みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

借りやすいカードローンは?審査に通りやすいのは?銀行と消費者金融ではどっちが借りやすい?


急なお金が必要な時、カードローンはとっても便利です。でも「契約や手続きが面倒」「審査落ちして慌てるのはイヤ」「お金を返すのも簡単だといいな」という人は多いでしょう。

そこでここでは「借りやすさ」に注目してカードローン商品を徹底比較してみましょう。

借りやすさといっても様々な要素があります。

審査に通りやすくて借りやすいのか?自分の条件にとって借りやすいのか?はたまた手続き的に借りやすいのか?様々なパターン別の借りやすいカードローンを考えてみましょう。

世間で断然人気のカードローン商品が、そのままあなたにとっても借りやすいカードローン商品とは限らないのです!

目次

審査に通りやすい・審査が甘くて借りやすいカードローンは?

カードローンでお金を借りるには、何はともあれローン審査に通らなければ話は始まりません。やはり「借りやすさ」といえば審査の通りやすさと考えられるでしょう。

審査に通りやすいイコール審査が甘いともいえますが、カードローンの審査基準は一般に公開されるものではないため、どのカードローンの審査が甘いとか厳しいといった情報は簡単には分からない状態です。

ネットの口コミや体験談で自分と似た条件(属性)の人を参考にすることはできるかもしれませんが、それでも審査は個人それぞれ行われるものですので、100%審査に通ると言い切れることはありません。

とはいえ、できれば申し込みをする前にある程度の可能性を確かめておきたいものですよね。

では審査に通りやすいカードローンを見分けるポイントを考えてみましょう。

審査通過率は高い?

少し客観的に判断する材料としては「審査通過率」というデータがあります。これは新規申込者のうち何パーセントの人が成約に至ったかという各業者が公表しているデータです。

IR情報(投資家に向けて企業が公表している業績などのデータ)で審査通過率を公表しているカードローンならば、どれくらいの人が申込んで審査通過しているかが数字で確認することができます。

大手消費者金融業者では、ここ数年はアコム>アイフル>プロミスといった順で審査通過率・成約率が高いようです。

消費者金融最大手レベルでは、おおよそ50%を少し下回る審査通過率で推移が落ち着いている状況です。

「うーん、半分以上も審査落ちするのか・・・」とガッカリされる方もいらっしゃるかもしれません。しかしカードローンの審査に落ちる条件はほぼ決まっています。

収入(年収)に対して融資希望額が多すぎる

貸金業者の場合は年収の3分の1を超える金額を借りることはできません。現在安定した収入が無い人もここに含まれます。

過去に延滞や債務整理といった金融事故がある

過去に事故情報が個人信用情報に現在も登録されている状態の人です。

カードローンの審査に落ちる方はほぼこのどちらかです。

つまり、自分の収入に見合った借入希望金額で過去や現在の返済状況に延滞などが無い(またはすでに信用情報から削除されている)人ならば、カードローンの審査はさほど心配するようなものではないのです。

(まれに、在籍確認が取れなかった、申告された連絡先に連絡が取れなかった、虚偽の申告をしたetcといった理由が原因で審査に落ちたと推測される場合もあります。)

銀行のカードローンは借りやすい?

ここ数年で急激に利用者が増えた銀行の個人向けカードローンですが、確かに以前の銀行ローンと比べるとはるかに借りやすくなっています。

大きな要因として、大手消費者金融業者をグループ傘下企業に迎え入れることで、個人向け貸し付けノウハウを手に入れたことが挙げられるでしょう。

新規貸付けの保証人を保証会社である消費者金融業者が請け負うことで、審査自体も消費者金融のノウハウで行うことができるようになりました。

銀行側のリスクを抑えて、利用者が借りやすいカードローンを提供することが可能になったのです(実際の審査業務は保証会社の消費者金融業者が行う場合も多いです)。

その一方、改正貸金業法の影響で消費者金融や信販会社から借入れができなくなった人の受け皿として利用者数を増やすことにもつながりました。

現在では拡大の時期を終え、銀行カードローンでも新規貸付けには慎重になっています。そのため新規であればやはり消費者金融業者が借りやすい状況に戻ってきています。

大手消費者金融より中小消費者金融の方が借りやすい?

