みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

10万円借りるならどのカードローンがお得?金利が低いのは?返済しやすいおすすめは?


カードローン商品には、無担保で保証人も必要なく何百万円から何千万円まで融資してくれる大型商品が増えていますよね。

しかし実際には、「そんなに必要ないけれど、数万円だけ借りたいなぁ」という方が多いのではないでしょうか。

ここでは10万円という、借りるのにも返すのにも負担の少ない額をカードローンで利用した場合のあれこれを考えてみましょう。

10万円借りると金利どれくらいになって、支払う利息はいくらくらいだろう?返済にどれくらいかかる?10万円借りるのと100万円借りるので審査も違ってくるの?

銀行のカードローンと消費者金融のカードローンではどんな違いがある?

よくある疑問を考えながら、10万円借りるのにおすすめのカードローンをご紹介します!

カードローンで10万円借りたら金利はどうなる?

カードローンにとって金利とは「商品の値段」といってもいい位置づけになります。金利によって利息が決まります。

カードローンでお金を借りたら、借りた分の金額(元本)にプラスして借りた期間の利息を支払うことになるからです。

総支払利息分を少しで少なくするために大切なのは、金利を低くする・返済期間を短くすることです。

返済期間については、毎月の最低返済額(約定返済額)にプラスして、余裕のある時には随時追加返済することで努力することができます。

しかし金利については申し込み時の審査で決定されます。ですからあらかじめ適用される金利を知っておくことが、カードローン選びで失敗しないポイントとなるのです。

10万円の少額融資ならば適用されるのは最高金利!

まず大前提として知っておきたいことが、カードローンは借りる金額が低いほど金利が高く設定されるということです。よほど特殊な事情がない限り、10万円の融資で適用されるのはそのカードローン商品の最高金利になるということを覚えておきましょう。

10万円借り入れした時の金利比較

では、具体的に10万円をカードローンで借りたら金利はどうなるか?各カードローン商品の最高金利で比較してみましょう(全て実質年率)。

○消費者金融カードローン
・プロミス:17.8%
・アコム:18.0%
・アイフル:18.0%
・SMBCモビット:18.0%
○銀行カードローン
・三菱UFJ銀行バンクイック:13.6%~14.6%
・三井住友銀行カードローン:12.0%~14.5%
・みずほ銀行カードローン:14.0%
・新生銀行レイク:15.0%~18.0%

いかがでしょうか。
当然ですが、金利だけで比較すれば銀行カードローンの方が低くなります。

利息の計算方法

ちなみにおおまかな利息は以下の計算式で計算することができます。

借りた金額×金利(実質年率)÷365日×借りた日数

例えば10万円を金利年18%で30日間借りたとすると利息はこのようになります。

10万円×0.18÷365×30=1479.45205円

10万円の希望額ならば審査は甘い?!

「お金を貸す」のですから、やはり貸す金額が多くなればなるほど慎重になりますよね。

カードローンの審査も同じように、基本的には希望融資額が高くなるにつれて審査は慎重になる傾向があります。逆に言うと、10万円程度の少額融資であれば、最低限の審査内容さえ通過すれば問題なく借りられるということです。

とはいえ、カードローン商品を利用できる条件が変わる訳ではありません。基本的な利用条件をクリアしていることが大前提となります。

10万円以下の融資であっても、本人確認書類による身分確認や、勤務先への電話連絡による在籍確認はあります。

もちろん信用情報機関で個人信用情報を参照しますので、返済実績や返済状況はもちろんチェックされ、過去の延滞や債務整理といった金融事故のある場合には慎重に審査されます。

ただし、収入に関しては10万円の希望限度額で収入証明書類の提出を求められることはまずないでしょう。

ちなみに貸金業法では、借入れ希望額が50万円を超える場合か、他社からの借入額との合計が100万円を超える場合には収入証明書類の提出が義務付けられています。

銀行カードローンの場合は各商品によって基準が違ってきますが、それでも10万円の借入希望程度ならば収入証明書不要となるケースが多いです。

逆に、カードローン審査に通るかどうか不安という方は、希望金額をあまり大きくしない方が通過しやすいといえるかもしれませんね。

ただし、各金融機関、各カードローン商品の利用条件を満たしていることが必須となりますので、満20歳未満の方や、収入が全く無く返済能力の無い無職の方が審査に通ることはありません。

