みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

銀行カードローンでの即日融資が難しくなった?審査スピードは?


消費者金融カードローン並みの手軽さと銀行ならではの低金利で多くの利用者を獲得してきた銀行カードローン。しかしここへきて少し方向転換がされ始めています。

2018年1月以降、各銀行カードローンでは軒並み即日融資をひとまず取りやめる方向に進みました。ここでは銀行カードローンの現状とすぐにでもお金を借りたい場合の対処法を考えてみましょう。

銀行カードローンで即日融資が難しくなった原因

銀行カードローンが需要を伸ばした理由はいくつかあるでしょう。

低金利であったり融資限度額の高さももちろんですが、貸金業で総量規制が導入されたため、消費者金融や信販会社では借りられないという人たちの受け皿になったという側面も大きいでしょう。

銀行側でも保証会社に消費者金融業者を迎え入れることでよりスピーディーに審査や貸付を行うことを可能にして対応してきました。

その結果、一部では「貸し過ぎなのでは?」「新たな過剰債務者を生み出しているのでは?」という批判を受けることになりました。

その流れから、総量規制対象外の銀行カードローンでも総量規制を意識した与信を行うようになり、現在では新規顧客に年収の3分の1を超える貸付を行う大手銀行は皆無になっている状態です。

さらに、保証会社が審査を受け持つことで審査スピードは飛躍的に向上していましたが、反社会的勢力である暴力団関係者に貸付を行ってしまうというミスが発生してしまいました。

この事件がきっかとなり、各銀行での情報の共有、警察庁データベースへの照会を審査に取り入れることになります。

格段に審査方法が厳格化したことにより、実質、即日融資は不可能となってしまったのです。現状では審査回答の最短は翌営業日、遅くなると2週間程度かかるようになりました。

※以上は全国銀行協会に加盟する銀行カードローンの流れです。全銀協に加盟していない信用金庫や労働金庫などといった金融機関のカードローンは今のところ特に変化はないようです。ただし、元々信金や労金は即日融資が得意な訳ではありません。

各銀行カードローンの最短融資までを比較!

では具体的に各銀行のカードローン商品で、最短融資までにどれくらいかかるのかを見てみましょう。

三菱UFJ銀行バンクイック

バンクイックでの最速のキャッシング方法は店頭にある「テレビ窓口」での契約です。ATMコーナーに設置されていますので、銀行の営業時間外や土日祝日でもカード発行ができます。

しかし、カードは発行されますが、そのカードを利用できるのは「翌営業日以降審査の結果により」という条件が付いています。

最短で契約の翌営業日にキャッシングが可能ということですね。また、希望融資額が50万円を超える場合には収入証明書類が必要となっています。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンでは、三井住友銀行口座をお持ちでインターネットバンキング(SMBCダイレクト)の契約がある場合、WEB完結で最短融資が可能です。

インターネットバンキングから申し込み、申込者の本人確認書類をWEBから提出し、審査通過すると手持ちのキャッシュカードを使ってキャッシングが可能となります。

審査結果の回答は、本人確認書類提出後、最短で翌営業日となります。また、希望融資額が50万円を超える場合には収入証明書類が必要となります。

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行のキャッシュカードをお持ちの場合、WEBから申込んで審査通過すれば手持ちのキャッシュカードを使ってキャッシングが可能となります。審査結果回答までは最短で翌営業日以降となっています。

また、50万円を超える借入希望額の場合には収入証明書類が必要となります。

りそな銀行クイックカードローン

WEB完結で24時間365日契約手続きが可能で、手持ちのりそなキャッシュカードがそのままローンカードとして使うことができます。審査結果の連絡は翌営業日以降となります。また、50万円を超える融資希望の場合には収入証明書類が必要となります。

楽天銀行スーパーローン

ホームページには審査結果の回答までの時間は明記されていません。「お申し込みの状況等により数日間を頂戴する場合もございます」となっています。基本的に収入証明書類が必要となります。

メガバンクをはじめ、ネット銀行や地方銀行でも審査回答は最短で翌営業日、50万円を超える融資の場合には収入証明書類が必要という流れになっていますね。「どうしても今日中にお金を借りたい!」という場合には銀行カードローンは難しい現状になっています。

確実に即日融資を狙うならば消費者金融カードローンへ!

