みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

お金は無いけど一人暮らししたい!初期費用ってどれくらいかかるの?カードローンで借りられる?


一人暮らしって憧れますよね。自分だけの家、自分だけの自由な時間、もちろん全てのことを自分でしなければならない厳しさもあるでしょうが、自立した大人として一度は一人暮らししてみたいという人は多いでしょう。

「一人暮らししたいけどお金が無い!そもそもどれくらいお金があれば一人暮らしできるか分からない」という人も多いようです。ここでは、一人暮らしにかかる費用や、初期費用をカードローンで借りる際の注意点や、返済の仕方について考えてみましょう。

また、一人暮らしならではの節約術もあわせてご紹介します。収入が少なくても立派に一人暮らしを満喫している人が大勢います。新しい環境に飛び込むためにお金の不安を少しでも減らす手助けになれば幸いです。

一人暮らしにかかる初期費用は?

「一人暮らし」というと山のように準備しなければいけなかったり、揃えなければいけないものが多くてお金がかかるというイメージがあるでしょう。もちろんお金に何の不自由もなく、最初から快適な生活を望むのならば好きなだけお金をかけて立派な生活環境で一人暮らしをスタートさせることは可能です。

しかしほとんどの人が、「一人暮らしはしたいけどギリギリのお金しか出せない」という状況ではないでしょうか?学生さんはもちろん、社会人になりたての頃ならば、自分で稼げるお金もそう沢山は無いでしょう。

一人暮らしを始めるにあたって必要なお金は大きく分けて以下の2点です。

・引越し費用
・家具や家電などの新生活用の出費

衣食住にかかる家賃や食費、光熱費などは、一人暮らしを始めた以降も常に必要なお金ですので、これらは月々なんとかなるという収入であることは一人暮らしをするための大前提でしょう。

なので、イレギュラーな出費である初期費用さえなんとかなれば一人暮らしを始められるという方は多いと思います。

ではそれぞれ最低限どれくらいのお金が必要か考えてみましょう。

引越し費用はどれくらいかかる?

ごく一般的な引越し費用の目安をご紹介します。

・敷金(家賃の2ヶ月分)
・礼金(家賃の2ヶ月分)
・前家賃(1ヶ月分プラス日割り分がある場合には日数分)
・仲介手数料(家賃の1ヶ月分)
・火災保険料(2年分で約2万円程度)

引越し業者にかかる費用

火災保険は契約する物件によって指定されている保険に加入します。たいていは火災保険2年分(契約年数分)ですが、地震保険などの任意保険もあります。

賃貸物件の契約にかかわる費用は家賃によって変わってきます。通常は家賃の6ヶ月分プラスα程度が目安とされますね。

ここを安く抑えるには、敷金・礼金の少ない物件を選ぶという方法があります。最近では敷金1ヶ月・礼金1ヶ月や、礼金0円という物件もあります。(関西など一部地域では保証金制度になる場合もあります)

さらにいえば、寮や社宅などが完備されている働き先を選べば、これらの居住場所にかかる費用を0にすることもできるでしょう。

実際の引越しに業者を使った場合の費用は、基本的には荷物の量と移動距離、作業員の人数によって変わってきます。

同一市内の引越しで、ワンルーム程度の荷物量ならば、6~7万円程度が相場ともいわれますが、業者や引っ越し時期によっても変わるため、できれば複数の業者に見積りを取るのが最善策でしょう。

ただし、お金は無いけど一刻も早く一人暮らしがしたい!というのであれば、それこそバッグひとつで引越したってかまいません。

必要なものは後から揃えるという手段を取る人は意外と多いです。

例えばベッドやテレビなどの大きな家具や家電を持って引越しをすると、それだけ引越し業者の運搬費用がかさむことになります。

引越した後に新たに安い商品を買ったりリサイクルで譲り受けるという方法もあるのです。

また、業者を使わずに自分で荷物を運ぶという方法もあります。荷物の量が少なければレンタカーなどで車を借りて運べば、レンタカー代+ガソリン代で済ますことができます。

友人などに手伝いを頼んだ場合はお礼をどの程度するかを考慮しておきましょう。

「最初は最低限の暮らしでかまわない!」というのならば、それこそ引っ越し費用ゼロ円ということも可能なのです。

一人暮らしするために必要なものってなに?費用はいくらかかる?

では一人暮らしのために必要なものって何があってどれくらいお金がかかるでしょう?

