みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンで借金していることが家族や周りにバレた時の言い訳!対処法は?


カードローンを利用していることを、家族や会社の同僚などの身近な人に知られたくないという人は多いですね。計画的に利用しているのであれば恥ずかしいことではないのですが、どうしても”借金をしている”というイメージを避けたいと考える人が多いようです。

ここではそんな家族や周囲に内緒でカードローンを利用していたことがバレてしまった時の言い訳を考えてみましょう!それぞれ内緒にしている理由や状況は違っているでしょうから、全ての言い訳が誰にでも通用する訳ではありません。

しかし、アクシデントは予期せず訪れるものです。いざという時とっさに思い浮かぶ言い訳がいくつもあるというのは悪いことではないでしょう。

また、言い訳を考える前に、そもそもどういったタイミングでカードローン使いが発覚してしまうのかについてもおさらいしておきましょう。さらに、最終的に言い訳も通じなかった時の対処法についても考えておきましょう!

カードローンの利用がバレる可能性があるタイミングをおさらい!

まずは事前準備として、カードローンの利用が周囲にバレやすいタイミングを覚えておきましょう。

申し込み~契約時の電話連絡や郵送物でバレる

カードローンの申込みをすると担当者から電話で確認の連絡が入ります。通常は本人の携帯電話への連絡が最優先されますが、もし携帯がつながらなかった場合には家の電話(または職場の電話)に連絡が入ります。

もちろん本人以外が電話を受けたとしても、担当者がカードローンや融資に関する話をすることはありません。それでも「今の人は誰?」という疑いをかけられてしまう場合があります。

また、契約にともなっての契約書類や借用書、ローンカードなどが郵送されてくるケースも多いでしょう。本人限定受取郵便や簡易書留などで郵送されて来ますので、自分が受けとることができれば問題ないのですが、家族などが代わりに受け取ってしまうこともあるでしょう。

配偶者が専業主婦(主夫)などでずっと家に居ることが多い人は心配ですね。

ただし、郵送物の差出人は銀行の場合銀行名のこともありますが、消費者金融業者の場合には消費者金融と分からない差出人名で届けられます。

「バレ対策」としては、あらかじめ電話連絡や郵送物の無いor少ないカードローンを選ぶという手段もあります。例えばSMBCモビットの「WEB完結」契約ならば、電話連絡や郵送物いっさい無しで申込みからキャッシングまで完了することができます。

またアイフルのレディースローン「SuLaLi」のように、連絡は全てSMS(ショートメッセージサービス)のみというカードローン商品もあります。

また、ネット上での取り引きに特化したネット銀行のカードローンや大手消費者金融会社ならば、電話連絡や郵送物が少ない傾向にあります。

審査時の在籍確認で職場にバレる

カードローンの審査では、審査担当者があなたの勤務先に電話をかけて実際にそこで働いているかどうかを確認します。この在籍確認の際に職場の人にバレる可能性もあります。

ただし在籍確認の電話は通常は、消費者金融名や銀行名ではなく担当者が個人名でかけてきます。その電話で職場の人にあなたについてあれこれ尋ねることもありませんし、もちろんカードローンの利用に関する審査の一環であることなど一切口にしません。

どうしても心配という方はSMBCモビットの「WEB完結」契約ならば在籍確認なしで契約が可能です。(ただしWEB完結方法を利用するためには条件がありますので、限られたのみ人が利用者となることができます。)

また、最近ではあなたが架空の会社で働いているように装う「アリバイ会社」というものも存在していますが、会社名などを虚偽の申請によってカードローン契約を結ぶことは詐欺罪に問われる可能性もあります。いわゆる「アリバイ会社」では、カードローン契約時での利用を禁じていますので、違法な利用法をしないように注意しましょう。

督促の電話や郵便物でバレる

申込み時や契約時はまだ電話や郵送物の送付されるタイミングがある程度分かっていますよね。「バレ経験者」で多いのが、業者から督促されるタイミングでの「家族バレ」や「職場バレ」です。

