みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローン審査基準のポイントは?借りるまでの流れを解説

手軽にお金を借りることのできるカードローンのキャシング。申し込みから融資までのスピードも早くなり、カードローンの審査結果も30分程度の時間で分かるようになりました。とはいえ、誰でもがキャッシングを利用できる訳ではありません。

個人向けのキャッシングの多くは、担保も要らず、保証人なども必要ありません。貸す側にとってはそれだけ貸し倒れなどのリスクが大きくなるという訳です。

なので、申し込みがあれば業者は「この人に貸して大丈夫か?いくらまで貸してよいか?」ということを検討します。これがカードローンの審査です。では実際にどういったポイントで審査が行われているのでしょうか?

今回は始めて審査を受ける方を対象に、カードローンの審査のコツや仕組みを簡単に解説します!

審査の基準はブラックボックス!?

black1

キャッシングの審査基準は、各業者によって違います。そしてその基準を一般に公開することはありません。基本的には「自社の審査基準」によって決定され、なぜ審査に通ったかor通らなかったかは告げられることはありません。

そのため消費者の間では口コミなどの噂が行き交う状態になっています。「あそこのキャッシングは審査が甘い」「銀行系カードローンは低金利だが審査が厳しいので通らない」といったように、不確定な情報だけが氾濫していきます。

審査の内容や仕組みについては、各カードローン業者にしか分かりません。初めてのカードローンが審査を通るか通らないかは、あなたの審査結果を見てみないと分からないのです。

必ず審査の材料とされるもの

zairyou

しかし、各業者とも絶対に審査の際に確認する事項は共通しています。銀行カードローンの審査でも、消費者金融でのキャッシングでも同じです。ここではどういった情報を元にカードローンの審査を行っているか、その仕組みを知っておきましょう。

基本的には申し込みの際に提出する情報、あの項目は全て審査の材料となっていると考えて良いでしょう。一見すると審査には関係なさそうなアンケートの解答でさえも、審査の参考にされているのです。

個人の信用情報

金融業界では、個人の過去の消費者信用の産業での利用履歴を、第三者機関である「信用情報機関」で共有する仕組みがあります。

別項で詳しく説明しますが、「信用情報」というデータを審査の際に参照します。現在の借り入れはもちろん、過去の返済や延滞などの情報を把握しています。

嘘を書いてもバレて心象を悪くするだけですので、出来る限り正直に書く事がカードローンの審査を通すコツです。

よくいわれる「ブラックリスト」といわれる人は、この信用情報に事故情報が記載されている状態を指すことが多いです。

収入の状況

安定した収入があることは、キャッシングの必須条件です。そのために申し込み書に記載された職場には、在籍の確認を行います。消費者金融では、在籍確認なしで審査が通る事もありますが、銀行カードローンの審査は厳しい為、必ず在籍確認はあるものと認識しておきましょう。

また、50万円以上の借り入れの申し込み、又は他社の借り入れ総額と申込額が合計100万円を超える場合には、収入を証明する書類を提出することになります。(逆に言うと、50万円以下の申し込みの場合には、収入証明書は必要ないということですね。)

さらに、正社員なのか、契約社員なのか、派遣社員なのか、アルバイトやパートなのかという雇用形態も考慮されます。勤続年数も審査の際にはポイントとなってきます。

継続的に安定した収入があると見込める人ほど、カードローンの審査に通りやすいということですね。収入のない専業主婦(主夫)の場合、配偶者の収入を検討する場合もあります。

住居状況

現在住んでいる住居も審査の際には確認されます。賃貸なのか持ち家なのか、また持ち家の場合住宅ローンなどはあるか、などが確認されます。

他社からの借入情報

非常に重視されるポイントでです。貸金業法における総量規制の確認もあるため必ずチェックされます。基本的には年収の3分の1を超える借り入れがすでにある場合、カードローンの審査に通ることは厳しいでしょう。