審査の厳しさでいえば、やはり大手より中小業者の方が甘い傾向があるでしょう。しかし、中小消費者金融業者を検討するのは大手消費者金融の審査に落ちてからでも遅くないです。

そもそも中小消費者金融業者には、自分たちが大手業者の受け皿であるという自覚があります。

信用情報機関に短期間で複数の申し込み記録のある、いわゆる「申し込みブラック」でも審査を受け付けないようなことはありません。「大手の審査に落ちたら中小」と考えておきましょう。

ただし、中小業者といえど法律は絶対です。総量規制以上の貸付けをする業者はありませんし、もし「貸す」と言ってきたら間違いなく違法業者です。

事前に審査結果が分かるカードローンがある?!

「借りられないかもしれないのに審査を申込むのはイヤだなぁ」という方も多いでしょう。

そこでおすすめなのが「簡易審査」の存在です。

各カードローン商品のサイトでは、「簡易審査」「仮審査」というシステムを用意しています。サイト上で簡単な入力をするだけで、借入れが可能がどうかの仮診断ができるようになっているのです。

先に述べた通り、カードローン審査で重要なのは現在の収入と借入額(件数)の状況と過去の信用情報(キャッシングなどの利用履歴)です。

簡易審査では、試してみれば分かりますが個人を特定するような情報を入力する必要はありません。現在の年齢や年収、借入れ希望額、他社借入総額など数項目の入力で借入が可能が知ることができます。

もちろんその後正式に申し込みをすると信用情報を参照した本審査が行われますが、仮審査に通っていて信用情報に問題がなければ審査に通る可能性が限りなく高くなるのです。不安材料を少しでも少なくしたい方におすすめです。

簡易審査に時間はかかりませんし、24時間365日試すことができます。

また、最近ではJスコアのように事前に自分の借入れの可能性をスコア(数値)として知ることのできるカードローンも登場しました。審査が不安な方にとっては最適なシステムでしょう。

新規顧客の獲得に積極的かどうか

消費者金融業者に限らず銀行やその他の金融機関でも業績は大切です。その業者が今現在カードローン事業に積極的かどうかも審査に少し影響してきます。

新規のお客さんを増やしたい時には少し審査が甘くなることがあるようです。

一時期、大手銀行をはじめ数多くの銀行の個人向けカードローン商品がリニューアルされ、大々的に新規顧客を取り込もうとしていた時期がありました。

「最近急に銀行のカードローンのCMが増えたな」と感じた人も多いでしょう。「銀行カードローンの審査は甘い!」という口コミも増えていました。

現在はその傾向もおだやかになり、やはりいつでも新規顧客を積極的に誘致しているのは大手消費者金融という状況になっています。

新しいお客を積極的に受け入れているかどうかは、ホームページや宣伝などで「新規顧客用のサービス」が用意されているかどうかが目安になるでしょう。

大手消費者金融では初めてのお客様ならば無利息期間のサービスが用意されていますよね。

また、新しいカードローン商品の登場時には新規顧客の獲得に積極的、つまり借りやすくなっている場合が多いです。最近では、独自のAIスコアリングのJスコアや、新生銀行レイクのブランドを受け継ぐレイクアレサといった新しいカードローン商品に注目されています。

来店不要!自宅でもどこでもパソコンやスマホで借りやすいカードローンは?

「手軽にお金を借りられるカードローンだけで、手続きや契約が面倒くさそう・・・」

お金は借りたいけどできるだけ簡単に、できれば店舗へ出向くこともなく自宅で全部済ませたいという方も多いでしょう。借りやすさを追求すれば自宅のパソコンやスマホで全ての手続きが完了するカードローンがおすすめです。

ネット専業銀行のカードローン

オンライン上での取り引きに特化しているという面では、ネット銀行が最も秀でているでしょう。

基本的なやり取りは全てネット上で行うことができますし、連絡方法もEメールがメインという場合が多いです。

住信SBIネット銀行MR.カードローン

住信SBIネット銀行の口座を持っていれば、申し込みから必要書類の提出、契約までWEB完結することが可能です。

手持ちのキャッシュカードを使って提携ATMでキャッシングをすることができます。(在籍確認を含む本審査の完了までは1日~数日かかります。口座の無い方は同時に口座開設の申込みが可能です。)