また、少額融資希望でも貸金業法における総量規制にかかる金額の貸し付けをすることはありません。消費者金融や信販会社・クレジットカード会社はもちろんですが、総量規制対象外の銀行カードローンでももちろん年収と借入額のバランスは重視されます。

例えばパートで年収が30万円くらいという人にしてみれば、例え利用限度額10万円の希望であっても審査は厳しくなる可能性があると考えてよいでしょう。

銀行カードローンと消費者金融カードローンではどう違う?

金利面ではどうしても銀行カードローンが有利となります。

しかし、特に10万円程度の少額を借りたい場合には、金利だけで決定すると損をすることもあるかもしれません!

少額を借りるならぜひ活用したい無利息サービス!

消費者金融カードローンの大きな魅力にひとつが「無利息サービス」の存在です。大手消費者金融業者ではプロミス、アコム、アイフルで30日間無利息サービスが用意されています。

初めての利用であれば、30日間に利息が0円になるというのは、返済期間が短い少額の借入れに際には大きなメリットとなります。

また、銀行カードローンの中でも新生銀行カードローンレイクや、ジャパンネット銀行ネットキャッシングのように無利息サービスが用意されている商品もあります。

ただし、金利が消費者金融と同水準ですので、銀行ならではの低金利というメリットは無くなります。

無利息サービスに限らず、消費者金融のカードローンには銀行カードローンでは無いサービス内容が多いです。プレゼントやキャンペーンなど、借りたい時に行われているサービスを比較すると、特に少額を借りる時にはお得になるものが多いですよ。

逆に高額融資を希望しているのであれば、やはり借入利率の低い銀行カードローンがおすすめですが、初めて申し込む利用者に最初から高額の貸付をするケースは少ないです。

複数の借入れの一本化などの目的であれば、「おまとめローン」や「借換えローン」といった商品がおすすめです。

土日祝日でも即日融資が可能!

最近は銀行カードローンの利便性も高くなってきてはいますが、やはり申し込みから審査・契約となると銀行の営業時間内という束縛があります。

その点、消費者金融カードローンであれば、土日祝日でも当日中の融資が簡単にできます。「急ぎでお金が必要!」という方にはやはり手軽さの消費者金融カードローンがおすすめでしょう。

融資希望額が低すぎると使えない?!

「ちょっとだけ借りたい」という方に注意しておいてほしいのが、カードローン商品の利用条件です。

特に銀行カードローンでは、10万円未満の少額融資を行っていない場合が多いのです。「ご融資可能額10万円~1000万円」などといったように、最低与信額が設定されていますので確認しておきましょう。

「5万円だけ借りたかったけど10万円以上じゃないと貸せないからと10万円借りた」というのは、無駄のある借り方ですよ。当然その分の利息額が増え、返済金額も借入期間も増えるのですから注意しておきたいポイントです。

カードローンで10万円借りた時の返済方法は?返済期間はどれくらい?

「カードローンで10万円借りたら毎月いくら返済して何か月かかるんだろう?」やはりお金を借りるとなると返す時のことが心配ですよね。

消費者金融でも銀行でも個人向けのカードローンは基本的に月々決まった金額を返済して、その中から元本への返済と利息分の支払いに充てられるようになっています。

この「月々の決まった金額」を約定返済額といいます(最少返済額、最低返済額などとも呼ばれます)。

月々の支払は約定返済額を支払えば問題ありませんが、早く完済したいという場合には追加して随時返済することも可能です。

では一例として、プロミスで10万円を金利年17.8%で借りた場合の返済額例によるパターンをご紹介します。

月々4000円返済の場合:返済回数32回(3年以内):返済総額125864円
月々5000円返済の場合:返済回数24回(2年以内):返済総額119490円
月々10000円返済の場合;返済回数11回(1年以内):返済総額109043円

月々の返済額を少なくして負担をかけずに完済することもできますが、余裕のある時には多めに返済することで総支払額を少なくして早めに完済することができます。

あなたの返済計画にあわせて無理せずに返すことができるのもカードローンの魅力でしょう。

各カードローン商品の公式サイトには「返済シミュレーション」が用意されていますので、より詳しく返済プランを検討することができますよ!

