みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

銀行カードローンのおすすめポイントと特徴

カードローンは大きく分けると「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」「信販系カードローン」があります。

ここでは銀行カードローンのおすすめポイントや、他のカードローンとの金利や返済方法、サービスの違い、銀行カードローンならではの特徴などをご紹介します。

銀行カードローンなら低金利!

ginkoukinri

なんといっても銀行カードローンのメリットは低金利だということでしょう。

消費者金融のカードローンも以前に比べると金利が低くなっていますが、それでもまだ比べると銀行カードローンの方が全体的に低い金利設定になっています。

特に最大金利の低さは他のカードローンよりもグンと下がっています。カードローンは利用額、つまり借入額が多いほど金利が低く設定される傾向にあります。

つまり大口融資を受けるのであれば、銀行カードローンが断然有利だと考えられるでしょう。金利が低ければ、最終的に支払う利息も安くなりますし、返済期間も短くて済むということです。

銀行カードローンの審査は?

ginkousinsa

「銀行ローンとなると、やっぱり店頭へ行って面接審査を受けて、しかも審査基準は厳しいんだよね・・・」そんな昔のイメージを持っていませんか?

現在ほとんどの銀行ローンはインターネットの申し込みや、来店不要でキャッシングができるシステムに変わってきています。

条件によっては消費者金融よりも素早い審査回答で、最短即日キャッシングが可能な場合もあります。もちろん全ての手続きがネット上で完結できる銀行カードローンも増えています。

では審査内容はどうなっているでしょうか?やはり銀行だから審査も厳しいのでは?と考える方も多いでしょう。

審査の基準については各銀行によって違い、その内容を一般の私たちが知ることはできないのですが、多くの個人向け銀行カードローンの審査はそれほど厳しくないという口コミや体験談をよく目にしますよね。

実はこれには理由があります。現在の銀行カードローンの手軽さや使い勝手の良さは、その手法を消費者金融業者から導入しているところからきています。ご存知の方も多いかもしれませんが、現在の大手消費者金融業者は銀行や銀行のグループ企業となっています。

例えばアコムは三菱UFJファイナンシャルグループですし、モビットは三井住友銀行グループです。消費者金融業者を傘下に置くことで、銀行はその運営ノウハウを取り入れ、より利用者のニーズに応える個人向けローンを提供できるようになったのです。

そして当然、審査に関するノウハウも取り入れるようになったのです。例えば三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」では、保証会社がアコムになっています。審査に関してはアコムの基準に準じているという流れになっていると考えられますね。

また、銀行のローンならば年収もしっかりと確認されるのでは?と感じますよね。

しかし、一定額までの利用限度額であれば収入証明書類不要というところが多くなっています。もちろん審査や在籍確認の段階で年収を調査するようなこともありません(そもそもそんな調査はできません)。

収入の少ないパートやアルバイトでももちろん、収入の無い専業主婦でも配偶者融資OKの銀行カードローンが増えているのです。

こういった理由から、以前ではとても銀行ローンなど組めなかった条件の人でも利用できるようになったのが、現在の銀行カードローンなのです。

「自分が銀行からお金を借りるなんて無理だろうな・・・」という方こそ、身近になった銀行カードローンを検討してみることをおすすめします!最近では自動契約機を用意しているバンクイックのような銀行カードローンまで登場しました。

意外とネックになるATM手数料が無料という銀行カードローンもあります。消費者金融の手軽さと銀行の低金利が合体した、最も気軽に使えるローンといった存在になっていますね。

銀行カードローンの返済方法は?

ginkouhensai

返済方式は各カードローン商品によって違っていますが、現在主流となっているのは残高スライドリボルビング方式でしょう。

これは毎月の借入残高によって、月々の返済額が変わっていく返済方法です。消費者金融のカードローンや、クレジットカードの返済でもよく採用されている方式ですね。

また、借入限度額内であれば何度でも借り入れや返済を行うことができるのも、利用者にとって便利なところでしょう。毎月の返済日を選べるようになっている商品も多く、使い勝手の良さも消費者金融並みになっています。

