みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

おまとめローンの審査に落ちる理由は?通過しやすい人は?


複数の借金があり返済に不安がある人にとって頼りになる存在のおまとめローン。うっかり増えてしまった借入先をひとつにまとめたい、多重債務者となってしまい返済が困難、おまとめローンを利用すれば借金の一本化が可能となり、返済が楽になります。

しかし当然ですがおまとめローンを利用するためには審査があります。一般のカードローンの審査とはどう違うのでしょうか?また、おまとめローンの審査に落ちる理由はどういったものがあるでしょうか。

逆に審査に通過しやすい人、銀行系と消費者金融系おまとめローンの違いについても考えてみましょう!借金完済への近道は借入先を減らすことです。

もし今の月々の返済額が辛いなと感じているのならば、おまとめローンを利用してゆとりのある返済を目指してみてはいかがでしょう。

おまとめローンの審査は厳しい?

おまとめローン商品は通常のカードローンに比べると金利が低く設定されています、また融資額も高額になる傾向があるため貸す側にとってはリスクが大きくなります。そのため、どうしても審査が慎重になることは仕方ないことでしょう。

特に、現在の収入状況と安定度、つまり返済能力があるかどうかは大事な審査基準となります。収入証明書類が必要な場合がほとんどで、審査回答にも数日かかる場合が多いです(逆に即日融資はほぼ無理と考えておきましょう)。

ただし、わたしたちが「審査が厳しい」と聞いてイメージする審査条件とは少しポイントが違うところもあります。通常のカードローンやクレジットカードのキャッシング審査では、他社からの借入件数は重要な審査ポイントとされます。

それに対しておまとめローンでは他社に複数借り入れがあることは当たり前なのです。

複数の業者から借入れをしてしまい、新たな借金ができなくなってしまったという人の助けとなるローンでもあるのです。

また、一般の貸金業者のカードローンでは、年収の3分の1以上の貸付けはできないという総量規制の決まりがあります。しかしおまとめローンは総量規制の例外となりますので、収入に対して多くすぎる借金総額がある方も利用できる可能性が高いのです。

つまり、審査は慎重にはなるけれど、借金返済で困っている人にとっては優しいローンという側面もあるのです。

おまとめローンの審査に落ちる理由・落ちた人はこれが原因だった!

「困っている人の助けになるはずなのに、こんなに困っている私が審査で落ちた!」そんな人は以下のポイントをチェックしてみましょう。おまとめローンの審査に落ちるよくある理由をまとめてみました。

信用情報に問題がある

カードローンやローンといった金融商品で与信(貸付けの可否や条件を審査すること)が行われる際には、必ず「信用情報」を参照します。

信用情報とは、第三者機関である個人信用情報機関に登録されている申込者の金融商品に関する過去の取引の詳細が記載されている情報です。カードローンやクレジットカードはもちろん、商品やサービスの代金を分割払いした場合などにも取引状況が記載されます。

信用情報をチェックされる際に最も重要視されるのが「異動情報」です。異動情報とは、過去の支払いの延滞や、自己破産や任意整理といった債務整理などのいわゆる金融事故情報のことを指します。

つまり、金融商品の利用で過去に問題があった場合に記載される情報なのです。

この金融事故情報が信用情報にある場合、まず金融機関からの新たな借り入れは難しくなります。この状態を俗に「ブラックリスト」などと呼ばれています。

おまとめローンの審査でも信用情報は大切な審査材料となりますが、中でも異動情報がある場合には審査通過は難しくなるでしょう。「約束どおり返済を続けられるかどうか」というポイントは非常に重要とされるのです。

勤続年数が短い

おまとめローンは融資額が大きくなるため返済期間が長くなるケースが多いです。そのため安定して長く返済を続けられるかどうかも大事な審査ポイントとなるのです。

勤め先の会社への勤続年数があまりに短い人の場合、将来的に安定して返済をしてくれるかどうかに疑問符が付いてしまうのです。

明確な勤続年数の基準が公表されている訳ではありませんが、少なくても現在の勤務先で半年以上働いていることが望ましいといわれています。就職・転職してすぐの申し込みはおすすめしません。

また、雇用形態も収入の安定度につながるため、通常のカードローンよりも審査に影響するとされています。正社員が有利となり、アルバイトやパートといった場合不利になります。

中には正社員以外は申込めないおまとめローン商品もありますので利用者条件はあらかじめチェックしておきましょう。

短期間で多数の金融商品への申し込みがある

ローン審査の暗黙の基準として「申し込みブラック」という言葉があります。収入や信用情報に問題がなくても、一度に数多くの融資を申込んでいると「何かよほどお金に困っていて怪しい」という心象になってしまうのです。

信用情報にはローンなどに「申し込みをした」という情報も記載されていますので、短期間での申し込みがあまりに多くならないように注意しましょう。

一般的には1ヶ月に3社から4社以上の申し込みは危険といわれています。(ちなみに申し込みをしたという情報は半年で信用情報から削除されます。審査に落ちてしまったら半年以上経ってから再申し込みをする方が万全でしょう。)

おまとめローンの審査に通過しやすいのはどんな人

逆におまとめローンの審査に通りやすい人の特徴をご紹介します。

返済実績が良好

信用情報にいわゆる”キズ”が無い人が有利です。特に過去に「延滞をしていない」「完済をしている」という実績はおまとめローン審査に有利です。もし複数の借入先のうち完済できそうなものがあるのならば、それを完済してからおまとめローンに申込むという方法も賢明でしょう。

