みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

パート・アルバイト主婦の失敗しないカードローンの選び方は?


baitosyufu

「パート収入だけしかないけどカードローンを利用したい」
「アルバイトの主婦でも使いやすいカードローンは?」

現在では全く仕事をしていない専業主婦の方は少なくなっていますよね。

フルタイムで働いていなくても、パートやアルバイトをしながら家計のやりくりをしている主婦の方は多いかと思います。

ここではそういった「少し収入がある」主婦の方のためのカードローンの選び方を考えてみましょう!

アルバイト主婦が借りるなら銀行系カードローン?消費者金融系カードローン?

kiro

かつては主婦がお金を借りようと思ったら、ほぼ消費者金融から借りるしか選択肢がありませんでした。

しかし近年では、気軽に利用できる銀行の個人向けカードローンが一気に増え、パート主婦でもカードローンを選べる時代になっています!

ここでは大きな選択ポイントとなる、「銀行か消費者金融か?」という点を考えてみましょう。

なんとなくイメージとして「消費者金融の方が借りやすい」と感じている方が多いかと思います。

しかし、2010年に改正貸金業法が施行されて以来、消費者金融業者の主婦への貸付は大きく変化しています。

まず本人に収入の無い専業主婦への貸付はほぼ皆無になっていますし、年収によって融資額が制限される総量規制のため、収入の少ないパートやアルバイトの主婦に対しては積極的に貸さない傾向になってきているのです。

それに対して銀行は貸金業法の影響を受けません。

総量規制対象外となるため、法律上では年収の3分の1以上の融資も可能なのです(もちろん審査によってになりますが)。

そのため銀行カードローンが、消費者金融から借りられない人の受け皿になるという側面も出てきているのです。

「でも銀行のローンっていろいろと面倒なのでは・・・」と尻込みする方もいらっしゃるでしょう。

しかし現在は多くの銀行が消費者金融会社をグループ傘下としています。

消費者金融会社の経験やノウハウを取り入れることで、個人向け融資の利便性を大幅に向上させているのです。

(保証会社が消費者金融という銀行カードローン商品は非常に多いです。審査基準が消費者金融並みという見方もできますね!)

特に大手銀行の手がける個人向けカードローン商品は、消費者金融と比較しても使い勝手の良さや審査の柔軟性などで引けを取ることはありません。

その上、銀行ならではの金利の低さがありますので、「カードローンを検討するならまず銀行から!」という状況になっているのです。

銀行カードローンの中には収入の無い専業主婦でさえ歓迎する商品もあります。

額にかかわらず収入があるのならば、まずはメリットの多い銀行カードローンをおすすめします。

最近は都市銀行などのメガバンクだけでなく、地方銀行でも魅力的な個人向けカードローン商品をリリースしはじめています。

パート主婦がカードローンの審査通過は難しい?

