みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

水商売でもカードローンは使える?キャバ嬢やホステスでも審査通過する方法は?


キャバクラ嬢やホステスさんなど、いわゆる「水商売」と呼ばれる人たちにとって、カードローンの利用は何かと不安が多いですよね。中には「キャバ嬢はカードローンの審査なんか通らないよ」とあきらめてしまっている方もいらっしゃるようです。

しかし実際にはカードローンを利用している水商売の方は沢山いらっしゃいます。ここでは、水商売の方がカードローンの審査に通るためのポイント、申し込みをする際に気を付けておきたいポイントなどをご説明します。

水商売でも審査基準をクリアすればカードローンで借りられます!

水商売ということで引け目を感じてしまうかもしれませんが、カードローン商品には「利用条件」「申し込み条件」というものがそれぞれ定められています。そしてその条件はそれほどハードルの高いものではなく、「安定して継続した収入のある人」という条件がほぼ全てです。

あとは個人信用情報に問題がなければ、職業に関係なくカードローンを利用することができます。

では何故「水商売だと審査落ちする」という噂が多いのでしょうか?これはひとえに「収入の安定性」の問題になります。

そもそも水商売とは、人気や世間の嗜好によって収入が大きく左右する商売のことを指す俗語です。キャバクラや風俗業だけでなく、一般の飲食業でも水商売といわれることもありますし、タレントやアーティストいった人気商売の人も水商売の範囲とされる場合が多いです。

つまり、水商売そのものに「収入が安定しない」という意味合いが含まれてしまうのですね。逆に考えると、水商売であっても収入が安定して継続していることを証明できれば何の問題もないということなのです。

また、金融業者の審査には業種による偏見が入り込むことはありません。審査の参考とされるのはその業種の人が過去に金融商品を利用してきた実績による統計です。つまり「水商売の人はこういった借り方をしてこういう返し方をする傾向がある」という情報なのです。

金融商品の審査において「水商売が不利」とされるのは、じつはこういった過去の統計から、「すぐに店(職場)が変わりやすい」「連絡が取れなくなりやすい」「虚偽の申告をされやすい」などという傾向があるためなのです。

これらをクリアして、水商売の方がカードローン審査通過するためのポイントをまとめました。利用条件を満たしていればカードローン審査も不要に恐れることはないのです!

水商売の方が注意しておきたいカードローン審査項目

カードローン審査では様々な審査項目から総合的判断して融資の可否を決定します。審査に対して不利な項目があっても、他の項目でカバーできれば審査通過の可能性が高まります。

年収と収入証明書

収入はもちろん多い方が有利ではあります。年収が低い人の場合には低い利用限度額になることはありますが、審査の合否には大きく影響しません。それよりも確実に定期的な収入がある、そしてそれが続いているということの方が大切になってきます。

それを証明するために必要になるのが収入証明書類です。

通常のカードローン商品では、希望限度額50万円までであれば収入証明書不要という場合が多いですが、水商売の場合には提出を求められる場合があります。これは個人事業主の場合でも同じです。

収入証明書類として利用されるのは、源泉徴収票、給与明細書、確定申告書などです。あらかじめ自分の提出できる書類を用意しておくとよいでしょう。

雇用形態

自分の雇用形態がよく分からないという人も多いかもしれません。雇用関係があいまいにされがちな労働環境のためトラブルが多い世界でもありますよね。

カードローンの審査では正社員>契約社員>アルバイト・パート>個人事業主といった順で信用度が下がっていきます。大ざっぱに分けると、給与所得をもらっているのであればアルバイト・パート以上の労働者、事業所得をもらっているのであれば個人事業主ということになります。

「出勤日も出勤時間も完全に自分で決めていて歩合制で報酬をもらっている。営業なども指示を受けずに自分で行っている。」という方であれば個人事業主という可能性が高いです。

「水商売ではホステスやキャバ嬢は個人事業主として契約している」とされることが多いですが、実情はパートやアルバイトのように時給制プラス歩合といった報酬形態の方が多いのではないでしょうか?

労働条件についての記事ではないため詳しくは割愛いたしますが、自分がどういう契約条件で働いているかよく分からないという方は一度しっかりと把握しておくことをおすすめします。

最近ではキャバ嬢や性風俗嬢などの労働環境向上のための支援団体などもあり、法律相談などを受け付けてくれる場所もありますよ。

勤続年数

水商売の方のカードローン審査がどうしても厳しくなってしまう大きな原因が「すぐ辞めてしまう」という傾向があるからです。「私はそんなことありません!」と思う方も多いでしょうが、金融業者では過去の利用者の実績をモデル像として審査の参考にします。

