みんなのカードローンレポート

リアルな口コミがたくさん!みんなのカードローンレポート

カードローン審査基準のポイントは?借りるまでの流れを解説

手軽にお金を借りることのできるキャシング。申し込みから融資までのスピードも早くなり、お金が必要な時には頼れる存在ですよね。とはいえ、誰でもがキャッシングを利用できる訳ではありません。

個人向けのキャッシングの多くは、担保も要らず、保証人なども必要ありません。貸す側にとってはそれだけ貸し倒れなどのリスクが大きくなるという訳です。

なので、申し込みがあれば業者は「この人に貸して大丈夫か?いくらまで貸してよいか?」ということを検討します。これがキャッシングの審査です。では実際にどういったポイントで審査が行われているのでしょうか?

審査の基準はブラックボックス!?

black1

キャッシングの審査基準は、各業者によって違います。そしてその基準を一般に公開することはありません。基本的には「自社の審査基準」によって決定され、なぜ審査に通ったかor通らなかったかは告げられることはありません。

そのため消費者の間では口コミなどの噂が行き交う状態になっています。「あそこのキャッシングは審査が甘い」「銀行ローンは審査が厳しい」といったように、不確定な情報だけが氾濫していきます。

審査の内容については各業者にしか分かりません。実際にあなたが審査を通るかどうかは、あなたが審査を受けてみないと分からないのです。

必ず審査の材料とされるもの

zairyou

しかし、各業者とも絶対に審査の際に確認する事項は共通しています。銀行のカードローンでも、消費者金融でのキャッシングでも同じですので、ここではどういった情報を元に審査を行っているか知っておきましょう。

基本的には申し込みの際に提出する情報、あの項目は全て審査の材料となっていると考えて良いでしょう。一見すると審査には関係なさそうなアンケートの解答でさえも、審査の参考にされているのです。

・個人の信用情報

金融業界では、個人の過去の消費者信用の産業での利用履歴を、第三者機関である「信用情報機関」で共有しています。

別項で詳しく説明しますが、「信用情報」というデータを審査の際に参照します。現在の借り入れはもちろん、過去の返済や延滞などの情報を把握しています。

よくいわれる「ブラックリスト」といわれる人は、この信用情報に事故情報が記載されている状態を指すことが多いです。

・収入の状況

安定した収入があることは、キャッシングの必須条件です。そのために申し込み書に記載された職場には、在籍の確認を行います。

また、50万円以上の借り入れの申し込み、又は他社の借り入れ総額と申込額が合計100万円を超える場合には、収入を証明する書類を提出することになります。(逆に言うと、50万円以下の申し込みの場合には、収入証明書は必要ないということですね。)

さらに、正社員なのか、契約社員なのか、派遣社員なのか、アルバイトやパートなのかという雇用形態も考慮されます。勤続年数も審査の際にはポイントとなってきます。

継続的に安定した収入があると見込める人ほど審査に通りやすいということですね。収入のない専業主婦(主夫)の場合、配偶者の収入を検討する場合もあります。

・住居状況

現在住んでいる住居も審査の際には確認されます。賃貸なのか持ち家なのか、また持ち家の場合住宅ローンなどはあるか、などが確認されます。

・他社からの借入情報

非常に重視されるポイントでです。貸金業法における総量規制の確認もあるため必ずチェックされます。基本的には年収の3分の1を超える借り入れがすでにある場合、審査に通ることはないでしょう。

総量規制について

kisei

現在、貸金業法により、年収の3分の1を超える額の貸付は禁止する総量規制という制度があります。ただし、総量規制にはいくつかの例外があり、例えば住宅ローンは総量規制の対象外となったりします。

また、消費者にとって明らかに有利となる借り換え、いわゆる「おまとめローン」といったキャッシングは可能な場合があります。さらに、貸金業法の影響を受けない銀行などからの融資は総量規制の対象外となります。

すでに借金の残高が年収の3分の1を超えている場合には、こういった方法を検討してみてはいかがでしょう。

審査の流れについて

ope

各業者によって細かな違いはありますが、申し込みから審査、融資までの大まかな流れを知っておきましょう。

・申込

この時点で申込者の基本情報を提出します。

・信用情報での審査

信用情報を参照します。事故情報があると、この時点で社内審査もせずに却下となる場合もあります。

・担当者による審査

信用情報を踏まえた上で、申込者から提出された情報を担当者が審査します。基本的に勤務先への在籍確認も行われます。

担当者だけで判断できない場合には、責任者などと相談の上ということもあります。

・審査結果通達

様々な要素を審査し、最終的に融資可能額を本人に告げます。最近は審査時間の短縮を売りにしている業者も多いので、申し込みから数十分で結果が出る場合も少なくありません。

「 カードローン審査基準のポイントは?借りるまでの流れを解説 」 一覧

あなたがカードローン審査に落ちる理由は?審査落ちする10の原因を徹底究明!

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りるためには、まず金融機関の審査を受 …

カードローン審査の同時申し込みだけでもブラックになるってホント?

カードローンを利用する際には必ず金融機関による審査が行われます。 その際に個人信 …

個人情報開示すると審査落ちの原因が分かる!?請求方法と読み方は?

カードローンを利用するには審査に通らなければなりませんよね。 時には審査に落ちて …

カードローンの審査落ちしたらどうすればいい?再申し込みまでの期間は?

お金が必要な時の手軽な選択肢として人気のカードローン。 消費者金融系だけでなく、 …

カードローンは収入証明書不要で借りられる?条件や利用限度額は?

カードローンは日々手軽に利用できる商品が増えていて、銀行カードローンであっても即 …

他社での借入状況はどれくらい審査に影響する?不利になるのはどんな場合?

すでに複数の借り入れがある人にとって、カードローンの審査は非常に不安が大きい難関 …

カードローンの審査ではどんな書類が必要?収入証明書は要る?

カードローンの申し込みや契約に必要な書類にはどんなものがあるでしょうか? ここで …

アルバイトやパートの審査基準や借入条件は?限度額はどれくらい?

アルバイトやパートで生計を立てている方にとって、カードローンの審査は大きな不安材 …

キャッシングのブラックとは?ブラックはいつ消える?自分で確認するには?

借金の話題でよく出るのが「ブラック」という言葉ですよね。 「ブラックリスト入りし …

携帯代を延滞するとブラックリストになる?

個人の信用情報に事故情報が記載される、通称「ブラックリスト」入り。キャッシングや …