みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

消費者金融のカードローンを借り換えるならおすすめは?注意することは?


個人向けのカードローン商品が手軽に利用できるようになり、消費者金融系だけでなく、大手銀行系や地方銀行、信用金庫や労働金庫といった金融機関も気軽に申込めるカードローンが増えています。

そうなると、現在カードローンを利用している方にとって、金利の低い新しいカードローン商品は気になるものですよね。

また、すでに複数社のカードローンを利用していて、「月々の返済がちょっと厳しいなぁ」と感じている方も多いでしょう。

「できれば毎月の借金の返済額を減らしたい」と考えている方にとって、借り換えは非常にメリットのある借金整理の方法です。

ここでは現在、消費者金融から借り入れがある方が借り換えをするにあたってのメリットや、審査の傾向、借り換えや申し込みをする際の注意点をご紹介します。また、消費者金融からの借り換えおすすめのカードローン商品もご紹介します。

カードローンの借り換えとは?

まずカードローンの「借り換え」について知っておきましょう。

ローンの借り換えとは?

借金の借り換えというと住宅ローンの借り換えがポピュラーです。住宅ローンは借りる額が高額ですので、少しの金利の差で返済負担額に大きな違いがでてきます。

また、返済期間が長いため、当初住宅ローンを契約した時とは金融業界の状況に違いが出てくることも多いため、条件の良いローン商品が後から登場することもよくあることなのです。

そのため住宅ローンを利用している方が返済途中で他のローン商品に借り換えることはよくあることです。同じように、個人向けのフリーローンであるカードローンも、より良い条件のローン商品に借り換えることができる場合があります。

これをカードローンの借り換えと呼びます。

また、月々の返済負担が多いため減らしたい、複数社からの借り入れを一本化して返済負担を減らしたいという場合にも借り換えを行うことがあります。複数社の借り入れをまとめる場合には「おまとめローン」などと呼ばれる場合が多いですが、これもローンの借り換えの一種なのです。

借り換える方法について

ローンを借り換えるには、大きく分けて二つの方法があります。

ひとつは通常のフリーローンの利用限度額内で借り換える方法です。カードローンは通常、特に使用用途については問われませんので、審査によって与えられた貸付限度額内で現在のカードローンの借入残高分を返済してしまうのです。

現在カードローンの借入れがあることは、審査で多少不利にはなりますが、収入とのバランスが崩れていなければ審査通過の可能性があります。

もうひとつは借り換えやおまとめ専用のカードローン商品を利用することです。すでに年収に対してふさわしくない多額の借入額がある場合や、複数社からの借入れがある場合には、借り換え専用のローン商品の方が審査に通りやすいでしょう。

※また、借り換えとは違いますが、任意整理(債務整理の方法のひとつ)という方法もあります。任意整理では、債権者(貸している側の金融機関)と話し合って借金を減額してもらったり利息分を減らしてもらう方法です。一般的には司法書士や弁護士とった専門家に間に入ってもらい交渉します。

消費者金融の借入れを借り換えるメリットは?

消費者金融カードローンの借入額を借り換えることによるメリットを考えてみましょう。

金利が下がる

借り換えの大きな目的が金利の引き下げです。金利が下がることによって当然、利息も少なくなりますので、返済総額も減るということです。

一般的にローン商品は借入総額が大きくなるほど金利が低く設定されますので、複数の借入れをまとめることによって、より低い金利で借り換えることができる場合が多いのです。

返済計画が立てやすくなる

特に複数の借入先をひとつにまとめた場合大きく実感することのできるメリットです。今までは毎月あちこちに細かく返済していた支払いを1社にまとめることができますし、毎月の最低返済額が下がる可能性が高くなります。

返済にまつわる負担が減りますので、完済までの目途がたちやすくなるのです。

総量規制の例外となる

貸金業法の総量規制によって、年収の3分の1以上の金額を借りることはできません。

しかし、条件の良いローン商品に借り換える場合には「総量規制の例外貸付」となり、年収の3分の1以上の金額でも借りることが可能です。年収に対して借金残高が増えすぎてしまっていた方でも借り換えることが可能なのです(銀行カードローンはもともと総量規制対象外となっています)。

消費者金融からの借り換えは審査が厳しい?

