みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

おまとめ・借り換えローン|カードローンの返済に困っている時に使えるのはこれ

気軽に自由に使えるお金を借りることのできるカードローン。最近は身近なコンビニATMで借入や返済ができるため、ますます利便性がよく手軽な存在になっています。

そうなると、ついつい使い過ぎてしまうこともありますよね。最初は軽い気持ちで借りたのに、ずるずると返済と借入を繰り返してしまい、いつの間にか借入限度額いっぱいまで使っていてしまったという方が多いようです。

それでも1社ならば救いがありますが、次は返済に困って他のカードローンと契約をしてしまい、いつの間にか多重債務者になってしまうケースも。そうして毎月返済を続けていても一向に借金の元金が減らないという悪循環に陥ってしまってはいないでしょうか?

「今は大丈夫」と思っていても、イレギュラーな出費があればとたんに破たんしてしまいます。さらにはクレジットカードでショッピングだけでなくやキャッシングもしてしまし、気づけばカード地獄なんて方も多いですね。

そこで登場したのが「おまとめローン」や「借り換えローン」といったローン商品なのです。複数の借金をまとめたり、金利の低いカードローンに借り換えることで、月々の返済額や利息を減らし、借金の完済を実現しやすくすることを目的としているローンです。

ここでは、おまとめローンや借り換えローンについて、その特徴やメリット・デメリットなどを知り、自分の借入状況にあったおまとめ・借り換えローンを見つけるお手伝いをさせて頂きます。

また、人気のあるおすすめのおまとめ・借り換えローンもご紹介します。借金返済の近道は「低金利で一本化!」なのは間違いないのです!

返済が楽になる!おまとめローンと借り換えローンの特徴と違い

hensairaku

利用者の利息や月々の返済額といった負担を減らすといった目的は同じですが、おまとめローンと借り換えローンとでは少し意味合いが違ってきます。

・おまとめローン
複数の借入をより金利の低いローンひとつに借り換えるもの

・借り換えローン
現在借入しているローンよりも金利の低いローンに借り換えるもの

現在の借入先が1件ならば借り換えローン、2件以上ならばおまとめローンということですね。

ちなみに、クレジットカードのキャッシング枠の利用も借入件数に含まれますので、カードローンでの借入は1件でも、借り換えをする際にはキャッシング枠の利用分も合わせて借り換えられるローンを考えなければなりません。

おまとめ・借り換えすることのメリット・デメリット

meritdemerit

【メリット】

・金利が低くなる
金利が下がるということは、今後支払わなければならない利息が少なくなるということです。

「細かいことは気にしないから」というどんぶり勘定ですと、最終的に支払う額に大きく差が付くことにもなりかねません。おまとめ・借り換えをシビアに活用してお金の節約を考えましょう。

・月々の返済額が安くなる
一概には言えませんが、複数の借り入れがあった場合などは特に、一本化することで毎月の返済金額の減少を実感できるでしょう。

例えば、毎月A社に2万円、B社に3万円、合計5万円返済していた人が、ひとつのおまとめローンに一本化することで月々の返済はC社に2万円だけになる、といった具合です。

返済額が減ることで生活も安定しますし、新たな借り入れをする必要もなくなりますね。

・毎月の返済が1回になる
借り換えの場合は同じですが、今まで複数社に返済していた場合、借入先ごとに返済日が分かれてしまっていた方が多いでしょう。

支払日が複数あるというのは、それだけでストレスですし、また返済し忘れの原因ともなってしまいます。一本化することで毎月の返済日は決まった1日のみになり、計画的なお金の使い方にもつながりますし、返済し忘れによる遅延も防ぐことができます。

完済までの返済計画も立てやすくなりますね。

・完済までの期間や総支払金額を減らすことができる
上手なおまとめや借り換えを利用することで、最終的に返済し終わる=完済までの返済期間を短くし、総支払額を抑えることにつながります。

・債務整理と違い信用情報にキズが付かない
借金の解決方法として、債務整理という手段もありますが、こちらは個人信用情報に事故情報として記載され数年間保持されます。

しかし、おまとめ・借り換えローンは、信用情報上では単に新規の貸し付けという扱いになります。

もちろん事故情報ではありませんし、元からあった借入は完済というポジティヴな情報が記載されることになります。

今後の生活のことを考えれば大きなメリットといえるでしょう。(ただし、おまとめや借り換えしてもどうにもならない状況ならば、債務整理という手段も当然検討するべきでしょう。)

【デメリット】
基本的には長所の多いおまとめ・借り換えローンですが、デメリットも知っておきましょう。

・完済までの期間や返済総額が多くなる場合もある
おまとめや借り換えによって月々の負担を減らすことによって、支払う額が少なくなりますので、元金の完済が長引くこともあります。

またその分利息がつくため、返済総額を比較すると増えてしまうケースも考えられます。毎月の負担を減らすことも目的でしょうが、完済までのトータルで支払う金額をシミュレーションして検討することも大切ですよ。

