みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

信用金庫(しんきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?


消費者金融だけでなくメガバンクや地方銀行の個人向けカードローンが充実してきていますが、私たちのすぐ身近にある金融機関についても知っておきましょう。

全国どこにでもあるけれど知らない人にはまるで馴染みのない金融機関が信用金庫、「しんきん」ではないでしょうか。実は、しんきんでも個人向けの使途用途自由なカードローンが用意されています。

ここではしんきんのカードローンの金利や審査、返済方法について知り、メリットやデメリットを知っておきましょう。あなたの街のしんきんカードローンが意外と”使える”ローン商品かもしれませんね!

信用金庫・しんきんとは?

信用金庫とは、銀行と同じように預金や融資をはじめ、投資信託・保険など様々な金融業務・金融商品を扱っています。銀行との大きな違いは、銀行は株式会社であり信用金庫は利用者による協同組織ということです。

株式会社である銀行は、当然その最優先される目的は利益の追求になります。それに対して信用金庫は地域社会や利用者・会員の繁栄のための相互扶助を最大の目的としています。

つまりしんきんは利用者のためのサービスが第一の金融機関ということになります。

信用金庫と同じ共同組織で信用組合という金融機関もあります。信用組合はより利用できる資格や範囲が狭くなります。

しんきんのカードローンの金利は?

利用者の利益が優先されるとはいえ、赤字でお金を貸すという訳にはいきませんよね。一般的なしんきんカードローンの金利水準は、通常の都市銀行カードローンや地方銀行カードローンと同程度のものが多いです。

ただし、利用対象者を狭めたしんきんカードローン商品の中には、他のフリーローン・キャッシング商品と比べてはるかに低金利で借りられる商品もあります。

しんきんのカードローンの審査は?

まず大前提として、しんきんカードローンの利用条件には地域制限があります。その信用金庫の営業区域内に居住しているか勤務している方に限るというカードローンがほとんどです。信用金庫の存在目的が地域の繁栄ですので当然のことでしょう。

また、どうしても利便性という面では大手銀行はもちろん地方銀行カードローンよりも劣る面があります。インターネットでの申込みは可能でも契約の際には来店しなければいけなかったり、利用できる提携ATMが少なかったりというデメリットもあります。

審査自体は銀行カードローンと同程度の基準と考えてよいでしょうが、普段から信用金庫を利用している方がより有利になる傾向はあるようです。

また、現在の銀行カードローンは新規の貸付けに非常に慎重になっています。これは全国銀行協会(全銀協)に加盟している銀行の大きな流れなのですが、信用金庫は銀行とは別の組織ですので全銀協の影響をあまり受けていません。

現時点では、低金利のカードローンで比較的に温情審査の可能性が高いのがしんきんカードローンといえるでしょう。

ちなみに所得証明書不要で申込める金額が高いところもしんきんカードローンのメリットでしょう。

現在、消費者金融、銀行ともに50万円以上の融資を希望する際には所得証明書類を提出する場合がほとんどです。商品によっては少額の融資限度額の場合ならば、安定継続した収入が無くても申込めるものもあります。

アルバイトやパート、主婦の方にとっても敷居の低いところも大きな特徴でしょう。

ただし、審査回答までのスピードに関しては、消費者金融やメガバンクほどの早さは期待できないかもしれません。基本的には保証会社と信用金庫による審査が行われますが、当日中の審査回答を売りにしているカードローン商品は少ないです。

保証会社は信用金庫のグループ組織・企業になる、しんきん保証基金か信金ギャランティ株式会社が請け負う商品が多く、もちろん保証人は必要ありません。保証料は金利に含まれている場合がほとんどです。

また、信用金庫によっては民間の保証会社に保証を委託したオリジナルカードローン商品も多数用意されています。

ちなみに信用組合のカードローンも低金利で個人の相談に乗ってくれやすい審査です。ただし信用金庫に比べると利用条件が厳しいので、申込みできる人自体が狭まります。

しんきんのカードローンの返済方法は?

借りる時のことだけでなく返済のことも考えておきたいですね。

しんきんのカードローンの返済方法も他のカードローン商品と同じように、借入残高の応じた毎月の最低返済金額(約定返済額)を支払う方法です。月々の負担は少なくある程度まとまった金額を借りることができます。

また、しんきんのカードローンに特徴的なのが「随時返済型」の返済方法を選択できる場合が多いことです。これは、特に決められた額を決められた約定日に返済する定額返済方式ではなく、都合のいい時に随時ATMや窓口で返済する方法です。

ただし、利息分については年に2回~3回まとめて口座引落しなどで支払う必要があります。

このように、約定返済日の定額返済以外でも、随時返済や繰上げ返済が可能な商品が多く、返済方法も返済口座からの引落しだけでなく、提携ATMでの返済も可能な場合が多いです。こうしてみると消費者金融やメガバンクのカードローンともあまり違いなく利用できることが分かりますね。

ちなみに、営業日・営業時間は銀行と同じですが、一般店舗の休業日でも窓口・電話相談や申し込みの受け付けをしているイレギュラーな営業店もあります。

しんきんカードローンのメリットとデメリット!

しんきんカードローンのメリット

審査が独自

保証会社がしんきん関連の組織(しんきん保証基金や信金ギャランティなど)のカードローンが多いので、消費者金融や信販会社の審査に通らない方でも希望があります。

特に普段からしんきんと付き合いのある方は審査も有利になる可能性が高くなります。とはいえ、個人信用情報は参照しますので、過去の延滞などの金融事故は大きなマイナス要素になりますよ。

地域密着型

申込み前の相談や利用し始めてからの相談も、身近なところに相談場所があるという安心感がありますね。

金利が低い

銀行カードローンと同程度の低金利が期待できます。

さらに信用金庫との取引状況によってはさらに金利が優遇される場合も多いのです。しんきんに普通預金口座を持っていて、給与の受け取りや公共料金の支払いを自動引落しにしているというような人は、銀行より低金利で借りられる可能性もあります。

専業主婦でも利用可能な融資商品が多い!