ではカードローンの借り換えをする場合、審査条件や審査基準はどうなるのでしょう?

ローンの審査では必ず、信用情報機関に登録されている個人信用情報を参照されます。信用情報には現在の借入状況が記録されていますので、やはり審査の際には不利になります。

とはいえ、他社借入の借り換え目的でカードローンを利用することを禁止している訳ではありませんので、やはり重要視されるのは収入の安定性と年収と借入額とのバランスでしょう。

無理のない範囲内の融資希望額ならば、現在消費者金融カードローンの借入があったとしても審査通過することは可能です。

逆に、借り換えやおまとめが目的のローン商品の審査であれば、他社借入があることは大前提ですので何の問題もありません。チェックされるのは収入と借入額+借入希望額のバランスでしょう。

また、借り換え目的の場合、通常のカードローン審査申込み時には不要な収入証明書類の提出を求められる場合もあります。

勤務先の会社への在籍確認の電話連絡ももちろんありますし、ローン商品によってはアルバイトやパートでは申込み不可という場合もあります。そう考えると、借り換えの審査は少し厳しくなる覚悟しておいた方が賢明でしょう。

消費者金融のカードローンを借り換えるときや申込み時の注意点

借り換えローンを利用する際や申し込み時の注意点を知っておきましょう。

返済期間が長くならないようにする

特に複数の借金をまとめた場合、借入総額が大きくなるために返済期間(完済までの期間)が長くなってしまう場合があります。金利も低くなり、確かに月々の負担は減るかもしれませんが、長く返済を続けることで最終的に支払う利息分の金額が大きくなってしまうのです。

例えば現在、A社50万借入・毎月1万円返済、B社30万円借入・毎月1万円返済、月の返済負担額2万円を借り換えたとします。借入額80万円で毎月の返済額を1万円にすると、以前の借入よりも完済するまでの期間がはるかに長くなってしまいます。

毎月の負担を減らすことも大事ですが、同時に早く完済することも重要なのです。

各ローン会社のホームページでは「返済シミュレーション」が利用できるようになっています。いくら借りて毎月いくら返せば、何回(何カ月)で完済できるが簡単に分かるようになっていますので、事前に返済方法を確認して失敗のない借り換えを行いましょう。

金利が高くなってしまった

ローン商品の金利は、基本的に審査によって利用限度額とともに決定されます。ホームページや広告では「実質年率○○%~○○%」というように表示されていますが、実際にあなたの借入で適用される金利は審査を受けてみないと分かりません。

いざ借り換えてみたら前の金利より高くなってしまっていたら元も子もありませんよね。

ローン商品の金利を比較する際には、なるべく表示されている最大金利を参考にするようにしましょう。特に初めてその金融機関を利用する場合には、最大金利が適用される場合が多いです。

また、貸付額によっての金利幅が明記されている場合も、その中の最大金利を参考とするようにしましょう。

闇金や違法業者で借り換えてしまう

すでに複数社の消費者金融から借り入れをしている方ですと、大手銀行系はもちろん、大手消費者金融の審査も通らないこともあるでしょう。そうなると闇金や違法業者のターゲットとなってしまいます。

困っている時に「他社借り入れ多い人でもOK」といった宣伝文句には惹かれてしまう気持ちは分かります。しかし現状、銀行や大手消費者金融が借り換えやおまとめに応じてくれないとなると、一般の金融業者からの借入れは難しいと考えたほうがよいでしょう。

困窮している場合には自治体の福祉課に相談することで貸付や給付金を受け取れる場合もあります。明らかに収入とのバランスが崩壊してしまっているのであれば、前述した債務整理という方法を検討したほうが賢明でしょう。

追加の借入れができない場合がある

借り換えやおまとめ専用のローン商品の場合、初回以降は返済専用となり追加の借入れができない場合があります。通常のカードローン商品のように「限度額内であれば何回でも借入れ返済自由」ということではないのです。