この場合は「おまとめローン」や銀行カードローンなどの総量規制対象外となるカードローンを選択するのが審査を通すコツです。

カードローンの利用目的や用途

利用目的や用途も重要な審査項目なので、審査結果に影響します。

カードローンの審査では、借りたお金の利用目的について審査担当者から聞かれる事があります。出来ればお金の使い道は正直に答えるのが1番なのですが、内容次第で審査に落とされてしまう事もあるので注意が必要です。

カードローンの審査に通りにくい使用用途としては「ギャンブルや投資」「借金の返済」といった使い道があります。このような利用目的のユーザーは信用力が低いと評価されて、属性のスコア(ポイント)が下がる為です。

反対にカードローンの審査に通りやすい利用目的は、一時的にお金が必要になる「結婚式等の冠婚葬祭」「海外旅行」「車検費用」「レジャー」等があります。

「生活費」については判断が別れるところですが「資格取得の為」や「レジャー」といった、マイナスイメージにならない返答が無難と言えます。

カードローンの審査に通る方法は?

カードローンの審査に必ず通る方法はありませんが、通りやすくする方法はあります。

まず1番重要で簡単なのが、審査時の限度額を低めに希望する方法です。銀行や消費者金融は、融資する金額が大きくなればなるほど、審査に慎重にならざるおえません。最初は少額を希望して、ある程度実績を積んでから増額審査の申込みをしましょう。

2つ目の方法は、カードローンの審査で嘘は絶対につかないというものです。他社からの借入や返済状況は、信用情報を確認すればすぐに分かってしまいます。心象が悪くなり審査に落とされる確率が上がるので、必ず正確な情報を記入するようにしましょう。

3つ目の方法は、記入ミスをしないというものです。2つ目の方法と一部かぶりますが、嘘をついていると取られてしまう可能性もあります。

以上の3つの方法に気をつければ、審査を通過する可能性も高くなるでしょう。

審査の流れについて

ope

各業者によって細かな違いはありますが、申し込みから審査、融資までの大まかな流れを知っておきましょう。

申込

この時点で申込者の基本情報を提出します。

信用情報での審査

信用情報を参照します。事故情報があると、この時点で社内審査もせずに却下となる場合もあります。

担当者による審査

信用情報を踏まえた上で、申込者から提出された情報を担当者が審査します。基本的に勤務先への在籍確認も行われます。

担当者だけで判断できない場合には、責任者などと相談の上ということもあります。

カードローンの審査結果通達

様々な要素を審査し、最終的に融資可能額を本人に告げます。最近は審査時間の短縮を売りにしている業者も多いので、カードローンの申し込みから数十分で審査結果が出る場合も少なくありません。

カードローンの審査の結果によって金利は変わってきます。審査の結果、属性の良いユーザーと判断されれば低い金利でカードローンを借りられる場合もありますが、初めて利用する場合は上限金利が設定される事が多いです。

カードローンの審査にかかる時間は?

各社のカードローンの審査にかかる時間を簡単にまとめてみました。(あくまで参考でです。)

サービスカードローン審査時間
プロミス最短30分
モビット10秒簡易審査
アコム最短30分
アイフル最短30分
オリックス銀行最短即日
レイク申込み完了画面に表示

例えばプロミスの場合、カードローンの審査にかかる時間は最短30分となっています。本審査を受ける場合は、少し長い1時間程度の時間を見ておけば安心でしょう。

ただしプロミスの場合には、審査受付時間が9~22時までですので、それ以降の申込みについては、翌日の9時以降になるので注意が必要です。

また銀行カードローンの場合は、審査の時間が早くても融資までの時間が長い事が多いです。

例えば、みずほ銀行カードローンなら審査通過後は郵送でカードが手元に届くまでが長く、お金を下ろすまで1~2週間程度かかってしまいます。

即日融資を希望するのであれば、消費者金融の利用をオススメします。

カードローンの審査結果が出るまで時間がかかる理由は?

