みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

労働金庫(ろうきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?


信用金庫(しんきん)と並び、全国どこでも身近に存在しているのに意外と詳しく知らない方が多い労働金庫(ろうきん)。ここではろうきんが手掛けるカードローンについてご紹介します。

消費者金融や銀行に比べると「使い勝手が悪そう」「審査が厳しそう」といったイメージもありますが、銀行カードローンと比較しても低金利でカードローンの実力としては見逃せないものがあります。ろうきんカードローンのメリット・デメリットあわせて徹底研究してみましょう!

目次

労働金庫・ろうきんとは?

そもそも労働金庫、ろうきんとは、どういった組織なのでしょうか?

労働金庫とは、労働組合や生協といった「はたらく人の金融機関」として資金を出し合って運営している共同組織の金融機関です。別項で信用金庫について「地域の人のための金融機関」とご紹介しましたが、労働金庫は(その地域で)働く人のための金融機関なのです。

預貯金ができたり、お金を借りたり運用したりできるといった銀行と似た業務を行っていますが、決定的に違うのが「非営利」であるという点です。銀行は株式会社ですので株主の利益が優先となります。

一方、ろうきんは会員・組合員の出資によって会員・組合員の利益を最優先するのです。

ろうきんのカードローンの金利は?

まず、利益最優先ではないために、ろうきんのカードローンは非常に低金利です!特に上限金利に限って比べると大手銀行カードローンよりもはるかに低金利設定です。

働く人が働く人たちのために作ったろうきんのカードローンと考えれば当たり前なのですが、消費者金融や大手銀行カードローンばかりを検討してきた人にしてみると驚くほど上限金利が低いです。

さらにその労働金庫との取引状況に応じて金利引き下げが行われます。条件が合うのであれば「まずろうきんカードローンを検討」というのも賢い選択でしょう。

金利が低いということは支払わなければならない利息が少なくて済むということです。カードローンの選びの大基本でもある金利面に関しては、ろうきんのカードローンは最強といってもいいかもしれません。

ろうきんのカードローンには「マイプラン」という統一金融商品が用意されています。労働金庫は全国に13ありますが、どこのろうきんでもカードローンとして「マイプラン」を扱っています。

しんきんの「きゃっする」と同じような存在ですが、しんきんは各信用金庫ごとにオリジナルのカードローン商品も併せて展開している場合が多いのですが、ろうきんの場合には独自のカードローン商品を用意しているところはほぼ無いです。「マイプラン」の内容が各労働金庫によって少し違う(金利や条件など)といった程度になります。

例)中央ろうきんのカードローン「マイプラン」(借入限度額500万円)の金利
提示金利:団体会員の構成員・年7.075%、生協会員の組合員(および同一生計家族)・年7.255%、一般の勤労者・年8.475%

さらにここから中央ろうきんとの取引に応じて金利が引き下げられます。

有担保ローン・金庫扱い住宅金融支援機構融資の契約→0.60%
給与振込みの指定→1.50%
一般財形・エース預金の契約→0.30%
財形年金・財形住宅・年金受取エース預金の契約→0.60%
年金受取指定→1.50%
インターネットバンキング(IB)契約→0.60%
Web通帳契約→0.60%
公共料金自動引落し契約(2種類以上)→0.30%
ろうきんUCカードの契約→0.30%
若年者(30歳未満)→0.60%

個人の引き下げ幅は最大で3.20%にもなります。つまり最大引き下げ金利を適用すると、上限金利は3.875%(団体会員構成員)~5.275%(一般の勤労者)という低金利になります。

※ちなみに

団体会員の構成員とは?

中央労働金庫に出資している、1)労働組合、2)国家公務員・地方公務員の団体、3)一定の条件を満たす勤労者のための福利共済活動を目的とする団体、いずれかの団体の構成員を指します。

生協の組合員とは?

中央労働金庫に出資している生協のうち、生協組合融資制度を導入している生協の組合員のことを指します。

一般の労働者とは?

上述2つに該当しない方で、中央労働金庫の担当地域にお住まいかお勤めの方を指します。

現在ろうきんに馴染みがない!という方は一般の労働者に区分される可能性が高いですが、それでも上限金利が10%程度以下ですので、銀行カードローンと比較しても低金利ですよね。特に初めて利用する場合には上限金利が適用されることがほとんどですし、借入金額が高額でなければ最低水準の低金利カードローンになると思います。

ろうきんのカードローンの審査は?