一人暮らしに必要なおもな家電など

・冷蔵庫
・洗濯機
・テレビ
・寝具
・キッチン用品(食器や鍋など)

最低限これくらいはあったら便利かなというものを挙げましたが、実はこれらが無くても生活はできます。

常に食べ切りの食品で生活すれば冷蔵庫も要りませんし、そもそも部屋で食事を作らなければ食器や鍋も要りません。パソコンやスマホがあればテレビがなくても困らない人は多いでしょうし、コインランドリーを使えば洗濯機がなくても生活はできます。

さすがに寝具が何もないと・・・とは思いますが、エアコン完備の部屋と丈夫な身体があればそのまま寝てしまうという手段も考えられます。

こう考えると一人暮らしを始めるのにそんなにお金をかける必要はないことが分かりますね。あとは自分の譲れない条件の分だけ費用をかけていけばよいのです。

「テレビだけは欲しい」
「洗濯は部屋で済ませたい」
「節約のためにも食事は自炊にしたい」

自分の使える費用を考慮しながら自分の生活に必要なものを揃えればいいのです。

一人暮らしなのですから、他の人の目を気にすることなく自分の自由なスタイルで生活すればいいのです。またそれこそが一人暮らしの魅力のひとつですよね。

こう考えれば「部屋の契約で40万、家具やら買い揃えると10万・・・お金足りないよ・・・」ということもなく、「とりあえず一人で暮らす!」ということは可能なのです。

もちろん「ある程度一式そろえてスタートしたい」という場合でも、リサイクル品や激安家電、100円ショップなどをフル活用すれば10万円もかからずにひと通りの家財道具を揃えることができるでしょう。それぞれの質は後から高めていけばいいのです。

一人暮らしを始めたらかかる費用

あわせて一人暮らしが始まってからかかる費用についても考えておきましょう。いわゆる「生活費」ですね。

・家賃
・光熱費(水道代・ガス代・電気代)
・食費
・通信費(電話代・ネット代など)
・交通費
・洋服代
・消耗品代

遊びや趣味や付き合いにかかる費用を除いてもいろいろとお金がかかりますね。

一人暮らしの費用をカードローンで借りる際の注意点は?審査は厳しい?

「意外とあと少しのお金があれば一人暮らしができるんだ!」と思える人も多いのではないでしょうか?そんな「あと少し」をカードローンで借りるという選択肢について考えてみましょう。

カードローンでお金を借りる理由というのは、別にお金に困って切羽詰まって借金するという場合だけではありません。

「今の生活から抜け出したい」というタイミングに少しお金が足りないのならば、後からの分割払いで目の前のタイミングを逃さないという利用方法もあるのです。

カードローンは収入が少ない人でも安定した収入があれば申し込むことができます。学生さんでもアルバイトなどで定期的な収入があるのならば利用できる可能性があります。

もちろん担保も不要ですし、保証会社が保証してくれるので保証人も不要です。

ただしいくつか注意しておきたいポイントを覚えておきましょう。

一人暮らしの費用にカードローンを利用する注意点

将来を見据えた返済計画を考えておく

カードローンで用立てた費用は、将来的には利息をつけて返済しなければなりません。

借りた額が大きくなるにつれて月々の返済金額が増えていきますので、本当に必要な分だけを借りるということは徹底しておきましょう。

追加で借入をする際には慎重に!

カードローンとは、利用限度額内であれば、何度でもお金を引き出すことができます。まるで自分の貯金をキャッシュカードで引き出すように簡単に現金を手にすることができますが、その分返済金額も増えるし利息もかかるということを忘れないようにしましょう。

自分の経済状況はしっかりと把握しよう

一人暮らしでは何から何まで自分でしなければなりません。もちろん家計の管理も自分で行います。

「収入がいくらあって何にいくら使って、何日までにいくら支払って・・・」できれば家計簿をつけて完璧に把握しておきましょう。

借りたお金はすぐ返す?それとも少しずつゆっくり返す?

初期費用として借りたお金を次の給料やボーナスなどですぐに返せるという場合、消費者金融カードローンなどで用意されている「無利息期間サービス」を考慮してみましょう。「1ヶ月まで利息がタダ」というのは大きいですよ。

逆に少しずつゆっくり返したいという人は、なるべく低金利のカードローン商品を選ぶことをおすすめします。

一人暮らしの費用のためのカードローン審査は厳しい?

カードローンを利用するには金融機関側による審査が行われます。カードローン審査は、あなたの信用情報を参照したり、収入や勤続年数などの「属性」を参考にします。

その属性には「居住年数」という項目も含まれ、居住年数が短いほど審査には不利になってしまいます。

もし一人暮らしをする際にカードローンを利用するのであれば、現在の長く住んでいる住居で申請し、無事審査通過してから引越しを実行する方がおすすめです。(もちろん引越した後には住所変更したことをカードローン会社に報告しましょう。)

もちろん「引越し費用のために借りたい」という利用目的で申請してもかまわないのですが、その際には新しい住所も決まった状態で申し込む方が望ましいでしょう。

融資する側にしてみれば「これから引っ越す予定だけど引越し先はまだ決まっていない」という人にお金を貸すのは不安ですよね。

カードローン商品は基本的に資金使途が自由、つまり「貸したお金は何に使ってもいいですよ」という性質のローンです。

新住居も決まっておらず審査に不安がある場合には、特に利用目的をはっきりと申請しなくても大丈夫ですよ。単に「生活費のため」でも審査に影響はありません。

カードローン審査で最も重視されるのは「安定した収入」です。つまり定期的に収入があり、返済能力があるかどうかというところです。

実家暮らしか一人暮らしかどうかよりも、勤務先で在籍確認が取れるかどうかのほうが大事なのです。

カードローンを利用することが家族にバレない?