実際にはこのような単純計算でなく、返済日時点での借入残高に応じて約定返済額や金利が変わる変動金利制のカードローンが多いので、公式のシミュレーションを利用することをおすすめします。

10万円の少額融資におすすめカードローン

10万円の少額融資におすすめのカードローンをご紹介します。

プロミス

消費者金融業者の中でも上限金利が低いことで人気のプロミスです。初めての方ならば最長で30日間無利息になりますので、返済期間が短い少額融資の場合には大きなメリットとなります。

また、お得なキャンペーンなども随時行われています。例えば現在では2000円分の三井住友VISAプリペイドのプレゼントが行われていますが、実質1か月分の利息がキャッシュバックされていると考えることもできますね。

無利息期間と併せて考えると、低金利の銀行カードローンを短期間で返済した場合よりお得になることもあるのです。

ローンカードなしの契約も可能になりましたので、完全にWEB完結での利用が可能です。

またスマホアプリを利用してセブン銀行ATMでキャッシングが可能です。カードレスのカードローン利用ができますので、家族や友達に内緒で利用したいという方にもおすすめです。

アコム

安心の大手消費者金融アコムでも、初めて利用される方は最大30日間の利息が無料です。

また、Mastercard付きのアコムカードもありますので、クレジットカードも欲しいという方にも人気です。働く女性向けに、担当者やオペレーターが全て女性の「レディースローン」も用意されていますので、消費者金融は利用しづらいという女性にも好評です。

アイフル

こちらも大手消費者金融のアイフル。

もちろん初めての方には最大30日間無利息キャッシングサービスが用意されています。

また、「カードローンは使いすぎが心配・・・」という方には、女性専用カードローン「SuLaLi(スラリ)」がおすすめです!

借入限度額が10万円までに限定されていますので、ついつい使いすぎて返済に困るようなこともありません(もちろん限度額内であれば返済中の追加融資も可能です)。

カードローンらしくない可愛いカードデザインも人気ですね。

  関連記事

実質年率と金利の違いって?カードローン用語を知っておこう!

カードローン商品の返済方法の説明でひんぱんに目にする「実質年率」や「金利」といっ …

30万円借りるなら無利息と低金利どっちがいいの?利息や返済期間は?

カードローンでお金を借りるとなると、やっぱり気になるのが利息と返済についてでしょ …

レディースローンの金利ランキングを一覧で紹介!即日融資も可能なのは?

レディースローンっていっぱいあるけど、一体どれを利用するのが一番いいんだろう…と …

カードローンを最低金利で借りるにはどうしたらいい?

カードローン商品の金利は、たいてい◯◯%~◯◯%というように表示されていますよね …

金利の基礎知識~カードローンのキャッシングの値段は金利で決まる!~

皆さんは物を買う時には値段を検討材料にしますよね。 市場価格に対して高いか安いか …

100万円カードローンで借りると金利や利息は?カードローン以外で借りる方法は?

人生思いがけなくまとまったお金が必要になることがあります。普段から備えて貯金がで …

カードローンの金利を下げるには?限度額を増額するための方法は?

カードローンを利用する対価は「利息」という形で金融機関に支払います。 そしてその …

無利息期間のあるカードローンを上手に使って無利息でお金を借りる!

カードローンにとっては「利息」がそのまま私たちが支払う「対価」となります。 つま …

カードローンの金利を比較ランキングで検証!自分に最適なカードローンを選ぶポイント

カードローンの金利はホームページや宣伝を見ても◯◯%~◯◯%とされています。 こ …