・審査に通らないと借り換えもできない
当たり前なのですが、おまとめローンや借り換えローンにも審査があります。通常のカードローン審査と同じように、直近の返済状況が芳しくない方は審査に通らないことがあります。

・金利が下がらない場合がある
カードローンの金利は通常、最初はそのローン商品の最大金利が適用されます。その後利用状況を見ながら金利引き下げがされていく流れになります。

そのため、現在の借入先の金利の方が、借り換えようと思っていたローンの金利より低いということもあり得るのです。利用期間の長い借入先があるのであれば、そこで一本化の相談をするという方法もあります。

・新たにお金を借りてしまう
一本化や借り換えをするということは、今までの借入先を完済するということですよね。

完済された側にすると「おや、このお客さんはきっちりと完済してくれた。よしもっと貸しても大丈夫だな。」と判断することもあるのです。

借金を完済したことのある方なら心当たりがあるかもしれませんが、「利用限度額を増額することができますよ」「もっと金利の低いローンを利用できます」などというお誘いが来るケースが多いのです。

借り換えしたことで月々のお金にも少し余裕が出てきたところですので、ついつい新たな借入をしてしまう人がいるのです。こうなるとまた振り出しへ戻ってしまいます。おまとめ・借り換えをしたからといって、借金の額が減った訳ではないのです。

また、場合によってはおまとめ・借り換えをした金融会社から「残っている分を一括で返済して下さい」と請求されてしまうこともあります。

金融会社各社では、あなたが他社から借入を行うと信用情報機関を通じてすぐに分かるようになっています。「うちでまとめて完済を目指すはずだったのに、この人また借入している!」と態度を硬化させられても文句は言えないのです。

おまとめ・借り換えローンと総量規制

omatomekarikae

おまとめや借り換えをする際に注意したいのが「総量規制」です。

総量規制は貸金業法で定められた規制で、年収の3分の1以上の新たな借入(貸付)はできないということになっています。

現在すでに年収の3分の1以上の借入残高がある人は、カードローンに申し込んでも審査で落とされるということですね。ただし、総量規制には例外があります。

法律上では「顧客に一方的に有利となる借換え」と表現されていますが、具体的には以下の条件になります。

・毎月の返済額、または返済の総額が借換え前より少なくなる場合
・借入残高の利率が、借換えによって借換え前より下がる場合(借入が複数ある場合には残高の平均利率と比較します)

以上の条件が揃った場合には、例外として少量規制の対象外として、新たなローンを利用することができます。消費者金融のおまとめローンには「貸金業法に基づくおまとめローン」といった説明がされているのは、こういった条件があるためなのですね。

また、銀行法で運営している銀行は貸金業者ではありませんので、そもそも貸金業法の総量規制の影響を受けません。

その上、銀行ならではの低金利と余裕のある限度額という好条件が揃っているため、消費者金融での借入のおまとめ・借換え先として銀行カードローンの人気があるのも納得ですね!

おまとめ・借り換えローンの審査は厳しい?

omatomesinsa

そもそも、おまとめや借り換えとなると希望融資額自体が大きい額になりますよね。その分当然審査も厳しめになることは予想されるでしょう。過去の延滞情報や事故情報はチェックされると考えておいた方がよいでしょう。

審査に通りやすくなるポイントとしては、どの程度「おまとめ」を推奨しているかというところをチェックしましょう。金利や限度額などの条件は良くても、おまとめに積極的でないカードローンですと、他社の借入件数などを見ただけで審査を弾かれてしまうこともあります。

その点、おまとめや借り換えに積極的なところならば、借入件数や収入に対して希望額が大きいことは承知の上になります。

審査に通らないと信用情報に申し込みをした事実のみが記載されてしまいます。比較的すぐに削除される記載ですが、短期間に集中していると他の審査も通りづらくなってしまいます。

おまとめや借り換えの際には、専門のカードローンのあるところをおすすめします。

おまとめ・借り換えにおすすめの銀行カードローン

omatomecard

総量規制対象外となり、金利も低く融資限度額も高い銀行カードローンは、おまとめ・借り換え先としては最適でしょう。

しかも最近の銀行カードローンは、審査スピードや手続きの簡単さ、提携ATMの多さなどの利用のしやすさという面でも充実してきています。

ここでは特におまとめローンや借り換えローンとしておすすめ銀行ローンをご紹介します。

・東京スター銀行「おまとめローン」
おまとめローンという呼び方を定着させた感もある、おなじみ東京スター銀行のおまとめローンです。

正式名称は「スターワンバンクローン」で、おまとめローンとのりかえローンがあります。

おまとめローン融資限度額は1000万円までで、実質年率5.8%~14.8%(保証料を含む)となります。

のりかえローン融資限度額は1000万円までで、実質年率7.8%~9.8%(保証料を含む)となります。

実店舗の少ない銀行だけに、インターネット上での申し込みや取引も得意としています。最近はスマホアプリの「LINE」で、新規申し込みに関する問い合わせを受け付けるというユニークなサービスも始まっています。