そうするとどうしても「すぐに辞める人が多い業種」という見方をされてしまう訳ですね。

通常の会社員等であれば、勤続年数半年もあればまず審査条件はクリアするとされていますが、水商売の方の場合最低でも1年以上の勤続年数があった方がよいでしょう。

もし水商売以外にもアルバイトやパートをしていて、そちらの勤務年数の方が長いのであれば、そちらをメインの収入先として申告した方がよいかもしれません。それほど「収入の継続性」つまり勤続年数は大切な審査項目になってきます。

居住状況について

カードローンの審査では居住区分も参考にされます。審査に有利な順から「持ち家・所有マンション>賃貸マンション>賃貸アパート>公営住宅」といった順番になります。実はこれ、引越ししにくい順番でもあります。

お金を貸している側にしてみれば住んでいるところが変わってどこへ行ったか分からなくなるのは非常に困ります。そのためめったに変動しない居住区分が有利になるのです。

同じ理由から、居住年数が長い人の方が審査には有利になります。

また、水商売の方の場合、寮やお店の用意した住居に住んでいる人も多いですね。「寮や社宅」という居住区分は、カードローン審査においては有利になる可能性があります。簡単には仕事を辞めにくいと判断されるのです。

家族構成

カードローンの審査では誰と住んでいるかも参考にされます。

審査に有利なのは「実家暮らし>配偶者と同居>ひとり暮らし>子供など扶養する人と同居」の順番です。家族や配偶者と同居している場合には有利になりますが、独身でひとり暮らしの場合は可もなく不可もなくという感じでしょう。

ただし、例えばシングルマザーなどあなたが扶養している家族がいる場合には審査に不利になってしまいます。返済に回せる余裕が少ない=返済能力が低いという判断になってしまうのです。

他社からの借入件数と信用情報

最後は大切な審査ポイントです!他社からの借入件数は多ければ多いほど審査に不利となります。また、貸金業法の総量規制もありますので、年収の3分の1を超える借り入れをすることはできません。

金融業者は信用情報機関というところで保管されているあなたの「信用情報」を参照します。ここには現在や過去の借入件数や借入額、返済状況などが記載されています。

もし借入件数がすでに多い場合には、通常のカードローン商品ではなく、おまとめローンや借り換えローンといった商品を検討したほうがよいでしょう。

また、現在は信用情報に問題がなくても、過去に延滞や債務整理といった金融事故情報がある場合にも審査の大きな不利条件となります。

在籍確認は水商売のカードローン審査の大きなポイント!

カードローンの審査では、申請された勤務先で実際に働いてるかどうかを確認する「在籍確認」という作業があります。具体的には、審査担当者があなたの勤務先に電話をかけあなたを呼び出すというだけのことです。

消費者金融業者はもちろん、銀行のカードローンでは業者名や会社名を名乗ることはなく、担当者が個人名でかけてきますので、お店の人にカードローンの在籍確認だとバレることはありません。

水商売の場合、特に以下の3つにも注意しましょう。

1.昼間の連絡が取れない

カードローンの在籍確認は通常昼間から夕方にかけて行われます。一般の企業や会社の営業時間内ですね。もし昼間誰も電話に出ることのないような勤務先ならば、あらかじめカードローン会社に相談しておきましょう。

2.電話に出る従業員が源氏名しか知らない

在籍確認の電話は、当然ですがあなたの本名(名字)で呼び出します。その際にあなたの源氏名しか知らない人が電話に出て「そういった者はいません」という対応をされてしまうと、在籍の確認が取れないということになってしまいます。

また、お店によっては不要なトラブルを避けるためキャストの情報を外部に明かさない方針も場合も多いかと思います。電話に出る可能性のあるスタッフには自分あての電話があることを伝えておくとよいでしょう。

カードローンの利用を他の人に知られたくないという場合には「クレジットカードの在籍確認がある」としておく人が多いようですよ。

3.アリバイ会社に利用はNG!最悪の場合詐欺罪に問われることも!

「アリバイ会社」や「電話代行会社」「偽装会社」といったサービスを提供している業者もあります。あなたが架空の会社に勤めているように電話応対や中には給与明細書や社員証などの偽造を行うところもあります。しかし、こういったサービスをカードローンの申し込みに利用することは詐欺行為になりますので注意しましょう!

カードローンを利用する際、在籍確認は避けては通れないポイントです。

「どうしても在籍確認は困る」という場合、SMBCモビットの「WEB完結」契約ならば電話確認なしでの契約からキャッシングが可能です。

ただし、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかに自分名義の口座を持っている方、社会保険証もしくは組合保険証を持っている方のみが利用できます。水商売の方でも社会保険証があるのならば在籍確認なしでの申込みが可能です。

水商売の方がカードローンを利用する際に気をつけておきたいポイント

嘘の申し込み内容はダメ!アリバイ会社利用での申し込みはNG!

