みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローンの審査落ちしたらどうすればいい?再申し込みまでの期間は?


6021

お金が必要な時の手軽な選択肢として人気のカードローン。

消費者金融系だけでなく、銀行系のカードローンも気軽に使えるようになり、日々のマネープランの大きな助けとなってくれます。

しかし、どのカードローンでも希望すれば誰にでもお金を貸してくれる訳ではありません。

カードローンを利用する際には必ず各金融機関による「審査」が行われます。

カードローンの審査は、あなたの収入や職業、居住環境や過去の信用産業の利用履歴など、様々な要素を総合的に判断して、「お金を貸すことができるか」「いくらまで貸すことができるか」「返済能力は充分か?」などということを決定します。

場合によっては私たちの借り入れの希望が通らず、審査落ちという結果になってしまうこともあるものなのです。

ここではカードローンの借入が審査落ちになったらどうすればいいか?

審査に大きく影響する信用情報機関で参照される個人情報について、再申し込みまでにはどれくらいの期間を空けたらいいか?

複数のカードローンに同時に申し込むことによる「申込みブラック」への対策は?などといったことを考えてみましょう。

また、現在の状況に全く問題ないのに審査落ちしてしまう「スーパーホワイト」についても知っておきましょう。

さらに、少し状況の違う、本人に収入の無い専業主婦(主夫)の方についてもご説明します。

カードローン審査落ちする原因・理由を考える

6022

カードローンの借入審査に落ちてしまったら、まず「なぜ審査落ちしたか?」ということを考えましょう。

審査落ちする原因があるのに、改善もせずに他のカードローンに申し込んでも再び落とされる可能性が高くなるだけです。

とはいえ、カードローンの審査基準は各金融機関によって違い、さらに審査内容に関しては一切一般に公開されることはありません。

もし審査に落ちてしまったとして、どうして落ちたかをカードローン会社に聞いたところで回答してくれることはないでしょう。

カードローン審査で落ちるよくある理由

一般的に次のような場合には”ほぼ”審査落ちするといわれています。自分の状況をしっかりと見直してみましょう。

すでに借り過ぎている!

改正貸金業法では、貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までと定められています。(総量規制)

すでに他社からの借入でこの額をオーバーしている場合、消費者金融系業者の審査に通ることはないでしょう。

注意点として、現在の借入金額には消費者金融業者からの借入だけでなく、信販会社のキャッシング利用額も含まれます。

クレジットカードのキャッシング枠を利用している場合には、その金額も借入総額に含まれます。

一方、銀行のカードローンであれば、貸金業法の少量規制対象外となりますので、年収の3分の1という境界線は関係なくなります。

とはいえ、本人の収入に見合わない借り入れがあるのであれば、総量規制対象外のカードローンでも審査落ちする可能性は高いでしょう。

年収の3分の1という額は、ある程度の目安として意識しておくとよいでしょう。(すでにそれ以上の借り入れ額があるのならば、「おまとめ」や「借り換え」といったローン商品を検討する方が賢明です。)

希望限度額が高すぎる

収入に見合わない希望限度額は「ひどくお金に困っているのか?」という懸念のもととなってしまいます。

(ただし、カードローンによっては「希望金額は無理だけどいくらまでなら」という提案をしてくる場合もあります。)

最初から大きな希望額が通ることはあまりありませんので、無理のない額を限度額として希望しましょう。

ここでも年収の3分の1というラインは目安になるでしょう。

信用情報の事故情報

カードローンの審査で大きな判断材料とされるのが個人信用情報です。

今までの延滞情報や過去の債務整理(任意整理や自己破産など)の記録などが記載されています。

信用情報機関は金融機関とは別の第三者機関ですで、金融機関ごとに加盟している情報機関が異なります。

ただし、信用情報機関同士は情報を共有しているため、現在はどこの信用情報機関の保有している情報でも参照することができるようになっています。

「あっちのカードローンの指定信用情報機関には事故情報が載ってるけど、こっちのカードローンは違う機関だから大丈夫!」ということはないのです。

信用情報の金融事故情報は、その情報が記載されている間は新たな審査に通ることは難しいと考えておいた方がよいでしょう。

事故情報(異動情報)が残っているがどうか不安な場合、信用情報機関に開示請求して自分の信用情報を確認すると確実です。

申込みブラック

延滞や債務整理の履歴がなくとも、信用情報には「金融商品(カードローンなど)に申込みをした」という情報が記載されます。

この申込み情報自体は事故情報でもありませんし、本来はネガティヴな要素にはなりません。

しかし短期間に何件も申し込んでいる場合には別です。

「1ヶ月の間にこんなに沢山のカードローンに申込みをしている・・・しかも契約までいたっていない、何か問題がある人なのかな?」という見方をされてしまうのです。

この状態を「申込みブラック」と呼んでいます。

どのくらいの期間に何件申し込めばアウトなのかについては、厳密な決まりがある訳ではありませんが、一般的には1ヶ月に3社を超える申込みがあると厳しいといわれています。

