みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

借金は良いこと?悪いこと?カードローンで借金するのは悪いこと?


日本では悪いイメージでばかり語られることの多い借金ですが、実際には「良い借金」と「悪い借金」があるのだとよくいわれます。カードローンでお金を借りたいけれど、借金の悪いイメージから踏み込めないという人も多いでしょう。

ここではそもそもの”借金”について考えみましょう。良い借金・悪い借金とはどういったものなのか、自分なりの考えやイメージを持つことは大切です。

借金は全てが悪いことではない!

どうしても、借金とそれに関連する事柄にはマイナスなイメージのものが多く、「借金=悪いこと」という考えを持ってしまっている方が多いです。借金というと「必要なお金が足りなくて借りる」「あとあと返済が大変」「返済に行き詰って生活に困窮してしまう」「怖い金融業者の取り立てがある」などという考えが思い浮かぶ方は多いでしょう。

しかし、少し見方を変えると「良い借金」と「悪い借金」があることに気付くことができます。全ての借金が”悪”という考えを一度取り払って考えてみましょう。

良い借金ってどんな場合?

実は、お金をたくさん持っている人、お金をたくさん稼いでる人の多くが当たり前のように借金をしています。一般的に「良い借金」と呼ばれるケースをご紹介します。

住宅ローン

借金を避ける人でも住宅ローンだけは利用しているケースは多々あります。住宅ローンは不動産を購入するためのローン、借金です。

借金には変わりはありませんが、その代わりに「不動産」という資産を得ています。そして不動産は通常、急激に価値が低くなったりすることがありません。そればかりか価値が上がる可能性もあります。

借金の対価として充分な資産を手にでき、さらに資産が増える可能性のある不動産投資的な側面も持っているということになります。住宅ローンを利用して不動産を購入することは非常に前向きな借金、つまり良い借金といえるでしょう。

奨学金

奨学金のような教育ローンは教育を受けるための借金です。借金を負いはしますが、そのことによってより良い大学や環境で教育を受けることができ、将来的により良い仕事に就くことができる、より高い収入を得ることができるようになるという価値があります。

「自分への投資」という見方のできる良い借金の一例でしょう。

事業資金

個人で起業するためや、現在の事業のための資金を借りる場合も、たいていは良い借金とされます。

事業にお金を投入することでより多くの利益を生む価値のある借金ということです。事業展開をする上で「この時期を逃せないけれど資金があれば必ず大きな利益につながる」という際に融資を受けることは、どんな大企業でも行っている借金のひとつです。

マイカーローン

生活必需品として車が必要な方は多いですよね。高額な出費になりますので、ローン金利の低い自動車ローンを利用する場合が多いです。これは生活や仕事のためといった設備投資的な意味合いを持つ借金といえるでしょう。

ただし趣味的に「見栄えの良さのため」などを追求して無駄に高い車を購入する場合には、悪い借金の側面も出てきます。

クレジットカードでの支払い

クレジットカードは一時的にクレジットカード会社が代金を立て替える、つまりカード会社に借金をする状態です。しかし、一括返済すれば利息もかかりませんし、かえって個人信用情報に優良な記録が残るというメリットがあります。

ただし、リボ払いの場合には一般のカードローンと同じように利息の発生する借金になりますので、その使い道が良い借金か悪い借金かの決定材料となるでしょう。

分かりやすい例をいくつか挙げましたが、一般的には利益を生むための前向きな借金が良い借金とされています。

悪い借金ってどんな場合?

対して「悪い借金」と呼ばれるケースも見てみましょう。

浪費のための借金

「遊びに行きたい」「特に必要な訳ではないけどどうしても欲しいものがある」だけどお金が足りないから借りようという浪費用の借金は悪い借金とされます。

借金を返すための借金

最も悪い借金とされているのが、ローン返済のためのお金が無いから新たに借りるという借金です。

個人ならばそのまま多重債務者として返済困難の道を踏み出していますし、事業主がこれをやり出したら「自転車操業」ということになります。新たな借金を増やせばますます返済が大変になるだけですし、利息も加わり最終的に支払う返済額は大きく増えることになってしまいます。

「消費者金融の借金を返すお金が無くてサラ金や闇金で借りる」というのは最悪のパターンです。もちろんこの状態でイレギュラーな事態で返済に行き詰れば、さらなるヤミ金か自己破産かということになってしまいますね。

ハイリスクな投資のための借金

投資的な側面を持つ借金は将来的に活きるお金と考えて「良い借金」と見ることができるのですが、投資というものにはリスクが付き物ですよね。あきらかにハイリスク(失敗する確率が高い)な投資を行うために借金をすることは悪い借金といわれます。

もし投機を逃したくなくてハイリスクな投資がしたいのであれば、お金(自己資金)に余裕がある時にするか、余裕のある投資額でするのが本来の資産運用の方法でしょう。リターンが無かった時の場合は想定しておかなければなりません。

生活のための借金

できれば避けたいという意味で悪い借金に入れさせてもらいます。日常生活に使うためのお金が足りない、例えば「家賃が払えない」「食費が足りない」「光熱費が払えない」という状態は、家計の収支が合っていないということですよね。

支出を減らすか収入を増やすかは自分しだいですが、生活費のためにお金を借りるというのはリスクの高い行為でしょう。

「今度退職して無職になって転職活動をするから、審査の通る今のうちに当分の生活費を借りておこう」といった借り方も危険なのは分かりますよね。確実な返済計画の無い借金は破滅への第一歩なのです。

しかし、もちろん借金しなければ食べるのにも困って命の危険もあるという状態ならば仕方ないでしょう。一時しのぎ目的での借金は必要悪という場合もあります。

カードローンで借金をするのは悪いこと?

