みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンとフリーローンの違いは?どっちがいいの?


ローン商品には様々な種類がありますが、カードローンの利用を検討している方にとって比較して違いが分かりづらいものに「フリーローン」というローン商品があります。借りたお金の使い道(資金使途)が自由という点は同じなのですが、その他にはどんな違いがあるのでしょうか?

カードローン・フリーローンそれぞれの特徴とともに、金利や審査の面でどういった違いがあるかを考えてみましょう。また、それぞれにおすすめの使い方もご紹介します。

さらに具体的なローン商品でカードローンとフリーローンの違いを比較してみましょう。

目的や使い方によってカードローン・フリーローンにそれぞれメリットデメリットがあります。自分のケースに合ったローン商品を利用しないと損をするかもしれませんよ!

カードローンの特徴は?

カードローンは当座貸越!

カードローンを検討していると「利用限度額」や「キャッシング枠」という言葉があることに気が付きますよね。これは、あらかじめ決められた金額以内であれば何度でも借りたり返済したりを繰り返すことができる「当座貸越」の限度額のことを指しています。

ローンカードを使えば身近なコンビニATMで自由にお金の出し入れができる利便性の高さがカードローンの大きな特徴ですね。

何度でも借りられる

カードローンは設定された利用限度額の範囲内であれば、回数制限などなく何度でもお金を借りることができます。「自分の口座残高のようにお金を自由に使える」という手軽さがあります(この気軽さが使い過ぎにつながってしまうというデメリットもあります)。

フリーローンの特徴は?

フリーローンは証書貸付!

一般的にフリーローンとされているローン商品のほとんどが「証書貸付」という貸付形態になります。これは契約によって決めた金額を借り、その後は決められた返済期限内に決められた返済方法で返済をするというローンです。

基本的には返済専用

フリーローンは基本的に、契約時に借りたお金をその後返済していくだけという使い方になります。カードローンのような便利さは無いですが、返済しやすい・返済計画が立てやすくなるというメリットがあります。

カードローンとフリーローンで金利はどう違う?

では金利面ではどうでしょう?

カードローンは借入れの自由度が高い半面、金利が高い傾向があります。一方で返済専用で、完済までの目途がつきやすいフリーローンは金融業者側にとってリスクが少なくなるため金利が低めになります。

代表的なローン商品の金利を比べると

消費者金融カードローン>銀行カードローン>フリーローン>目的別ローン>目的別ローンの中でも専門的なもの(住宅ローンや自動車ローンなど)

という大まかな傾向があります。

カードローンとフリーローンでは審査はどう違う?

どちらも借りたお金の使い道を問われることはありませんが、利用条件に若干の違いが出てきます。

カードローンはほとんどの商品が安定した収入がある方ならば誰でも利用できるようになっています。しかしフリーローンの場合、利用条件が狭くなっている商品があります。

例えば、前年の税込年収や勤続年数の条件があったり、その商品を提供している銀行など金融機関の営業区域内に住んでいるか勤めている人とのみが利用できるといった具合です。「給与所得者のみ」「アルバイト・パートの方の利用不可」といった縛りがあるものや、年齢上限が低い(高齢者は利用できない)ものもあります。

また、審査日数にも違いがあります。

カードローンは消費者金融ならば最短30分~1時間程度で審査結果が出ます。銀行カードローンでも通常は翌営業日には審査回答を得られるでしょう。しかしフリーローンの場合には審査に時間がかかる場合が多いです。

審査基準や審査方法を確実に知る方法はありませんが、審査にかかる日数を考えれば、フリーローンの方が審査が慎重になると推測することができますね。ローン審査では金利が低い商品ほど審査が厳しくなるという傾向がありますので仕方ないことかもしれません。

カードローンにおすすめの使い方

カードローンを選んだ方が良い使い方のポイントをご紹介します。

少額を借りたい

「給料日まで数万円だけ借りたい」というようなケースにはカードローンがおすすめです。そもそもフリーローンの場合、数万円という少額の利用に対応していない商品も多いです。