返済方法で気になるのがATMでの返済ですよね。銀行カードローンとなると、やはりその銀行のATMで返済しなければならないのでは?と心配になります。

しかし大手銀行をはじめ多くの銀行カードローンが、コンビニATMや他の金融機関のATMを提携ATMとしています。自分の身近な場所にあるATM返済できるようになっているのも、現在銀行カードローンが人気になっている要因でしょう。

もちろんネットバンクに対応していて、ネット上や携帯やスマホなどで簡単に返済(またはキャッシング)できる商品も増えています。

銀行カードローンには他のカードローンに比較するとどんなサービスや優待がある?

ginkouyuutai

銀行カードローンならではサービスやメリットを考えてみましょう。

・口座保有者への優遇
自分が口座を持っている銀行のカードローンの場合には優遇サービスのある銀行カードローンもあります。金利優遇のサービスがあったり、本人確認書類の提出が不要だったりとなにかとお得だったり便利になったりします。

銀行カードローンの利用には普通預金口座の開設が必要という商品もありますが、カードローンの申し込みと同時に口座開設申込ができる場合が多いので、口座が無いからといって特に心配する必要はありません。

・銀行ならではの安心感
やはり、お金を借りる際には信頼できるところから借りたいと思うのが心情でしょう。

イメージの面で「消費者金融からは借りたくない」と思う方も多いかもしれません。銀行カードローンならば信頼面でもイメージ面でも問題ないですね。

また経営が安定していて倒産などの心配がほぼ無いというのも大きいですよね。

・住宅ローンの利用で金利優遇
同じ銀行で住宅ローンを利用している方には、金利が引き下げられるという優遇がある場合もあります。

・総量規制の対象外でおまとめがしやすい
年収の3分1以上の新たな借り入れは、法律の総量規制で制限されているということは、ご存知の方も多いでしょう。

しかし、この法律というのは貸金業法というもので、消費者金融や信販会社といった貸金業法に則って経営している業者に適用されるものです。銀行は銀行法によって経営しており、貸金業法の影響を受けません。

そのため総量規制にかかる年収の3分の1以上の借入をすでにしている人でも、新たに借り入れのできる可能性があるのです。

もちろん銀行による審査がありますので、収入に見合わない借金残高がある方は難しいでしょう。この場合には「おまとめ」系の銀行カードローンを検討することをおすすめします。

最大借入限度額が他のカードローンよりも高く設定されている商品が多い点も、おまとめや借り換えを検討している人には嬉しいですね。

・証券口座保有で金利優遇
同銀行やグループで証券会社がある場合、証券口座開設や保有者に対して金利優遇などのサービスがある商品もあります。

例えば住信SBIネット銀行の「Mr.カードローンプレミアムコース」では、SBI証券保有登録済みの方は金利が年0.5%引き下げとなります。投資を行っている人は確認しておきたいポイントですね。

銀行カードローン一覧

ginkouitiran

以前は店頭契約・店頭利用がメインだったため、銀行の個人向けローンは限られた人のためといった商品でした。

しかし、インターネットや全国規模の提携ATMなどのインフラが整ったこともあり、より多くの人たちに利用しやすいカードローン商品を提供する銀行が増えています。

そこで全国の主な銀行カードローンを一覧にまとめてみました。

銀行カードローンといってもこのように様々な種類があります(同じ銀行でも用途や対象者によって複数商品を用意しているところも多いですね)。自分にとって使い勝手の良い銀行カードローン選びの参考にして下さい。