総量規制の影響で消費者金融では収入の無い専業主婦の申込みを受け付けていません。(一部の)銀行カードローンとしんきんカードローンでは、利用限度額の上限は50万円程度になりますが、専業主婦の申込みを積極的に受け付けている場合が多いです。

また、50万円までの融資希望ならば所得証明書類も要りませんので、配偶者の証明書類を用意する手間もありません。

信用金庫のATMなら手数料無料

全国の信用金庫ATMで手数料無料で入出金ができます。

ATMの時間は限られる場合が多いですが、全国で利用できるメリットは大きいですね。一部コンビニや銀行ATMと提携している場合もあります。

更新は3年ごとが主流

消費者金融や銀行のカードローンでは1年ごとに契約が自動更新される場合が多いですが、しんきんカードローンの場合3年ごとの自動更新がほとんどです。

更新の際には再審査が行われて利用枠や適用金利が変わる場合もありますので、更新期間が長い方が気持ちに余裕が持てますね。

しんきんカードローンのデメリット

会員であることが条件になる場合がほとんど

基本的には信用金庫の会員向けのローン商品になります。

また、会員になるために出資金が必要な場合もあります。

担当区域外の信用金庫では申込めない

しんきんの運営理念は、信用金庫本支店の担当区域の地域社会の発展が大前提の組織です。そのため各信用金庫ごとに細かく利用可能区域が設定されています。「すぐ隣の町のしんきんカードローンの方が条件が良いのに利用できない・・・」というケースもあります。

手続きや契約には来店する必要がある場合が多い

消費者金融はもちろん大手銀行カードローンでもネットでの契約が可能という手軽さは大きな魅力なのですが、しんきんカードローンの場合、最終的な契約は店頭窓口でというケースが多いです。

該当信用金庫に口座を持っている場合のみWEB完結での契約が可能という状況ですね。

カードローン商品によっては店頭窓口で商品概要説明書や審査申込書と入手しなければならない場合も・・・。運転免許証や健康保険証といった必要書類の提出も郵送やFAXという場合もあります。

各信用金庫によりますが、インターネット対応が遅れている場合には契約方法などの利便性の低さが感じられるかもしれません。

合併や吸収が激しい

金融機関にとっても厳しい時代ですので、力のない信用金庫が破たんしたり吸収合併されることも多いです。カードローンの利用中に新しい信用金庫に変更になるというようなパターンもあります。

しんきんの全国ブランドであるカードローン「きゃっする」(信金ギャラティ保証)のような商品ならば、借りているしんきんによっての差が付きにくいかもしれません。

契約時に印紙代などの費用がかかる場合がある

しんきんのカードローンも利用手数料や年会費などは無料の場合がほとんどですが、印紙代として数百円かかるケースがあります。商品説明書に記載されていますので確認しておきましょう。

まとめ

身近にありながら詳しい実態を知らない方も多いしんきんですが、その中身は地域の利用者による共同組織です。

消費者金融や大手メガバンクのカードローンに比べると、少し使い勝手は見劣りするかもしれませんが、年2%を切る低金利や極度額1000万円という大型カードローンも存在しています。

カードローン選びの際には近くの信用金庫を検討してみても損はないかもしれませんよ!

また、専業主婦、アルバイト・パート、個人事業主(事業性資金ローンもあります)、年金受給者といった収入が少なかったり安定しないことが多い方にとっても、近場の信用金庫は力になってくれます。

地域で生活する人の繁栄という目的がありますので、お金のことで少しつまづいたくらいの人を見捨てたりできないのです。

ただし、しんきんカードローンはやはりそのしんきんを利用している会員ならではメリットが多いです。もし自分の今使っている銀行に、これといって思い入れやメリットがなければ、信用金庫をメインバンクにするという選択肢もおすすめです。

  関連記事

キャッシングに関わる法律を知っておこう 【貸金業法・改正貸金業法】

「キャッシングは借金だから何だか怖い・・・」と思っている人も多いのではないでしょ …

債務整理とは?債務整理するとどうなる?

カードローンやキャッシングでの借入れを続けるうちに、いつしか返済が困難になってし …

カードローンのよくあるトラブルから怖いトラブルと対応策・相談窓口一覧!

カードローンは使い方を間違えなければ日々の生活を豊かにしてくれます。計画的にお金 …

カードローンが使えなくなるのはどんな時?おろせないのは何故?逆に使えなくすることはできる?

お金に困った時にカードローンが一枚あると便利ですよね。銀行の営業時間外の深夜や早 …

労働金庫(ろうきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?

信用金庫(しんきん)と並び、全国どこでも身近に存在しているのに意外と詳しく知らな …

全国の信用金庫(しんきん)カードローンの金利や利用限度額を一覧で比較!

全国のしんきんの担保・保証人不要の個人向けカードローンにどんなものがあるのか一覧 …

借金生活から脱出する方法のまとめ!

上手に活用すれば便利なカードローンやキャッシングも、使い方を間違えると一気に借金 …

キャッシングの種類にはどんなものがある?

キャッシングを「消費者が無担保・無保証人で少額の融資を受ける」としても、その方法 …

過払い請求とは?過払い請求するとブラックリストに載る!?

テレビのCMや電車の公告で「過払い請求でお金が戻る!」という宣伝をよく目にします …

借金をする人の特徴と理由は?借金を辞めさせることはできる?

借金をしない人にとってはなかなか理解しづらいのが、借金をする人の心理でしょう。 …