申込者に支払い能力があるのか審査するため、住所・氏名・電話番号に始まり、勤務先・勤続年数・年収などの勤務形態、居住形態、過去の借入件数、信用情報機関への照会まで、詳しく個人情報を調査されますから、どうしても時間が必要になります。

また、勤続年数が2年未満の人、過去にカードローン返済で延滞履歴が残っている人、勤続年数が長くても複数の借入先がある人などは、通常よりも審査に時間がかかる上に、融資を断られるケースも。

一般的に消費者金融は審査が早いと言われていますが、その理由は、自動審査システムを搭載したコンピューターを使用しているからです。

必要事項を入力すると、自動的に情報がスコアリングされて、貸付可能ポイントに到達した時点で融資可能と判断される仕組みです。

銀行カードローンの審査時間が長い理由は?

銀行カードローンは、消費者金融に比べて入力項目が多く、信用情報機関に残っている履歴を厳しくチェックされますので、どうしても審査に時間が長くなります。

カードローンの審査には仮審査と本審査の2段階があって、コンピューターで仮審査をした後、本審査で審査担当者が細やかに情報を確認するシステムになっています。

銀行側がスピーディーに審査結果を伝えたくても、保証会社が混雑していると、予想外に長引いてしまうこともあります。

また、土日祝は混雑するため、平日と比較して審査が長引きます。

なるべく審査時間を短くしたいなら、平日の午前中に借入希望額を少なめに設定して、本人確認書類や金額によって年収証明書を準備後に、申込をしてください。

審査時間が長いからと言って、落とされるとは限りませんので、結果報告を急いでいる人は自分から問い合わせの連絡をしてみるのも一つの方法です。

カードローンの審査通過率を比較

サービス審査通過率
プロミス約40%
モビット非公開
アイフル約47%
レイク約38%
オリックス銀行非公開
アコム約48%

(審査通過率のデータは各公式サイトのIRデータから取得しています。)

カードローンの審査通過率を並べて比較してみると、各サービスによって大きな差がある事がわかります。

トップがアコムで48%、一番低いのがレイクで38%となっています。やはり消費者金融と比較すると、銀行カードローンの審査は厳しいようです。

カードローンの審査通過率は、単純に申込数と実際に融資した数の割合になります。48%なら申込みした約2人に1人がお金を借りることが出来たという事になります。

同時申し込みする人や、申込みして審査は通ったけど融資を受けなかった人も一定数いるため、本当の審査通過率はもう少し高いものと思われます。

カードローンの審査が不安なら「事前診断」を使おう

カードローンの審査に通過するか不安な人は、数秒で結果が分かる事前診断を利用してください。

確実な審査通過を保証するものではありませんが、事前診断の段階で不合格の判定が出ると、かなりの高確率で本審査に落とされますから、大まかな目安を知ることでショックを和らげることができます。

消費者金融ならプロミスとアコムの事前診断にかかる時間がわずか3秒で、入力項目は年齢、年収、現在の他社借入金額の3つだけです。

プロミスではお借入シミュレーション(事前診断)で仮審査をした後、カンタン入力かフル入力画面に進んで、更に詳しく個人情報を提出します。

カンタン入力の内容は本人情報、自宅情報、勤務先情報、希望の契約方法、借入状況、メールアドレス、審査結果の連絡方法です。確認後に電話連絡が入り、現在の借入状況と融資希望額を質問される手順で、フル入力は不備が無ければそのまま本審査に移ります。

借入をまとめる「おまとめローン」の審査を通すコツは?

おまとめローンは複数の借入先をまとめるサービスで、多重債務を抱えている人が利用しますから、一般的なカードローンに比べて審査が厳しくなります。

しかし、審査に通過しやすくなるコツを掴んでおけば、比較的スムーズにまとめることができます。

おまとめローンの審査に通過するためには、過去の返済履歴、現在の債務残高、勤続年数の3つを確認してください。

未納や滞納のトラブルが無く、現在の債務残高が年収の3分の1以内で、勤続年数が5年以上であれば、審査に通過する可能性が高くなります。

もし職場で役職に昇格をした場合、少しでも有利に手続きを進めるため、その旨を借入先に伝えてください。

逆におまとめローンの審査に落ちるケースとしては、嘘の報告をする、勤務年数が短い、短期間に何度も申込をしている人などが挙げられます。

消費者金融のおまとめローンは他のカードローン同様、銀行よりも審査が緩やかで、借入先によっては積極的に融資をしていますから、勤続年数や過去の返済履歴に自信が無い人におすすめです。

カードローンの審査を行う保証会社とは?