sinsatyuu

「収入が少ないから審査に落ちる気がして心配」そんな方も多いでしょう。

パートやアルバイトならば、月に数万円の収入しか無いという方も多いと思います。

確かにカードローンの審査で収入額は大きなポイントとなります。

安定した収入が無ければ審査に落ちることもあります。

しかし、主婦の場合少し事情が変わってきます。

例えば、同じアルバイトで月7万円の収入があるとします。

独身の方であれば審査する方は「この人この収入で生活は大丈夫なのだろうか?」と考えてしまいますよね。

しかし主婦であれば「旦那さんも働いているのなら返済能力に問題ないか」となるのです。

ちなみに個人向けカードローンの審査で、収入の額やパートやアルバイトといった雇用形態はそれほど大きな問題とされません。

それよりも重要なのが収入の安定性になります。

パートや主婦であっても長い期間働き続けている人の方が安定性があるという見方をされるのです。

信用情報に問題がなければ、年収額をそれほど気にする必要はありませんよ。

アルバイト主婦だけどいくらまで借りられる?利用限度額と金利

ikuramade

カードローンは、審査によって利用限度額が設定され、その金額内であればカードで自由に何度でもお金の出し入れができるという仕組みになっています。

この利用限度額があなたの借りることのできる最大の金額ということになります。

個人が金融機関から借りることのできる金額は、年収の3分1までと貸金業法の総量規制によって制限されています。

なので、アルバイトであろうと正社員や派遣社員であろうと、収入のある方は年収の3分の1以上の利用限度額が付くことはありません。

例えばアルバイトで月10万円の収入があったとすると、年収は120万円になります。

総量規制のため貸付できる限度額は40万円までとなります。

ちなみにこれは1社ごとの金額ではなく、他社から借入がある場合にはその合計金額が年収の3分の1を超えないようになるということです。

うっかりしがちなのがクレジットカード(信販会社)のキャッシング枠での借り入れですが、これも総量規制の対象となります。

しかし、これは貸金業法でのお話ですので、銀行法によって営業している銀行には関係のないこととなります。

つまり銀行カードローンは年収の額に左右されず、審査によって利用限度額を決めることができるということです。

もちろんだからといって銀行の審査の方がたくさん貸してくれるという訳ではありませんが、可能性が存在するということになるのです。

この利点を存分に発揮できるのが”おまとめ”や”借り換え”といったローンでしょう。

(貸金業法の総量規制には例外や除外の条件があるため、消費者金融でもおまとめや借り換えローンであれば年収の3分の1以上の額を借りられるケースがあります)

理屈の上では年収の3分の1までなら借りることができそうです。

しかし、実際にカードローンを申し込み、いきなり年収の3分の1の額まで貸付してくれる業者は少ないでしょう。

カードローンというのは金融機関と個人との信用の上で契約される、信用産業の商品です。

広告では「限度額300万円まで」となっていても、新規契約の場合はもっとずっと低い金額になると考えておいた方がよいでしょう。

特にパートやアルバイトの主婦の場合ですと、初回の利用限度額は低めに設定されることが多いです。

10万円~50万円程度の利用限度額からスタートするケースが一般的なようですね。

もちろんその後利用実績を積むことによって、限度額の増額も可能になっていきます。

配偶者貸付ってなに?旦那や家族に内緒で借りられる?

dannaninaisyo

改正貸金業法では本人の年収の3分の1までという総量規制がありますので、そもそも収入の無い専業主婦の場合貸付ができません。

しかし「配偶者貸付」という制度があり、配偶者(旦那さん)の収入も含めて世帯の収入の3分の1まで貸し付けをすることができます。

パートやアルバイトで本人の収入が少ない方が大きな額を借りたい場合には、この配偶者貸付を利用した方がすんなりいくことが多いでしょう。

ただし、配偶者貸付を行っているカードローン商品はあまり多くなく、消費者金融系ではほぼ実施しているカードローンはありません。

この点でも、銀行カードローンの方が利用しやすいでしょう。

また旦那さんや家族に内緒で借りたいという方も多いでしょう。

内緒でカードローンを利用したい場合、ポイントとなるのが以下の点です。

インターネット上で手続きできるか?

店頭窓口での契約は他人にバレる可能性が最も高い契約方法です。

今はネット上で申し込みから契約まで全て行うことのできるカードローンが多いです。

スマホや携帯電話にも対応しているカードローンならば、申し込みや契約手続きで他人にバレることはほぼないでしょう。

収入証明書は必要か?

特に配偶者貸付を希望する場合、希望金額によっては配偶者(旦那さん)の収入証明書が必要となる場合がありますし、配偶者の同意書の提出を求められる場合もあります。

当然、旦那さんの勤め先への在籍確認もありますので、全くバレずにカードローンを利用するのは難しいでしょう。

郵送物は何があるか?

