みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

100万円カードローンで借りると金利や利息は?カードローン以外で借りる方法は?


人生思いがけなくまとまったお金が必要になることがあります。普段から備えて貯金ができていればいいのですが、このご時世です、日々の生活で精いっぱいという方のほうが多いのではないでしょうか?

ここでは私たち庶民にとってはすこし高額な100万円という金額をカードローンで借りる際のポイントをご紹介します。まとまったお金を借りるとなると、金利や返済方法、そもそも審査に通るかどうかなど気になることが沢山ありますよね。

近頃のカードローンは数百万円の借入れまで対応できるほど自由度が高まっています。数あるカードローン商品からどう選ぶか、どう借りるか、そしてどう返済するかについて考えてみましょう。

また、カードローン以外でもまとまった金額を借りることのできる方法、収入の無い専業主婦の場合についてもご紹介します。

100万円ほどのまとまったお金でもカードローンならば素早く借りることができる!

高額融資を希望する理由は様々でしょうが、中には突然急に大金が必要になることもあります。カードローンの大きなメリットに融資までのスピードがあります。

消費者金融業者ならばほぼ即日、当日中には希望する金額を自分の銀行口座に振り込んでもらうことができるでしょう。

最近では銀行カードローンも手続きがスピーディーになっていますので、以前のように融資まで数日待たされるようなことは少なくなっています。

必要な時に即現金を借りる方法として、カードローンは最適な手段であることは間違いありません。「数日中に必要な100万円」ならば迷わずカードローンを選ぶことをおすすめします。

ただし、中には「それほど急ぎではない」という場合もあるでしょう。借入先の検討や手続きにかける時間があるのであれば、後述するその他の借入れ方法も選択肢としてあります。

カードローンで100万円借りると金利はどうなる?

借りる額が大きくなると、それによって支払わなければならない利息額も増えていきます。利息を決定する「金利」は、やはり慎重に検討しなければならない判断材料でしょう。

カードローン商品では商品ごとに適用される金利の条件が決まっています。

社外秘であったり、審査の内容によって金利が決定される場合には、事前に比較することは難しいのですが、借りる金額によって適用される金利の幅が公表されているカードローン商品もあります。

ここではあらかじめ100万円借りた場合の適用金利が公表されているカードローン商品を比べてみましょう。

100万円借りた場合の各カードローン商品の金利(実質年率)

・三菱UFJ銀行バンクイック:13.6%~14.6%(利用限度額10万円以上100万円以下)
・三井住友銀行カードローン:12.0%~14.5%(契約極度額100万円以下)
・みずほ銀行カードローン:12.0%(利用限度額100万円以上200万円未満)
・楽天銀行スーパーローン:9.6%~14.5%(利用限度額100万円以上200万円未満)
・新生銀行カードローンレイク:12.0%~15.0%(基準残高100万円~200万円)
・オリックス銀行カードローン:6.0%~14.8%(100万円コース)
・イオン銀行カードローン:8.80%~13.80%(借入限度額100万円~190万円)
・住信SBIネット銀行ミスターカードローン:14.79%(スタンダードコース・利用限度額10万円~100万円)
・ジャパンネット銀行ネットキャッシング:15.0%(利用限度額100万円以上150万円未満)

銀行系カードローンでは、借入額100万円を境にして適用利率が変わっているケースが多いです。

例えばバンクイックでは、100万円までの利用限度額ならば最高金利ゾーンが適用されてしまいます。

しかし利用限度額100万円超~200万円以下の場合、金利年10.6%~13.6%のゾーンが適用されます。ここから推測すると、100万円ちょうどの限度額ならば、13.6%が基準金利となると考えることができますね。

また、新生銀行レイクやオリックス銀行、ジャパンネット銀行のように、少額融資の場合には他の銀行カードローンに比べると高金利のカードローンでも、100万円を超える借入れになると同水準の金利になる場合もあります。

では消費者金融業者のカードローンでは金利はどうなるでしょうか?残念ながら借入金額によって適用金利を公表しているのはアコムだけでした。

・アコム:3.00%~15.00%(契約極度額100万円以上)