これから一人暮らしを計画していて、現在家族と同居している人の場合、カードローンを利用することを家族に知られたくないという人も多いでしょう。

カードローンを他人にバレずに利用するポイントを覚えておきましょう。

WEB完結即日融資可能のカードローンがおすすめ

申し込みから契約までは特に家族にバレないように気を使いたいところです。

おすすめなのはインターネット上で全ての手続きが行えるWEB完結のカードローンで、さらに即日融資が可能なカードローン商品です。大手消費者金融業者なら、最短で30分~1時間程度でキャッシングまで済ますことができますよ。

電話連絡は携帯電話で

カードローンに申込むとすぐに担当者から確認電話があります。連絡用の電話番号は家の固定電話番号でなく自分の携帯電話にしておきましょう。

その後も金融業者からの連絡は基本的に個人の携帯電話あてになります。

また、万が一業者からの電話に家族などが出た場合でも、申込者本人以外の人にカードローンに関することを話すことはありません。

郵便物の受け取りは要注意

カードローンの契約を行うとローン用のカードが発行され、自宅へ書留郵便で配達されてきます。

受取人指定ですので基本的にはあなたが受け取るのですが、家族ならば代わりに受け取ってしまう場合もあるかもしれません。

自宅への郵便物が不安な方は、アプリローンなどのカードが要らない、つまり郵便物のないカードローン商品を選ぶと安心でしょう。

返済の延滞はしない

カードローン利用中で、明細の確認もWEB上でできるカードローンならば、通常電話連絡も郵便物もありません。

しかし、返済日に返済が遅れてしまうと、まず契約者本人の携帯電話に連絡が入ります。電話に出ないなどの対応を続けると、自宅や職場への電話連絡や督促状が来ることになってしまいます。

もし返済に遅れる場合には、自分からカードローン会社に連絡を入れましょう。うっかり忘れていた場合でも業者からかかってきた電話にはきちんと返答しましょう。

一人暮らししながらカードローンの返済って難しい?

カードローンを利用するということは、借入れしたお金をその後返済をするということです。カードローン商品を選ぶときには、月々の「最低返済額(約定返済額)」を少し気にしておきましょう。

例えばプロミスで10万円借りたとすると、月々の最低返済金額は4000円になります。

「4千円も払うのはキツい!」と感じるのならば借りるべきではないでしょう。「これくらいなら無理ないな」という返済額で収まる借入額を目指しましょう。

あとは一人暮らしの方に限ったことではありませんが、カードローンを上手に借金返済するコツは、余裕がある時には随時返済することです。

月々の返済金額は少ないカードローンが多いですが、それだけですと利息の支払い分ばかりでなかなか元金の返済に回りません。

お金に余裕がある月には少し多めに返すことを心がけるだけで、最終的な返済期間や支払い総額に影響してきます。

以下から一人暮らしの節約術もご紹介しますので、しっかりと家計を管理して、なるべく早く返すことを心がけましょう!

一人暮らしの節約術!

これから初めて一人暮らしをする人のための節約術をご紹介します。

家計簿を付ける

いくら入ってきていくら使ったか、細かい金額をしっかりと目で見て確認するのは大事なことです。家計簿をつけて実際の金額を見ることで、何が無駄な出費で何が本当に必要な経費かが分かりやすく理解できるのです。

お金を分ける

お金の細かい管理が苦手で、あればつい使ってしまうという人も多いでしょう。そんな人におすすめなのが「使い道によってお金を分けておく」方法です。

給料などの収入が入ったらまず「家賃や光熱費」「食費」「自由に使えるお金」「返済用」といったように分けてしまうのです。財布を分けてもいいですし、それぞれ銀行口座を用意してもいいでしょう、単に封筒で分けるだけでも違います。

最低でも家賃や光熱費、食費といった必ず必要な固定費と、そうでないものといった2つでもいいです。これだけでも使い過ぎを抑えるメリットがありますよ。

固定費を見直す

節約を目指す際に、趣味や遊びを減らして節制するという方法は真っ先に浮かびますよね。

これがすんなりできればいいのですが、自分のやりたいことや楽しみを我慢する方法というのはなかなか続かないものです。それよりも、毎回決まって支払わなければならない費用を見直してみることも考えてみましょう。