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行に口座が無い方でも利用できます。必要書類の提出には証明書類送付アプリを利用することができます。

ジャパンネット銀行ネットキャッシング

ジャパンネット銀行の口座をお持ちならば、ネット完結で利用が簡単です。

本人確認書類の提出はスマートフォンアプリやパソコンからの画像アップロードで済ますことができます。メールでのやり取りなので、在籍確認以外での電話連絡もありません。(口座開設を同時に申込む場合も、口座開設アプリを利用して簡単に行うことができます。)

スマホアプリでWEB完結できるカードローン

ネット銀行でなくても、大手消費者金融業者やメガバンクのカードローンであればほとんどの場合パソコンを使ってネット上で手続きをすることが可能です。

「でももっと簡単に済ませたい」という方にはスマホ用のアプリを用意しているカードローンがおすすめです。分かりやすいスマホアプリの指示に従って簡単にカードローンキャッシングを始めることができますよ!

プロミス「アプリローン」

アプリを使って新規の申込みから借入れまでを最短1時間で完結することができます!さらにセブン銀行のスマホATM取引きを利用して、アプリだけで入金・出金をするカードレスキャッシングが可能になります。

「借りやすさ」抜群のカードローンですね!(ちなみにセブン銀行ATMは、全国のセブンイレブン全店に設置されています)

SMBCモビット

こちらもプロミス同様、スマホアプリで申込みや必要書類の提出、セブン銀行ATMでのスマホ取引が可能です!「でもアプリでキャッシングってセキュリティが心配」という方には生体認証サービスが利用可能です。

指紋・顔・声の2種類以上の生体情報を登録することで、パスワード不要で本人以外の利用や情報の漏えいを防ぐことができます。

アコム

必要書類の提出を専用アプリでのアップロードで行うことができます。もちろん申込みもスマホからでOKです。

収入証明書不要・免許証だけで借りやすいカードローンは?

手続きのために準備する書類は少ない方がグッと借りやすいですよね。

必要書類が必要ない?!

銀行カードローンでその銀行の普通預金口座を持っている場合、必要書類の提出が省略される場合があります。例えばセブン銀行カードローンでは口座を持っている方ならば書類の提出なしで申込みからキャッシングが可能です。

自分が利用している銀行のカードローンを確認してみるとよいでしょう。これは特殊な例ですが、通常カードローンの申込みには本人確認書類の提出が必須となります。

では、本人確認書類以外の書類を少なくする、なくすにはどうしたらよいでしょうか。

貸金業者カードローンの場合

消費者金融業者や信販会社の場合、貸金業法の決まりのため「借入れ希望額が50万円を超える場合、または他社の借入総額との合計が100万円を超える場合」には収入証明書の提出が必要となります。

銀行カードローンの場合

銀行カードローンは貸金業法の影響を受けない総量規制対象外のため、今までは各銀行ごとに独自の基準で収入証明書類の提出を求めていました。

しかし現在は過剰な貸付けを行わないように慎重になってきていて、メガバンクをはじめ多くの銀行カードローンでは50万円を超える借入れ希望額の場合には収入証明書類の提出が必要となってきています。

つまり、収入証明書類の提出基準に関しては、消費者金融と銀行でほぼ変わりないという状況になっています。

借りやすさを最優先するのであれば、書類が少なくて済む50万円以下の希望額で申込むことが最善ではないでしょうか。

契約後の返済がしやすくて借りやすいカードローンは?

