みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンを利用していると住宅ローンの審査でバレる?どう影響する?


今すぐではなくても、将来的に家やマンションなどの不動産物件の購入を考えているという方は多いでしょう。そうなると当然、住宅ローンの活用も検討しますよね。

しかし住宅ローンといえば、個人で利用できる最も高額な融資のひとつですので、当然審査も厳しくなります。

そこで不安になるのがカードローンの存在です。

現在カードローンを利用している人はもちろん、過去に利用した経験のある人にとっても、カードローンの利用が住宅ローンの審査にどう影響するかは大いに気になるところでしょう。

ここではカードローンと住宅ローンの審査の関連性や、審査に通った人のポイントについて考えてみましょう。

また、住宅ローンは金利が非常に低いことでも知られています。「現在の借入れを住宅ローンでまとめることはできないかな?」という疑問についても考えてみましょう。

カードローンの利用は住宅ローンの審査でバレる?影響する?

まず、住宅ローンの審査をする際に、あなたがカードローンを利用していることが分かるかどうか、バレるかどうかについてです。これについてはまず間違いなく「バレます」、というか分かります。

住宅ローンの審査では第三者機関である個人信用情報機関に登録されている、申し込み者の「信用情報」を参照します。

この信用情報は、住宅ローンやカードローン、クレジットカードでのキャッシングなど、あなたの金融履歴が登録されています。他の金融商品(カードローンなど)を利用しているかどうかは確実に把握することができます。

ちなみに、以前は銀行や信用金庫などが利用する信用情報機関と、消費者金融系業者や信販会社などが利用する信用情報機関は分かれていて、お互いの情報共有はあまり盛んではありませんでした。

そのため、消費者金融で借入残高があっても銀行の住宅ローンの審査では問題にならないようなこともありました。

しかし現在では各信用情報機関同士の情報共有がしっかりとなされていますので、利用した金融機関に関わらず信用情報を参照すれば確認できるようになっています。(改正された貸金業法の総量規制の影響も大きいですし、利用者の返済能力を超えた貸付けが問題になっているという背景もあります。)

信用情報で共有されている情報

具体的にどういった個人情報が登録されて参照されているか主なものを知っておきましょう。

・カードローンやクレジットカードなど信用取引の契約内容
・契約日
・貸付日
・貸付金額
・借入残高

こういった基本的な項目はもちろん共有されています。

さらに、いわゆる金融事故情報といわれる以下のような異動情報についても記載されます。

・延滞金の有無
・債務整理(任意整理、自己破産など)の履歴
・強制解約履歴

これらの情報は項目ごとに保持期間が決まっていて、一定期間保持されたのちに削除されます。自分の信用情報がどうなっているか不安という方は、本人が開示請求をすれば確認することができます。

全国銀行個人信用情報センター、日本信用情報機構(JICC)、シー・アイ・シー(CIC)と3つの信用情報機関がありますので、それぞれに開示請求をすることができます。

カードローンの利用は住宅ローン審査に影響する?

カードローンを利用している(いた)ことが把握されていることは分かりました。ではそれが住宅ローンの審査に影響するかどうかというと、やはり、影響します。

貸す金額も大きく、返済期間も長くなる住宅ローンですから、貸す側、金融機関側にとっても気軽に貸す訳にはいきません。なるべくリスクを少なくするために慎重にあなたの返済能力を審査します。

当然、現在も他に債務があり、いくらくらいの返済額があって返済状況はどうなのかは審査の参考にします。

貸付自粛制度の自粛対象者について

信用情報には、銀行側や金融機関側からでなく、本人の依頼によって「貸付けをしないで下さい」と申請できる「貸付自粛制度」というものがあります。主に本人の浪費癖などのために新たな貸付けを断つ目的で利用される日本貸金業協会による制度です。

つまり貸金業者である消費者金融や信販会社は、この制度を利用している人は「自粛対象者」として新たな貸付を自粛します。銀行系や信用金庫などには直接の関係はありませんが、自粛対象者であることは住宅ローンの審査でも考慮されてしまうようです。

もし住宅ローンを利用したいというのであれば、事前に解除しておきましょう。

貸付自粛制度は他の信用情報の項目と違い、本人が撤回すれば記載自体が削除されます(申請受理から3ヶ月間は撤回できないので要注意)。

カードローンを利用していて住宅ローンの審査に通った人のポイントは返済比率!