ではカードローンの利用を検討している人の場合を考えてみましょう。あなたがカードローンでお金を借りたい理由は何ですか?

交際費として借りる

飲み会やレジャーなど友人や恋人などと遊ぶお金を借りたいというケースは多いでしょう。前述した考え方からすれば、少し「悪い借金」と思えますよね。

しかし、人との付き合いは目に見えない利益につながる場合があります。

もちろん、恋人や友人との親交を深めることは精神面での利益があることは分かっています。でもそれだけなく、のちのちあなたの仕事の利益となる情報やアイデアを与えてくれることもあるでしょう。単純に「遊びにお金を使っただけ」とは言えない面もあるのです。

配偶者や家族などのための借金ならば、自分に利益が無くても「人に対する投資」という考え方もできますね。

借金の返済のために借りる

これはちょっとどう考えてみても「悪い借金」になってしまいます。返済するためのお金を借金しなけらばならない状態は、客観的に見て債務整理や新たな収入を増やす検討すべき場面でしょう。

ただし「今ある借金よりも低い金利で借りて、現在の借入を完済して借り換える」という借金は非常に前向きな良い借金になります。こういった利益や計画性のある借り換えは、住宅ローンや額の大きな事業性の借入れでもよく行われる借金です。

複数の借入れ先がある場合はむしろ積極的に借り換えをおすすめします。低金利の銀行ローンで借り換えられれば最善ですが、消費者金融業者でもおまとめローン商品を用意しているので金利が下げられる可能性があります。

自分への投資として借りる

例えば「仕事でのスキルアップのために中国語教室に通う」「年収アップのために資格を取る」などといった、将来的に利益につながることのための借金は前向きな借金になります。「少し高い機材だけどこれを買えばできる仕事が増える・仕事量が増える」といった設備投資のための借金も同じですね。

また、直接的な収益につながらなくても、「この資格を取っておけば将来的に職を失ってもなんとかなる」といった保険的な借金もあるでしょう。さらには「今ここで海外旅行してリフレッシュすれば来月はもの凄く働けて稼げる!」と言い切れるのであれば、自分への投資のための借金だと考えることができます。

カードローンでお金を借りたい理由はひとそれぞれでしょうが、自分が借りるお金が「良い借金」なのか「悪い借金」なのかいちど考えてみることをおすすめします。

借金とは関係ありませんが「生き金」「死に金」という考え方は、多くの経済的に余裕のある人がお金が貯まる考え方として挙げています。「今自分が払おうとしているお金は将来どう自分に返ってくるのか?こないのか?」を意識するのです。

まとめ:借金が良いか悪いかは自分が自分の責任で決めよう!

一般的な例を挙げて考えてみましたが、お金と人生に対する考え方は他人がどうこうできるものではありません。最終的にはあなたの人生なのですから、あなた自身が決定しなければなりません。

他人からは理解されなくても「今ここで借金をしてこの洋服を買えば、私は非常に幸せであとあと多少お金に困っても後悔しない!」ということもあるでしょう。人から見たら浪費だとしても、本人にとっては絶対に必要なものなのかもしれません。

あなたにとっての”最高”や”最善策”はあなたにしか分からないのです。「欲しいものは今欲しい、やりたいことは今やりたい」という生き方だってあるでしょう。そのために借金をすることを責めることは誰にもできないのです。

ただしひとつだけアドバイスさせて頂けるならば、「借金返済のための借金」だけはするべきではありません。どうしても返済に困っているのであれば、おまとめ・借り換えローン商品を検討して、それもだめならば債務整理という道も検討してみて下さい。

  関連記事

カードローンが使えなくなるのはどんな時?おろせないのは何故?逆に使えなくすることはできる?

お金に困った時にカードローンが一枚あると便利ですよね。銀行の営業時間外の深夜や早 …

医療費や入院費のお金を借りることはできる?払えないとどうなるの?

突然の病気やケガ・・・症状の心配ももちろんありますが、「治療にかかるお金の方が心 …

お金がない時どうすればいい?パターン別に解説!

「お金がない」という悩みは、大学生から主婦、お年寄りに至るまで万人が抱える悩みで …

ジェイスコアとは?AIスコアレンディングの融資までの流れ

人工知能(AI)による融資を行う日本初AIスコア・レンディング、J.Scoreの …

債務整理とは?債務整理するとどうなる?

カードローンやキャッシングでの借入れを続けるうちに、いつしか返済が困難になってし …

カードローンで最速・最短でお金を借りる方法は?

お金を借りたい人の中でも、今すぐに借りたい!今日中にお金が必要という方は多いでし …

労働金庫(ろうきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?

信用金庫(しんきん)と並び、全国どこでも身近に存在しているのに意外と詳しく知らな …

過払い請求とは?過払い請求するとブラックリストに載る!?

テレビのCMや電車の公告で「過払い請求でお金が戻る!」という宣伝をよく目にします …

結婚費用をカードローンで調達することはできる?ブライダルローンのメリットやデメリットは?

人生の大きなイベントである結婚。 挙式に新婚旅行、新生活の準備など何かとお金が必 …

借金生活から脱出する方法のまとめ!

上手に活用すれば便利なカードローンやキャッシングも、使い方を間違えると一気に借金 …