例えばスマホや携帯電話代を月8千円払っていたとして、それを格安SIMに変更して3千円に抑えることができれば月5千円の余裕が生まれます。

もっと大きな額を狙うなら家賃をあと2万安いところにする、維持費のかかる車を手放して必要な時だけレンタカーにする、などという方法もあります。

固定費の見直しは大きな節約につながる場合が多いのです。

貯金をする

目標をつけて定期預金を組むという方法でもいいですし、月に千円でもいいので貯金用にお金を分けてしまいます。

最低でも1年は絶対に手を付けずにいるとまとまったお金とともに達成感も身に付きます。どうしても貯金が苦手という方は、毎日の小銭だけでもいったん貯金箱に入れるというところから始めてみましょう。

食費は節約のチャンス!

一人暮らしだとどうしても外食やコンビニ弁当などで食事を済ませてしまうことが多くなるでしょう。

一人暮らしに慣れてきたら自炊をすることも考えてみてはいかがでしょう。やはり自炊は食費の節約に役立ちます。

もちろん料理の知識や買い物上手になる工夫も大切ですが、自分が食べるものですから少しくらい失敗しても大丈夫という強みがあります。

ご飯だけ炊いておいて、おかずだけ買ってくるという変化でもだいぶ節約が可能ですよ。

本当に一人暮らしが必要?

最後ではありますが、「自分に一人暮らしは必要なのか?」ということはしっかりと考えておいた方がよいでしょう。

ネットの質問サイトなどの一人暮らし関連の質問カテゴリーでは、単純に一人暮らしに憧れているだけで、具体的に何故ひとり暮らしがしたいか、一人暮らしが必要なのか自分でも分かっていない質問者が多いように見受けられます。

それこそお金の心配が要らない人であれば、「何ごとも経験だからとりあえず一人で暮らしてみれば」という回答もいいでしょうが、そんなに経済的に余裕のある人ばかりではないでしょう。

収入もギリギリで無理やり一人暮らしを始めて、何年も貯金もできないような生活になってしまったらと考えると、うかつにアドバイスなどできません。

将来の収入や老後まで考えてみても完全に安心できる保証など無い世の中ですよね。やはりいざという時にお金は頼りになります。

もし実家に暮らしていて、通学や通勤に問題がないのならば、無理してまで一人暮らしをする必要もないでしょう。

それよりもその境遇をいかして貯蓄をした方が有意義かもしれません。長い一生なのですから、遠い将来のことも考えてそこへつながる生活を考えることも大切ですね。

ただし、今現在の家庭環境が自分を追い詰めてしまっている場合、多少お金の無理をしても一人暮らしを勧める場合もあります。例え両親や肉親であろうと、一緒に生活をすることで悪影響になってしまうケースが少なからずあります。

もちろん未成年者で虐待を受けているというような深刻なケースならば、お金などなくても行政などの手助けを受けることが可能です。

そうでなくても、毎日を過ごす家庭が安らげる場所になっていない人は、いちど家族からでも離れることを考えてみましょう。

あなたが成人して自立している大人ならば、あなたの人生はあなたのために生きるべきなのです。

  関連記事

カードローンを延滞したらどうなる?借金を返せない時はどうすればいいの!

「カードローンの返済日までにお金が足りない!」 カードローンの利用中に返済を延滞 …

カードローンとフリーローンの違いは?どっちがいいの?

ローン商品には様々な種類がありますが、カードローンの利用を検討している方にとって …

キャッシングに関わる法律を知っておこう 【貸金業法・改正貸金業法】

「キャッシングは借金だから何だか怖い・・・」と思っている人も多いのではないでしょ …

キャッシングの意味とは?その詳しい意味知ってますか?

現在では当たり前のように使われている「キャッシング」という言葉ですが、意外とその …

闇金の手口や種類17個まとめ!返済できないとどうなる?

お金が必要だけどなかなかキャッシングの審査に通らないとなると、どうしても中小のあ …

信用金庫(しんきん)カードローンの金利や審査は?返済方法は?メリットやデメリットはある?

消費者金融だけでなくメガバンクや地方銀行の個人向けカードローンが充実してきていま …

借金は良いこと?悪いこと?カードローンで借金するのは悪いこと?

日本では悪いイメージでばかり語られることの多い借金ですが、実際には「良い借金」と …

結婚費用をカードローンで調達することはできる?ブライダルローンのメリットやデメリットは?

人生の大きなイベントである結婚。 挙式に新婚旅行、新生活の準備など何かとお金が必 …

カードローンは契約のみで使わないでも大丈夫?カードを作るだけのメリットやデメリットは?

急にお金が必要になった時、あなたには自由に使えるお金がいくらありますか?今の時代 …

カードローンの返済方式の種類は?リボ払いってなに?

カードローンを利用する際にまず気になるのが返済のことですよね。 「借りたのはいい …