スーパーホワイト

信用情報に延滞や債務整理といった”キズ”があるブラックに対して、事故記録どころか利用履歴さえない真っさらな状態のことを「スーパーホワイト」と呼ぶことがあります。

もちろん年齢が若いうちは履歴が無いことも珍しくありませんが、現代社会では30代、40代以上になって全く利用履歴がないスーパーホワイトの状態は、逆に「怪しい」と思われてしまうことがあります。

カードローン申込みランキング

サービス審査通過率
プロミス約40%
モビット非公開
アイフル約47%
レイク約38%
オリックス銀行非公開
アコム約48%
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)

信用情報機関の保有する情報について

6023

個人信用情報が審査に大きく影響することはお分かりになったかと思いますが、実際にどういった情報が参照されているかを知っておきましょう。

信用情報機関が保有する情報

・氏名
・生年月日
・住所
・自宅電話番号
・勤務先の名称・住所・電話番号
・本人確認書類の種類・記号・番号
・契約内容についての情報(登録会社名・契約日・契約期間・金額・返済回数など)
・返済情報(残高・支払いや入金の状況など)
・割賦情報(月賦払いの支払い状況など)
・延滞など金融事故情報
・信用情報の使用履歴(信用情報を参照された際の情報など。申込みの際には申込み内容とともに記載されます。)
・本人申告情報など(本人からの申告によって記載される情報)

主な信用情報機関の一覧

現在に日本では、以下の3つの信用情報機関が主に利用されています。

JICC/日本信用情報機構
主に消費者金融業者や信販会社が加盟しています(旧CCBはこちらに合併されました)。

CIC/シー・アイ・シー
主に信販会社やクレジット会社が加盟しています。

KSC/全国銀行個人信用情報センター
主に銀行や信用金庫、信用組合、農協などが加盟しています。(全銀協信用情報センターなどとも呼ばれます)

ちなみに、自分の信用情報は各信用情報機関へ開示請求することで確認できます。

申込みブラック対策をする

6024

「カードローンの借入審査に落ちてしまった!でもお金が必要!申込みブラックにならないためにはいつまで待てばいいの?」

切実に困っている場合、ひとつのカードローン審査に落ちたら、すぐに他を当たりたいと思いますよね。

しかし上述した通り、短期間に続けてカードローンの申込みをすると「申込みブラック」という状態に陥りますます審査が通りづらくなる可能性が高くなってしまいます。

インターネットや自動契約機などで手軽に申込みできるようになった現在だからこそ、つまらないミスで信用情報にキズを付けたくないですよね。

申込みブラックを回避する方法を考えてみましょう。

申込情報ブラックはいつ消える?

信用情報機関では項目ごとに最大の保持期間が決まっています。

カードローンを申し込んだ際の情報は最大で6ヶ月まで保有することになっています(この期間を過ぎると削除されます)。

つまり、審査落ちした申込みから6ヶ月以上経っていれば、申込みブラックになることはないということになります。

何件から申込みブラックになる?

厳密に「◯◯日間に◯件以上申し込んだらアウト!」と決まっている訳ではありません。(金融機関では決めている場合もありますが、一般に知らされることはありません)

おおよその目安としては、1ヶ月に3件以上申し込むと審査に通りづらくなるといわれています。

複数のカードローンを申し込む際には、ほぼ同じタイミングで2件までをおすすめします。

保証会社に気をつけて!