申し込みは正直に申請する

いくつも借入れがあったり、借入れ額が多かったりすると、どうしても審査が不安になってしまい、つい実際の借入件数や借入額よりも少なく申告してしまう人も多いようです。しかしこれは逆に、圧倒的に審査に不利となってしまいますよ。

信用情報には現在のあなたの借入状況が克明に記載されています。審査担当者には本当の借入金額や他社借り入れ件数が丸分かりなのです。つまり、あなたは虚偽の申告をしている申し込み者ということになってしまうのです。

また、クレジットカードのキャッシング枠を利用している方は、その分も借入れ件数・借入れ額に含まれることを忘れないようにしましょう。

さらに、おまとめ専用のローン商品以外に申込む場合には、最初からおまとめ目的での申し込みであることはハッキリと伝えておきましょう。それでなければ収入とのバランスや総量規制との兼ね合いから、希望融資額が多いととられてしまう可能性があります。

申し込み時に記入欄があればよいですが、申込みの確認の電話でも告げておくとよいでしょう。

銀行と消費者金融のおまとめローンの違いは?どっちが審査に通りやすい?

おまとめローン商品も一般のカードローンと同じように銀行系のものと消費者金融系のものがあります。それぞれの特徴をみてみましょう。

銀行のおまとめローンの特徴

銀行のローンは、そもそも貸金業法の総量規制対象外となります。そのため法律上は一般の銀行カードローンで年収の3分の1以上の貸付けを行うことも可能です。

しかしそのため過剰な貸し付けと見られるケースが増えてしまったため、現在はどこの銀行カードローンも総量規制以上の新たな貸付はまず行っていません。なのでどうしても銀行でまとめたいという方は「おまとめ」や「借り換え」といった目的専用のローン商品を選ぶようにしましょう。

消費者金融に比べると低金利でまとめることができるので魅力的ですが、その分審査は厳しくなる傾向があります。

消費者金融のおまとめローンの特徴

消費者金融業者は貸金業法に則って運営しています。そのため総量規制以上の貸付けの場合には、貸金業法に定められた例外である貸付条件を満たしている必要があります。現在の借入れよりも金利が低くなる必要もありますので、銀行系などの低金利ローンを借り換えるのには向いていません。

ただし審査は比較的やさしいと言えますが、積極的におまとめローン商品を提供している業者が少ないのも現状です。

おすすめおまとめローン

おすすめの銀行おまとめローン

東京スター銀行「スターワン乗り換えローン(おまとめローン)」

金利年12.5%で最高1000万円までのおまとめが可能です。WEB完結なのでインターネット上で手続きが可能で、スピーディなおまとめが期待できますね。ただし、正社員・契約社員・派遣社員で年収200万円以上などの利用条件があります。

西日本シティ銀行「NCBおまとめローン(無担保型)」

金利年4.5%~15.0%で最高500万円までのおまとめが可能です(西日本シティ銀行の営業エリア内にお住まい又はお勤めの方限定)。安定した収入があればパート・アルバイトの方でも利用できます。

また、専業主婦の方も配偶者に安定した収入があれば申込みが可能です。(パート・アルバイト・専業主婦の場合は50万円まで)

おすすめの消費者金融おまとめローン

アイフル「かりかえMAX」「おまとめMAX」

大手消費者金融業者の中でも比較的おまとめローンに積極的なのがアイフルです。アイフルを初めて利用するための方は「かりかえMAX」、すでにアイフルを利用中の方は「おまとめMAX」が利用できます。実質年率3.0%~17.5%で契約限度額は800万円までとなっています。

アコム「借換え専用ローン」

実質年率7.7%~18.0%で最高300万円までのおまとめローンです。正直、金利面でも極度額でもあまりメリットの無いおまとめローンなのですが、審査が柔軟という評判の多いアコムということでご紹介します。申し込みは専用ダイヤルに電話して、店頭窓口か自動契約機(むじんくん)での契約となります。

  関連記事

カードローンの借り換えはどこに相談したらいいの?

「カードローンの返済、もっと楽にならないかな?」 「今月も借金の返済日を終えたら …

おまとめローンと借り換えローンの違いは?銀行と消費者金融ではどう違う?

10秒で分かる!この記事のまとめ ・おまとめローンと借り換えローンは同じ ・銀行 …

カードローンを一気に返すには?一括返済の方法とメリット・デメリットは?

「毎月の最少返済額で返し続けているけどなかなか完済できないな・・・」 「借入れの …

専業主婦でもカードローンの借り換えやおまとめはできる?

日々の家計のやりくりをしていくうちに、クレジットカードのキャッシングやカードロー …

クレジットカードのリボ払いをカードローンで借り換えできる?したほうがいい?

日々の生活で便利に利用できるクレジットカード。お買いものや様々なサービスの決済に …

おまとめローンのメリットとデメリットを徹底研究!

おまとめローンを検討しているということは全員多重債務者ということだと思います。 …

消費者金融のカードローンを借り換えるならおすすめは?注意することは?

個人向けのカードローン商品が手軽に利用できるようになり、消費者金融系だけでなく、 …

多重債務者はおまとめローンと債務整理どっち?審査に通るポイントは?

いつの間にか増えてしまった借金。生活も苦しいのに無理をして返済を続けていませんか …