・みずほ銀行カードローン
みずほ銀行はおまとめローンに積極的な銀行です。融資最大限度額も1000万円までと余裕ですし、金利は年4.0%~14.0%(コンフォートプラン)と低金利です。

さらにみずほ銀行の住宅ローンを利用していると年0.5%金利が引き下げられる優遇があります。

また、審査によってエグゼクティヴプランの利用が可能となると、さらに金利は年3.5%~7.0%と低金利になります(住宅ローン利用の金利優遇を受けると年3.0%~)。

みずほ銀行口座をお持ちの場合、最短即日の利用も可能というスピーディーな対応も魅力的ですね。

・楽天銀行「楽天銀行スーパーローン」
楽天銀行もおまとめ・借り換えに積極的な銀行です。

ホームページ上には「おまとめ・借り換えについて」の専門のページが用意され、詳細やよくある質問に答えてくれています。

返済シミュレーションツールも用意されていますので、現在の借入の場合と、おまとめ・借り換えをした場合とを比較してみることもできます。最大融資額は500万円で、実質年率4.9%~14.5%となっています。

・オリックス銀行カードローン
おまとめ・借り換えもOKとするオリックス銀行のカードローンです。

融資限度額最高800万円までで、実質年率1.7%~17.8%となります。最大金利が銀行ローンにしては高めですので、要確認ですね。希望限度額300万円以下ならば所得証明書は原則不要で、最短即日審査可能という手軽さも魅力です。

・イオン銀行「おまとめローン・ネットフリーローン」
イオン銀行のおまとめ・借り換え可能な利用使途自由なローンです。

こちらはインターネット限定のローン商品となっていますので、申込から契約まで来店不要でスピーディな契約が可能です。限度額は700万円までで、実質年率4.8%~13.5%となっています。原則として希望限度額300万円までは収入証明書が不要となっています。

・三菱東京UFJ銀行カードローン「バンクイック」
実は、バンクイックはおまとめや借り換えにはそれほど積極的ではありません。

しかし、消費者金融レベルの使い勝手の良さと、銀行ならではの低金利を併せ持ったカードローンとしてご紹介しておきます。融資限度額最高500万円までで、実質年率4.6%~14.6%という実力ならば、おまとめや借り換えローンとしても充分使える商品ですよね。

銀行ローンですので総量規制の対象外でもありますし、100万円までの希望額であれば収入証明書も不要です。インターネットでの契約完了や、店頭の自動契約機といった手軽さも魅力ですね。

他の銀行カードローンもそうですが、消費者金融系ローンの上限金利からの借り換えと考えると、ほんとんどの銀行ローンが最高金利の貸付であっても利用価値があるのではないでしょうか。(ただし、審査の際に他社での借入額や借入件数がマイナス要素となる可能性はあります。)

おまとめ・借り換えにおすすめの消費者金融カードローン

omatomesyouhisya

消費者金融カードローンも低金利化が進んでいますので、おまとめや借り換えローンとしての需要が増えています。

特におまとめ・借り換えに積極的で、総量規制の例外貸付を行っている消費者金融業者をご紹介します。

・アコム「貸金業法に基づく借換え専用ローン」
ホームページ上では専用のページが設けられ、積極的におまとめ・借換えを推奨しています。契約極度額は300万円までで、実質年率7.7%~18.0%となります。

・プロミス「貸金業法に基づくおまとめローン」
こちらも専用のページが用意されています。融資限度額は300万円までで、実質年率6.3%~17.8%となります。

・アイフル「おまとめMAX」「かりかえMAX」
おまとめ・借り換えそれぞれに専用のローンが用意されています。ともに最高融資限度額は500万円までで、実質年率はおまとめMAXが12.0%~15.0%、かりかえMAXが12.0%~17.5%となっています。

おまとめMAXはアイフル利用者、または利用したことがある方が対象となります。

※ちなみに、これらのおまとめ・借り換えローンは返済専用のローンとなります。一般のカードローンのように、限度額まで追加借入れと返済を繰り返すという使い方はできません。

「 おまとめ・借り換えローン|カードローンの返済に困っている時に使えるのはこれ 」 一覧

おまとめローンと借り換えローンの違いは?銀行と消費者金融ではどう違う?

10秒で分かる!この記事のまとめ ・おまとめローンと借り換えローンは同じ ・消費 …

おまとめローンのメリットとデメリットを徹底研究!

おまとめローンを検討しているということは全員多重債務者ということだと思います。 …

多重債務者はおまとめローンと債務整理どっち?審査に通るポイントは?

いつの間にか増えてしまった借金。生活も苦しいのに無理をして返済を続けていませんか …