みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

消費者金融カードローンのおすすめポイントと特徴

カードローンの中でも最も私たちに身近な存在なのが、消費者金融のカードローンでしょう。

「お金を借りたい」と考えたら、まず真っ先に頭に浮かぶ存在かもしれませんね。ここでは、消費者金融のカードローンに興味があるけど詳しく知りたい、初めての借金でどうしたら良くのか分からないという人のために、消費者金融カードローン全般についてご説明します。

また、消費者金融と聞くと「ちょっといい印象が無い」という方にこそ、現在の消費者金融について知って頂きたいのです。

「金利が高い」「返済が厳しい」「取り立てが怖い」そんなイメージを持っていませんか?ここ10年程度で消費者金融業界は大きく様変わりしているのです。

消費者金融カードローンは金利が高い?!

kinritakai

消費者金融というと「金利が高い」というイメージのある人は多いでしょう。「高金利で利息の返済に困って債務整理・・・」そんなウワサ話もよく耳にしますよね。

確かに法整備がなされる前までは、いわゆるグレーゾーン金利と呼ばれる高金利が当たり前の世界でした。年利30%近い金利で貸し付けていた業者がほとんどでした。

もちろん業者側にも問題があるでしょうが、当時の法律に抜け穴があったことも問題だったでしょう。

その結果、結局過払い金の請求が法廷で認められ、多くの消費者金融業者が経営を見直す流れになったのです。(中には武富士のように大手でも倒産という事例もありました。当然、悪質な業者は淘汰されていきました。)

その後、貸金業法は改正され、平成22年(2010年)6月18日に完全施行されました。これによりグレーゾーン金利は撤廃され、またほとんどの業者が経営体制も一新したのです。

大手の消費者金融業者はほぼ銀行系のグループ企業となり、どの業者もクリーンなカードローンの運営に徹底するようになっていきました。現在でも立派に営業している業者は、苦難の時代を乗り越えて生まれ変わっているのです。

特に超大手消費者金融業者である、アコム、プロミス、アイフルといったクラスになれば、一流企業として信頼して問題ないレベルでしょう。

もちろん現在でも消費者金融の金利は、他のカードローンに比べると高めです。銀行カードローンの審査に通ったのならば、わざわざ消費者金融を利用するメリットは少なくなっているでしょう。

しかし、その差はわずかなものになっています。例えば三井住友銀行カードローンは契約限度額最高800万円で、金利は年4.0%~14.5%となっています。

一方、三井住友銀行グループの消費者金融業者モビットは、契約限度額は同じく最高800万円で、金利は年3.0%~18.0%になります。なんと最低金利では本家の銀行カードローンを下回っているという例もあるのです。

もちろん最低金利が適用されるための条件がありますので、誰でもがモビットの方がお得という訳ではありませんが、利用条件によっては消費者金融カードローンの方が有利になることもある時代になっているのです。

今までは銀行ローン以外しか考えていなかった方でも、選択肢のひとつとして消費者金融カードローンを加えることができるでしょう。

消費者金融カードローンの審査は甘い?

egaoakusyu

カードローンには、銀行系、信販系、消費者金融系が主な借入先になりますが、どのカードローンでも必ず審査があります。

そして、傾向としてはまず間違いなく消費者金融カードローンの審査が一番甘いといえるでしょう。「甘い」というと語弊があるかもしれませんが、柔軟な審査対応をしてくれると考えて良いでしょう。

特に、借入希望額が少ない場合には、収入証明書も不要なカードローンがほとんどですので、安定した収入のある仕事をしている方であれば余り審査を不安に思うこともないでしょう。

もちろん審査基準については各業者が独自の基準を持っており、一般に知らされることもありませんので、申し込みをして審査を受けてみないと確かなことは分かりません。

信用情報も参照されますので、過去に債務整理や事故記録の残っている場合には審査通過率は低くなります。

・総量規制について
改正貸金業法では、消費者が行き過ぎた借金をしてしまわないように、年収の3分の1以上の金額の貸付は行えないように定められています(総量規制)。

これはどこの業者でも守っていますので、すでに総量規制以上の額の借金残高がある方は、どこの審査も通ることはないでしょう。どうしても困っている場合には、おまとめローンや借り換えローンといった目的別ローンを検討しましょう。

実は、消費者金融業者でもおまとめや借り換えだけでなく、教育や事業系ローンを扱っているところがあるのです。

・「審査無し」には注意!
キャッシングのチラシなどで「審査無し」「ブラックOK」「年収の3分1以上の借入があっても大丈夫」などという謳い文句を目にしたことはないでしょうか?