個人向けのカードローンはたいてい無担保で保証人も要りませんよね。

実は、その代わりに「保証会社」というものがあなたの保証をする仕組みになっています。

そして、カードローンの審査自体はその保証会社によって行われるケースも少なくありません。

何故か審査に落ちるという人は、保証会社にも注目してみましょう。

例えば三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックは、アコムが保証会社になっておりアコムによる審査が行われます。

信用情報には現在事故情報は記載されていないけれど、以前にアコムで長期滞納や任意整理といった金融事故を起こしている場合、バンクイックの審査でもアコムの社内事故者リストが参照されてしまうということもあるのです。(もちろん現在の収入が安定していて、以前の事故から長期間経っていれば問題なしとされることもあります。)

また「違うカードローンだからどれか通ればいいや!」と3件以上申し込んだら、どれも同じ保証会社だった・・・などというケースも考えられます。

※参考※主な銀行カードローンの保証会社一覧

三菱東京UFJ銀行「バンクイック」:アコム㈱
三井住友銀行カードローン:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)
楽天銀行スーパーローン:株式会社セディナ(クレジット・信販系)
みずほ銀行カードローン:株式会社オリエントコーポレーション(クレジット・信販系)
オリックス銀行カードローン:オリックス・クレジット株式会社または新生フィナンシャル株式会社(クレジット・信販系)
じぶん銀行カードローン:アコム㈱
セブン銀行カードローン:アコム㈱
イオン銀行カードローンBIG:イオン・クレジットサービス㈱またはオリックス・クレジット㈱(クレジット・信販系)
住信SBIネット銀行ミスターカードローン:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社
ジャパンネット銀行ネットキャッシング:SMBCコンシューマーファイナンス株式会社

審査落ちから再申し込みまでの期間は?

6025

借入審査に落ちてしまったとはいえ、お金が必要な状況は変わらないでしょう。

「もう一回申込みたいんだけど、いつまで待てばいいの?」

最善は、信用情報機関で申込情報が削除される6ヶ月を待つことです。

申込みブラックでも借りられるカードローンはある?

「申込みが全敗ですでに申込みブラック・・・でもお金が必要なんだ・・・」

切迫している方ならば、6ヶ月など待っていられないという場合もあるでしょう。

すでに申込みブラックであるならば、銀行系・大手消費者金融系はまず無理でしょう。

最近では中小消費者金融でも貸付には慎重になっています。

そうはいっても名前も知らないような怪しい業者から借りることはおすすめできません。

特に「ブラックでも借りられる!」「審査なし!」などという謳い文句の業者は危険です。

闇金や悪徳業者の可能性大なのです。

もしあなたがすでに借金があるのであれば、おまとめローンや借り換えローンをおすすめします。

特に最近は、銀行の個人向けおまとめ・借り換えローンが手軽に利用できる環境になってきています。

金利が低くなる可能性も高いですし、返済日がひとつになることで、返済もスムーズになり完済に近づくことができるでしょう。

収入も信用情報も問題ないのに審査に落ちる人はひょっとしてスーパーホワイトかも!?

6026

収入も安定していて希望額も無理がない、それなのに審査に落ちてしまう方がいます。

先にも少し触れましたが、ひょっとすると「スーパーホワイト」状態になってしまっているかもしれません!

スーパーホワイトはブラックの対極にあたる、信用情報が全く無い状態です。

20代中盤程度であればおかしくもありませんが、30代、さらに40代、50代となるほど全く経歴が無い状態は避けられてしまいます。

これは、自己破産や任意整理といった債務整理をした場合、数年間に渡って事故記録が信用情報に記載されるため、新たなカードローンキャッシングやクレジットカードの審査に通らなくなってしまいます。

そして晴れて事故記録の保有期間が終わり削除されると、そこには何の記録も無い真っさらな信用情報だけが残るという訳なのです。

つまり貸す側からしてみると、「履歴が何もない。これは昔債務整理した人かな?」と慎重になってしまうのです。

ちなみにスーパーホワイトは住宅ローンの審査でも不利になる傾向にあります。

スーパーホワイトを脱出するには?

「審査に通らないと新たな履歴も作れないじゃないか!理不尽だ!」と憤る気持も分かります。

しかし以前に起こした事故の傷が癒えるまでは、修行期間と考えてスーパーホワイトや事故記録保持者でもできる履歴作り(クレジットカードのヒストリー作りを略して「クレヒス」と呼ぶこともあります)に専念することをおすすめします。

最もやりやすいのが、携帯電話の本体代を分割払いにすることでしょう。

現在の携帯キャリアプランは、本体代を分割にすることが前提のような料金プランが主流ですので、よほどのことがないければ分割払いを断れることはありません。(ただし、そのキャリアで以前延滞や現在滞納している料金がある場合には別です)

立派な分割払い履歴になりますので、真っ白な信用情報から脱出することができます。

もちろん、携帯料金を延滞してしまうと逆効果です!