しかし、カードローンを利用しているというだけで住宅ローンの審査に通らないということではありません。カードローンや他のキャッシングなどを利用していても、住宅ローン審査に通った人は大勢います。

中には、複数のローンやキャッシングを利用している”多重債務者”の状態でも審査に通った人もいます。

カードローンを利用していても住宅ローンの審査に通るためにはいくつかポイントがあります。

年収に対する返済比率が低い

じつは住宅ローンの審査では、現在の債務の有り無しはそれほど大きな問題ではありません。住宅を購入するような年代の方であれば、それなりに借金歴やキャッシング利用があることの方が普通でしょう。

きちんと返済や完済を続けていれば「信用力がある」という見方もできます。

それよりも重要視されるのが、収入に対する「返済比率」なのです。

返済比率とは、年収に対する債務の年間返済額の比率のことです。たとえ借入れがあったとしても、借入額が少なく返済比率が低ければ問題なく返済が続けられているとみなされるのです。

住宅ローンの審査の目安としては、返済比率は25%以下が望ましいとされています。多くても35%を超えると、住宅ローンの審査を通る可能性は低くなるでしょう。

ちなみに、住宅ローンの審査では、申請者本人の収入と配偶者の収入を合わせた「世帯収入」が考慮される場合が多いです。少し返済比率が高めであっても、配偶者に安定した収入があれば大丈夫な場合もあります。

また、自営業者や個人事業主の場合、会社員などに比べると返済比率の判断基準も厳しめになってしまいます。どうしても収入の安定度が低いとみなされてしまうためです。あらかじめ余裕を持った返済比率に抑えるように心がけましょう。

カードローンは利用しているが延滞したことはない

借入残高も収入に対して無理がないことに加えて、延滞せずに返済していることも大切です。

また、現在は利用していなくても過去にカードローンを利用していた場合、その利用中にも支払いを延滞していないことが大切です。

ちなみに信用情報での延滞情報はおよそ5年間は保持されています。

利用していないカードローンは解約した

過去にカードローンを利用していて完済していた場合、解約せずに放置していないことがポイントとなります。

「解約しなくても借りてないから平気でしょ」と思うかもしれませんが、カードローンの「利用限度額」は解約しない限りいつでも借入れすることが可能な金額とみなされるのです。

個人向けのカードローンでも高額な与信枠(利用可能枠)が与えられている場合があります。たとえ1円も利用していなくても、住宅ローンの審査では貸付リスクが高くなると取られてしまうのです。

まとめると、

・年間の返済金額は年収の25%以下の返済負担率に抑えて利用している
・延滞はしていない(過去にしていた場合には5年以上経過している)
・完済したカードローンは解約済み

以上が、カードローンを利用していても住宅ローンの審査に通るためのポイントになります。

(※もちろん実際の審査では申込者の属性や頭金などの様々な要素が関わってきますので、「絶対に審査通過する」ということではありません)

カードローンの借入れを住宅ローンでまとめることはできる?

「せっかく住宅ローンで高額なお金を借りるんだから、今ある借金もまとめることできないかな?」こう考える人は多いようですね。住宅ローンは他のローン商品と比較しても非常に低金利ですから、カードローンの借り入れも一本化できたら返済も楽になりますよね。

しかし残念ながら、住宅ローンで他のローンをまとめることはできません。住宅ローンは住宅の購入に必要な費用を借りるためのローン商品です。それ以外の目的に利用することはできないのです。

こういった目的が決まっているローン商品を「目的ローン」と呼び、他にもマイカーローンや教育ローンなど様々な用途によって種類が分かれています。カードローンやフリーローンのように自由に何にでも使える訳ではないことは覚えておきましょう。

  関連記事

カードローンの審査で使われる信用情報ってなに?自分で確認出来る?

キャッシング業者は、申し込みがあった人の審査に際して申込者の「信用情報」を参照し …

自営業者・個人事業主がカードローンを利用する際の注意点とおすすめのカードローン

自営業・個人事業主はカードローンを利用しづらいといわれることがありますが、実際の …

あなたがカードローン審査に落ちる理由は?審査落ちする10の原因を徹底究明!

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、まず金融機関の審査を受 …

アルバイトやパートの審査基準や借入条件は?限度額はどれくらい?

アルバイトやパートで生計を立てている方にとって、カードローンの審査は大きな不安材 …

外国人でもカードローンは利用できる?外国籍でもお金を借りることはできる?

日本国内で生活している外国籍の方も多いですよね(ここでは便宜上、以後「外国人」と …

カードローンの審査は電話連絡や在籍確認なしで借りられる?

カードローンを申し込むと借入審査の際に在籍確認が行われます。 業者側にしてみれば …

未成年者でもお金を借りることはできる?お金を借りる方法は?

お金に困ることがあるのは年齢に関係ありませんよね。 成人に限らず「あと少しのお金 …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …

カードローンの限度額を増額する方法は?増額審査申込みのタイミングやポイントは?

カードローンはキャッシュカード感覚で気軽にお金の出し入れができますよね。 コンビ …