つまり、100万円以上の借入れならば、最大金利でも15.00%ということですね。おそらくプロミスやアイフルなどの他の大手消費者金融業者も同程度の金利を適用すると推測することができます。

こうして比較すると、100万円(以上)をカードローンで借りるのであれば、銀行カードローンでも消費者金融でもそれほど金利に大きな違いがなさそうということが分かります。

なんとなく「銀行の方が低金利」と考えてしまいがちですが、高額融資を受ける場合には意外と消費者金融でも低金利になるのかもしれませんね。

ただし、徹底的に最低金利にこだわり、さらに自分の属性(収入や条件など)に自信があるのであれば、住信SBIネット銀行ミスターカードローンのプレミアムコースのように、最初から金利優遇のあるコースを狙うという手もあります。

いずれにしても、適用される実際の金利は、最終的には審査によって個別に決まります。

カードローンで100万円借りる審査は厳しい?

あなたが人にお金を貸す時のことを考えてみましょう。

100円だったら簡単に貸すことができても、1万円となると少し考えてしまいますよね。それが10万、100万と大きくなればなおさらでしょう。

カードローンを提供している金融機関にしても同じことです。少額融資に比べれば高額融資の方がより慎重に審査するということは当然のことでしょう。(ただし少額融資であっても最低限の審査は行われます)

100万円を貸すとなれば、個人信用情報にキズ(延滞履歴や債務整理の過去など)が無いことはもちろんですが、現在の勤務先への在籍確認や居住形態に関してもしっかりとチェックされると考えておきましょう。

もちろん問題なく返済できる収入があり、返済計画もしっかりと立っているのであれば過剰に心配することはありません。

ちなみに、貸金業法では融資希望額が50万円を超える場合(または他社の借入残高との合計が100万円を超える場合)には、収入証明書類の提出が義務付けられています。

貸金業法の影響を受けない銀行カードローンでも、最近は希望額が50万円を超える場合には収入証明書類の提出を要求される場合が増えています。

運転免許証などの本人確認書類とともに、源泉徴収票や給与明細書なども用意しておきましょう。

初めての申込みで100万円借りるのは難しい?

とはいえ、カードローンは信用を基にしてお金を貸す商売です。少額融資であれば「初めての方」は大歓迎されますが、高額融資になると少し状況が変わってきます。

その上、最近では銀行カードローンが貸付けに慎重になっている傾向がありますので、初めて申込んでいきなり100万の融資を受けるのは少しハードルが高くなっている状況でもあります。

総量規制について

貸金業法で年収の3分の1以上の借入れはできなくなっています。年収が300万円に満たない、またはすでに年収の3分の1以上の借入れがある場合には、新たな借り入れは難しくなります。

銀行カードローンは総量規制対象外となりますが、審査の際には返済能力の目安にされますので、高額な借入れは難しいでしょう。

もし、すでにある借金の返済で困っているのであれば、おまとめローンや借り換えローンといった総量規制対象外となるローンを検討してみましょう。

また、失業したなど返済が困難なのであれば、債務整理といった借金の整理方法もあります。

100万円をカードローンで借りると返済はどうなる?

主なカードローンの仕組みは、必要なお金を借り、その後は月々決まった金額を返済していきます。

毎月の最少返済額を約定返済額といいますが、返済額からまずは利息分に充てられ、残った金額を元本の返済に充てられます。そうして残った金額が借入残高となり、それを基にして翌月の利息分や返済額が決定します。

利息分を支払ってから元本に充てられるので、借入残高がなかなか減らないという感想を持つ人も多いようです。

特に100万円を超えるような高額な借入れがあると、数年単位での返済計画になりますので、あらかじめしっかりと返済プランを考えておきましょう。

例)アコムで100万円を金利年15.00%で借りた場合

毎月の返済額3万円ならば44回払い(3年8ヶ月)
毎月の返済額2万円ならば79回払い(6年7ヶ月)