すぐに借りたい

急なお金が必要な場合には消費者金融のカードローンが断然おすすめです。また、銀行カードローンでも最短で翌営業日にはキャッシング可能な場合があります。しかしフリーローンの場合、即日融資は難しいと考えておいた方がよいでしょう。

いざという時のためのお財布がわりに備えたい

月々の家計のやりくりが大変で、急な出費があったら即対応ができないという時、すぐにキャッシングができるカードローンがあると便利ですし心強いですよね。フリーローンで一気に借りてしまうと、借りた時点から利息が発生してしまいます。カードローンならば必要になった時に必要な分だけ借りるという使い方ができます。

サービス内容が充実しているローンがいい

ローン商品は金利や限度額以外ではあまり比べることがないと思っている方も多いかもしれませんが、個人向けカードローン商品では様々なお得なサービスが用意されている場合があります。例えば「無利息サービス」や「ポイントキャッシュバック」などフリーローンでは見られないお得なポイントです。

フリーローンにおすすめの使い方

まとまった金額を借りたい

20万円、50万円、100万円といった、少しまとまった額を借りたいのであれば、やはり返済のことを考えて金利の低いフリーローンがおすすめです。複数の借入れをまとめる、借り換え目的の利用も可能なフリーローンもあります。

お金が必要な時期があらかじめ分かっている

「数ヵ月後に結婚する」「次の賃貸物件の更新料のため」「子どもの進学でお金が必要になる」など、あらかじめいつどれくらいのお金が必要になるか分かっている場合にはフリーローンがおすすめです。計画的にお金を使うということは、借金を増やさないことにもつながります。

金利を少しでも低くしたい

やはりローンは少しでも低金利で借りたいですよね。そうなるとフリーローンの方が金利が低くなる可能性が高くなります。また、利用目的によっては目的別ローン商品の方がより金利が低い場合もありますのでよく検討してみましょう。

毎月の返済額が安定する

フリーローンの多くで固定金利が採用されています。カードローンの変動金利と違い、借入残高によって毎月の返済額が変わりませんので、月々のお金の管理がしやすくなるメリットがあります。また、元金の返済に充てられる金額も多くなるので、返済期間が短くなる場合が多いです。

銀行のカードローンとフリーローンの違いを比較してみよう

ここでは具体的な銀行のカードローン商品とフリーローンを比較してみましょう。(大手都市銀行では三菱UFJ銀行や三井住友銀行のようにカードローンがフリーローンを兼ねていて存在しない銀行もあります。)

みずほ銀行

みずほ銀行カードローン

金利年2.0%~14.0%、利用限度額10万円~800万円。金利は変動金利で、利用限度額によって適用される基準金利が変わります。

例)利用限度額10万円以上100万円未満の場合、基準金利は年14.0%。(みずほ銀行の住宅ローンを利用しているとさらに金利が0.5%引き下げられます。)

申し込みは24時間WEB完結申込みに対応しています。本人確認書類や収入証明書などの必要書類もインターネット上への画像のアップロードが可能です。

契約後は、みずほ銀行のキャッシュカード(又はカードローン専用カード)でコンビニATMなどの提携ATMで借り入れや返済が可能です(ATM時間外手数料無料)。インターネットバンキングでも借り入れや返済が可能ですので、スマホだけでキャッシングもできます。

また、銀行口座引落しでの返済方法も選べますので、返済忘れからの延滞が心配な方でも安心ですね。

保証会社は株式会社オリエントコーポレーション(オリコ)ですので、銀行ローンでありながら信販会社並みの審査基準が期待できます。インターネットから申込んだ場合、審査回答は翌営業日以降にメールにて届きます(店頭、郵送、電話申し込みの場合には翌々営業日)。

みずほ銀行多目的ローン

資金使途が自由で無担保のみずほ銀行フリーローン商品です(事業性資金には使用不可)。金利は変動金利の場合5.875%、固定金利の場合6.700%(いずれも実質年率/2018年12月現在)となります。借入金額は10万円から最大300万円までとなっています(他社の借入残高と今回の希望金額の合計が前年度税込年収の50%以内)。