カードローンの返済日に入金が確認されない、または返済額が足りないと必ずカードローン会社から確認の連絡が入ります。通常は電話連絡ですので、個人携帯→家電話→職場電話の優先順位で電話確認がされます。この場合もあなた自身が受け取れないと、他の人にバレてしまう可能性があるでしょう。

また、連絡がつかないまま延滞日数がかさむと、自宅へ督促状が届きます。こちらはハガキや封書で届きますので、家族バレする可能性がグッと高くなりますね。督促状の場合には、差出人名も業者の名前のままというケースもありますので注意しましょう。

やむを得ず返済期日までに支払いできない場合には、事前にカードローン会社に連絡を入れておくようにしましょう。

財布やバッグの中を見られてバレてしまう

あなたのいない間にこっそりと抜き打ちチェックされるか、偶然見てしまうかは分かりませんが、一緒に住んでいる人に財布やバッグに入れてあるカードや明細書を見られてバレてしまうこともあるでしょう。

心配な方はカードを使わずにキャッシングができるカードレスのカードローン(少し矛盾してますが)も増えています。ネットバンキングのみでのキャッシングやスマホアプリを利用することで、キャッシング時にローンカードを使う必要がないのです。

さらに利用明細書は”web明細書”オンリーで、常にウェブ確認にしておくと安心でしょう。

スマホが原因でバレてしまう

最近のカードローンではスマホを使った手続きやキャッシングが主流になってきています。自宅や店頭にいなくてもどこでもカードローンを利用することができるので大変便利ですね。

このスマホで会員ページなどを開いたままにしているところを見られてバレるケースもあります。特に盲点になりがちなのが自分がいない時にメッセージなどが届き、スマホ画面に通知表示されてしまう場合です。

対策としては、手帳タイプのスマホケースを使って通知を他人に見られないようにしたり、横からの覗き見防止シールなどを貼るなどが効果的です。(同じくパソコンでの会員ページの開きっぱなしも注意しましょう!)

ATMの利用時にバレる

ATMでキャッシングしているところを見られてバレるケースもありますが、現在では提携ATMが充実しているのでコンビニATMや銀行ATMなどで利用している分にはまずバレる心配はないでしょう。

しかし、注意したいのが契約時に無人契約機を利用する場合です。消費者金融の契約機だけでなく、銀行の自動契約機は通常のATMとは外観が違っていますので、もし出入りするところを見られれば確実にバレてしまいます。

カードローンを絶対に内緒で使いたいという方は、ネット契約やネットバンキング、振込融資、提携ATMを使うというような利用法を徹底することをおすすめします。

うっかり口走ってしまってバレる

隠し事が苦手は人は嘘が苦手ですよね。普段の会話でうっかりカードローンのことを口にしてしまってバレてしまうこともあります。

これはもう・・・気をつけましょうとしかアドバイスできません・・・。

カードローンの借入れがバレた時の言い訳!

注意はしていてもバレてしまうことはあります。「もしかしてバレた?」「完全にバレた・・・」そんな時のための言い訳を用意しておきましょう!

急な出費があったから利用した

どうしても必要なお金が足りないことは誰にもよくあることです。実際にお金が必要で借りたのですから嘘でもないですよね。

「急な出費で少し借りたけど順調に返している」と言えば、それ以上追及されない場合もあるでしょう。何に使ったかを問われた場合には、「それならば仕方ない」と誰もが納得する理由をつけたいところです。

定番としては冠婚葬祭が挙げられるでしょう。特にお葬式などは予期せぬタイミングで訪れるものですから、お金の準備が間に合わなかったとしても責めづらい理由といえるでしょう。