2年間(24回払い)で完済したければ毎月の返済金額は48486円
3年間(36回払い)で完済したければ毎月の返済金額は34665円

これらはアコムの公式サイトの返済シミュレーションで調べることができます。100万円借りたらどう返せばいいかの参考になるでしょう。

もちろん、カードローンでは余裕のある時に随時繰上げ返済をすることができます。

その分利息を減らしたり返済期間を短くすることができますので、最低返済額を返し続けるだけでなく「ある時には積極的に返す」のがカードローン完済への近道でしょう。

使途用途がハッキリしているお金ならば目的別ローンで100万円借りるという方法も

「ちょっと贅沢したいから100万借りよ!」という気楽な方は少ないでしょう。皆さん何かしらの目的があってお金を必要としていることと思います。

通常のカードローンは使い途が自由はフリーローンです。

何に使ってもいいお金ではありますが、収入に対してあまりに高額な希望金額を申請すると、審査の担当者にしてみると「何か困っているのか?返済は大丈夫なのか?」という詮索の材料となってしまう場合もあります。

そこで、借りたお金の使い途によっては、その目的に合ったローンを選んだ方が低金利で審査に通りやすい場合もありますよ。主な目的別ローンをご紹介します。

住宅ローン

不動産などを購入するためのローンです。非常に高額な貸付けになりますし、返済期間も長期に渡りますので、審査が慎重なことでも有名ですよね。

個人が利用できる最も高額なローン商品でしょう。

自動車ローン

自動車などを購入するためのローンです。銀行などの金融機関のローンの他にも、ディーラーなど自動車の販売業者でローンを組める場合もあります。

リフォームローン

意外と知らない方も多いのですが、自宅など居住スペースのリフォームや修復などのためのお金を借りることができます。

教育ローン

お子様の教育に関わる費用を借りることができます。学資ローンなどとも呼ばれます。奨学金も教育ローンの一種ですね。

旅行ローン

旅行費用を借りることができます。旅行会社が金融機関と提携して提供している場合もあります。

プライダルローン

結婚に関わる費用を借りることができます。結婚式場が金融機関と提携して提供している場合もあります。

医療ローン

医療費や入院費などを借りることができます。なかなか予測できない費用なので、急な時には頼りになるローンですね。

おまとめローン(借換えローン)

100万円借りたい理由が他社の借金返済のためならば、迷わずおまとめローンを検討することをおすすめします。現在の貸金業者や銀行では、個人信用情報機関を通じ、あなたの借入れの情報は全て共有していると考えてよいでしょう。

通常のカードローンに申込んでも、あなたが他社に借金があることはすぐに分かってしまいます。

100万円という大きなお金が必要となると、気持ちばかり焦ってしまいがちですが、目的によっては低金利で借りることができることがあることを知っておきましょう。

銀行や消費者金融以外で100万円を借りるには?

銀行や消費者金融以外でもお金を貸してくれるところはあります。

信用金庫

地域の信用金庫でも個人向けのカードローンを提供している場合があります。

利用条件や普段のしんきんとの付き合いに左右されますが、審査に通れば低金利でカードローンを利用することができます。

例えば東京信用金庫では、使い途自由の個人向けカードローン「JOY」(利用限度額100万円まで・金利年11.5%)が用意されいます。

労働金庫

労働金庫でも個人向けのカードローンを提供しています。

利用者条件などはありますが、低金利のローン商品は魅力ですね。
例えば中央労働金庫のカードローン「マイプラン」は、利用限度額500万円までで金利年3.875%~8.475%となっています。

公的貸付制度

生活福祉資金貸付制度や年金担保融資制度など、公的機関でお金を借りられる場合もあります。条件や資格などがありますので、お住いの市区町村役場の福祉課で相談してみましょう。

保険会社

もし生命保険に加入しているのであれば、その生命保険の解約払い戻し金を担保にしてお金を借りられる、解約返戻金貸付制度というものもあります。

ただし完済しないと保険を手放すことにもなりますので慎重に利用しましょう。

質屋

質屋というと今や不用品を売るところのようなイメージかもしれませんが、そもそもは品物を担保にしてお金を借りるところです。借りたお金を返済すれば質入れした品物は返ってきます。