また、家電製品や通販商品などを分割払いで買うのもよいでしょう。

特に金額がそれほど高くない商品ならば、2、3回の支払いで「完済」という履歴を作ることができますね。

いわゆる「クレヒス」作りは意外と簡単にできます。

スーパーホワイトで審査に挑んで玉砕する前に検討してみてはいかがでしょう。

カードローン審査に通りやすくなるには?

6027

最終的にまとめとして、カードローン審査に通りやすくなるポイントをおさらいしておきましょう。

信用情報をキレイにする

事故情報は消えるまで待つ。

現在支払中のものは延滞しない。

心配ならば個人信用情報機関に開示請求して確認する。

同時に申し込むなら2社までに!

どうしても複数社にチャレンジしたい場合でも、2社までにとどめておきましょう。

無理な希望金額を申請しない

収入に見合わない希望金額は、言葉は悪いですが足元を見られることにもなりますし、お金の管理が苦手なのかな?という悪印象まで与えてしまうこともあります。

年収の3分の1以上の借金がある場合

まずは一本化や件数を減らすことに重点を置きましょう。

「審査が甘い」「誰でも通る」などという口コミを目にすることも多いでしょうが、基本の条件までは満たしている上でのことと考えておきましょう。

専業主婦が審査落ちするのはなぜ?対策は?

6028

最後に少し特殊な例になりますので、本人に収入が無い専業主婦(主夫)がカードローン審査落ちになる理由を考えてみましょう。

すでに借り過ぎている

収入のある人と一緒で、本人の自由にできるお金に見合わない額の借り入れがある場合です。

また、貸金業法の総量規制では、本人に収入の無い専業主婦(主夫)の場合には、配偶者と合わせた年収の3分の1まで貸付できる「配偶者貸付制度」というものがあります。

ただし、配偶者貸付に対応している消費者金融会社はほとんどありません。

信用情報に事故情報(異動情報)がある

過去の延滞や債務整理といった異動情報、つまり事故情報がある場合には、まず審査に通ることはありません。

配偶者の収入が少ない(安定していない)

専業主婦(主夫)へ貸し付ける場合には、配偶者の収入も込みで審査で考慮されます。

配偶者が年収が低かったり、収入が安定しない仕事の場合には審査落ちすることがあります。

また、配偶者の借入れ金が多いために審査に通らないこともあります。

専業主婦におすすめなのが、楽天銀行スーパーローンやイオン銀行カードローンBIGなどのように、専業主婦専用の商品設定のあるカードローンです。

限度額は低くなりますが、配偶者の収入証明書も必要なく、審査も通りやすいという傾向があります。

  関連記事

カードローンの審査は電話連絡や在籍確認なしで借りられる?

カードローンを申し込むと借入審査の際に在籍確認が行われます。 業者側にしてみれば …

カードローンで他社借入れがあるとクレジットカードの審査に通らない?

キャッシュレス化が進む現代社会では、クレジットカードを使った決済が当たり前になっ …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …

外国人でもカードローンは利用できる?外国籍でもお金を借りることはできる?

日本国内で生活している外国籍の方も多いですよね(ここでは便宜上、以後「外国人」と …

携帯代を延滞するとブラックリストになる?

個人の信用情報に事故情報が記載される、通称「ブラックリスト」入り。キャッシングや …

未成年者でもお金を借りることはできる?お金を借りる方法は?

お金に困ることがあるのは年齢に関係ありませんよね。 成人に限らず「あと少しのお金 …

自営業者・個人事業主がカードローンを利用する際の注意点とおすすめのカードローン

自営業・個人事業主はカードローンを利用しづらいといわれることがありますが、実際の …

失業中や無職でも借りられるカードローンはある?

「無職で収入が無い」カードローンを検討している人の中でも、実際いちばんお金に困っ …

カードローン審査のスコアリングとは?属性モデル象とは?

はるか昔の金融業といえば、貸し付け審査をする際の判断は、担当者や責任者の判断によ …

カードローン審査の同時申し込みだけでもブラックになるってホント?

カードローンを利用する際には必ず金融機関による審査が行われます。 その際に個人信 …