また、結婚式やお葬式という理由にすると、配偶者など近い立場の人から見ると嘘とバレやすくなってしまいます。

「同僚の結婚があって皆で出し合ってお祝いをした」
「親戚に不幸があっていとこ同士で花を出した」

など直接自分が参加しない理由にしておくとバレづらくなりますね。

心配させたくなかったから内緒にしていた

心情に訴える作戦ですね。自分がお金を借りているとなるとあなたは心配してしまう、だから黙っていたというロジックです。

借金癖が無い人の、両親や友人などへの言い訳としては通用しやすいかもしれませんが、家計を共にする配偶者に対してこの言い訳をすると失敗する場合が多いので注意が必要でしょう。

生活費が足りなくて

食べるため、生きるために借りたとなると安易に責めづらくなります。ただしこちらは同居していて日々の生活の様子を見られている人には通じづらいかもしれません。

自分のお金で返済しているから安心して

返済は自分のお金で続けていて完済のめどもついているから迷惑はかけませんと宣言します。

言い訳とは少し違いますが、相手には具体的に何の影響もないということを強調する決意表明ともいえますね。あわせて「いくら借りていくらずつ返していていつ頃までに完済する」と付け加えることができればなお良いでしょう。

また消費者金融から借りている場合、「消費者金融=あこぎなサラ金」というイメージを持ったままの世代の人には印象がさらに悪くなる場合があります。現在の消費者金融はそれほど暴利な高金利ではなく健全なローンであることも説明しておくのもよいでしょう。

ただし!相手が配偶者の場合、「自分に内緒で借金をしていた」事実に対して怒っている場合が多いです!この言い訳は開き直りと取られて逆効果になるケースが充分考えられます。借金をしていることよりも、自分に対して隠し事をしていたことの方が辛いという意見は多いのです。

また、生計を共にしていて、子育てをしているような夫婦の場合は特に納得が得られない可能性が高くなるでしょう。

人助けのために借りた

「親友が病気で一時的に働けなくなった」
「可愛がっている後輩がお金で困っていた」

自分の借金の原因を人助けのために置き換えてしまうのはなかなかハードルが高いですが、良心の呵責に耐えられる人ならば使える言い訳でしょう。さらに「本人の希望で誰にも内緒にしておいてくれ」と共犯者心理までに持っていくことができれば完璧でしょうか(?)。

友達に返ってくるはずのお金が返ってこない

友達なり知人なりにお金を貸して、予定通りに返ってこなかったからカードローンを利用したという言い訳です。この場合、バレた相手と接点の無い・これからも無さそうという人に貸したことにするところがポイントです。

子どものための出費に使った

配偶者には使えませんが、両親や友人などに言い訳する際に子供の事情を理由にする人は多いです。

この場合も、学費や給食費に困ってというような切羽詰まった理由ではなく、「旅行に連れて行った」「欲しがるものの費用が少し足りなかった」などと、あくまで「一時的な出費」であることをアピールすると余計な心配や詮索を避けることができます。

子どもの成長過程に必要なことならばと納得する人も多いですが、真実がバレた時に「子どもをダシに使うなんて」という反撃に合う可能性もあります。

財布を落としてしまった

実際によくあることでもありますし、言い訳に使う人も多い理由ですね。嘘をつく場合には、キャッシュカードやクレジットカードはどうしたか?落としたはずの財布を使い続けていないか?など細部にも注意を払いましょう。

いざという時の準備のため

カードローンは持っているけど借りたことは無い、または借りている金額まではバレていないという時は、「いざという時のためにカードだけ作っておいた」という言い訳も有効です。

こんなご時世ですので、何かあった時のための余分なお金を持っていない人も多いです。「今のところ使う予定はないけれど」というスタンスで言い訳しましょう。

ただしこちらも配偶者に対しては「私に隠してローンカードを作ったことが許せない」という反応も充分考えられます。

言い訳をする際のポイント

言い訳したらつらぬき通す

多少「怪しいな」と感じられても一度言い訳をしたらその言い訳をつなぬき通すことが重要です。「実はあれは本当はこうなんだ」などと後から言い出すと確実に悪印象を増加させてしまいます。