ただし100万円を貸してくれる質草となると、おいそれと一般家庭にあるとは思えませんが・・・。

家族や友人

身近な人に借りられるのであれば、利息などを考えると最適な方法かもしれません。

しかしお金の貸し借りは少なからず人間関係に影響を与えます。その後の付き合い方が変わってしまってもよいというのであれば、頭を下げてみるのもよいでしょう。

ヤミ金

どうしようもなくて「この際ヤミ金でもいいから」と考える方もいるかもしれませんが、いまどきのヤミ金はシビアです。いきなりお金に困っている人に100万円貸したりするようなことはありません。

通常は高金利で少額を貸し、回収したら少し増やして貸し、それを繰り返して利益を得ています。

中にはハナからお金を貸す気などなく、悪徳業者を紹介したり、借金の整理屋を紹介するだけのような場合もあります。いかがわしい業者にあなたの勤務先情報や電話番号などを知られてしまうことになってしまいます。

いずれにしても、ヤミ金や怪しい金貸しには一切関わらないことが一番なのです。

専業主婦でも100万円借りられるカードローンはある?

カードローン商品は基本的に本人の収入を基にして利用限度額や金利を決定します。そもそも利用条件では、「本人に安定した収入のある方」という項目が必ず入っています。

では本人に収入の無い専業主婦がカードローンを利用するにはどうしたらよいのでしょうか?

消費者金融業者では本人に収入の無い人への貸し付けを原則行っていません。パートやアルバイトもしていない専業主婦の場合、申し込みの段階で受付けてもらえない場合がほとんどです。

しかし、銀行カードローンでは「世帯収入」に対する貸し付け、配偶者貸付けを行っている場合があります。

要は、配偶者の収入によって専業主婦の名義でもカードローンを利用できる可能性があるということです。

ただし、積極的に専業主婦への貸し付けを行っているカードローンはほぼ無いですし、専業主婦の場合には利用条件に制限がかかる場合がほとんどです。

比較的、専業主婦への貸し付けに積極的な楽天銀行スーパーローン、イオン銀行カードローンでも、専業主婦の方の場合、利用限度額は50万円までと明記されています。

「どうしても100万円必要なのです!」という場合には、複数社に借りるしか方法は無いかもしれませんが、現実的には審査の段階で信用情報を参照されるとすんなり審査通過・・・というのは難しいかもしれません。

やはり素直に配偶者の方が申し込む方が、100万円借りられる可能性は高くなるでしょう。

  関連記事

30万円借りるなら無利息と低金利どっちがいいの?利息や返済期間は?

カードローンでお金を借りるとなると、やっぱり気になるのが利息と返済についてでしょ …

無利息期間のあるカードローンを上手に使って無利息でお金を借りる!

カードローンにとっては「利息」がそのまま私たちが支払う「対価」となります。 つま …

カードローンを最低金利で借りるにはどうしたらいい?

カードローン商品の金利は、たいてい◯◯%~◯◯%というように表示されていますよね …

カードローンの金利を下げるには?限度額を増額するための方法は?

カードローンを利用する対価は「利息」という形で金融機関に支払います。 そしてその …

カードローンの金利を比較ランキングで検証!自分に最適なカードローンを選ぶポイント

カードローンの金利はホームページや宣伝を見ても◯◯%~◯◯%とされています。 こ …

金利の基礎知識~カードローンのキャッシングの値段は金利で決まる!~

皆さんは物を買う時には値段を検討材料にしますよね。 市場価格に対して高いか安いか …

実質年率と金利の違いって?カードローン用語を知っておこう!

カードローン商品の返済方法の説明でひんぱんに目にする「実質年率」や「金利」といっ …

レディースローンの金利ランキングを一覧で紹介!即日融資も可能なのは?

レディースローンっていっぱいあるけど、一体どれを利用するのが一番いいんだろう…と …

10万円借りるならどのカードローンがお得?金利が低いのは?返済しやすいおすすめは?

カードローン商品には、無担保で保証人も必要なく何百万円から何千万円まで融資してく …