最初の契約時だけの借りやすさだけでなく、利用し始めてからも借りやすい・返しやすいカードローンの方が便利ですよね。(もちろん「借りにくい方が早く返済できるからいい」という方にはおすすめしません。)

ここでは、利用開始後の借りやすさについて考えてみましょう。

カードローンは定められた限度額内であれば、何度でも借入れや返済を繰り返すことができます。

必要な時にすぐ出金できて、余裕がある時にはいつでも返済できるカードローンが最も借りやすい・使いやすいカードローンといえるでしょう。

そうなるとポイントとなるのが「提携ATM」と「ネットバンキング」への対応です。

提携ATMの手数料が無料のカードローン

カードローンを使い出すと意外と入出金の回数が多くなることに気付きます。急な現金が必要な場合もありますが、「ちょっと手持ちがあるから返済しておこう」という時にも身近にある提携ATMは便利ですよね。

そうなると気にしておきたいのが提携ATM手数料です。ATMを利用する度に100円や200円とかかってしまうのはもったいない!やはり手数料無料のカードローンを検討したいものです。

カードローンの中には提携ATM手数料無料というものも多いのですが、注意しておきたいのは「自分が一番よく使うATM」の手数料が無料かどうかです。

普段の生活圏内のATM手数料が無料ならば、快適なカードローン利用をすることができますよ。

ネットバンキング・ネットキャッシング対応のカードローン

急にお金が必要となる場面では、「口座引き落としの残高が足りない!」というケースは多いかと思います。

この場合、ネットバンキング・ネットでの振込キャッシングに対応しているカードローンならば、パソコンやスマホで瞬時に残高不足分を借入れすることができるのです。

また、銀行カードローンの場合にはその銀行の口座引落し時に残高不足分を自動的に融資してくれるサービスを行っている商品もあります。うっかりしがちな方にはおすすめの便利なカードローンですね。

毎月の返済額は適正?

カードローン商品では毎月の最低返済額が決められています(正式には約定返済額といいます)。通常は借入残高に応じて「最低○○円支払って下さい」という金額が変わっていきます。

最低返済額が少ないほど月々の負担は減りますので返しやすいと考えることもできますね。

ただし、返済額が少ないということは元金が減るのも遅いということになります。金利にもよりますが、早く返済しやすいという意味では、毎月の最低返済額が高い方が完済しやすいと考えることもできます。

これは利用するあなた次第というポイントですね(最低返済額が低くてもそれ以上の金額を追加返済することは可能です)。

収入が少ないアルバイトやパート・学生でも借りやすいカードローンは?

収入の少なさからカードローンの審査が不安という方も多いでしょう。特に会社員でもなく、アルバイトやパートでの収入源しかないという方は不安ですよね。

確かに収入が多ければ自由に使えるお金も多いし返済能力も高いという見方はできます。しかし、カードローンの審査で重視されるのは「収入と借入れのバランス」なのです。

収入が低ければ高額融資を受けることはできないかもしれませんが、全く貸せないということではないのです。

ここでも目安となる基準は総量規制の「年収の3分の1」となります。総量規制を逆に考えれば、年収が100万円の人ならば約33万円以内ならば借入れをしても問題ないという貸金業界のお墨付きがあるということなのです。

年収が30万円ならば10万円までの借入れは可能ということですね。ただし銀行のカードローンの場合、あまりに収入の少ない場合には新規貸付けに慎重になる傾向があるようです。

また、10万以上からといったように最小の融資額が定められているケースもありますし、商品によってはアルバイト・パート、学生は利用対象外という場合もあります。

例)三菱UFJ銀行「バンクイック」の利用限度額10万円~500万円、みずほ銀行カードローンの利用限度額10万円~800万円といった具合です。

アルバイトやパートの方や収入の少ない学生さん、さらに勤続年数の少ない方ならば大手消費者金融のカードローンが借りやすいのは間違いないでしょう。

本人が無収入の専業主婦でも借りやすいカードローンは?

