婦でも、エレガンスなら借りられるため、主婦を中心に人気のレディースローンとなっています。

レディースローンQ&A

女性でも申し込みしやすいレディースローンでお金を借りてみたいと考える人も多いと思います。レディースローンに関するよくある質問にお答えします。

レディースローンは派遣社員でも借りられるの?

レディースローンを申し込みする場合には、通常のカードローンと同様、安定した収入が必要になるのが原則です。

安定した収入といっても、正社員でなければならないわけではありません。

パートやアルバイトの方でも、レディースローンの利用ができます。もちろん、派遣社員の方でも、レディースローンの申し込みは問題なくできます。

なお、派遣社員の方の場合には、在籍確認が気になると思います。派遣社員は派遣元に雇用されていますが、実際に働いているのは派遣先になりますから、在籍確認の電話はどちらにかかってくるかという問題があります。

これについては、派遣社員の在籍確認は、基本的に派遣元に対して行われます。

レディースローンでは、電話による在籍確認に不安がある場合、書類による在籍確認に代えてもらえることもあるので、事前に相談してみましょう。

レディース住宅ローンってどんなサービスなの?

近年は、独身女性でも住宅ローンを利用し、マンションを購入するケースが珍しくなくなってきています。けれど、女性は住宅を購入する意思があっても、住宅ローン審査に通りにくいのではないかという不安を抱えることが多くなっています。

このような女性の不安を解消するために、主に銀行で用意されているのが、レディース住宅ローンになります。

レディース住宅ローンでは、年収や勤続年数の条件を引き下げ、契約社員や派遣社員の女性でも借りやすい設定になっていることがあります。

また、出産・育児休暇中は利息のみの返済で良いとしたり、家事代行や育児サービスが利用できたりするなど、女性に嬉しい特典が付いてくるものもあります。

  関連記事

カードローンを最低金利で借りるにはどうしたらいい?

カードローン商品の金利は、たいてい◯◯%~◯◯%というように表示されていますよね …

無利息期間のあるカードローンを上手に使って無利息でお金を借りる!

カードローンにとっては「利息」がそのまま私たちが支払う「対価」となります。 つま …

カードローンの金利を比較ランキングで検証!自分に最適なカードローンを選ぶポイント

カードローンの金利はホームページや宣伝を見ても◯◯%~◯◯%とされています。 こ …

実質年率と金利の違いって?カードローン用語を知っておこう!

カードローン商品の返済方法の説明でひんぱんに目にする「実質年率」や「金利」といっ …

金利の基礎知識~カードローンのキャッシングの値段は金利で決まる!~

皆さんは物を買う時には値段を検討材料にしますよね。 市場価格に対して高いか安いか …

30万円借りるなら無利息と低金利どっちがいいの?利息や返済期間は?

カードローンでお金を借りるとなると、やっぱり気になるのが利息と返済についてでしょ …

カードローンの金利を下げるには?限度額を増額するための方法は?

カードローンを利用する対価は「利息」という形で金融機関に支払います。 そしてその …