こういった業者はまず間違いなくいかがわしい業者です。

そもそも貸金業界の決まりとして、広告に「誰でも貸す」といった意味合いの文言を入れてはいけないことになっています。審査が無いなどということはありえないのです。

本当に困った人には魅力的に見えてしまうかもしれませんが、素性の分からない業者からお金を借りるほど怖いことはありません。消費者金融業者は比較的、柔軟に対応してくれます。

大手がダメでも、相談するのはある程度名の知れた中堅業者程度までにしておきましょう。場合によっては債務整理という道も検討することをおすすめします。

消費者金融カードローンの返済方法は?

atmhensai

現在の消費者金融カードローンの返済方法は、残高スライドリボルビング方式が主流となっています。

これは、借入額の残高に応じて月々の返済額が変わっていく返済方法です。借入額が多くなった場合には多く支払うことによって、返済期間が長引いてしまうことを防げます。

また、返済日に関してはいくつかの返済日から選択できるようになっている業者が多いですね。給料日の日にちや、自分のマネープランに合わせた返済日を設定できるようになっています。もちろん余裕のある時には追加返済することも可能です。

口座振り込みでの返済や、ネットバンキングでの返済、指定銀行口座からの引落し返済も可能ですが、コンビニATMと提携し全国のATMで返済(借り入れも)できるのも便利なポイントです。

昔の消費者金融のように、返済の度に怪しげな雑居ビルの自社ATMへ駆け込む必要はなくなっているのです。提携ATM利用手数料が無料のところも多いですので、ひんぱんに出し入れする予定のある方はチェックしておきたいポイントですね。

消費者金融カードローンにはどんなサービスやメリットがある?

syouhisyakinyubenri

消費者金融カードローンのいちばんのメリットは「手軽さ」「便利さ」でしょう。

もともと土日祝日でも店頭窓口で即日融資を受けることはできました。自動契約機なども登場し、急にお金に困って時にはすぐに借りられる場所という存在でしたよね。

最近ではネット申し込みからのネットキャッシング、全ての手続きがWEB完結というのが主流となっています。中にはカードの発行も行わず、郵送物も一切ない、完全にネット上だけで利用できるカードローンも出てきています。

パソコンはもちろん、スマホや携帯さえあれば、いつでもどこでもカードローンキャッシングが可能になってきているのです。

最近は銀行カードローンでもスピード対応を掲げるところが出てきていますが、やはり素早さやフットワークの軽さでは大手消費者金融が安定しています。

・無利息のローンがある!
銀行カードローンや信販系カードローンにはほぼ無いサービスが「無利息サービス」でしょう(銀行系では、元消費者金融であるレイクでは行っています)。

カードローンの世界で無利息ということは、利用料金が無料ということです。

つまり一般のお店に例えると「商品の無料サービス!」と同じことなのです。ほとんどの業者で、その会社のローンを初めて利用する方へのサービスとして導入しています。

多くが1ヶ月程度が無利息期間になりますので、カードローンが初めてという方は知らないと損をするかもしれませんね。

また、ノーローンのように、一週間以内に返済を済ませると、次の借入も一週間無利息という珍しい形態のカードローンもあります。短期間で返済できる目安が付いているのならば、非常に魅力的なサービスでしょう。

銀行系カードローンとの違いは?

ginkoukeitigai

今からカードローンを利用したいという方は、銀行カードローンか消費者金融カードローンのどっちにするか悩むという人が多いのではないでしょうか?

銀行カードローンが消費者金融並みの手軽さを打ち出していますので、金利の面でも比較すると魅力が大きいですよね。

銀行カードローンと消費者金融カードローンの大きな違いは、基づいている法律でしょう。

銀行は銀行法に、消費者金融業者は貸金業法に基づいて経営しています。特に私たちにとってポイントとなるのが「総量規制」でしょう。総量規制は貸金業法による規制ですので、当然、消費者金融カードローンは対象となります。

一方で銀行カードローンは総量規制対象外ということになるのです。銀行カードローンにおまとめや借り換えといったローンが多いのは、金利面以外にも理由があるのです。(ちなみに信販系カードローンも総量規制の対象となります)

また、銀行カードローンは銀行が運営していますので、基本的に銀行の営業日時に準じています。土日祝日や営業時間外の対応となると弱い部分があります。

例えば日曜日に申し込んだ場合、実際に受け付けて審査が始まるのは翌営業日の月曜日になるというケースがほとんどです。今すぐに借りたい!というような場合には難しいこともあります。

とはいえ、銀行カードローンは日々使い勝手が良くなってきています。中でも楽天銀行やセブン銀行のようなネットバンクは、もともとインターネット上での取引がメインのため、カードローンの対応もスピーディーです。

こういった銀行カードローンと争うように、バンクイックのように大手銀行でもスピード重視を打ち出す商品も出てきています。

私たち利用者にとっては、素早く手軽に低金利で利用できるカードローンがどんどん増えているという嬉しい状況ですね。あとは、自分の条件に見合った、最適なカードローンを選ぶだけで、余裕を持ったマネーライフをエンジョイすることができるのです。

「 消費者金融カードローンのおすすめポイントと特徴 」 一覧

中小規模の消費者金融のカードローンってどういう業者があるの?

消費者金融というと、テレビや雑誌で広告しているような大手企業しか知らないという人 …