本人に全く収入の無い専業主婦(主夫)の場合、借りやすさというより借りられるカードローンの選択肢がどうしても狭まってしまいます。

貸金業法の総量規制により、貸付けできるのは年収の3分の1までと定められているため、年収が0円の専業主婦ならば借りられる限度額も0円なのです。

ただし、総量規制の例外として「配偶者貸付」という制度があります。本人に収入の専業主婦(主夫)の場合、配偶者の収入と合算してその収入額の3分の1まで借りられるという制度です。

しかし現実的には配偶者貸付を行っている貸金業者は皆無なのです。

専業主婦は銀行カードローンが借りやすい

そうなると専業主婦が借りやすいカードローンは貸金業法の影響を受けない銀行法の銀行カードローンということになるでしょう。ただし専業主婦への貸付の場合には極度限度額が低く設定されている場合がほとんどです。

また、配偶者の同意書や配偶者の勤務先への在籍確認もあると考えておいた方がよいでしょう。

例)楽天銀行スーパーローンの場合・専業主婦の方の利用限度額は50万円まで。
※「専業主婦でも貸付OK」などと謳う貸金業者がありますが、収入の無い人にお金を貸す貸金業者はまず違法業者です。甘い宣伝文句に騙されないように注意しましょう。

銀行カードローンと消費者金融系カードローンではどっちが借りやすい?

金利面、特に上限金利で比較すると銀行カードローンの方が低金利で魅力なのですが、いざ借りやすさという面で考えるとどうでしょう?

すぐに借りたい!即日融資ならば消費者金融

先ほども少し触れましたが、銀行カードローンは新規の貸付に少し慎重になっています。現状、申込んだ当日中に借りられる銀行カードローンは無いようです。基本的に審査回答は最短で翌営業日となります。

「今日中にサクッとお金を借りたい!」という方には消費者金融のカードローンということになります。

また、銀行はどうしても土日や営業時間外の対応に弱い傾向があります。

契約後に利用開始をしてしまえば、24時間対応の提携ATMがあれば問題ないのですが、手続きから契約までもスピーディーに借りやすいとなると消費者金融カードローンになりますね。

利用開始後はどちらも便利!

以前は銀行系のローンは使い勝手がいまいちという印象がぬぐえなかったのですが、近年は傘下の消費者金融業者からノウハウを取り入れ、銀行カードローンの利便性は消費者金融並みとなっています。

契約からキャッシングまではひと手間かかるけれど、使い始めたら消費者金融カードローンと比べても遜色なしといってもよいでしょう。あとは貴方にとって使い勝手がよいかどうかになります。

身近にATMはある?毎月の返済額は無理がない?急な借入れはネットで振込キャッシングができる?繰り上げ返済や一括返済は簡単?

そういった自分なりのポイントでカードローンを選ぶことができる時代になっているのです。

まとめ

「借りやすいカードローン」といっても様々な見方ができます。とかく最初の借りやすさからカードローンを選んでしまいがちですが、やはりその後の利用計画・返済計画を考えることも大切ですね。

特に今すぐお金が必要な方にとっては申込みからキャッシングまでの手軽さを最優先としてしまうかもしれませんが、少しだけ落ち着いてその後のことも考えから申込みましょう。

間違っても「めちゃくちゃ借りやすいから」と違法業者や闇金業者から借りることのないようにしましょう。

  関連記事

カードローンの審査は電話連絡や在籍確認なしで借りられる?

カードローンを申し込むと借入審査の際に在籍確認が行われます。 業者側にしてみれば …

審査が甘い?誰でも借りれる?カードローンの誇大広告に注意!

誰しもお金を借りる時には断られたくないものです。 カードローンの利用を申し込むと …

携帯代を延滞するとブラックリストになる?

個人の信用情報に事故情報が記載される、通称「ブラックリスト」入り。キャッシングや …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …

二社目のカードローンは審査基準が厳しくなる?二社目を選ぶポイントはこれ!

現在カードローンを利用している方が、二社目のカードローンに新規申し込みする際に気 …

カードローンの審査で使われる信用情報ってなに?自分で確認出来る?

キャッシング業者は、申し込みがあった人の審査に際して申込者の「信用情報」を参照し …

自営業者・個人事業主がカードローンを利用する際の注意点とおすすめのカードローン

自営業・個人事業主はカードローンを利用しづらいといわれることがありますが、実際の …

未成年者でもお金を借りることはできる?お金を借りる方法は?

お金に困ることがあるのは年齢に関係ありませんよね。 成人に限らず「あと少しのお金 …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …

転職直後にカードローンでお金を借りることはできる?審査通過するためのポイントは?

自分の収入の元である働き先を変える転職は、人生の中でも大きなターニングポイントと …