審査が不安だからといって嘘の内容で申告することはやめましょう。嘘が発覚すればもちろん審査は通りませんし、万が一審査に通って利用してしまい、その後に嘘がバレた場合、その時点で解約→一括全額返済請求ということも考えられます。最悪の場合、詐欺罪として訴えられても文句は言えないのです。

カードローン会社が詳細にあれこれ調べることはあまりありませんが、バレて困る嘘は何の得にもなりません。カードローンはあなたとの”信用”をもとにした商品だということをしっかりと覚えておきましょう。

また、申告時の入力ミスには充分注意しましょう。単純な数字のミスから「あれ?この人嘘ついてる?」と思われてしまうこともあります。数字のケタや電話番号や番地など、単純な間違いが無いように気を付けましょう。

希望限度額は本当に必要な分だけに

融資希望金額が大きくなればなるほど審査は慎重になります。希望する金額は本当に必要な最小限にとどめるように心がけましょう。「限度額は多い方が安心なんだけど」と思うかもしれませんが、初めての申込者にいきなり100万円や200万円もの限度額を出す業者はありません。

まずは審査に通って、利用実績を積んでから限度額の増額を目指す方法をおすすめします。

同時にいくつものカードローンに申込まない

先ほど登場した「信用情報」には、実は「カードローンに申込んだ」という情報も記載されています(記載される期間は半年間)。なので、一度にいくつものカードローンに申込んでいると「この人こんなにいくつも申込んでる、よっぽどお金に困っているのかな?」と審査に不利な印象を与えてしまうことになります。

大手消費者金融業者ならばどこでもそれほど審査基準や審査通過率は変わりません。1社に決めてから申込むのが一番の審査対策なのです。

「数打ちゃ当たる」はカードローン審査では通用しません。「数打ちゃ落とされる」なのです。

「審査なしで借りられる」カードローンは闇金!

審査や在籍確認が不安なばかりに、魅力的な宣伝のカードローンに手を出すのは危険です。特に「審査なしで貸します!」「誰でも貸します!」といった謳い文句の業者は100%闇金です。

ヤミ金に借りてしまった末路はみなさん想像する通りです。運よくなんとか完済できたとしても、馬鹿らしいほど無駄な利息を余分に支払ってしまうことになるのです。

しかもその後も新たな借入の勧誘が押し寄せてくるでしょう。もちろん個人情報もどんな業者まで拡散されるか分かりません。

プロミスやアコムといった大手消費者金融がダメで中小消費者金融を検討する場合でも、最低でも金融庁に登録のある正規業者であることを確認し、ネットなどで口コミや情報を集めてからにしましょう。中小業者でも実績があって評判の良い業者はあります。

違法な悪徳業者の安易な勧誘に負けてはいけません!

違法なお店で働いていませんか?

そもそもあなたの働いているお店は安心して働けるお店ですか?
正式な営業許可を得ている法人ですか?
18歳未満を働かせていませんか?
ビザの無い外国人が働いていませんか?

いきなり営業停止や廃業になることの少なくない世界です。金融機関も怪しい勤め先の人に簡単にお金を貸してはくれません。そもそもあなた自身が安心して働けないのであれば、カードローンを利用しても返済に行き詰ってしまう可能性も高くなりますよ。

  関連記事

複数のカードローンでの借入れは危険?ローン審査に通らない?

カードローンやクレジットカードのキャッシング枠など、手軽にお金を借りられる方法も …

カードローンは何歳まで借りられる?65歳以上70歳以上の高齢者でも借りられる?

平均寿命が上がるにつれ現役世代の年代も高齢化しています。60歳や65歳を超えても …

家族が債務整理しているとカードローン審査に影響する?

過去に、自己破産や任意整理といった債務整理をした記録が信用情報機関で保持されてい …

税金滞納しているとカードローン審査に通らない?バレるのはどんな時?

住民税に所得税、固定資産税に自動車税など、税金を納めることは国民の義務ですが、生 …

カードローンの申込みをキャンセルするとどうなる?ブラックリストに載ってしまう?

「カードローンの申し込みをした後からお金の必要がなくなった」 「複数社のカードロ …

カードローンで他社借入れがあるとクレジットカードの審査に通らない?

キャッシュレス化が進む現代社会では、クレジットカードを使った決済が当たり前になっ …

審査の甘いキャッシング業者のカードローンってあるの?

キャッシングを利用するには、まずはカードローンの審査に通らなければ始まりません。 …

アルバイトやパートの審査基準や借入条件は?限度額はどれくらい?

アルバイトやパートで生計を立てている方にとって、カードローンの審査は大きな不安材 …

自己破産者はカードローンが使えない?利用できるカードローンはある?

バブル崩壊以降、自己破産者の増加が大きな社会問題となりました。その後の貸金業法改 …

転職直後にカードローンでお金を借りることはできる?審査通過するためのポイントは?

自分の収入の元である働き先を変える転職は、人生の中でも大きなターニングポイントと …