・三菱東京UFJ銀行:バンクイック
・三井住友銀行:三井住友銀行カードローン
・楽天銀行:楽天銀行スーパーローン
・新生銀行:「レイク」「スマートカードローンプラス」
・みずほ銀行:みずほ銀行カードローン
・セブン銀行:セブン銀行カードローン
・住信SBIネット銀行:Mr.カードローン
・りそな銀行:りそなプレミアムカードローン
・じぶん銀行:じぶん銀行カードローン
・オリックス銀行:オリックス銀行カードローン
・イオン銀行:「カードローンBIG」「ネットフリーローン」
・ジャパンネット銀行:ジャパンネット銀行カードローン
・東京スター銀行:「のりかえローン」「スターカードローン」
・横浜銀行:横浜銀行カードローン
・ソニー銀行:ソニー銀行カードローン
・千葉銀行:ちばぎんカードローン
・静岡銀行:しずぎんカードローン
・スルガ銀行:「リザーブドプラン」「ダイレクトワン」
・北海道銀行:ラピッド
・群馬銀行:ナイスサポートカード
・長崎銀行:ながさきカードローン
・北洋銀行:スーパーアルカ
・トマト銀行:「キューリ」「トマト・カードローンMAX」
・福岡銀行:福岡銀行カードローン
・八千代銀行:プラスユーネクスト
・仙台銀行:エクセレント
・静岡中央銀行:「しずちゅうCSカードローン」「しずちゅうプレオカード」
・京都銀行:京銀カードローンW(ワイド)
・第三銀行:「エグゼクティヴOne」「SUN」
・大垣共立銀行:THEマキシマム
・北日本銀行:ASUMO(アスモ)
・滋賀銀行:しがぎんSカードローン
・中京銀行:「C-Style」「ハイステージ」
・武蔵野銀行:「シグナス」「むさしのスマートネクスト」
・足利銀行:あしぎんカードローン”Mo・Shi・Ca”
・南都銀行:「E-PACK」「キャッシュクイック」
・常陽銀行:CASHPIT(キャッシュピット)
・福邦銀行:新なんでもザウルスカードローン
・広島銀行:「マイライフプラス」「ルティアラ」「ハローローンワイド」など

「 銀行カードローンのおすすめポイントと特徴 」 一覧

ゆうちょ銀行カードローン「したく」の特徴は?金利や審査は?返済は簡単?

自分にとって一番身近な金融機関が郵便局、すなわち「ゆうちょ銀行」だという方も多い …

横浜銀行カードローンの金利と特徴

個人向けの銀行カードローンは、年々借りやすく使いやすくなっていますが、その傾向は …

静岡銀行カードローン「セレカ」の金利と特徴 | 5秒診断ですぐ分かる

地方銀行というと「地域に根ざした営業」というイメージがあるかもしれませんが、近年 …

北洋銀行カードローン「スーパーアルカ」の金利と特徴

北海道の地方銀行である北洋銀行の個人向けカードローン商品は「SUPER arca …

群馬銀行カードローンの金利と特徴 | キャッシングは最短で1週間

地方銀行の個人向けカードローンも、大手銀行系カードローンと比較しても見劣りしない …

千葉銀行カードローンの金利と特徴 | 原則として収入証明書は不要

千葉銀行の個人向けカードローンは「ちばぎんカードローン」として知られています。 …

りそな銀行カードローンの金利と特徴 | パートやバイトもOKなカード

りそな銀行ではあなたの条件などに合わせて2つのカードローンから選ぶことができます …

ソニー銀行カードローンの金利と特徴 | 月々2000円からの返済は魅力

ネットバンクを利用する方が増えています。 実店舗を持たずオンライン上で全ての取引 …

横浜銀行カードローンの金利と特徴 | 年1.9%は最高水準の最低金利

個人向けの銀行カードローンは、年々借りやすく使いやすくなっていますが、その傾向は …

スルガ銀行カードローンの金利と特徴 | ガン保障特約が無料で使える

低金利で融資限度額も高く、さらに使い勝手の良さも改善された銀行の個人向けカードロ …