みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

クレジットカードのリボ払いをカードローンで借り換えできる?したほうがいい?


日々の生活で便利に利用できるクレジットカード。お買いものや様々なサービスの決済にと活用している方も多いでしょう。ポイントが貯まったり、カード特有のサービスを受けられるというメリットも魅力ですね。

しかしクレジットカードの利用料金の支払いをリボ払いを選択している方の中には、いつの間にか増えてしまった返済額に戸惑っている方も少なくないようです。

月々の返済額が一定になるというメリットのあるリボ払いですが、実は金利手数料を考えると返済の負担が増えているケースが多いのです。

そこでここでは、クレジットカードのリボ払い利用額をカードローンで借り換える方法やメリット・デメリットについて考えてみましょう。

クレジットカードのリボ払いとは?

クレジットカードでは、ショッピングやキャッシングで利用した金額を、次回以降に一括で返済する方法と分割して支払う方法があります。リボ払いは分割して支払う返済方法のひとつで、多くのクレジットカードで採用されている返済方式です。

正式には「残高スライドリボルビング方式」、「残高スライド方式」などと呼ばれています。リボ払いは利用残高に応じて毎月の最低返済額が決まります。毎回の返済金額が一定額になり、返済日が1回になるため、返済しやすい・返済計画が立てやすいというメリットがあります。

クレカのリボ払いのデメリット

一方で、リボ払いでは返済回数が多くなるというデメリットがあります。返済回数が多くなるということは返済期間が長くなる、つまり支払う利息が多くなるということになります。

また、そもそも一括で返済した場合にはつかない金利手数料が付く訳ですし、金利(実質年率)がキャッシング枠で18%、ショッピング枠で15%程度ですので、一般的な商品代金の分割手数料としても高めの金利となっています。

リボ払いの借り換えを検討した方がいいのはどんな場合?

では、どういった状況ならばリボ払いの借り替えを検討した方が良いでしょうか?借り換えることによって得になる主なケースは以下のようになります。

金利18%以上のリボ払いが複数社ある場合

リボ払いの支払いで困っている人のほとんどが、複数のクレジットカードを利用してそれぞれ返済してる場合です。返済先が複数あることで管理もしにくくなりますし、いったん返済が行き詰るとそのまま返済困難に陥ってしまう危険性もあります。

特に複数のクレジットカードで適用金利18%以上のリボ払いをしている方の場合、借り入れを1本にまとめることで元金返済分を増やすことができ、借金整理が容易になります。

利息制限法の上限金利でリボ払い残高がある場合

クレジットカードのリボ払いでは、多くが法律で定められている上限の最大金利に設定されています。

利息制限法の上限金利は、借入残高10万円未満の場合年利20%、10万円以上100万円未満の場合年利18%、100万円以上の場合年利15%が最大金利と定められています。

金利は少しでも低い方が返済負担が少なくなります。明らかに金利が低くなる銀行カードローンはもちろんですが、消費者金融カードローンも今は低金利の時代ですので借り換えで返済負担が減るケースが多いのです。

特に利用残高10万円未満で金利年20%でリボ払いを利用している場合、ほとんどのカードローン商品が最大金利年18%以下ですので、金利が年2%以上減ることになります。

複数社のリボ払い残高が合計100万円を超えている場合

リボ払いの場合、金利が年15%を切ることがほぼありません。

それに対しておまとめや借り換え用のカードローンであれば、100万円以上の借り入れに対する金利が年15%を下回ることが可能です。借りている額が大きいほどわずかな金利の差でも、支払う利息や支払い回数に大きな影響が出てきます。

もしすでに複数のクレジットカードのリボ払い残高が100万円以上あるのであれば、積極的におまとめローンや借り換えローンを検討することをおすすめします。

また、おまとめローンや借り換えローンでも、一般のカードローンのように、約定返済額以上の追加返済や臨時返済はもちろん、一括返済も可能ですので、借金完済への最高の近道となってくれます。

リボ払いの借り替えで金利を低くすることはできる?

上述した通り、リボ払いの残高を借り換えることによって金利が低くなるケースは多いです。しかし注意しておきたいのがショッピング枠のリボ払いです。

おまとめローン専用商品や借り換え専門商品の場合、キャッシング枠の1本化は可能でもショッピング枠は対象外というケースが多いのです。ショッピング枠の支払いはそのまま続けて、キャッシング枠のリボ払い分のみ借り換えるという方法もあります。

いずれにしても、借金返済にはチートな近道などありません。「元金を減らす」「金利を下げる」「借入先を減らす」といったごく当たり前の方法が最善の返済方法となるのです。借金地獄に陥ってしまう前にしっかりとした返済プランを検討しましょう!

クレカのリボ払いの借り換え方法は?

消費者金融の場合

消費者金融では貸金業法の総量規制により、本来は年収の3分の1以上の貸付けができません。しかし利用者が有利となる借り換えやおまとめの場合には総量規制の例外として総量規制以上の金額の借り入れが可能となります。

また、借り換えしたい金額が自分の年収の3分の1以内で収まっている場合は通常のカードローン申込みも可能ですが、審査申込みの段階で信用情報を参照すれば他社借入件数や借入額は分かってしまいます。

「他社に借入残高があるのに新たな借入希望?」と審査担当者に思われるよりは、初めから借り換え用として申込んだ方が印象は良い場合もあります。

銀行カードローンの場合

銀行のローンは貸金業法の影響を受けませんので総量規制対象外となるのですが、近年は銀行側の自主規制により総量規制以上の貸付けを行う銀行カードローンはほぼ無くなっています。

申込む際には、そのカードローン商品がおまとめや借り換え目的の利用を歓迎しているかどうかを確認しておきましょう。

銀行によってはおまとめや借り換え専門のローン商品を用意している場合がありますので、そちらを利用する方が賢明です。(ちなみに、おまとめや借り換え専用商品の場合には、通常のカードローンのように利用限度額内で何度でも出し入れ可能ではなく、返済専用商品となる場合がありますので注意しましょう。)

借り換えるなら銀行カードローン?消費者金融カードローン?どっちがいい?

借入残高を借り換える最大の目的は金利を下げて総支払額を減らすということでしょう。そう考えると金利設定の低い銀行カードローンの方が圧倒的に有利です。

しかし銀行系ローンは基本的に消費者金融に比べて審査が厳しい傾向にあります。加えて昨今は新規貸付け、特に多重債務者への融資には慎重になっている傾向があります。

リボ払いの残高が年収と比較して少なければ問題ないででしょうが、返済に困っているような状態の場合、銀行カードローンの審査を通過する可能性は低くなってしまいます。

金利で選べば銀行、借りやすさで選ぶと消費者金融という選択になりますね。

ちなみに、クレジットカード会社は貸金業法に基づいて営業しています。クレジットカードのキャッシング枠での利用残高は総量規制の対象、ショッピング枠での利用残高や総量規制対象外となります。

リボ払いの借り換えにおすすめのカードローン

クレジットカードのリボ払いを借り換えるにおすすめのカードローンをご紹介します。

アイフル「かりかえMAX」「おまとめMAX」

大手消費者金融業者の中でも借り換え・おまとめ専用商品を積極的に用意しているのがアイフルです。

アイフルを初めて利用する方向けの「かりかえMAX」と、すでにアイフルを利用されている(利用したことがある)方向けの「おまとめMAX」があります。いずれも通常アイフルカードローンよりも低金利で借り換えることができます。

プロミス「おまとめローン」

プロミスの貸金業法に基づく借り換えローン商品です。金利が年6.3%~17.8%とプロミスの通常のフリーローンと比べて低く設定されている訳ではないので、すでに総量規制を超える借り入れがあってプロミスを利用したい方向けのローン商品です。

アコム「借換え専用ローン」

アコムの貸金業法に基づく借り換えローン商品です。こちらもアコムの通常のフリーローンと比べて低い金利設定という訳ではないので、総量規制を超える借入残高がある申込者向けの借り換えローンです。申し込みは電話から可能ですが、契約するのは店頭窓口か自動契約機(むじんくん)のみとなります。

東京スター銀行「おまとめローン」

おまとめローン商品をいち早く展開している金融機関といえば東京スター銀行でしょう。もともと実店舗が少ない銀行のため、ネット銀行並みにインターネットでの取り引きが得意という強みもあります。手続きはWEB完結可能で店舗へ出向く必要もありません。

借入限度額は30万円以上1000万円までで、金利は年12.5%です。銀行ならでは低金利負担で返済の負担を大きく減らせる可能性がありますね。大手銀行がおまとめローンに消極的になっている傾向の中、おまとめ専用商品を展開してくれる頼もしい存在です。

  関連記事

カードローンを一気に返すには?一括返済の方法とメリット・デメリットは?

「毎月の最少返済額で返し続けているけどなかなか完済できないな・・・」 「借入れの …

消費者金融のカードローンを借り換えるならおすすめは?注意することは?

個人向けのカードローン商品が手軽に利用できるようになり、消費者金融系だけでなく、 …

多重債務者はおまとめローンと債務整理どっち?審査に通るポイントは?

いつの間にか増えてしまった借金。生活も苦しいのに無理をして返済を続けていませんか …

おまとめローンと借り換えローンの違いは?銀行と消費者金融ではどう違う?

10秒で分かる!この記事のまとめ ・おまとめローンと借り換えローンは同じ ・銀行 …

おまとめローンのメリットとデメリットを徹底研究!

おまとめローンを検討しているということは全員多重債務者ということだと思います。 …

カードローンの借り換えはどこに相談したらいいの?

「カードローンの返済、もっと楽にならないかな?」 「今月も借金の返済日を終えたら …

専業主婦でもカードローンの借り換えやおまとめはできる?

日々の家計のやりくりをしていくうちに、クレジットカードのキャッシングやカードロー …