みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

低金利・無利息でキャッシング出来るカードローンはどれ?

金利が高ければ、その後支払う利息が多くなります。面倒な計算は苦手という方でも、このシンプルな法則は分かりますよね。

どうせお金を借りるならば、金利の低いところで借りて、少しでも返済額や返済回数を少なくしたいと思うものです。

ここでは低金利のキャッシングについて考えてみましょう。

また、金利の決まる仕組みや、無利息のサービス、おまとめローンについてもご紹介します。その上で各キャッシング商品の金利を比較してみましょう。

金利はどうやって決まる?

sinsatyuu

キャッシングやカードローンの広告などを比較してみると、どこも「実質年率◯◯%~◯◯%」というように提示されていますよね。

スッパリと「18%!」などといったように提示されていれば、比較するのも簡単ですが、適用される金利に幅があると迷ってしまいます。

これは、適用される金利は各会社の審査によって決められるため、個人によって違いが出てくることがあるためです。

基本的には金利は、その業者でいくら借りているかという借入額を基に決定します。ですので、少額を借りる時ほど高金利が適用され、キャッシング額が大きくなるほど低金利になるという大前提は覚えておきましょう。

ただし、銀行系カードローンなどは単純に貸し付け残高や借入限度額で決定することも多いのですが、消費者金融などではさらにその他の要素を加味して決定されることもあります。過去の信用情報であったり、申し込み時の属性など、参考とされる要素は様々です。

初めての場合は最高金利を比較しよう!

kinrisyorui

通常、その業者を初めて利用する場合、いきなり最高額の限度額が与信されることはありません。

まずは少額の融資から始まり、利用状況を見ながら随時限度額が上がっていくというケースが多いのです。ですので、初めての場合には提示されている最高金利程度が適用されると思っておいた方が良いでしょう。

例えば、単純に金利だけで比較する際

A社「実質年率4%~18%」
B社「実質年率6%~15%」

となっていると、つい最低金利の低いA社に目が行ってしまいますが、実際に適用されるのは最高金利なのでB社の方が低かったということになるのです。

利息0円キャッシングを上手に活用!

zeroen

また、注目したいのが「金利0円」のサービスです。現在ではグレーゾーン金利が撤廃されたこともあり、各キャッシング業者とも金利面では大きな違いが少なくなっている状況です。

そこで他社との差別化のために「無利息キャンペーン」や「無利息期間」を設けている業者が増えているのです。初めてご利用の方などの条件に合う方ならば、一定期間無利息で利用できますので、これ以上金利の低いキャッシングはないでしょう!

【主な無利息サービス】
・ノーローン
1週間以内の利用であれば無利息が何度でも利用できる!という画期的なキャッシングで人気の商品です。「無利息ローン」ブームの火付け役といったところですね。

・アコム
アコムの利用が初めての方ならば、30日間「金利0円」で利用することができます。以前はキャンペーンとして随時開催されていましたが、現在は常設のサービスとなっています。

・プロミス
プロミスの利用が初めての方は、30日間無利息で利用することができます。メアド登録とweb明細の利用が条件となります。

・レイク
初めてご利用の方は、2種類の無利息サービスから選ぶことができます。

大手消費者金融・信販系カードローン・銀行系カードローンを金利で比較

oote

では、具体的に各業者ごとの金利を一覧で比較してみましょう。キャッシングを選ぶ材料は金利だけではありませんが、重要なポイントとなるでしょう。

・アコム:4.7%~18.0%
・プロミス:4.5%~17.8%
・モビット:3.0%~18.0%
・ノーローン:4.9%~18.0%
・アイフル:4.5%~18.0%
・新生銀行カードローンレイク:4.5%~18.0%
・クレディセゾンマネーカード:15.0%(利用可能額によって6.47%と8.47%のコースもあり)
・三菱東京UFJ銀行カードローンバンクイック:4.6%~14.6%
・みずほ銀行カードローン:4.0%~14.0%
・楽天銀行スーパーローン:4.9%~14.5%
・三井住友銀行カードローン:4.0%~14.5%
・ソニー銀行カードローン:2.5%~13.8%
・東京スター銀行スターカードローン:4.5%~14.6%

低金利ならおまとめローンもおすすめ

omatomerone

通常のキャッシングやカードローンと違い、複数の借入をまとめる目的のキャッシングが「おまとめローン」と呼ばれるものです。

総量規制によってこれ以上の借入が出来ない場合でも、おまとめの条件次第では借金の一本化が可能となります。

おまとめできる条件には、現状の金利で返済した場合よりも、最終的に支払う利息が少なくならなければなりません。そのため「おまとめ」系の目的ローン商品は低金利となっています。代表的なおまとめローンをご紹介します。

・東京スター銀行:スターワンバンクローン
おまとめローンといった名称が広まる初期からテレビCMなどで有名でしたので、「おまとめといえば東京スター銀行」という印象を持つ人も多いかもしれませんね。

年率5.8%~14.8%、限度額は30万円~1000万円以下となっています。

金利を見てもらうと分かるように、現在では銀行系カードローンであれば同程度の金利で借り換えが可能ですね。

通常の融資限度額で一本化が可能であれば、あえておまとめ系ローンを組まないという選択肢もあります。楽天銀行カードローンのように、他社での借入のおまとめを歓迎している銀行カードローンも多いのです。

・アコム:貸金業法に基づく借換え専用ローン
総量規制の関係で通常のキャッシングが利用できない方のために、アコムでは借換え専用のローン商品があります。限度額は300万円までで、実質年率7.7%~18.0%となっています。銀行系では融資が受けられない人でも利用しやすいおまとめローンでしょう。

・アイフル:おまとめMAX
融資限度額500万円まで、実質年率12.0%~15.0%のおまとめ用ローン商品です。また、借換え用の「かりかえMAX」(実質年率12.0%~17.5%)もあります。

「 低金利・無利息でキャッシング出来るカードローンはどれ? 」 一覧

カードローンの金利を比較ランキングで検証!自分に最適なカードローンを選ぶポイント

カードローンの金利はホームページや宣伝を見ても◯◯%~◯◯%とされています。 こ …

カードローンの金利を下げるには?限度額を増額するための方法は?

カードローンを利用する対価は「利息」という形で金融機関に支払います。 そしてその …

30万円借りるなら無利息と低金利どっちがいいの?利息や返済期間は?

カードローンでお金を借りるとなると、やっぱり気になるのが利息と返済についてでしょ …

実質年率と金利の違いって?カードローン用語を知っておこう!

カードローン商品の返済方法の説明でひんぱんに目にする「実質年率」や「金利」といっ …

無利息期間のあるカードローンを上手に使って無利息でお金を借りる!

カードローンにとっては「利息」がそのまま私たちが支払う「対価」となります。 つま …

金利の基礎知識~カードローンのキャッシングの値段は金利で決まる!~

皆さんは物を買う時には値段を検討材料にしますよね。 市場価格に対して高いか安いか …