みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンを利用していると賃貸契約の審査に影響する?!入居審査に落ちるのはどんな人?


「借金していると賃貸契約の時に不利になるよ」
「消費者金融の借入れが入居審査に影響するんだって」

こんな噂を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

急場しのぎのためにカードローンを利用したいという方にとって、住む場所に影響が出てくるとなると少しやっかいですよね。さらに「現在バリバリ現役でカードローンのお世話になっているけど引っ越しに影響するの?!」という方もたくさんいらっしゃるでしょう。

果たして本当にカードローンの利用が賃貸契約や入居審査で不利になるのでしょうか?また、入居審査のチェック項目、入居審査で落ちてしまうケースも併せて考えてみましょう。

さらにカードローンと住宅ローンの審査の関係についても知っておきましょう。

カードローンの借入れがあると賃貸契約の入居審査で不利になる?

カードローンの借入れが原因で入居審査に落とされるという噂は、あながち嘘ではないのですが、現在のことではありません。

以前は入居審査に信販系保証会社が入った場合、信用情報の借入れ状況や延滞情報を参照することもあったため、こういった噂になったようです。

しかし現在では、賃貸契約の際に不動産やオーナー、保証会社があなたの信用情報を参照することはありません。

したがってカードローンの借入れやクレジットカードでの利用があったとしても入居審査に影響することは無いのです。

入居審査ではこんな項目がチェックされてる!

入居審査とは、賃貸物件を貸す側である大家さん(物件のオーナーや不動産会社)が、「この人を入居させても問題ないかな?」という審査をする作業です。つまり大家さんなり審査担当者が信用できれば合格だし、(乱暴に言えば)気に入らなければ不合格にもできるという性質のものです。

大家さんによって審査基準や判断材料が違ってきますが、ここでは一般的な入居審査でチェックされる項目を知っておきましょう。

・年収(収入証明書類が必要な場合あり)
・勤務先(勤続年数)
・雇用形態
・家族形態
・年齢
・連帯保証人(収入、契約者との関係)
・外見などの印象

多くの賃貸物件では、あなたから申告された上記のような項目を不動産会社がチェックして、オーナーに最終チェックをお願いするというケースが主流です。

収入と勤務先は重視されますので、家賃の支払い能力という部分では借入れの有無は関係しているのですが、不動産屋やオーナーがあなたの借入れ状況を調べるようなことはありません。信用情報は目的以外に使用されることはないので安心してください。

賃貸保証会社を利用する場合はカードローンの利用者は不利になる?

ただし、連帯保証人を立てずに保証会社を利用する場合があります。基本的には賃貸物件を借りる際には保証人を立てますが、保証人を立てられない場合に保証会社を利用することになります。

一定の保証料を納めることで、保証会社は万が一のことがあった場合にはあなたの代わりに家賃などを支払ってくれる仕組みです。

保証会社も審査を行いますので、この保証会社が信用情報を参照してカードローンの延滞などを把握した場合には、保証会社が保証人になってくれない場合があります。そうなると保証人が立てられませんので入居審査にも通らないという訳なのです。

ただし、現在では入居審査の際に信用調査をすることは目的外使用であるとして行われていません。なので保証会社を利用してもカードローン利用状況が入居審査に不利になることは無いのです。

※同時にクレジットカードを作る時には注意!

賃貸契約の際にクレジットカードを作ることを勧められる場合があります。家賃の支払いをクレジットカード払いにすることで、大家側は家賃の支払いが遅れたり未回収になることを防げます。

わたしたちにとっても、家賃を支払った分のクレジットカードのポイント還元があれば少し得になる方法でもあります。

しかし、クレジットカードを同時に申込むということは、信販会社の審査を受けることになります。当然新規クレジットカードの審査の際には信用情報機関の個人信用情報を参照されます。

ここでカードローンや金融機関の借り入れがある場合には入居審査にも影響が出ることも考えられます。

収入とのバランスが合っていればたいして問題にはならないでしょうが、高額の借入残高があったり、過去の延滞情報がある場合には審査に不利となることもあるでしょう。信用情報に不安がある人は注意しておきましょう。

入居審査に不利になるのはどんな場合?

では入居審査で不利になるのはどういった場合なのでしょうか?