勤続年数2年以上(自営業の方は営業年数2年以上)、全年度税込年収200万円以上(個人事業主の方は申告所得200万円以上)という利用条件があります。インターネットからの申し込みに対応していますが、契約はみずほ銀行店頭に来店するか郵送での契約となります。

年収の縛りもあり契約に必要な書類が多めです。

1.印鑑(普通預金取引印)
2.本人確認書類(運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、健康保険証、在留カード、特別永住者証明書、年金受給証書など)
3.収入証明書類(源泉徴収票、住民税課税決定通知書または課税証明書、納税証明書など)
4.資金使途を証明するもの(見積書、請求書、契約書など)

また審査結果は本人限定受取郵便にて郵送となりますので、最短でも数日かかることは覚悟しましょう。保証会社は株式会社オリエントコーポレーションです。利便性や手続きの手軽さの面ではカードローンにはるかに劣りますが、やはり魅力なのは低金利なところでしょう。

りそな銀行

りそなカードローン

金利年3.5%~12.475%、利用限度額800万円まで。利用可能枠内であれば何度でも借入れ、返済ができるカードローンです。継続安定した収入があればパート・アルバイトの方も申込みできますが、学生の方は利用できません。

りそな銀行口座で給与振込を利用されている方、りそな銀行の住宅ローンを利用されている方には年0.5%の金利引き下げが可能です。

手続きや必要書類の提出など原則として来店不要でWEB上で完結させることが可能ですが、審査も含めた全ての手続きが完了するまでに2週間から長くて1か月程度かかる場合もあります。保証会社はりそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社です。

りそなフリーローン

固定金利年6.0%~14.0%、借入可能額10万円~500万円の使い道自由な銀行ローンです。カードローンの方が金利面などで条件が良いのですが、固定金利で返済期間を短くしてきっちり早く完済したいという方にはおすすめです。

フリーローンですがWEB上で手続きが完結できます。保証会社はりそなカード株式会社またはオリックス・クレジット株式会社です。

住信SBIネット銀行

MR.カードローン

審査結果によって「プレミアムコース」と「スタンダードコース」に分けられます(申込者が選ぶことはできません)。

プレミアムコースは金利年1.59%~7.99%、利用限度額最高1200万円と、大手銀行カードローンの中でも低金利&大型融資可能な商品になります。スタンダードコースは金利年8.99%~14.79%、利用限度額最大300万円までとなります。

いずれも住信SBIネット銀行との取引状況により最大年0.6%の金利引き下げが可能です。(条件が合えば最低金利年0.99%という超低金利も可能ですが、年収2400万円以上など条件は厳しいです。)

ネットでの申込後、最短で60分で仮審査結果の回答がきますが、その後本審査には1日~数日かかります。ネット銀行ですので、もちろん必要書類の提出もWEBサイトからアップロードできますので、銀行カードローンの契約手続きとしては早いキャッシングが可能です。

保証会社は住信SBIネット銀カード株式会社、もしくはSMBCコンシューマファイナンス株式会社のいずれかまたは双方となります。

契約後はインターネットバンキングや提携ATMでの借り入れが可能です。返済方法は代表口座の円普通預金から自動引き落としとなります(提携ATMから「お預け入れ」での入金も可能)。また、追加返済(随時返済)もネットバンキングやATMで行うことができます。

MR.フリーローン

金利年3.77%~12.0%で借入金額最大1000万円のフリーローンです。住信SBI銀行との取引状況により最大年1.0%の金利引き下げも可能です。

ネット銀行のフリーローンですので、契約や手続きもWEB上で完結できるところは大きな魅力でしょう。また資金使途も事業性資金でなければ、おまとめや生活費など自由で見積書などの提出も不要です。