「郵便物は全部わたしが回収している!」という方なら問題ないかもしれませんが、自宅へ届く郵送物から旦那さんにバレてしまうこともあります。

手続きや契約はネット上で全て行うことができる商品でも、肝心のキャッシュカードだけは自宅へ郵送というケースが多いです。

どうしても心配な場合、「カードレスのカードローン」を検討しましょう。

お金の出し入れにはカードを使わず、全てネット上で取引できるローンです。

働く主婦が注意しておきたいカードローン選びのポイント

hatarakusyufu

カードローンを金利や限度額という基本情報だけで選んでしまうと、実際に使い始めてから思わぬ苦労が出てくることがあります。

例えば「提携ATMが近くになくて出金や入金のたびに遠くのATMまで出かけなければならない・・・」なんてことも。

また「ATM手数料が意外と高くて、何度も出し入れしていたら想像以上の金額になってしまった!」なんてことも考えられますね。

個人向けカードローン商品は沢山あります。

それぞれに特色やサービス内容が違ってきますので、自分にとってメリットの多いカードローンを選ぶことも大切ですよ。

以下は働く主婦ならチェックしておいた方がいいポイントです!

ATMは近くにある?手数料は?

提携ATMが近所にあるかどうかは大事なポイントですね。

最近は銀行カードローンでもほとんどのコンビニATMでお金の出し入れができるようになっています。

また、提携ATM利用手数料は必ずチェックしておきたいポイントですね。

スマホや携帯で取引できる?

パソコンでの取引は当たり前のようにできるカードローンが多くなっていますが、忙しく働く主婦にとってはパソコンの前に座れる時間も限れてきますよね。

スマホや携帯電話といったモバイル端末での使い勝手も重要になってきます。

スマホ用の専用アプリを用意しているようなカードローンならば、時間や場所を気にせずにカードローンを利用することができますね!

取引明細書などは郵送される?

やはり自宅に届く郵便物は少ない方がいいという方は多いでしょう。

初回契約時のカードなどは仕方ないとしても、毎月利用明細書などが送られてきたら困りますよね。

明細の確認は全てネット上で確認できるカードローンならば安心ですね。

返済日は選べる?

意外と気にしない方も多いですが、毎月の返済日って家計のやりくりに大きく響いてきますよね。

カードローンでは返済日(約定返済日)が「固定されている」「いくつかから選択できる」「自由に選択可能」というように商品によって違いがあります。

また「35日ごとに返済」というケースもあります。

大きな障害にはならないかもしれませんが、都合の良い日に返せるというのは返済計画も立てやすくなりますよ!

金利を比較する際は最高金利をチェック!

カードローンの金利は審査によって決定しますが、利用額が大きくなるほど低い金利が設定されることがほとんどです。

つまり、収入が少ないパートやアルバイトの場合には利用限度額も低くなりますので、金利も最大金利が適用されると考えておいた方がよいのです。

いくつかのカードローンを比較する際には最大金利で比べるようにしましょう。

「こっちの方が最低金利が2%も低い!」という比べ方はあまり意味がないのです。

アルバイト・パート主婦におすすめのカードローン比較

syufuniosusume

アルバイトやパートの主婦でも借りやすいカードローンを集めてみました。

【三菱東京UFJ銀行・バンクイック】

(金利年4.6%~14.6%:融資限度額500万円:100万円まで収入証明書不要)

銀行ローンでありながら消費者金融なみの使い勝手の良さで人気のカードローンです。

テレビCMもひんぱんに流れていますのでご存知の方も多いでしょう。

審査スピード最短30分という、今までの銀行ローンのイメージをくつがえす手軽さも魅力ですし、「パートやアルバイトの方も歓迎、専業主婦の申し込みも可能!」という窓口の広さも頼もしい銀行カードローンですね。

銀行ならではの低金利ローンを気軽に利用することができます。

【楽天銀行スーパーローン】

(金利年4.9%~14.5%:融資限度額500万円:300万円まで収入証明書不要)

メインの利用者が主婦層である楽天だけあって、楽天銀行のカードローンも主婦が利用しやすいカードローンです。

契約者本人に収入の無い専業主婦も歓迎しています(限度額50万円まで)。

サイトにはパートやアルバイトの方専用のページまで用意されていますので、収入の多少に関わらず安心して申し込みできますね。

また、楽天銀行は店舗を持たないネット銀行ですので、ネット上での取引きのしやすさもバツグンです。

楽天スーパーポイントのプレゼントなど、主婦に嬉しいサービスも見逃せませんね。

【イオン銀行カードローンBIG】

(金利年3.8%~13.8%:融資限度額800万円:300万円まで収入証明書不要)