ただし「本気で完済したい」という方には最善の借り方・返し方でもあります。

収入の安定性が重要視される

特に銀行の借り換えローン商品の場合、通常のフリーローンに比べて申込条件が厳しくなっている場合があります。「パート・アルバイトの申込不可」「正社員のみ」といった利用条件がないか確認しておきましょう。勤続年数や年収といった審査条件も大きく影響してくると考えた方がよいでしょう。

現在の借入れ状態は正直に正確に申告する

申込書や申込フォームには、現在の借入件数・借入金額を記入すると思いますが、審査に通りやすくしたいがために虚偽の申告をしてしまう方がいます。

金融業者側では信用情報を参照しますので、ウソの申告をしてもバレてしまいます。
ただ単に審査担当者の心象を悪くするだけの行為ですので、正直に申告するようにしましょう。

また、借入状況に限らず、申込時の申告項目に間違いや不備があると確認や訂正に手間取ってしまいます。場合によっては審査に悪影響を与えてしまうこともあります。急いでいる場合でもミスのないようにしっかりと確認してから提出しましょう。

消費者金融のカードローンを消費者金融で借り換えても意味が無い?

消費者金融のカードローンでは通常上限金利が年18.0%程度かと思います。借入限度額によって金利が変わりますが、大手であれば借り換えたとしてもそれほどの違いは無いでしょう。

では消費者金融→消費者金融の借り換えは全く意味が無いのかといいますと、例外があります。それが「借り換え専用」商品に借り換えた場合です。

消費者金融の借り換えローンは、通常のカードローンよりも低金利に設定されていますので、十分低い金利に借り換えることもできるのです。

また、消費者金融では貸金業法に則って貸付を行っていますので、もちろん総量規制以上の貸付を行うことはありません。しかし借り換え専用商品の場合、総量規制の例外に該当しますので、年収の3分の1以上の金額を借り換えることも可能なのです。

低金利への借り換えやおまとめというとどうしても銀行ローンがメインになりますが、審査が厳しくなりますし、パートやアルバイトといった利用条件に合わない方も多いでしょう。この場合、消費者金融の借り換え専用ローンが役に立つのです。

消費者金融カードローンの借り換えにおすすめのローン!

【銀行系】

三菱UFJ銀行「バンクイック」

金利年1.8%~14.6%の銀行低金利ですので、消費者金融からの借り換えならば金利を下げることが可能でしょう。利用限度額は最大500万円までで、借入可能額によって適用される金利幅が設定されていますので検討しやすいですね。

ネットからの申込やテレビ窓口での契約など利便性も良いです。50万円以上の借入れを希望する場合には収入証明書類の提出が必要となります。

みずほ銀行カードローン

金利年2.0%~14.0%と最大金利が低いので借り換えにも最適です。さらにみずほ銀行の住宅ローンを利用している方は0.5%の金利優遇が受けられます。適用金利は利用限度額によって金利幅が決まっていますので、比較検討もしやすいですね。

利用限度額も最大800万円までですので高額の借り換えも可能です。みずほ銀行の口座を持っていない方は口座開設が必要です。

三井住友銀行カードローン

金利年4.0%~14.5%、最大利用限度額800万円の低金利メガバンクカードローンです。ちなみに100万円以下の極度限度額の場合、金利は年12.0%~14.5%となります。

希望融資額が50万円を超える場合には収入証明書類の提出が必要となります。三井住友銀行の口座を持っていなくても大丈夫です。

東京スター銀行「おまとめローン」

借り換え・おまとめ専用の都市銀行ローン商品です。金利年5.8%~14.8%、借入れ限度額1000万円までの大型ローン商品です。

「おまとめローンといえば東京スター銀行」というほど知名度と実績のあるおまとめローンですね。ただし、自営業者、パート・アルバイトの方は利用できません。

また仮審査期間も最短3日ですので、「すぐに借り換えたい!」という方には向いていません。

楽天銀行スーパーローン

金利年1.9%~14.5%、利用限度額最大800万円のネット専業銀行の低金利カードローンです。楽天スーパーポイントがもらえるサービスも人気ですが、随時行われているキャンペーンが魅力的です。