過去に家賃を滞納している

不動産会社や仲介業者があなたの過去の家賃滞納を把握している場合には入居審査で不利になる可能性があります。最近では家賃保証会社が必須となる賃貸物件も増えていますが、この家賃保証会社が過去の家賃の支払い滞納履歴を把握している場合もあります。

不動産業者や家賃債務保証会社同士は情報ネットワークを持っています。過去の賃貸物件でのトラブルなどを把握している場合もあります。

収入が不安定

職業や雇用形態によっては収入が不安定だというイメージを持たれる場合があります。例えば水商売やフリーターといった方が部屋を借りづらいという話はよく耳にしますよね。

水商売の場合、収入が安定しない人が多い、同じ職場で定着しない人が多い、昼夜逆転の生活で近隣住民とのトラブルを起こしやすいなどといった見方をされてしまうことが多いです。

「職業差別だ!」と言えなくもないですが、個人オーナーから仲介会社の不動産業者を通して借りる場合などは、オーナーの意向が真っ先になりますのでいたしかたないことかもしれません。

家賃に対して収入が低い

貸す側にとって最も大切なのが「家賃をちゃんと払ってくれるかどうか」でしょう。だいたいの目安として、月収の3分の1が家賃(管理費込)を上回っていれば大丈夫とみなされるようです。家賃12万円で月収手取り30万円だと「ちょっと心配かな?」という感じになりますね。

本人の印象や人柄が悪い

特にマンションやアパートといった集合住宅の場合、管理会社は入居後に他の入居者とトラブルになりそうな人は避ける傾向が強くなります。

本人の印象や人柄というのは抽象的なので分かりづらいですが、明らかに態度が悪かったり、極端に不衛生な身なりだと敬遠されることは確実でしょう。

もちろん容姿の美醜は関係ありませんし、スーツを着込んで出向く必要もありませんが、常識的な身なり・話し方を心がけるようにしましょう。

契約者が高齢

高齢者世帯は大家さんが断るケースもあります。特に単身の高齢者となると、近年問題となっている孤独死など、部屋の中での死亡事故などを避けたいため敬遠されてしまうことが多いようです。

※基本的に入居審査の条件は大家さん(オーナー)側から出されているものが多いです。仲介している不動産屋にしてみれば、申込者が審査に通って手数料を得たいのが本音なのですから、不動産屋は味方に付けた方が得なのです。逆に大家さんの好みなどを質問してみて、アピールできるところを探るのも手でしょう。

カードローンの借入れは住宅ローンの審査で不利になる?

住まいとカードローンの関係というところで、もうひとつ多くの人が気になっているのが住宅ローンとの関係でしょう。

今すぐにという訳でなくても、将来的には住宅ローンを利用して我が家の購入をしたいと考えている人にとって、現在のカードローンの利用がどう影響するか気になりますよね。

まず、影響するかしないかで言えば、やはり影響はします。ただし、普通にカードローンを利用している分には住宅ローンの審査に大きく影響を与えるようなことはありません。

普通の利用というのは、収入に見合った額を借り、毎月遅れることなく返済し、複数社に借入れを繰り返すようなことのない使い方のことです。社会人として生活をしていれば、時には手持ちのお金が足りなくなり借金をするようなことは珍しいことではありません。

住宅ローンの審査はより長期的な返済能力を考慮しますので、長い人生のいっときの借入れを大きく問題にすることはないのです。

ただし、お金の貸し借りですからルールを守れているかどうかは厳しいチェックの目で見られます。具体的には、返済の延滞、債務整理や自己破産といった過去の金融事故情報がある人(いわゆる金融ブラック者)に関しては非常に厳しいと考えておきましょう。

健全に計画的に利用している分には、カードローンの利用による悪影響をそれほど恐れることはありません。さらに、過去に完済している履歴があれば「誠実な返済が出来る人」という見方をされることもあります。

  関連記事

カードローンの限度額を増額する方法は?増額審査申込みのタイミングやポイントは?

カードローンはキャッシュカード感覚で気軽にお金の出し入れができますよね。 コンビ …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …

携帯代を延滞するとブラックリストになる?

個人の信用情報に事故情報が記載される、通称「ブラックリスト」入り。キャッシングや …

他社での借入状況はどれくらい審査に影響する?不利になるのはどんな場合?

すでに複数業者からの借り入れがある人にとって、カードローンの審査は非常に不安が大 …

カードローンの審査は電話連絡や在籍確認なしで借りられる?

カードローンを申し込むと借入審査の際に在籍確認が行われます。 業者側にしてみれば …

個人情報開示すると審査落ちの原因が分かる!?請求方法と読み方は?

カードローンを利用するには審査に通らなければなりませんよね。 時には審査に落ちて …

複数のカードローンでの借入れは危険?ローン審査に通らない?

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠など、手軽にお金を借りられる方法も …

カードローンの審査ではどんな書類が必要?収入証明書は要る?

カードローンの申し込みや契約に必要な書類にはどんなものがあるでしょうか? ここで …

カードローンの利用目的で審査に落ちることがある?

カードローンの審査では、年収や勤務先・勤続年数に個人信用情報など様々な項目につい …