銀行カードローンは審査を厳格化していますが、消費者金融カードローンは変わらずにスピーディーな融資が可能です。「すぐにお金が必要」という場合には消費者金融カードローンが最適でしょう。

プロミス

Web完結契約を利用すれば、審査回答まで最短30分!カードレス契約にすれば自宅への郵送物なしでカンタンにキャッシングが可能です。平日14:00までに契約が完了すれば、当日中の振込みキャッシングが可能です。

アコム

インターネットから申し込み、最短30分で審査結果が回答されます。そのままインターネットで契約後、店頭窓口かむじんくん(自動契約機)にてカードを受け取ればキャッシング可能です(カードは自宅への郵送も可能です)。

アイフル

お急ぎの場合は、インターネットで申し込み→フリーダイヤルへ電話(審査が優先されます)→審査結果の電話連絡→インターネットで契約→振込融資という流れになります。

審査通過後、お近くの無人契約機(「てまいらず」)にてカードを受け取ってキャッシングすることも可能です。審査回答までは最短30分となっています。

SMBCモビット

インターネットから申し込み後、最短30分で審査回答があります。ローン申込機またはローン契約機(三井住友銀行内に設置)でローンカードを受け取り後キャッシング可能。また、「WEB完結」契約を利用すればカードレスで振込みキャッシングが利用できます。

※消費者金融カードローンでは貸金業法により、50万円を超える借入限度額を希望の場合(または他社借入額と利用限度額との合計が100万円を超える場合)には収入証明書類の提出が必要となります。

融資までのスピードでは圧倒的に消費者金融カードローンが有利です。即日融資を希望するのならば、現状では消費者金融を選ぶべきでしょう。

消費者金融カードローンと銀行カードローン比較最新版

カードローン業界の流れを踏まえて、消費者金融カードローンと銀行カードローンを比較してみましょう。

消費者金融カードローン

メリット

・融資までのスピードが圧倒的に早い。
申込み当日中の融資を希望するのならば消費者金融カードローンが確実。

・審査が甘い?!
銀行カードローンの審査が厳格化しているため、比べれば消費者金融の方が審査に積極的といってもよいでしょう。ただし、もちろん総量規制がありますので、収入(および現在の借入額)に見合わない借り入れをすることはできません。

・無利息期間サービスがある
30日無利息サービスがある場合、短期間で返済できる借入金額ならば、最終的な返済額を低く抑えることも可能でお得です。大手消費者金融業者だけでなく、中小消費者金融業者でも無利息サービスを実施している場合があります。

デメリット

金利が高めで、上限金利は18%程度になります。ただし、高額な最大限度額の契約になると銀行カードローン並みの低金利になる可能性もあります。

銀行カードローン

メリット

・金利が低い
消費者金融と比べると低金利となります。上限金利は金利年15%前後のカードローン商品が主流です。ただし一部銀行カードローンは消費者金融と変わらない水準のカードローン商品もあります。

・信頼感
「銀行のローン」という安心感を重視する方は多いようですね。

・提出書類が少なくて済む場合がある
契約者が自行の口座を持っている場合には、本人確認書類の提出が不要という銀行カードローンもあります(取引状況によっては在籍確認が省略される場合もあるようです)。

デメリット

・審査が厳しい
審査が厳格化されましたが、審査基準が厳しくなったというよりは、慎重に審査するようになったというイメージです。審査回答までの時間はかかるようになりましたが、利用条件に合っている方であれば収入が低くても審査対象者となりますので、身近なカードローンには変わりありませんね。

パート・アルバイトはもちろん専業主婦の方が利用できる銀行カードローンも継続してあります。

・即日融資は難しい
審査が慎重になったため、最速でも翌営業日の融資スピードになります。急ぎでお金が必要な方には不向きですね。

・口座開設が必要な場合がある
返済口座として自行の普通預金口座を持っている必要のある銀行カードローン商品は少なくありません。カードローンのために口座を開設するのは面倒という人も多いでしょうね。

まとめ

銀行カードローンはここ数年で一気に消費者金融並みに手軽なカードローンと変化していましたが、気軽さの部分では消費者金融カードローンに再び王座を譲った印象でしょう。

とはいえ、新しい利用者を迎える姿勢は変わっていませんので(テレビCMや広告も変わらず大々的に展開していますよね)、幅広い層に使いやすいカードローンであることに違いはありません。

利便性の面でいえば、どちらもコンビニATMでのキャッシングや返済や、パソコンやスマホでのキャッシング利用に対応していますし、お互いに遜色のないサービス内容になっているのではないでしょうか。

あとは自分がどんなポイントを重要視してカードローンを選ぶのか?ということになるでしょう。

  関連記事

専業主婦でも即日融資可能なカードローンは銀行?消費者金融?

急なお金が必要になることは誰にでもあることですが、家計を預かる主婦の人ほどお金の …

土日祝日や年末年始でも即日キャッシングってできる?

土日祝日や年末年始など、銀行や金融機関が休業日の時でも、即日融資が必要になること …

即日融資希望なら何時までに申し込めばいい?契約の流れと時間を解説

「その日のうち、当日中にお金が必要!」というお急ぎの方にとって、審査時間も早く即 …

今日中にお金を借りるためのカードローンの選び方!

手軽に利用できるカードローンが増え、今日中にお金を借りたい!という場合でも、店頭 …