銀行のカードローンを申し込むと保証会社が審査をします。保証会社とは主に信用情報機関へ加盟した消費者金融のことです。

申込者が返済に遅れると、保証会社が代位弁済をする義務が発生するので、年収、勤続年数等の属性や、過去の取引履歴を慎重に審査してから、結果報告をする仕組みになっています。

代位弁済が成立しても、債権が銀行から保証会社に移動するだけで、カードローン申込者の債務は残り続けます。

話し合いでも解決せず、放置しておくと裁判を起こされて、財産差し押さえ等の法的処置をとられますので注意してください。

延滞した時点で信用情報機関に金融事故の履歴が残り、次回の借入が難しくなってしまいます。

各銀行と提携している保証会社の一例を挙げますと、みずほ銀行はオリエントコーポレーション、三井住友銀行と住信SBIネット銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、三菱東京UFJ銀行とじぶん銀行はアコムです。

つまり、消費者金融が銀行の保証会社を務めているのです。

消費者金融には提携先の保証会社がありませんが、アコムは自社保証だけではなく、エム・ユー信用保証(株)を利用しています。

カードローンの審査で見られる属性とスコアリングとは?

カードローンの属性とは個人情報のことです。

年齢、職業、雇用形態、勤務先、勤続年数、年収、収入形態、居住年収、居住形態、家賃または住宅ローンの額、家族構成、電話の種類、健康保険の種類で主に13項目あります。

業者によっては更に細かく属性を設定しています。

メガバンクや大手消費者金融では、コンピューターを使って属性をスコアリングして、申込者に返済能力があるかどうかを数秒から数分以内に判断しますから、最短30分で審査結果を出せるのです。

スコアリングで最も重要視されるのは年収で、同世代の平均に比べて所得が多ければ有利に働き、少なければ不利になります。

銀行と消費者金融共通で、申込者の年収に下限は設定していませんが、所得が少ない人は借入希望額を少なめに記入するのが無難です。

上場企業の役職、公務員、1つの会社で勤続年数が長い人はポイントが高くなりやすく、自営業者やパート・アルバイトはポイントが低くなりやすいです。

年齢は20代後半から50代前半までの働き盛り、居住形態は賃貸よりは持ち家、家族構成は独身より既婚者が高いポイントを得られます。

ただし、住宅ローンの負担額が収入の3分の1を超えていると、カードローンの返済能力を疑られますから、持ち家があれば審査を通過しやすいとは言い切れません。

また、属性のスコアリングで高ポイントを獲得しても、延滞などで過去のローン返済履歴に問題があると、審査に落ちる場合があります。

審査が甘いカードローンは実在する?

審査が甘い、簡単で通りやすいといったカードローンは実在するのでしょうか?

結論から言うと、そういった審査の甘さを全面に押し出したカードローンは闇金の可能性が高いです。

審査なしで今すぐ貸します!と謳う業者もありますが、審査が緩いという事はそれだけハイリスクな人にお金を貸すという事です。

貸し倒れする可能性も考えると、金利18%以内では商売にならず、トイチやトサンといった複利で年利1000%を超える高金利での違法な貸付となるでしょう。カードローンの審査が甘い分だけ、金利はまさに法外です。

どんなにカードローンの審査に不安があっても、簡単に借りられる悪徳業者からは絶対に借りないようにしましょう。

もし気づかずに借りてしまった場合は、すぐに弁護士や司法書士といった専門家へ相談しましょう。

総量規制について

kisei

現在、貸金業法により、年収の3分の1を超える額の貸付は禁止する総量規制という制度があります。ただし、総量規制にはいくつかの例外があり、例えば住宅ローンは総量規制の対象外となったりします。

また、消費者にとって明らかに有利となる借り換え、いわゆる「おまとめローン」といったキャッシングは可能な場合があります。さらに、貸金業法の影響を受けない銀行などからの融資は総量規制の対象外となります。

すでに借金の残高が年収の3分の1を超えている場合には、こういった方法を検討してみてはいかがでしょう。

各種カードローンQ&A

みずほ銀行カードローンの審査期間は?厳しいって本当?