ちなみに2018年3月15日までの期間キャンペーンは、「金利半額!!年0.95%~7.25%」という超低金利キャンペーンでした。

ネット銀行ですので、WEB完結での申込み・契約やネットバンキングが使いやすいところも魅力でしょう。楽天銀行の銀行口座開設も不要です。

オリックス銀行カードローン

金利年1.7%~17.8%と銀行カードローンとしては高めの設定です。ただし、利用限度額100万円以上ですと金利年6.0%~14.8%になりますので、少し高額のおまとめを検討している場合には使えるカードローンです。利用限度額は最大800万円まで可能です。

また保証会社がオリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社になりますので、消費者金融系の保証会社のカードローンはちょっと避けたいという方にもおすすめです。

住信SBIネット銀行「MR.カードローン」

金利年1.59%~14.79%、利用限度額最大1200万円の大型銀行カードローンです。また、審査によってプレミアムコースが適用されると、最大金利の年7.99%と非常に低金利となります。スコアリング属性の良い方にはおすすめのカードローンです。

イオン銀行カードローン

金利年3.8%~13.8%、利用限度額最大800万円までの低金利カードローンです。

90万円以下の少額融資でも最大金利13.8%という低金利ならば、消費者金融以外からの借り換えも可能ですね。パート・アルバイト、自営業者、専業主婦(主夫)の申し込みも可能です。

【消費者金融系】

プロミス「おまとめローン」

他社貸金業者からの借入金返済のための専用ローン商品です。金利年6.3%~17.8%で、融資額最大300万円まで。返済専用の商品となります。

消費者金融やクレジットカードのキャッシング利用をまとめることができます(銀行カードローン、クレジットカードのショッピング利用は除く)。主婦や学生でも安定した収入があれば申込むことができます。

総量規制の例外となりますので、年収の3分の1を超える借入れも可能です。

返済回数(返済期間)を相談して決定することができますので、お金の管理が苦手で返済計画に自信の無いという方でもプロのアドバイスを受けることができます。申し込みには本人確認書類・収入証明書類が必要となります。

アイフル「かりかえMAX」「おまとめMAX」

アイフルを初めて利用される方は「かりかえMAX」、アイフルを利用中または過去に利用したことがある方は「おまとめMAX」となります。かりかえMAXは金利年12.0%~17.5%で、融資限度額500万円まで。おまとめMAXは金利年12.0%~15.0%で、融資限度額500万円までとなります。

特にアイフルを利用している(していた)方で、他社の借り入れをまとめたい方は、おまとめMAXでまとめると銀行カードローン並みの低金利で借り換えることが可能ですね。ネット申し込みで来店不要の契約が可能です。

申し込み時には本人確認書類と収入証明書類が必要となります。

アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」

金利年7.7%~18.0%、融資限度額300万円までのアコムの借り換え専用ローン商品(返済専用商品)です。契約は店頭窓口かむじんくん(自動契約機)になります。

本人確認書類・収入証明書類が必要となります。

  関連記事

専業主婦でもカードローンの借り換えやおまとめはできる?

日々の家計のやりくりをしていくうちに、クレジットカードのキャッシングやカードロー …

カードローンを一気に返すには?一括返済の方法とメリット・デメリットは?

「毎月の最少返済額で返し続けているけどなかなか完済できないな・・・」 「借入れの …

おまとめローンと借り換えローンの違いは?銀行と消費者金融ではどう違う?

10秒で分かる!この記事のまとめ ・おまとめローンと借り換えローンは同じ ・銀行 …

おまとめローンのメリットとデメリットを徹底研究!

おまとめローンを検討しているということは全員多重債務者ということだと思います。 …

カードローンの借り換えはどこに相談したらいいの?

「カードローンの返済、もっと楽にならないかな?」 「今月も借金の返済日を終えたら …

多重債務者はおまとめローンと債務整理どっち?審査に通るポイントは?

いつの間にか増えてしまった借金。生活も苦しいのに無理をして返済を続けていませんか …