みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

アコムの審査についてどこよりも詳しく解説します


初めてキャッシングを利用する方はもちろん、他社に借入がある方も気になるのが審査ですね。ここではアコムのキャッシング審査についてご説明します。

アコムの審査の流れと時間

akomumousikomi

まずは、申込から審査→キャッシングまでの大まかな流れを知っておきましょう。

【インターネットから申し込んだ場合(携帯電話・スマートフォンからも同じ)】
1.申込みフォームに記入して送信(24時間受け付けています)
2.申込内容確認のメール又は電話(担当者が個人名でかけてきます)
3.本人確認書類の提出(画像でアップロード又はファックス)
4.審査
5.契約(契約後すぐに振込キャッシング可能)
【電話から申し込んだ場合】
1.フリーコールへ電話で申込
2.最寄りの店頭窓口、又は自動契約機(むじんくん)にて手続き
3.審査
4.契約・カード発行
【店頭・自動契約機で申し込んだ場合】
1.店頭・自動契約機で申込
2.審査
3.契約・カード発行
【郵送で申し込んだ場合】
1.フリーコールへ電話で申込
2.申込書類が送付される
3.記入後、必要書類とともに返送
4.審査(結果は担当者が個人名で電話にて通知)
5.契約書類とカードが自宅へ郵送される
6.カード受領の手続き(ネット又は電話)後キャッシング可能

アコムの審査に必要な書類

akomusyorui

基本的に必要な書類は本人確認書類のみとなります。

運転免許証が望ましいですが、交付されていない方は健康保険証、パスポートでも大丈夫です。ただし、本人確認書類と現住所が変わっている場合には、公共料金の領収書など別途定められた書類を併せて提出します。

また、外国籍の方の場合、「在留カード」又は「特別永住者証明書」が必要となります。

【収入証明書について】

融資希望額、他社での利用状況によっては収入証明書が必要になります。

・アコムでの利用が50万円を超える契約の場合
・他社との借入総額が100万円を超える場合

収入証明書には以下の内1点が必要となります。

源泉徴収票(最新のもの)
給与明細書(直近1ヶ月分、住民税の記載が無い場合には2ヶ月分。賞与明細がある場合には直近1年分も併せて)
市民税・県民税額決定通知書(最新年度のもの)
所得証明書(最新年度のもの。市区町村役場又は税務署で取得できる所得証明書。)

アコムの在籍確認は?

zaiseki

キャッシングの審査では、申告された職場に実際に勤務しているかどうか確認する「在籍確認」という作業が行われます。貸す側にとっては非常に重要な作業ですので、省かれることはまずありません。

「職場にキャッシングのことがバレないか心配」という方も多いでしょうが、アコムの在籍確認は勤務先へ個人名で電話をかけてきます。アコムという会社名を出すことはありませんので安心しましょう。

インターネットで申し込んだ場合などは、本人への申込確認の電話を職場にかけることで、在籍確認も済ませてしまうこともあります。この際も個人名でかけてきます。

また、本人が休みなどで不在の場合であっても、そこで働いていることさえ分かれば大丈夫ですので問題ありません。その際に勤続年数や年収などを聞くこともありません。

アコムの審査基準は?

sinsain

ではアコムではどういった基準で審査が行われているのでしょうか?じつは、この部分は部外者はもちろん利用者にも知らされることはありません。

アコムももちろんですが、どの金融業者でも独自の審査基準と審査ノウハウを持っています。基本的に審査に使われるのはあなたが提出した情報、つまり申込時に記入した項目です。

年齢や勤続年数、居住年数といった項目を基にして審査が行われます。申込項目は、申込をしなくても見ることができますので、確認してみると分かりやすいでしょう。

審査基準は公表されていませんが、一般的にキャッシングの審査で重視されるとされる項目を挙げておきます。

勤続年数
収入が高いことよりも、長く勤務していることの方が重視される傾向があります。

他社からの借入状況
借入総額とともに借入件数がチェックされます。特に借入件数が多いと敬遠される傾向があります。

参照される信用情報は?

kozinzyouhou

自ら提出した情報とともに、審査に大きく影響するのが「個人信用情報」です。

現在や過去のキャッシング状況は、あなたの「信用情報」として第三者機関に保管され、新たなキャッシングの申込の際には参照されるようになっています。

特に過去の事故情報(延滞や債務整理)は審査に大きく不利となります。もし、自分の信用情報が不安な場合、各信用情報機関に開示要求をすることもできます。

アコムの審査に落ちるのはこんな人

otita

アコムのカードローンで明確に決められている申込資格は「20歳以上の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方」という一文のみです。

つまり契約社員や派遣社員、アルバイトやパートといった雇用形態に関係なく、安定した収入があれば利用できる可能性はあります。

とはいえ、申し込んだ人全てに融資が行われている訳ではありません。審査に落ちて貸付がされない人もいます。

ではどういった人が審査に落ちるのでしょうか?ここも審査に落ちた理由について本人に明かされることはありません。

「当社基準」を満たさなかったということなのでしょう。

ただし、確実に審査を通らないケースがあります。「総量規制以上の融資を希望、又はすでに他社で融資を受けている人」です。

この場合、法律で定められていますので貸付が行われることはありません。もし虚偽の申請をしたとしても、信用情報機関で参照することでバレてしまいます。

年収の3分の1以上の借金を希望するのであれば、おまとめ系のローンを検討することをおすすめします。アコムの場合には「借り換え専用ローン」というものが用意されています。

アコムの審査が不安な方へ

habataki

アコムの審査基準は、大手消費者金融系カードローンとしてはごく水準的とされています。アコムの審査に通るならば、他の消費者金融でもまず大丈夫といわれます。

逆にアコムで落ちるようならば、大手はあきらめて中小業者でなければ難しいかもしれません。つまり、アコムで借りられないのならば、あなたの収入と返済能力は少し危ないと考えた方が良いかもしれません。

もし他社からすでに借入があるのであれば、おまとめローンや借り換えローンといった方法を検討するか、債務整理という方法も視野に入れた方が良いかもしれませんね。

逆に、今までキャッシングを利用したことがなく、消費者金融が初めてという方にはおすすめできる業者です。大手だけあって、利便性やサービス面でも問題のない業者でしょう。

ただし、銀行カードローンという選択肢も比較して検討してみることをおすすめします。少額のキャッシングの場合、最高金利が適用されるケースがほとんどですので、銀行系カードローンの方が金利が低く設定されるでしょう。

例えば、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」では、審査の際の保証会社がアコムとなっています。つまりアコムの審査に通るならば、バンクイックの審査も通る可能性が高いということなのです。

  関連記事

関連記事はありませんでした