みずほ銀行のカードローンは最短で審査の翌日に融資可能ですが、申込が混雑しているため、2~3日かかってしまう場合もあります。

エグゼクティブプランとコンフォートプランの最大限度額1,000万円が好評で、三菱東京UFJ銀行のバンクィック500万円、三井住友銀行800万円と比較しても融資額が大きく、申込者が殺到中です。

また、みずほ銀行ではオリエントコーポレーションという提携会社を利用して、慎重に申込状況を審査するため、他の銀行に比べて結果報告をするまでの期間が長いです。

みずほ銀行の新規口座開設を希望する人は、カードローンの利用開始までに2週間程度、希望しない人は3~4週間程度かかります。

もしローンの審査に落ちたら、口座開設を断られるほど厳しいです。

消費者金融の審査は最短30分で、申込者のうちアコム48.0%、アイフル46.8%、プロミス43.6%が融資を受けていますが、みずほ銀行の審査に通過するのは30%未満と言われています。

審査通過のボーダーラインは勤続年数5年、年収500万円の会社員で、限度額100~200万円です。

三井住友銀行カードローンの審査の流れは?

三井住友銀行のカードローンは、インターネットで審査申込後(仮審査)、本人確認の電話連絡をして、会社へ在籍確認がとれると(本審査)、契約内容の確認で再度連絡をする流れです。

普通預金口座を持っている人はキャッシュカードで借入できますが、郵送かローン契約機で専用カードを受け取ることもできます。口座を持っていない人もローン申込可能で、借入には専用カードを使います。

申込には30万円までの「かんたん申込」と、それ以上の「通常お申込」があり、借入希望額が300万円以上なら収入証明書が必要です。

審査の対象は満20歳以上69歳以下の安定した収入がある人で、SMBCコンシューマーファイナンス会社(プロミス)の保証を受けることが条件です。

三井住友銀行の審査には、最終学歴、配偶者がローンを組むことを知っているか、好きな言葉など、ユニークな入力項目があります。

審査結果の連絡は9:00~21:00で、申込の時間帯によって、連絡が翌日以降になることもあります。混雑していなければ、審査通過なら30分程度で電話連絡、融資不可能ならメールで回答することが多いです。

仮審査に通過して本人確認がとれると、数分以内に会社へ在籍確認の電話連絡が入ります。

三井住友銀行は個人名と会社名の2パターンを選べるのが特徴で、もし席を外していたとしても、何度も折り返しの連絡をされることはありません。

カードローンの審査についてのQ&A

カードローンの審査で嘘をついたらバレる?

カードローンの申込をする際、年収を多めに書いて審査を有利に運びたい気持ちは分りますが、消費者金融に50万円を超える融資を申し込むと、収入証明書類の提出が必要になるので、嘘がすぐに発覚します。

勤続年数を長く書いたとしても、源泉徴収票に転職や退職をした日付が記載されますから、年収と同じく、収入証明書類を提出した時点でバレます。

水商売や風俗店勤務の人が偽装会社(アリバイ会社)を利用して正社員を装い、審査に通過したとしても、後からバレると法律で罰せられる上に、強制解約と一括返済を要求される可能性があります。

また、借入件数や過去の延滞履歴をごまかしたとしても、保証会社がJBI・JICC・CIC等の信用情報機関に照会すれば、間違いなく分かります。

嘘がバレると審査通過の可能性はゼロになってしまいます。年収の3分の1を超える融資をして総量規制に違反すると、消費者金融が営業停止になるので、正しい情報を提出してください。

Q. カードローン審査の時、在籍確認の電話ってどんな内容なの?

カードローンの審査中、担当者が職場へ在籍確認の電話をします。一般的には社名を名乗らず、個人名だけで電話の取次ぎを希望して、不在だとしても確認がとれたと判断されることもあります。