自分自身が信じる

嘘の言い訳をする場合、自分でその嘘を信じ込んでしまうことがバレないためのポイントです。嘘の上手な人は本能的に自分の言ったことをそのまま真実として記憶してしまっている場合が多いのです。逆に、自信の無いまま発した言葉で人を納得させるのは非常に難しいのです。

多くを語らない

言い訳を正当化するためにあれやこれやとしゃべり続けるのはタブーです。「口は災いのもと」と言いますが、聞かれたことに対して最小限答えることを心がけましょう。

あらかじめ聞かれそうなことを考えておく

相手のことを知っていればある程度聞かれることも想像がつきますよね。自分の言い訳に対して質問されそうなことを挙げておき、さらに最善の答えを用意しておきましょう。ただし聞かれなけばあえて答える必要はありません。

カードローンで借金していることがバレた時の対処法

では実際に「カードローンの借金がバレてしまった!」「これから先どうしよう?」という時の対処法について考えてみましょう。

まずは謝る!

ここまでさんざん言い訳の例や嘘をつく際のポイントまで説明してきましたが、個人的に生活を共にしている人に隠したまま借金をすることは最悪の方法だと思っております。

多重債務者へと陥る人の多くが、家族に内緒で返済を続け、借入上限金額まで借り切り、さらに返せなくなったために新たな借金を繰り返すというパターンに嵌ってしまっているのです。

カードローンの利用がバレそうになった、バレてしまった際の最善策は、言い訳する前に「まずは謝る!」ことでしょう。

家族や夫婦といってもそれぞれ違う人間です。人間同士の付き合いならばお互いの感情を無視してはいけませんよね。近しい人に隠し事をされていたことが分かったら、人は嫌な気分になるものです。

まずは「隠していてごめんなさい」と素直に謝りましょう。さらに経済的に迷惑をかけていた・これからかける可能性があるのならばもっと謝りましょう。

現在の借入れ状況や今後の返済計画について話し合う

現在の状態を共有し、今後の返済をどうしていくかについて話し合いましょう。

もちろん相手との関係性によりますので、友達や職場の人にまで詳しく説明することはありませんが、家族間で借入れ状況を確認しておくことは大切です。

自分の責任で返済していく意思を明確にしておく

近しい人にとって心配となるのが「将来的にお金のことで頼ってくるのでは?」という点もあるでしょう。自分のお金で完済して、迷惑はかけないということをしっかりと伝えましょう。

もし自分ではどうにもならない借入れ状況になってしまっているのであれば、改めて援助を申し出ることになります。ただし個人のカードローンでの債務は本人にのみ返済義務があります。家族はもちろん妻や旦那でも返済の義務はありません。

援助を断られたとしても決して恨まず、債務整理など自分でできる借金の整理方法を検討しましょう。

  関連記事

カードローンを利用すると自宅に電話や書類が郵送されて家族にバレない?

家族に内緒でカードローンを利用したい人にとって、自宅への電話連絡や書類などが郵送 …

カードローンを利用すると自宅へ郵送されてくるものは何?郵送物なしにできる?

「カードローンで借入れしていることを妻に知られたくない」 「旦那に内緒でカードロ …

会社に内緒でカードローンを使える?電話連絡や在籍確認が心配!

カードローンでお金を借りることを、できれば内緒にしたいというのは多くの人の正直な …

家族や旦那・妻に秘密の借金がある!結婚する彼氏・彼女に借金を内緒にしたい

借金をすることは決して悪いことではありません。しかし、できれば他人にはもちろん、 …

専業主婦が旦那に内緒でカードローンでお金を借りる方法は?どんな時バレる?

家計を預かる専業主婦にとって、毎月のお金のやりくりは大変な苦労ですよね。 やれ消 …