こちらも主婦にはおなじみイオンが手がけるイオン銀行のカードローンです。

なんといっても最大金利13.8%という低金利が魅力でしょう。

イオン銀行ATMは全国にイオンに設置されていますので、日々のお買い物ついでに利用することが可能ですね。

【じぶん銀行カードローン(じぶんローン)】

(金利年2.4%~17.5%:融資限度額800万円:300万円まで収入証明書不要)

auユーザーでじぶん銀行口座を持っている方なら要チェックのカードローンです。

じぶん銀行口座を持っていれば、身分証明書などの本人確認書類も必要ありません。

少額利用の場合には金利が高めというデメリットがありますが、提携ATM利用手数料完全無料や、auユーザーへの金利優遇といったメリットがあります。

【みずほ銀行MyWing】

(金利年9.0%~14.0%:融資限度額100万円(200万円まで増額可能):収入証明書原則不要)

みずほ銀行には、「エグゼクティブプラン」「コンフォートプラン」を擁するみずほ銀行カードローンがあるのですが、どちらかというと正社員で働くビジネスパーソン向けの商品となっています。

パートやアルバイトの主婦の方には「みずほMyWing」のサービスのひとつである「わたし応援ローン」をおすすめします。

1円単位で1000円だけといった借り方もできる少額利用に最適のローン商品です。

手持ちのみずほ銀行キャッシュカードでそのまま利用できる手軽さも嬉しいですね。

【アコム】

(金利年4.7%~18.0%:融資限度額500万円:50万円まで収入証明書不要)

銀行カードローンに比べると金利が高くなってしまう消費者金融業者ですが、見逃せないのが無利息サービスです。

アコムを初めて利用する方ならば、30日間無利息期間となります。

すぐに返済する予定なのであれば、利息0円も可能な非常にお得なサービスなのです!

【プロミス】

(金利年4.5%~17.8%:融資限度額500万円:50万円まで収入証明書不要)

プロミスも初めての方は30日間無利息となります。

また、WEB完結でキャッシングできるカードレスローンもありますので、内緒で借りたいという方にもおすすめです。

大手消費者金融の中では最大金利が一番低い点にも注目です。

【アイフル】

(金利年4.5%~18.0%:融資限度額500万円:50万円まで収入証明書不要)

アイフルでも初めての方への30日間無利息サービスがスタートしました。

カードの配達時間を指定できるサービスも嬉しいですね。

また、借入限度額10万円までの少額融資・女性専用の「SuLaLi」もおすすめです。

【モビット】

(金利年3.0%~18.0%:融資限度額800万円)

無利息サービスがないのでメリットは少ないですが、郵便物なし電話連絡なしの「WEB完結」サービスは魅力ですね!

申込みから契約だけでなく、普段の利用も全てネット上で完結することができます。

(ただし利用条件として、三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の普通預金口座を持っていることと、社会保険証もしくは組合保険証を持っている方という条件があります。)

また、限度額最高800万円という消費者金融系では珍しい大型融資商品でもあります。

  関連記事

アイフルレディースローン「SuLaLi(スラリ)」の特徴と審査ポイントは?

個人が気軽に利用できるカードローンが増える中、商品によって様々な目的を持ったもの …

レイクレディースローンの特徴は?審査や無利息サービスの口コミは?

新生銀行カードローンレイクの、女性向け商品「レディースレイク」をご紹介します。 …

プロミスレディースローンの審査ポイントや口コミは?女性が安心して利用できる理由は?

カードローンやキャッシングというと、少し女性には利用しづらいイメージがないでしょ …

スマホOK!専業主婦も来店不要で即日融資できるカードローンは?

家計を預かりながら、家事に育児にと毎日忙しい専業主婦にとって、急な出費のかさみは …