「金利が低いならいいじゃん!借りたい!」と思う方も多いでしょうが、非営利といっても損をするわけにはいきませんのでろうきんカードローンでも審査があります。しかもろうきんのカードローン審査は「審査基準が厳しい」と噂されることも多いです。

実際には「審査が厳しい」というよりも「申込み条件が厳しめ」といった方がよいかもしれません。基本的な申込み条件は以下の通りです。

・満18歳以上満65歳未満の方(未成年の場合には法定代理人の同意書が必要)
・安定継続した年収(前年税込み年収)が150万円以上ある方
・同一勤務先に1年以上勤務されている方(自営業者等、給与所得者以外の場合には原則として3年以上)
・所定の保証会社の保証を受けられる方

各労働金庫によって細かな違いはありますが、おおむね上記の条件が必須となります。契約社員や派遣社員、パートやアルバイトといった雇用形態でも条件を満たしていて、返済能力が認められれば利用できる可能性があります。

また、保証会社に関しては、団体構成員や生協組合員の場合(一社)日本労働者信用基金協会(日本労信協)のように、労働者信用基金協会の保証になる場合が多いです(保証料として金利の上乗せあり)。

一般勤労者の場合には「ジャックス保証」といったように一般の保証会社による保証となる場合があります(保証協会を利用する場合もあり、その場合には金利に保証料が上乗せされます)。

当然、保証会社による審査が基本となります。申込者の個人信用情報の参照によって、現在の借入れ状況や過去の返済実績・金融事故などを把握されますし、勤務先への在籍確認も行われます。

また、審査スピードはあまり期待できない、というより遅いと考えておいた方がよいでしょう。2~3週間程度かかることもあるようですので、即日融資希望という方には向かないカードローンでしょう。

ただし、営利のカードローンと違い、利用者のためのカードローンのためか、融資限度額の増額審査は随時受け入れているろうきんが多いです。「必要な人にはなるべく貸そう」という方針が感じられますね。

ろうきんのカードローンの返済方法は?

貸越極度額に応じて毎月の定例返済額が決まります。返済方法は基本的に、定例返済日に返済用普通預金口座からの口座引落しになります。

それ以外でも提携ATMやインターネットバンキングでの随時返済や追加返済も可能です。「近くにろうきん無いから不便かな?」という心配もありませんね。

ろうきんのカードローンのメリットとデメリット

ろうきんカードローンのメリット

上限金利が低い!

特に金利優遇制度を抜きにしても、上限金利が低いのが大きな特徴でしょう。大手消費者金融業者はもちろん、メガバンク、シティバンクカードローンなどの最高金利と比べても上限金利が低いです。

さらに金利の引き下げが充実

会員になってろうきんとの取引が盛んになるほど金利が引き下げられるという利点があります。メインバンクを特に決めていないという方は、ろうきんカードローンを利用するならばろうきんメインで運用した方が金利優遇のメリットが大きくなります。

借り換えやおまとめにも最適(総量規制対象外&低金利)

事業目的以外ならば基本的に使途自由ですので、おまとめローンや借り換えローンとしても利用できる低金利カードローンでしょう。

さらにろうきんカードローンは総量規制対象外ですので、年収の3分の1を超える額の融資を受けられる可能性もあります(審査は厳しくなるでしょうが)。

ATM手数料がキャッシュバックされる

ろうきんカードローンでは提携ATM利用手数料を全額キャッシュバックというサービスを行っています。各ろうきんによって多少条件が変わりますが、セブン銀行ATMやイーネットATMなどほとんどのコンビニATMで手数料無料で利用することができます。

未成年者でもお金が借りられる可能性がある

各ろうきんによりますが、対象年齢が満18歳からになっている場合には未成年者であってもカードローンが利用できます。(ただし「法定代理人の同意書が必要」「ネットからの受け付けは不可」「親権者とともに店頭にて」などといった条件があります。各ろうきんで確認しましょう。)

提携施設優遇サービスあり

「マイプランクラブ」会員は、提携の施設で各種優遇を受けることができます。ろうきんだけあって提携先が多いので生活の様々なシーンでちょっとしたお得をすることができます!

ろうきんカードローンのデメリット

審査が厳しい&時間がかかる

低金利だけに厳しめの審査を覚悟しておきましょう。

また、消費者金融のように「申し込みから数分で審査回答!」といったスピーディーさは望めません。申込みから実際にお金を借りるまでには1カ月程度かかるのが普通と心得ておきましょう。

普通預金口座の開設が必要

団体構成員や生協組合員でなくても利用できますが、該当ろうきんに口座を開設する必要があります。

また、個人出資が必要となる場合もあります。

利用限度額は多くても500万円

銀行カードローンなどでは最高限度額1000万円といった大型カードローンもありますが、ろうきんカードローンの場合は多くても500万円まで、少ないと300万円までといった場合が多いです。

さらに利用者区分が「一般労働者の方は100万円まで」といった条件がある場合もありますので、大口融資を希望する方には向かないかもしれません。

また、大口融資の場合には最低金利も目安として検討したいところですが、ろうきんカードローンの最低金利は銀行カードローンはもちろん大手消費者金融カードローンと比較してもさして低金利という訳ではありません。

自分の地域のろうきんカードローン条件が絶対

しんきんのように同一地域に複数の店舗が混在していませんので、自分が利用できるろうきんはごく限られたものになります。住んでいるところか勤めているところのろうきんなのでほとんどの方がひとつのろうきんしか選べないでしょう。

そのろうきんのカードローン条件に従うしかない=選ぶことができないというデメリットがあります。

全国各地のろうきん一覧とその対象地域

北海道労働金庫(北海道ろうきん)

対象地域:北海道
マイプラン:利用限度額最大300万円・金利年6.8%~9.8%

東北労働金庫(東北ろうきん)

対象地域:青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年6.0%~9.8%

中央労働金庫(中央ろうきん)

対象地域:茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年7.075%~8.475%

新潟労働金庫(新潟ろうきん)

対象地域:新潟県
マイプラン:利用限度額最大300万円・金利年7.375%~7.775%

長野労働金庫(長野ろうきん)

対象地域:長野県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年4.7%~5.1%

静岡労働金庫(静岡ろうきん)

対象地域:静岡県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年4.275%~9.275%
(セディナ保証で会員以外が対象のカードローン「R-ing(リング)」もあり。限度額100万円まで金利年9.10%。)

北陸労働金庫(北陸ろうきん)

対象地域:富山県、石川県、福井県
マイプラン:利用限度額最大300万円・金利年4.80%~10.60%

東海労働金庫(東海ろうきん)

対象地域:愛知県、岐阜県、三重県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年3.900%~8.550%
(限度額50万円までの「ロッキー21」「モバイルカードローン」もあり。金利年3.900%~8.550%。)

近畿労働金庫(近畿ろうきん)

対象地域:滋賀県、奈良県、京都府、大阪府、和歌山県、兵庫県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年8.550%~8.950%
(限度額100万円、金利年7.90%の「笑くぼ」もあり。)

中国労働金庫(中国ろうきん)

対象地域:鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年5.375%~10.075%

四国労働金庫(四国ろうきん)

対象地域:徳島県、香川県、愛媛県、高知県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年3.700%~8.325%

九州労働金庫(九州ろうきん)

対象地域:福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年9.000%~11.000%

沖縄労働金庫(沖縄ろうきん)

対象地域:沖縄県
マイプラン:利用限度額最大500万円・金利年9.4%~9.8%
(オリエントコーポレーション保証の場合金利年12.1%~15.6%)

※基本的に変動金利、各種金利優遇制度適用前の金利となっています。最新の金利、利用条件等の詳細は各ろうきんホームページでご確認下さい。

ろうきんカードローンまとめ

「利用者のためのカードローン」という面で、しんきんカードローンと近い位置にあるろうきんカードローンですが、やはり圧倒的に低金利な上限金利が魅力ですね。

しかし、実際には各ろうきんごとに細かいルールがたくさんありますので、自分のお住まいかお勤め地域のろうきんカードローンを調べてみることをおすすめします。条件が合って審査通過することができれば、庶民にとって力強い味方となってくれるカードローンでしょう。

  関連記事

カードローンのよくあるトラブルから怖いトラブルと対応策・相談窓口一覧!

カードローンは使い方を間違えなければ日々の生活を豊かにしてくれます。計画的にお金 …

信用金庫(しんきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?

消費者金融だけでなくメガバンクや地方銀行の個人向けカードローンが充実してきていま …

闇金の手口や種類17個まとめ!返済できないとどうなる?

お金が必要だけどなかなかキャッシングの審査に通らないとなると、どうしても中小のあ …

債務整理とは?債務整理するとどうなる?

カードローンやキャッシングでの借入れを続けるうちに、いつしか返済が困難になってし …

キャッシングの種類にはどんなものがある?

キャッシングを「消費者が無担保・無保証人で少額の融資を受ける」としても、その方法 …

キャッシングの意味とは?その詳しい意味知ってますか?

現在では当たり前のように使われている「キャッシング」という言葉ですが、意外とその …

キャッシングに関わる法律を知っておこう 【貸金業法・改正貸金業法】

「キャッシングは借金だから何だか怖い・・・」と思っている人も多いのではないでしょ …

借金生活から脱出する方法のまとめ!

上手に活用すれば便利なカードローンやキャッシングも、使い方を間違えると一気に借金 …

カードローンの明細書って必要?明細書の見方は?

カードローンを提携ATMなどで利用すると利用明細書が発行されますよね。 何やら色 …

カードローンを延滞したらどうなる?借金を返せない時はどうすればいいの!

「カードローンの返済日までにお金が足りない!」 カードローンの利用中に返済を延滞 …