融資は代表口座円普通預金に入金、返済は毎月の約定返済日(27日)に自動引き落としとなります。ただし、一部または全額の繰上返済も返済手数料無料で可能です。

学生、専業主婦、年金収入のみ、無職の方の利用はできません。保証会社は株式会社ジェーシービーです。

じつは、本人の属性(年収や信用情報の状況など)が良い人の場合、カードローンのプレミアムコースの方が条件が良いという珍しい例です。しかしプレミアムコースが適用されるかどうかは審査を受けてみないと分かりませんし、借入条件が非常に厳しいという口コミも多いです。

堅実に低金利を狙うのであればフリーローンを選択するという選び方になるでしょう。

ジャパンネット銀行

ネットキャッシング

金利年2.5%~18%、利用限度額最高1000万円までの大型個人ローンです。ネット銀行らしく、基本はネットバンキングでの借入、返済となります。キャッシュカードを使って提携ATMでの借入れも可能です(ローン専用カードの発行はありません)。

銀行の個人ローンとしては金利が高めですが、珍しく初めての借入れから30日間の無利息サービスがあります。少額を借りてすぐに返したいという人にはぴったりのローンでしょう。専業主婦の方でも配偶者の方に安定した収入があれば申込み可能です(配偶者の勤務先への在籍確認の電話連絡があります)。

申込から必要書類の提出、契約までWEB上で完結することができます。保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

フリーローン

当初借入金額100万円未満の場合金利年17.75%、融資額100万円以上の場合金利年14.75%で最高200万円まで借入れ可能なフリーローンです。

金利面や限度額でも利用者にあまりメリットのないフリーローンではありますが、完済まで毎月の返済金額が一定(元利均等返済)になりますので、返済計画が立てやすい、返済しやすいというメリットはあります。保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社です。

※参考)消費者金融のフリーローン
フリーローンは主に銀行が提供している場合が多いですが、消費者金融でもフリーローンに準ずるローン商品がある場合もあります。

プロミス「目的ローン」

教育資金や結婚資金など使い道が決まっている生計費であれば利用できるローンです(個人事業者の場合は生計費および事業費)。金利6.3%~16.5%(実質年率)と通常のプロミスアプリローンよりも低金利に設定されています。融資可能額は最大300万円までです。

だたし、申込みはお客様サービスプラザ(店頭窓口)のみとなり、インターネットからの申込みはできません。その代わりその場で審査回答を受け契約すれば、即日融資も可能となります。

  関連記事

闇金の手口や種類17個まとめ!返済できないとどうなる?

お金が必要だけどなかなかキャッシングの審査に通らないとなると、どうしても中小のあ …

カードローンの返済方式の種類は?リボ払いってなに?

カードローンを利用する際にまず気になるのが返済のことですよね。 「借りたのはいい …

お金がない時どうすればいい?パターン別に解説!

「お金がない」という悩みは、大学生から主婦、お年寄りに至るまで万人が抱える悩みで …

カードローンで最速・最短でお金を借りる方法は?

お金を借りたい人の中でも、今すぐに借りたい!今日中にお金が必要という方は多いでし …

ジェイスコアとは?AIスコアレンディングの融資までの流れ

人工知能(AI)による融資を行う日本初AIスコア・レンディング、J.Scoreの …

カードローンのよくあるトラブルから怖いトラブルと対応策・相談窓口一覧!

カードローンは使い方を間違えなければ日々の生活を豊かにしてくれます。計画的にお金 …

キャッシングの種類にはどんなものがある?

キャッシングを「消費者が無担保・無保証人で少額の融資を受ける」としても、その方法 …

借金生活から脱出する方法のまとめ!

上手に活用すれば便利なカードローンやキャッシングも、使い方を間違えると一気に借金 …

借金をする人の特徴と理由は?借金を辞めさせることはできる?

借金をしない人にとってはなかなか理解しづらいのが、借金をする人の心理でしょう。 …

結婚費用をカードローンで調達することはできる?ブライダルローンのメリットやデメリットは?

人生の大きなイベントである結婚。 挙式に新婚旅行、新生活の準備など何かとお金が必 …