自分が電話に出るために、おおまかな時間帯の希望を伝えても工作されると困りますから、はっきりした時間までは指定できないようになっています。在籍確認がとれない場合、電話連絡は2~3回程度ですが、本人が出るまで何度でも連絡をする業者も稀にあります。

また、銀行は番号通知で電話をするのに対して、消費者金融はプライバシー保守のため、番号非通知です。いずれの業者も嘘の会社名を名乗ることはできません。電話応対者が用件を尋ねると、「改めて連絡します」「急ぎではないので折り返します」などの返答をするだけで、第三者にカードローンの詳細を連絡することはありません。

カードの審査担当者は職場の様子も伺っており、電話応対者が慌てた態度をとると、申込内容を偽っているのではないかと疑られます。

無職や失業中で訳ありの人が、アリバイ会社を利用して正社員を装うと、嘘が発覚した時点で審査に落とされるだけでなく、信用情報機関に履歴が残り、他社のカードローン申込を断られてしまう危険性がありますので、絶対にやめてください。

休職中の人は在籍確認がとれないため、融資を断られるケースが多いですが、復帰予定日がはっきり分かっていると、審査に通過することもあります。

Q. 大学生だけどカードローンの審査は通る?

A. 大学生でも審査に通る可能性は十分にあります。
各貸金業者のホームページを見てみると、20歳以上の成人で安定した収入がある事が融資の条件となっています。つまり、大学生や学生という理由だけでカードローンの審査に通らない事はないという訳です。しかし大学生の場合は収入の面で不安がある為、どうしても審査は厳しくなります。審査に通る為には、最低でも6ヶ月程度のアルバイト期間は必要でしょう。また、普段から携帯電話やクレジットカードの支払い等は延滞したり遅れないようにしましょう。銀行カードローンは審査が厳しい為、大学生が融資を受けるのであれば消費者金融がオススメです。

Q. 銀行カードローンの審査が厳しい!通らない時は?

A. 消費者金融のカードローンを利用しましょう。
一般的に銀行カードローンは審査が厳しい為、なかなか通らないと言われています。これは本当の話なのでしょうか?実は銀行カードローンのように上限金利が低ければ低いほど、貸し倒れを避ける為に審査は厳しい傾向があります。借入件数が多かったり、収入が低いなど審査が通らない理由はさまざまです。逆に、上限金利が18%と高い消費者金融はある程度リスクをとって融資を行っていると考えられます。銀行カードローンと比べると、消費者金融は金利が高いので避ける方もいますが、プロミスやアイフルといった無利息期間のあるサービスを利用することで、金利の支払いを低く抑える事も可能です。

「 カードローン審査基準のポイントは?借りるまでの流れを解説 」 一覧

外国人でもカードローンは利用できる?外国籍でもお金を借りることはできる?

日本国内で生活している外国籍の方も多いですよね(ここでは便宜上、以後「外国人」と …

未成年者でもお金を借りることはできる?お金を借りる方法は?

お金に困ることがあるのは年齢に関係ありませんよね。 成人に限らず「あと少しのお金 …

失業中や無職でも借りられるカードローンはある?

「無職で収入が無い」カードローンを検討している人の中でも、実際いちばんお金に困っ …

カードローンの審査は電話連絡や在籍確認なしで借りられる?

カードローンを申し込むと借入審査の際に在籍確認が行われます。 業者側にしてみれば …

審査が甘い?誰でも借りれる?カードローンの誇大広告に注意!

誰しもお金を借りる時には断られたくないものです。 カードローンの利用を申し込むと …

あなたがカードローン審査に落ちる理由は?審査落ちする10の原因を徹底究明!

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、まず金融機関の審査を受 …

カードローン審査の同時申し込みだけでもブラックになるってホント?

カードローンを利用する際には必ず金融機関による審査が行われます。 その際に個人信 …

個人情報開示すると審査落ちの原因が分かる!?請求方法と読み方は?

カードローンを利用するには審査に通らなければなりませんよね。 時には審査に落ちて …

カードローンの審査落ちしたらどうすればいい?再申し込みまでの期間は?

お金が必要な時の手軽な選択肢として人気のカードローン。 消費者金融系だけでなく、 …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …