みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンで最速・最短でお金を借りる方法は?


お金を借りたい人の中でも、今すぐに借りたい!今日中にお金が必要という方は多いでしょう。ここでは最速・最短でカードローンでお金を借りる方法をご紹介します。最速で借りるための流れや条件、準備しておくことややっておくべきことを考えておきましょう。

また、急いでお金を借りたい人が巻き込まれがちなトラブルについても知っておきましょう。

カードローンで最速でお金を借りるための方法

カードローンで借りる際の、申込みから契約・キャッシングまでの大まかな流れはだいだいどのカードローン商品も同じですので、最速で借りるための流れと条件を知っておきましょう。

最速で借りるための流れ

申込み→確認の電話→審査→在籍確認→審査結果の通知→キャッシング

まず、申込みはWEB(インターネット)からの申込方法を選びましょう。電話やFAXという申し込み方法もありますが、最速で契約するには無駄の無いWEBからのネット申し込みが確実です。さらにWEB上で全ての契約手続きが完了できるカードローンが最善です。

特に必要書類の提出がWeb上でアップロードできるカードローンがおすすめです。最近は専用アプリなどでスマホからでも簡単に提出することができます。

さらに審査完了した場合にキャッシングとなった場合、最速で借りたいのであれば振り込みでのキャッシングに対応しているカードローン商品が最適です。

最速で借りるための条件

最速で借りるためにはいくつか条件があります。

金融機関の営業時間内に振込キャッシング可能になる

審査結果が出て契約完了するまでが、金融機関の営業時間内でなければ振込みキャッシングが翌営業日になってしまいます。審査スピードや在籍確認の時間も考慮して、なるべく午前中の早い時間に申込むことが最速で借りるための重要条件でしょう。

通常、平日の午後2時までに手続き・契約が完了すれば申込日当日中の振込みが可能というケースが多いようです。できれば遅くても午後1時までには契約完了できるように目指すことをおすすめします。

手続きが滞りなく進むこと

キャッシングするまでには契約が完了する必要がありますが、そのためには必要書類の提出や審査時の勤務先への在籍確認といった工程が滞りなく進むことが大切ですね。必要書類をしっかりと準備し、在籍確認もスムーズに行われるようにしましょう。

最速で借りるために準備しておくべき必要書類

カードローンの契約に際して必要となる書類は事前に必ず準備しておきましょう。

本人確認書類

運転免許証、パスポート、健康保険証などです。有効期限切れといった不備がないように気をつけましょう。(また、証明書類に記載されている住所と現住所が違う場合など、住民票や公共料金の領収書など補助書類が必要になる場合もあります。)

収入証明書類

融資希望金額が50万円を超える場合、または他社との借入れの合計額が100万円を超える場合には収入を証明する書類を提出する必要があります。

収入証明書類として有効なのは以下のような書類です。「源泉徴収票」「確定申告書」「給与明細書」などです。

注意事項としては、個人事業主・自営業者などや審査内容によっては融資希望額に関わらず収入証明書の提出を求められる場合があります。特に審査の内容によって提出を求められる場合は、すぐに準備できない人も多いかと思いますので注意しておきましょう。

最速を目指すために万全を期すのであれば、希望限度額や借入額は50万円以内にとどめるという策もおすすめです。(融資希望額が低い方が審査に通りやすいという傾向もあります。)

最速で借りるためにやっておきたいこと!

提携銀行口座への振込キャッシングは最速への近道!

カードローン会社が提携している銀行がある場合、キャッシングの振込み先が提携銀行口座の方が有利になるケースがあります。銀行振込み対応可能時間が長かったり、契約完了から振込みまでの時間が早い可能性が高くなります。

現在は大手消費者金融業者は全て大手銀行の傘下となっています。自分の持っている口座の銀行傘下のカードローン会社を選ぶということも検討してみましょう。

「3秒診断」「仮審査」で事前に申込み先を絞る!

カードローンのホームページでは正式に申込む前に簡易審査ができる場合がありますので、積極的に試しておきましょう。個人情報を入力することなく簡易審査を受けることができますし、そこで融資不可となれば無駄な申し込みをしなくて済むことになります。

銀行カードローンで最速で借りたい場合の注意点

現在ほとんどの銀行カードローンでは、審査結果の回答が最短で翌日となっています。これは金融庁からの指導や銀行の自主規制によって貸付けに慎重になっているためです。なので、即日融資を希望する方は消費者金融のカードローン商品を選びましょう。

しかし金利面などを比較検討して、どうしても銀行カードローンで借りたいという方も多いでしょう。銀行カードローンで最速でキャッシングするための注意点も挙げておきます。

自分の利用している銀行のカードローン商品をまず検討

すでに自分が普段利用している銀行がある場合、その銀行のカードローン商品の場合手続きが簡略化されるケースが多いです。まずは自分が預金口座を持っている銀行のカードローン商品を検討することをおすすめします。

Web契約が可能か?

銀行は手続きが遅いというイメージがある方も多いかもしれませんが、現在の銀行カードローンは利用者にとっての利便性がアップしており、審査スピード以外は消費者金融系業者並みになっています。

特にWEB上やスマホだけで契約が完結できるカードローン商品が最速で借りるにはおすすめです。楽天銀行やジャパンネット銀行といったネット銀行ならば、そもそもネット上の取引が基本なので選びやすいかもしれませんね。

普通預金口座が必要か?

銀行カードローン商品の中には、自行の普通預金口座を持っていることが利用条件となっている場合が多々あります。当然、口座を持っていなければ口座開設を待ってからの審査、契約という流れになりますので、最速からは程遠い結果となってしまいます。

急いでいても絶対にここから借りてはいけない!

いくら急ぎでお金が必要でも以下のようなところからお金を用立てることはやめましょう!

ヤミ金

違法な貸付けを行っているヤミ金やソフト闇金などが、最速で貸してくれる場合があります。もちろん返済のことを考えれば最悪の方法ですし、希望する金額を借りれることも少ないので返済不能な多重債務者への最速コースへと変わってしまいますよ。

クレジットカード現金化

クレジットカードのショッピング枠を現金化するという業者もあります。これはクレジットカードのショッピング枠の70%~80%を現金化してくれるという仕組みですが、手数料やリボ払いの金利などを考えると非常に高い金利となってしまう方法です。

ビジネスの仕組みとしても限りなくグレーな方法ですので手を出さない方が賢明です。

掲示板などでの個人間融資

ネット上の掲示板などでお金を「貸します」「貸して下さい」などというやり取りが行われる場合があります。闇金などの違法業者が潜んでいる場合もありますし、詐欺業者や個人情報を抜き取る業者など数多くの危険があります。

単純に考えてみても、素性も分からない人にお金を貸す人がそうそういるとは思えませんよね。

借り入れを急いでいる時の注意点

借入れを急ぐあまりについやってしまいがちな注意点を知っておきましょう。

申告情報の入力ミス

申し込み時にあなたの基本情報を入力する際に、急ぐあまりに自分の情報を間違えて入力してしまうケースがあります。手続きや審査が確認のために遅くなってしまい結果的に最速借入れから遠ざかってしまいます。

そればかりか審査の心象が悪くなるというデメリットもあります。

金融機関の休日

土日はもちろんですが祝日など金融機関の休業日に申込む場合、振込みキャッシングでの当日融資ができなくなります。土日祝日に最速で借りたいのであれば、自動契約機や店頭といった方法を検討しましょう。

ネットで申込んで自動契約機でローンカードを受け取ってキャッシングという方法もありますし、手続きがスムーズに進みます。

虚偽の申告をしない

他社借入件数、他社借入額など、審査に通りたいからといって少なめに申告してしまう人がいます。現在では各金融機関では信用情報機関を通じて個人の借入れ状況を把握することができます。

虚偽の申告はすぐバレてしまいますので、審査通過率を下げるだけの行為です。複数社借入がある方も正直に申告しましょう。総量規制内での借入金額であれば審査通過の可能性はあります。

最速でカードローンキャッシングが可能なおすすめカードローン

最速でのカードローンキャッシングを考えると、消費者金融が最もおすすめです。中でもやはり大手消費者金融業者は手続きや審査の速さだけでなく、利用開始後の利用方法や返済方法の手軽さでも安定でしょう。

プロミス

申し込みから借入れまでアプリで完結する「アプリローン」も登場し、ますます借りやすくなっています。スマホアプリでセブン銀行ATMでのカードレスキャッシングも可能です。

アコム

アコムも専用アプリでの申込みや書類提出が可能です。無人契約機の「むじんくん」という選択肢もありますね。

アイフル

スマホアプリで申し込みから契約まで可能な上、スマホアプリを利用してセブン銀行ATMでのカードレスキャッシングも可能です。

SMBCモビット

元祖「WEB完結申込」のSMBCモビットはネット上での取り引きが得意です。スマホアプリでセブン銀行ATMキャッシングも可能です。

レイクALSA

レイク公式アプリでネット申込みからキャッシングまでが可能。選べる無利息期間サービスも人気ポイントですね。

※ちなみにセブン銀行のスマホATMに対応しているカードローンの場合、ローンカードを発行せずにカードレスのカードローンという利用方法が可能です。カードの受け取りにかかる手間が省けますので、キャッシングまでの時間短縮はもちろん、他人に利用がバレる可能性も低くなりますね。

  関連記事

全国の信用金庫(しんきん)カードローンの金利や利用限度額を一覧で比較!

全国のしんきんの担保・保証人不要の個人向けカードローンにどんなものがあるのか一覧 …

結婚費用をカードローンで調達することはできる?ブライダルローンのメリットやデメリットは?

人生の大きなイベントである結婚。 挙式に新婚旅行、新生活の準備など何かとお金が必 …

ジェイスコアとは?AIスコアレンディングの融資までの流れ

人工知能(AI)による融資を行う日本初AIスコア・レンディング、J.Scoreの …

カードローンの明細書って必要?明細書の見方は?

カードローンを提携ATMなどで利用すると利用明細書が発行されますよね。 何やら色 …

医療費や入院費のお金を借りることはできる?払えないとどうなるの?

突然の病気やケガ・・・症状の心配ももちろんありますが、「治療にかかるお金の方が心 …

キャッシングに関わる法律を知っておこう 【貸金業法・改正貸金業法】

「キャッシングは借金だから何だか怖い・・・」と思っている人も多いのではないでしょ …

キャッシングの種類にはどんなものがある?

キャッシングを「消費者が無担保・無保証人で少額の融資を受ける」としても、その方法 …

借金をする人の特徴と理由は?借金を辞めさせることはできる?

借金をしない人にとってはなかなか理解しづらいのが、借金をする人の心理でしょう。 …

労働金庫(ろうきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?

信用金庫(しんきん)と並び、全国どこでも身近に存在しているのに意外と詳しく知らな …

過払い請求とは?過払い請求するとブラックリストに載る!?

テレビのCMや電車の公告で「過払い請求でお金が戻る!」という宣伝をよく目にします …